免責事項
 福山大学研究者一覧・検索サイトの内容は,各教員が自ら入力した情報に基づいています.その情報の正確性について,福山大学が保証するものではありません.

福山大学
研究者情報

薬学部 / 薬学科 / 教授 / 井上 裕文

研究者情報 研究業績 学位論文 著書 学術論文(総説・解説含む) エッセイ,記事(新聞)等 特許
表示:[代表業績]
全業績表示に変更

研究者情報

福山大学学術リポジトリ researchmap J-GLOBAL CiNii 国立国会図書館 Google Scholar
氏名 井上 裕文 (いのうえ ひろふみ) 
所属 薬学部 薬学科
職名 教授
e-mail inoue ★ fupharm。fukuyama-u、ac.jp
迷惑メール対策として「@」,「.」を置き換えて表示しています.
TEL 084-936-2112(ext.5145)
FAX 084-936-2024
WEB
更新日時 2017-03-29 10:09:25
学歴 1992年3月 福山大学薬学部生物薬学科 卒業
1992年4月 福山大学大学院薬学研究科修士課程 入学
1994年3月 福山大学大学院薬学研究科修士課程 修了
学位・資格 薬剤師免許 1992年4月
博士(薬学) 福山大学 1999年3月
職歴 福山大学 薬学部 助手 (1994年4月~2000年3月)
福山大学 薬学部 講師 (2000年4月~2009年3月)
福山大学 薬学部 准教授 (2009年4月~現在)
専門分野 分析化学、
研究テーマ 生体成分の分析に関する研究
分析試薬の開発に関する研究
医薬品の分析に関する研究
研究テーマのキーワード 蛍光分析,HPLC,生体成分,医薬品,血清,尿,組織
所属学会 日本薬学会, 日本分析化学会, 日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会, 日本栄養改善学会
学会活動 
共同研究・科研費採択課題等実績 
主な担当授業科目 基礎分析化学、薬局方収載の試験法、薬学入門、コミュニケーション交流学習
主な学内役職・委員 学生委員
社会活動 薬剤師のためワークショップ中国 ・四国のタスクフォース(2007年~現在)
薬学共用試験センター CBT委員(2013年4月~現在)
受賞,その他の実績 平成17年度日本薬学会中国四国支部奨励賞 2005年11月

戻る

TOP

代表的な研究業績

全業績表示に変更

学位論文

提出者 井上裕文
1 論文題目 アミノ酸類の蛍光誘導体化試薬の開発及び生体試料中ヒドキシプロリン、プロリン及びプロリルジペプチド類の高感度蛍光プレラベルHPLC分析
提出大学 福山大学
提出年 1999 提出月 3

戻る

TOP

著書

著者 財津 潔,鶴田泰人 編集: 明樂一己,井上裕文,黒木広明,小嶋英二朗,財津 潔,齊藤睦弘,谷本 剛,壇上 博史,千熊 正彦,鶴田泰人,浜瀬健司
2 書名 薬学領域の分析化学 第2版
出版社 廣川書店
頁数(担当頁) 48-91 出版年 2012 出版月 12
著者 山口政俊,鶴田泰人,能田 均 編集:井尻聡一郎,井上裕文,大久保明,大場義史,岡崎祥子,黒木広明,小嶋英二朗,高井信彦,竹下啓蔵,鶴田泰人,轟木堅一郎,能田均,原口浩一,藤岡稔一,森浩一,山口政俊,山田明史,吉田秀幸
3 書名 演習で理解する薬学の分析化学
出版社 廣川書店
頁数(担当頁) 41-63 出版年 2010 出版月 3
著者 日本薬学会物理系薬学部会・分析化学担当教員会議編集,中村洋,中澤裕之,中島憲一郎:編集幹事,鶴田泰人,井上裕文,小嶋英二朗,伊達有子,他,
4 書名 薬学分析科学の最前線
出版社 じほう
頁数(担当頁) 70-71 出版年 2009 出版月 3

戻る

TOP

学術論文(総説・解説含む)

著者 H. Inoue, T. Harada, S. Eto, K. Nakashima, T. Ibusuki, K.Kosha, Y. Date, E. Sanematsu, Y. Shinohara, K. Takahashi, R. Yoshimura, J. Nakamura, E. Kojima, Y. Tsuruta
5 論文題目 Determination of paroxetine in serum treated with simple pretreatment by pre-column high-performance liquid chromatography using 4-(5,6-dimethoxy-2-phthalimidinyl)-2-methoxyphenylsulfonyl chloride as a fluorescent labeling reagent
掲載誌 Biomed. Chromatogr.
巻,号,頁 27(6):688-690 発行年 2013 発行月 5
著者 H. Inoue, Y. Sakata, H. Nishio, Kohji Tokumo, E. Kojima, Y. Date, Y. Tamura, Y. Tsuruta
6 論文題目 A simple and highly sensitive HPLC method with fluorescent detection for determination of pipecolic acid in mouse brain areas
掲載誌 Biol. Pharm. Bull.
巻,号,頁 34(2), 287-289 発行年 2011 発行月 2
著者 Y. Tsuruta, K. Maruyama, H. Inoue, K. Kosha, Y. Date, N. Okamura, S. Eto, E. Kojima
7 論文題目 Sensitive determination of carnosine in urine by high-performance liquid chromatography using 4-(5,6-dimethoxy-2-phthalimidinyl)-2-methoxyphenylsulfonyl chloride as a fluorescent labeling reagent
掲載誌 J. Chromatogr. B
巻,号,頁 878(3-4), 327-332 発行年 2010 発行月 2
著者 Y. Tsuruta, M. Matsumoto, H. Inoue, S. Mumenura, S. Yamano, H. Iguchi
8 論文題目 Determination of N-ethylglycine in urine of cancer patients with metastatic bone disease by HPLC using 4-(5,6-dimethoxy-2-phthalimidinyl)-2-methoxyphenylsulfonyl chloride as a fluorescent labeling regent
掲載誌 Anal. Sci.
巻,号,頁 24(12), 1629-1631 発行年 2008 発行月 12
著者 Y. Tsuruta, H. Inoue, K. Fukunaga, S. Munemura, M. Ozaki, M. Ohta, F. Matsuura
9 論文題目 Determination of bisphenol-A in water by semi-micro column high-performance liquid chromatography using 2-methoxy-4-(2-phthalimidinyl)phenylsulfonyl chloride as a fluorescent labeling reagent
掲載誌 Anal. Sci.
巻,号,頁 21(6), 697-699 発行年 2005 発行月 6

戻る

TOP

エッセイ,記事(新聞)等

戻る

TOP

特許

戻る

TOP

薬学部 / 薬学科 / 教授 / 井上 裕文