免責事項
 福山大学研究者一覧・検索サイトの内容は,各教員が自ら入力した情報に基づいています.その情報の正確性について,福山大学が保証するものではありません.

福山大学
研究者情報

薬学部 / 薬学科 / 教授 / 高根 浩

研究者情報 研究業績 学位論文 著書 学術論文(総説・解説含む) エッセイ,記事(新聞)等 特許
表示:[全業績]
代表業績表示に変更

研究者情報

福山大学学術リポジトリ researchmap J-GLOBAL CiNii 国立国会図書館 Google Scholar
氏名 高根 浩 (たかね ひろし) 
所属 薬学部 薬学科
職名 教授
e-mail takane ★ fukuyama-u。ac、jp
迷惑メール対策として「@」,「.」を置き換えて表示しています.
TEL 084-936-2112
FAX 084-936-2204
WEB
更新日時 2021-04-14 09:22:29
学歴 1996年3月 第一薬科大学 薬学部 製薬学科 卒業
1998年3月 九州大学大学院薬学研究科 医療薬学 修士課程   修了
2001年3月 九州大学大学院薬学研究科 医療薬学 博士後期課程 修了
学位・資格 薬剤師免許 1996年8月
博士(薬学) 九州大学 2001年3月
日本医療薬学会 医療薬学指導薬剤師 2014年6月
日本薬剤師研修センター 認定実務実習指導薬剤師 2014年9月
職歴 鳥取大学医学部附属病院 薬剤部 入局(2001年4月~2003年1月)
鳥取大学医学部附属病院 薬剤部 薬品試験研究主任(2003年2月~2011年3月)
鳥取大学医学部附属病院 薬剤部 准教授・副薬剤部長(2011年4月~2021年3月)
専門分野 医療薬学、感染制御学、抗菌化学療法学、薬物動態学
研究テーマ 抗菌薬の安全かつ効果的な使い方に関する研究
課題解決を志向した抗菌薬耐性対策サーベイランスシステムの開発とその評価
抗菌化学療法におけるEBM実践能力向上を目的とした卒前・卒後教育システムの開発
研究テーマのキーワード 感染制御、抗菌薬適正使用、薬剤耐性菌制御
所属学会 日本医療薬学会, 日本化学療法学会, 日本TDM学会, 日本医薬品安全性学会
学会活動 日本医薬品安全性学会 評議委員 (2014年 9月~)
共同研究・科研費採択課題等実績 2007~08年度 科学研究費補助金(若手研究B)「肺癌における薬物輸送蛋白BCRPの過剰発現制御機構の解明と臨床的意義」 代表
2009年度 中冨健康科学振興財団 「抗真菌薬ボリコナゾールの体内動態の個人差に及ぼす薬物代謝酵素の薬理遺伝学的研究」 代表
2011~12年度 科学研究費補助金(若手研究B)「遺伝子多型に基づく薬物輸送蛋OATP2B1活性の個人差および臨床的意義の解明」 代表
主な担当授業科目 病院・薬局実務実習、病原微生物と感染症、臨床推論演習など
主な学内役職・委員 薬学部実務実習委員(副委員長)
社会活動 
受賞,その他の実績 日本薬学会中国四国支部 奨励賞 2010年11月

戻る

TOP

全研究業績

代表業績表示に変更

学位論文

提出者 高根 浩
1 論文題目 マウスを対象としたインターフェロン-βの時間薬理学的研究:受容体介在性薬物の薬理効果と受容体発現量の日周リズムの関連
提出大学 九州大学
提出年 2000 提出月

戻る

TOP

著書

著者 高根 浩(共著)
2 書名 感染制御学
出版社 株式会社 文光堂
頁数(担当頁) p47-51 出版年 2015 出版月 9

戻る

TOP

学術論文(総説・解説含む)

