免責事項
 福山大学研究者一覧・検索サイトの内容は,各教員が自ら入力した情報に基づいています.その情報の正確性について,福山大学が保証するものではありません.

福山大学
研究者情報

薬学部 / 薬学科 / 教授 / 藤岡 晴人

研究者情報 研究業績 学位論文 著書 学術論文(総説・解説含む) エッセイ,記事(新聞)等 特許
表示:[代表業績]
全業績表示に変更

研究者情報

福山大学学術リポジトリ researchmap J-GLOBAL CiNii 国立国会図書館 Google Scholar
氏名 藤岡 晴人 (ふじおか はると) 
所属 薬学部 薬学科
職名 教授
e-mail fujioka ★ fupharm。fukuyama-u、ac.jp
迷惑メール対策として「@」,「.」を置き換えて表示しています.
TEL 084-936-2112(ex.5122)
FAX 084-936-2024
WEB
更新日時 2015-02-28 10:07:16
学歴 1980年3月 東京薬科大学 製薬学科 卒業
学位・資格 薬剤師  1983年3月
薬学博士 広島大学 1989年3月
職歴 福山大学 薬学部 助手(1983年10月~1990年3月)
福山大学 薬学部 講師(1990年4月~1993年3月)
福山大学 薬学部 助教授(1993年4月~1998年3月)
福山大学 薬学部 教授(1998年4月~現在)
専門分野 機能性分子の合成、 錯体化学
研究テーマ 生体関連物質を認識する機能性分子化合物の合成研究
研究テーマのキーワード 生体分子認識、 機能性分子、 金属錯体
所属学会 日本薬学会, 日本化学会, 錯体化学会
学会活動 ファルマシア地区通信員
共同研究・科研費採択課題等実績 
主な担当授業科目 有機化合物の骨格と性質、官能基と構造解析、ターゲット分子の合成、医薬品開発I、卒業研究
主な学内役職・委員 安全衛生委員
社会活動 
受賞,その他の実績 

戻る

TOP

代表的な研究業績

全業績表示に変更

学位論文

提出者 藤岡晴人
1 論文題目 生体無機イオン、有機ZWITTER IONの分子認識能を有する大環状化合物の研究
提出大学 広島大学
提出年 1988 提出月 12

戻る

TOP

著書

戻る

TOP

学術論文(総説・解説含む)

著者 Haruto Fujioka Masaya Tsunehiro Maho Kawaguchi Yasuhiro Kuramoto Hiromasa Kurosaki Yuhzo Hieda1 Emiko Kinoshita-Kikuta Eiji Kinoshita Tohru Koike
2 論文題目 Simple enrichment of thiol-containing biomolecules by using zinc(II)–cyclen- functionalized magnetic beads
掲載誌 J. Sep. Sci.
巻,号,頁 2014, 37, 1601–1609 発行年 2014 発行月
著者 Haruto Fujioka, Yuhzo Hieda, Yasuhiro Kuramoto, Kanayo Konishi, Emiko Kinoshita-Kikuta, Eiji Kinoshita, Tohru Koike
3 論文題目 Increase in Lipophilicity of Enalaprilat by Complexation with Copper(II) or Zinc(II) Ions
掲載誌 AKUGAKU ZASSHI
巻,号,頁 133(10)1135-1141(2013) 発行年 2013 発行月
著者 H. Fujioka, S. Kishida, T. Ishizu, M. Shiro, E.Kinoshita, and T. Koike
4 論文題目 Dibridged Bis(Zn2+–cyclen): A Novel Host Molecule of Malonate Dianion in Aqueous Solution
掲載誌 Bull. Chem. Soc. Jpn.
巻,号,頁 2010, 83,p.267-272 発行年 2010 発行月

戻る

TOP

エッセイ,記事(新聞)等

戻る

TOP

特許

戻る

TOP

薬学部 / 薬学科 / 教授 / 藤岡 晴人