免責事項
 福山大学研究者一覧・検索サイトの内容は,各教員が自ら入力した情報に基づいています.その情報の正確性について,福山大学が保証するものではありません.

福山大学
研究者情報

薬学部 / 薬学科 / 教授 / 藤岡 晴人

研究者情報 研究業績 学位論文 著書 学術論文(総説・解説含む) エッセイ,記事(新聞)等 特許
表示:[全業績]
代表業績表示に変更

研究者情報

福山大学学術リポジトリ researchmap J-GLOBAL CiNii 国立国会図書館 Google Scholar
氏名 藤岡 晴人 (ふじおか はると) 
所属 薬学部 薬学科
職名 教授
e-mail fujioka ★ fupharm。fukuyama-u、ac.jp
迷惑メール対策として「@」,「.」を置き換えて表示しています.
TEL 084-936-2112(ex.5122)
FAX 084-936-2024
WEB
更新日時 2018-05-31 17:52:36
学歴 1980年3月 東京薬科大学 製薬学科 卒業
学位・資格 薬剤師  1983年3月
薬学博士 広島大学 1989年3月
職歴 福山大学 薬学部 助手(1983年10月~1990年3月)
福山大学 薬学部 講師(1990年4月~1993年3月)
福山大学 薬学部 助教授(1993年4月~1998年3月)
福山大学 薬学部 教授(1998年4月~現在)
専門分野 機能性分子の合成、 錯体化学
研究テーマ 生体関連物質を認識する機能性分子化合物の合成研究
研究テーマのキーワード 生体分子認識、 機能性分子、 金属錯体
所属学会 日本薬学会
学会活動 ファルマシア地区通信員
共同研究・科研費採択課題等実績 
主な担当授業科目 基礎有機化学Ⅱ、有機化学Ⅰ、Ⅱ、薬学英語Ⅱ、ターゲット分子の合成、卒業研究
主な学内役職・委員 安全衛生委員
福山大学孔子学院運営委員
福山大学図書委員
薬学部編集委員
社会活動 福山市個人情報保護審査委員
福山地区消防組合個人情報保護審査委員
受賞,その他の実績 

戻る

TOP

全研究業績

代表業績表示に変更

学位論文

提出者 藤岡晴人
1 論文題目 生体無機イオン、有機ZWITTER IONの分子認識能を有する大環状化合物の研究
提出大学 広島大学
提出年 1988 提出月 12

戻る

TOP

著書

著者 安藤章、山口泰史、藤岡晴人、宮岡宏明、森川勉、田口博明、表雅章、柳田玲子、河野富一
2 書名 薬系有機化学
出版社 南江堂
頁数(担当頁) p.101~p.137 出版年 2018 出版月
著者
3 書名
出版社
頁数(担当頁) 出版年 出版月

戻る

TOP

学術論文(総説・解説含む)

著者 H. Kusamoto, A. Shiba, Masaya T, H. Fujioka, E. Kinoshita-Kikuta, E. Kinoshita and T. Koike
4 論文題目 A simple method for determining the ligandaffinity toward a zinc-enzyme model by using a TAMRA/TAMRA interaction
掲載誌 Dalton Transactions
巻,号,頁 47, 1841-1848 発行年 2018 発行月
著者 Y. Hieda, N. Hatae, M. Anraku, N. Matsuura, K. Uemura, S. Hibino, T. Choshi, H. Tomida, O. Hori, H. Fujioka
5 論文題目 ANTIOXIDANT EFFECTS OF THE HYDROXYL GROUPS IN THE SIMPLE PHENOLIC CARBAZOLES
掲載誌 Heterocycles
巻,号,頁 92, 120-132 発行年 2016 発行月
著者 H. Kusamoto, A. Shiba, N. Koretake, H. Fujioka, Y. Hieda, E. Kinoshita-Kikuta, E Kinoshita, T. Koike,
6 論文題目 A novel thiol-affinity micropipette tip method using zinc(II)–cyclen-attached agarose beads for enrichment of cysteine-containing molecules.
掲載誌 Journal of Chromatography B
巻,号,頁 1031, 195-201 発行年 2016 発行月
著者 Haruto Fujioka Masaya Tsunehiro Maho Kawaguchi Yasuhiro Kuramoto Hiromasa Kurosaki Yuhzo Hieda1 Emiko Kinoshita-Kikuta Eiji Kinoshita Tohru Koike
7 論文題目 Simple enrichment of thiol-containing biomolecules by using zinc(II)–cyclen- functionalized magnetic beads
掲載誌 J. Sep. Sci.
巻,号,頁 2014, 37, 1601–1609 発行年 2014 発行月
著者 Haruto Fujioka, Yuhzo Hieda, Yasuhiro Kuramoto, Kanayo Konishi, Emiko Kinoshita-Kikuta, Eiji Kinoshita, Tohru Koike
8 論文題目 Increase in Lipophilicity of Enalaprilat by Complexation with Copper(II) or Zinc(II) Ions
掲載誌 YAKUGAKU ZASSHI
巻,号,頁 133(10)1135-1141(2013) 発行年 2013 発行月
著者 Y. Hieda, T. Choshi, H. Fujioka, and S. Hibino,
9 論文題目 “New total synthesis of the neuronal cell-protecting carbazole alkaloids carbazomadurin A and (S)-(+)-carbazomadurin B”
掲載誌 European Journal. Organic. Chemistry,
巻,号,頁 2013, 7391-7401 発行年 2013 発行月
著者 Y. Hieda, T. Choshi, Y. Uchida, H. Fujioka, S. Hibino,
10 論文題目 Total synthesis of (±)-carquinostatin A, and asymmetric total synthesis of (R)-(-)-carquinostatin A and (S)-(+)-carquinostatin A
掲載誌 Chem Pharm. Bull.
巻,号,頁 60,1522-1530 (2012). 発行年 2012 発行月
著者 Tominari Choshi, Teppei Kumemura, Haruto Fujioka,Yuhzo Hieda, and Satoshi Hibino
11 論文題目 Improved Synthesis of the New Furo[3,2-h]isoquinoline Alkaloids TMC-120B and TMC-120A, and Their Inhibitory Activities against IFN-γand IL-4 Production
掲載誌 Heterocycles,
巻,号,頁 84, 587-595 (2012). 発行年 2012 発行月
著者 H. Fujioka, S. Kishida, T. Ishizu, M. Shiro, E.Kinoshita, and T. Koike
12 論文題目 Dibridged Bis(Zn2+–cyclen): A Novel Host Molecule of Malonate Dianion in Aqueous Solution
掲載誌 Bull. Chem. Soc. Jpn.
巻,号,頁 2010, 83,p.267-272 発行年 2010 発行月
著者 Y. Hieda, T. Choshi, S.i Kishida, H. Fujioka, S.Hibino
13 論文題目 A novel total synthesis of the bioactive poly-substituted carbazole alkaloid carbazomadurin A
掲載誌 Tetrahedron Letters
巻,号,頁 51 (2010)3593-3596 発行年 2010 発行月

戻る

TOP

エッセイ,記事(新聞)等

戻る

TOP

特許

戻る

TOP

薬学部 / 薬学科 / 教授 / 藤岡 晴人