著者 三好由希子, 高根 浩, 森下奨太,岡田健作, 北浦 剛, 千酌浩樹
3 論文題目 緑膿菌耐性率に関連するカルバペネム系抗菌薬の使用評価指標の単施設後方視的調査研究
掲載誌 日本環境感染学会誌
巻,号,頁 35(6):233-40 発行年 2020 発行月
著者 Muraki S, Moriki K, Shigematsu S, Fukae M, Kakara M, Yamashita D, Hirota T, Takane H, Shimada M, Hirakawa M,Ieiri I
4 論文題目 Population Pharmacodynamic Analysis of Uric Acid-Lowering Effects of Febuxostat Based on Electronic Medical Records in Two Hospitals.
掲載誌 J Clin Pharmacol
巻,号,頁 58(3):304-313 発行年 2018 発行月
著者 安達真紀子, 細田さとみ, 法正恵子, 岡野淳一, 三好謙一,岡崎亮太, 高根 浩, 島田美樹
5 論文題目 標準化した薬学的管理指導に基づいてサプリメント過剰摂取との因果関係が疑われる薬物性肝障害の重症化を回避した1例
掲載誌 New Diet Therapy
巻,号,頁 32:3-12 発行年 2017 発行月
著者 安達真紀子, 高根 浩, 篠塚和正, 森木邦明, 小川勝弘, 金田達也, 椎木 芳和, 島田美樹
6 論文題目 健康食品利用入院患者に対する薬学的介入内容の分析と管理アルゴリズムの構築
掲載誌 医療薬学
巻,号,頁 42:217-227 発行年 2016 発行月
著者 仲田佑未, 藤原弘光, 上灘紳子, 高根 浩, 千酌浩樹
7 論文題目 大学病院における血液培養陽性事例に関する検討
掲載誌 日本環境感染学会誌
巻,号,頁 31:107-112 発行年 2016 発行月
著者 Saito J, Hirota T, Furuta S, Kobayashi D, Takane H, Ieiri I
8 論文題目 Association between DNA methylation in the miR-328 5'-flanking region and inter-individual differences in miR-328 and BCRP expression in human placenta.
掲載誌 PLoS One
巻,号,頁 8:e72906. doi: 10.1371/journal.pone.0072906 発行年 2013 発行月
著者 高根 浩, 三好由希子, 堀井俊伸
9 論文題目 MRSA感染症治療薬のTDM実施状況と臨床効果に関する多施設共同調査研究
掲載誌 医療薬学
巻,号,頁 38:785-794 発行年 2012 発行月
著者 Hirota T, Date Y, Nishibatake Y, Takane H, Fukuoka Y,Taniguchi Y,Burioka N, Shimizu E, Nakamura H, Otsubo K, Ieiri I
10 論文題目 Dihydropyrimidine dehydrogenase (DPD) expression is negatively regulated by certain microRNAs in human lung tissues.
掲載誌 Lung Cancer
巻,号,頁 77:16-23 発行年 2012 発行月
著者 Sasaki T, Takane H, Ogawa K, Isagawa S, Hirota T, Higuchi S, Horii T, Otsubo K, Ieiri I
11 論文題目 Population Pharmacokinetic and Pharmacodynamic Analysis of Linezolid and a Hematologic Side Effect, Thrombocytopenia in Japanese Patients
掲載誌 Antimocrob Agents Chemother
巻,号,頁 55: 1867-1872 発行年 2011 発行月
著者 高根 浩
12 論文題目 薬物の体内動態に及ぼすSLCO1B1遺伝子多型の影響と臨床的意義
掲載誌 YAKUGAKU ZASSHI
巻,号,頁 131:1589-1594 発行年 2011 発行月
著者 高根 浩, 島田耕太郎, 小川勝弘, 大坪健司
13 論文題目 ボリコナゾールによる肝障害に関するレトロスペクティブ調査
掲載誌 医療薬学
巻,号,頁 35:579-584 発行年 2009 発行月
著者 Takane H, Kawamoto K, Sasaki T, Moriki K, Moriki K, Kitano H, Higuchi S, Otsubo K, Ieiri I
14 論文題目 Life-threatening toxicities in a patient with UGT1A1*6/*28 and SLCO1B1*15/*15 genotypes after irinotecan-based chemotherapy
掲載誌 Cancer Chemother Pharmacol
巻,号,頁 63:1165-1169 発行年 2009 発行月
著者 Takane H, Shikata E, Otsubo K, Higuch S, Ieiri I
15 論文題目 Polymorphisms in the human organic cation transporter and metformin action.
掲載誌 Pharmacogenomics
巻,号,頁 9:415-422 発行年 2008 発行月
著者 Shikata E, Yamamoto R, Takane H, Shigemasa C, Ikeda T, Otsubo K, Ieiri I
16 論文題目 Human organic cation transporter (OCT1 and OCT2) gene polymorphisms and therapeutic effects of metformin.
掲載誌 J Hum Genet
巻,号,頁 52:117-122 発行年 2007 発行月
著者 Takane H, Miyata M, Burioka N, Kurai K, Fukuoka Y, Suyama H, Shigeoka Y, Otsubo K, Ieiri I, Shimizu E
