免責事項
 福山大学研究者一覧・検索サイトの内容は,各教員が自ら入力した情報に基づいています.その情報の正確性について,福山大学が保証するものではありません.

福山大学
研究者情報

人間文化学部 / 心理学科 / 教授 / 青野 篤子

研究者情報 研究業績 学位論文 著書 学術論文(総説・解説含む) エッセイ,記事(新聞)等 特許
表示:[代表業績]
全業績表示に変更

研究者情報

福山大学学術リポジトリ researchmap J-GLOBAL CiNii 国立国会図書館 Google Scholar
氏名 青野 篤子 (あおの あつこ) 
所属 人間文化学部 心理学科
職名 教授
e-mail aaono ★ fuhc。fukuyama-u、ac.jp
迷惑メール対策として「@」,「.」を置き換えて表示しています.
TEL 084-936-2112(ext. 3431)
FAX 084-936-2021(教務課)
WEB
更新日時 2016-06-07 17:13:58
学歴 1976年3月 広島大学教育学部心理学科卒業
1978年3月 広島大学大学院教育学研究科実験心理学専攻博士課程前期修了
2001年4月 広島大学大学院教育学研究科博士課程後期教育人間科学専攻入学
2003年3月 広島大学大学院教育学研究科博士課程後期教育人間科学専攻修了
学位・資格 博士(心理学) 広島大学 2003年3月
職歴 松山東雲短期大学講師(1984年4月~1991年3月)
松山東雲短期大学助教授(1992年4月~1999年3月)
愛媛大学法文学部非常勤講師(1992年4月~2000年3月)
大分医科大学非常勤講師(1997年4月~1999年3月)
大分県立看護科学大学非常勤講師(1999年4月~2000年3月)
松山東雲女子大学人文学部教授(2000年4月~2005年3月)
福山大学人間文化学部教授(2005年4月~現在)
高知県立大学非常勤講師(2013年度前期集中講義)
首都大学東京非常勤講師(2015年度前期集中講義)
専門分野 ジェンダー心理学,フェミニスト心理学,社会心理学
研究テーマ 男女平等意識の継承
ジェンダー・フリー教育
女性に対する暴力
心理学におけるジェンダー・バイアス
非言語的行動のジェンダー差
研究テーマのキーワード ジェンダー,男女平等意識,フェミニスト心理学
所属学会 日本心理学会, 日本社会心理学会, アメリカ心理学会第35部会,
学会活動 日本グループダイナミックス学会 理事(2005年4月~2009年3月)
日本社会心理学会 理事(2009年4月~2013年3月)
心理科学研究会 編集委員(2012年4月~現在)
日本心理学会ジェンダー研究会 代表(2002年9月~2010年8月)
日本心理学会ジェンダー研究会 渉外担当(2010年9月~現在)
共同研究・科研費採択課題等実績 2013年 科学研究費(基盤(c))男女男女平等意識の継承に関する研究 研究代表者
2006年 科学研究費(基盤(c))ジェンダー・フリー保育の効果に関する研究 研究代表者
2003年 科学研究費(基盤(c) ジェンダー・フリー保育に及ぼす保育者・親のジェンダー観の影響 研究分担者
2009年 広島県補助金 乳幼児との接触体験が大学生の意識に及ぼす影響 研究代表者
2010年 (財)ひろしまこども夢財団 広島県東部における異世代交流型子育て支援 研究代表者
2001年 えひめ助成財団 女性と男性の快適距離に関する研究:セクシュアル・ハラスメント防止に向けて 研究代表者
主な担当授業科目 社会心理学,ジェンダーの心理学,臨床社会心理学特論(大学院),心理学研究法特論B(大学院) 他
主な学内役職・委員 人間科学研究科長
社会活動 えひめいのちの電話評議員(2004年6月~現在)
府中市男女協同社会づくり協議会 副委員長(2014年7月~現在)
社会福祉法人つくし会理事(2012年6月~現在)
府中市いじめ問題調査委員会 委員長(2015年2月~現在)
受賞,その他の実績 

戻る

TOP

代表的な研究業績

全業績表示に変更

学位論文

提出者 青野篤子
1 論文題目 対人距離の性差に関する研究:従属仮説の観点から
提出大学 広島大学
提出年 2003 提出月 3

戻る

TOP

著書

著者 青野篤子・村本邦子(監訳)
2 書名 発達心理学の脱構築
出版社 ミネルヴァ書房
頁数(担当頁) 出版年 2012 出版月 11
著者 青野篤子
3 書名 ジェンダー・フリー保育――次世代育成のヒント――
出版社 多賀出版
頁数(担当頁) 132頁 出版年 2012 出版月 2
著者 青野篤子
4 書名 女性の就業問題  都筑 学 (編) 働くことの心理学
出版社 ミネルヴァ書房
頁数(担当頁) 148-171 出版年 2008 出版月 8
著者 青野篤子
5 書名 日本の心理学とフェミニズム,ジェンダー概念の変遷 青野篤子・赤澤淳子・松並知子 (編) ジェンダーの心理学ハンドブック
出版社 ナカニシヤ出版
頁数(担当頁) 291-306,307-321 出版年 2008 出版月 4
著者 青野篤子
6 書名 「女性」とは?「男性」とは?,心理学とジェンダー・ステレオタイプ 青野篤子・森永康子・土肥伊都子 ジェンダーの心理学改訂版
出版社 ミネルヴァ書房
頁数(担当頁) 1-23,118-141 出版年 2004 出版月 10

戻る

TOP

学術論文(総説・解説含む)

著者 青野篤子
7 論文題目 男女平等意識の世代間継承性:Yahoo!知恵袋の分析から
掲載誌 現代日本の社会心理と感情(中央研究院人文社会科学研究中心専書)
巻,号,頁 64,173-202 発行年 2014 発行月 10
著者 青野篤子・五十嵐靖博・滑田明暢
8 論文題目 社会に立ち向かう心理学であるために
掲載誌 心理科学
巻,号,頁 34,2,1-10 発行年 2014 発行月 1
著者 青野篤子・周玉慧・森永康子・葛西真記子
9 論文題目 日本と台湾の大学生における葛藤解決方略
掲載誌 黄自進(編) 日本の伝統と現代
巻,号,頁 559-592 発行年 2011 発行月 12
著者 Aono, Atsuko & Kashiwagi, Keiko
10 論文題目 Myth or fact: Conceptions and realities of Japanese women/mothers
掲載誌 Feminism & Psychology
巻,号,頁 21, 4,515 - 520. 発行年 2011 発行月 11
著者 青野篤子・金子省子
11 論文題目 保育にかかわる保護者のジェンダー観
掲載誌 日本家政学会誌
巻,号,頁 59,3,135-142 発行年 2008 発行月 3

戻る

TOP

エッセイ,記事(新聞)等

戻る

TOP

特許

戻る

TOP

人間文化学部 / 心理学科 / 教授 / 青野 篤子