免責事項
 福山大学研究者一覧・検索サイトの内容は,各教員が自ら入力した情報に基づいています.その情報の正確性について,福山大学が保証するものではありません.

福山大学
研究者情報

人間文化学部 / 心理学科 / 講師 / 大杉 朱美

研究者情報 研究業績 学位論文 著書 学術論文(総説・解説含む) エッセイ,記事(新聞)等 特許
表示:[全業績]
代表業績表示に変更

研究者情報

福山大学学術リポジトリ researchmap J-GLOBAL CiNii 国立国会図書館 Google Scholar
氏名 大杉 朱美 (おおすぎ あけみ) 
所属 人間文化学部 心理学科
職名 講師
e-mail osugi ★ fukuyama-u。ac、jp
迷惑メール対策として「@」,「.」を置き換えて表示しています.
TEL 084-936-2112(内線 3470)
FAX
WEB
更新日時 2019-04-24 18:58:45
学歴 2005年3月 名古屋大学文学部人文学科 卒業
2007年3月 名古屋大学大学院環境学研究科博士課程(前期課程) 修了
2008年3月 名古屋大学大学院環境学研究科博士課程(後期課程) 中途退学
2014年9月 名古屋大学大学院環境学研究科博士課程(後期課程) 単位取得退学
学位・資格 博士(心理学)名古屋大学 2018年7月
職歴 日本学術振興会 特別研究員(DC1) (2007年4月~2008年3月)
兵庫県警察本部刑事部科学捜査研究所 研究員 (2008年4月~2018年3月)
アムステルダム大学臨床心理学部 訪問研究員 (2015年6月~2015年9月)
兵庫県警察本部刑事部科学捜査研究所 主任研究員 (2018年3月~2019年3月)
福山大学人間文化学部心理学科 講師 (2019年4月~現在)
専門分野 捜査心理学、犯罪心理学、生理心理学、実験心理学
研究テーマ ポリグラフ検査(隠匿情報検査)
取調べ
犯罪者プロファイリング
研究テーマのキーワード 隠匿情報検査,Concealed Information Test,事象関連電位,P300,覚醒,記憶,捜査面接
所属学会 日本心理学会, 日本生理心理学会, 日本犯罪心理学会, 日本法科学技術学会
学会活動 日本感情心理学会第13回大会 運営スタッフ(2005年)
International Society for Research on Emotion(ISRE2011) 運営スタッフ(2011年)
The 17th World Congress of Psychophysiology(IOP2014) 運営スタッフ(2014年)
31st International Congress of Psychology(ICP2016) プログラム委員(2016年)
共同研究・科研費採択課題等実績 2007年4月~2008年3月 日本学術振興会科学研究費助成事業(特別研究員奨励費 DC1) 虚偽検出メカニズムの解明 研究代表者
2014年4月~2015年3月 日本学術振興会科学研究費助成事業(奨励研究) 事象関連電位を用いた閾下呈示による隠匿情報検査の試み 研究代表者
主な担当授業科目 捜査心理学,交通心理学,専門英語,心理学実験
主な学内役職・委員 
社会活動 【招待講演・研修】Training of specialists of psychophysiological examinations (Polygraph techniques and chart evaluations techniques)  Lithuanian Police Forensic Science Center(2017年10月)
受賞,その他の実績 Student Poster Award, Society for Psychophysiological Research, 45th Annual Meeting(2005年9月)

戻る

TOP

全研究業績

代表業績表示に変更

学位論文

戻る

TOP

著書

著者 J. P. Rosenfeld (Ed.)
1 書名 Detecting concealed information and deception: Verbal, behavioral, and biological methods
出版社 Elsevier/Academic Press
頁数(担当頁) Field findings from the Concealed Information Test in Japan (pp. 97-121) 出版年 2018 出版月 2
著者 B. Verschuere, G. Ben-Shakhar, E. Meijer (Eds.)
2 書名 Memory detection: Theory and application of the Concealed Information Test
出版社 Cambridge University Press
頁数(担当頁) Daily application of the Concealed Information Test: Japan (pp. 253-275) 出版年 2011 出版月 2

戻る

TOP

学術論文(総説・解説含む)

著者 Akemi Osugi & Hideki Ohira
3 論文題目 Emotional arousal at memory encoding enhanced P300 in the Concealed Information Test
掲載誌 Frontiers in Psychology
巻,号,頁 8, 2334 発行年 2018 発行月
著者 Akemi Osugi & Hideki Ohira
4 論文題目 High emotional arousal enables subliminal detection ofconcealed information
掲載誌 Psychology
巻,号,頁 8, 10, 1482-1500 発行年 2017 発行月

戻る

TOP

エッセイ,記事(新聞)等

戻る

TOP

特許

戻る

TOP

人間文化学部 / 心理学科 / 講師 / 大杉 朱美