17 論文題目 Severe toxicities following irinotecan-based chemotherapy in a lung cancer patient, a homozygote for SLCO1B1*15 allele.
掲載誌 Ther Drug Monit
巻,号,頁 29:666-668 発行年 2007 発行月
著者 Takane H, Miyata M, Burioka N, Shigemasa C, Shimizu E, Otsubo K, Ieiri I
18 論文題目 Pharmacogenetic determinants of variability in lipid-lowering response to pravastatin therapy.
掲載誌 J Hum Genet
巻,号,頁 18:822-826 発行年 2006 発行月
著者 Shikata E, Ieiri I, Ishiguro S, Takane H, Ohgi S, Otsubo K
19 論文題目 Multiple gene polymorphisms and warfarin sensitivity.
掲載誌 Eur J Clin Pharmacol
巻,号,頁 62:881-883 発行年 2006 発行月
著者 Takane H, Nosaka A, Wakushima H, Hosokawa K, Ieiri I
20 論文題目 Rifampicin reduces the analgesic effect of transdermal fentanyl.
掲載誌 Ann Pharmacother
巻,号,頁 39:2139-40 発行年 2005 発行月
著者 Kobayashi D, Ieiri I, Hirota T, Takane H, Maegawa S, Kigawa J, Suzuki H, Nanba E, Oshimura M, Terakawa N, Otsubo K, Mine K and Sugiyama Y
21 論文題目 Functional assessment of abcg2 (bcrp) gene polymorphisms to protein expression in human placenta.
掲載誌 Drug Metab Dispos
巻,号,頁 33:94-101 発行年 2005 発行月
著者 Hirota T, Ieiri I, Takane H, Maegawa S, Hosokawa M, Kobayashi K, Chiba K, Nanba E, Oshimura M, Sato T, Higuchi S, Otsubo K
22 論文題目 Allelic expression imbalance of the human CYP3A4 gene and individual phenotypic status.
掲載誌 Hum Mol Genet
巻,号,頁 13:2959-69 発行年 2004 発行月
著者 Ieiri I, Suzuki H, Kimura M, Takane H, Nishizato Y, Irie S, Urae A, Kawabata K, Higuchi S, Otsubo K, Sugiyama Y
23 論文題目 Influence of common variants in the pharmacokinetic genes (OATP-C, UGT1A1, and MRP2) on serum bilirubin levels in healthy subjects.
掲載誌 Hepatol Res
巻,号,頁 30:91-95 発行年 2004 発行月
著者 Takane H, Kobayashi D, Hirota T, Kigawa J, Terakawa N, Otsubo K, Ieiri I
24 論文題目 Haplotype-oriented genetic analysis and functional assessment of promoter variants in the MDR1 (ABCB1) gene
掲載誌 J Pharmacol Exp Ther
巻,号,頁 311:1179-1187 発行年 2004 発行月
著者 Hirota T, Ieiri I, Takane H, Sano H, Kawamoto K, Aono H, Yamasaki A, Takeuchi H, Masada M, Shimizu E, Higuchi S, Otsubo K
25 論文題目 Sequence variability and candidate gene analysis in two cancer patients with complex clinical outcome during morphine therapy.
掲載誌 Drug Metabol Dispos
巻,号,頁 31:677-680 発行年 2003 発行月
著者 Nishizato Y, Ieiri I, Suzuki H, Kimura M, Kawabata K, Hirota T, Takane H, Irie S, Kusuhara H, Urasaki Y, Urae A, Higuchi S, Otsubo K, Sugiyama Y
26 論文題目 Pplymorphisms of OATP-C (SLC21A6) and OAT3 (SLC22A8) genes: Consequences for pravastatin pharmacokinetics.
掲載誌 Clin Pharmacol Ther
巻,号,頁 73:554-565 発行年 2003 発行月
著者 Takane H, Ieiri I, Otsubo K
27 論文題目 Genetic Polymorphisms of Organic Anion and Cation Transporters: Pharmacokinetic and Pharmacodynamic Consequences in Pharmacotherapy
掲載誌 Current Pharmacogenetics
巻,号,頁 1:245-257 発行年 2003 発行月

戻る

TOP

エッセイ,記事(新聞)等

戻る

TOP

特許

戻る

TOP

薬学部 / 薬学科 / 教授 / 高根 浩