免責事項
 福山大学研究者一覧・検索サイトの内容は,各教員が自ら入力した情報に基づいています.その情報の正確性について,福山大学が保証するものではありません.

福山大学
研究者情報

人間文化学部 / 心理学科 / 講師 / 金平 希

研究者情報 研究業績 学位論文 著書 学術論文(総説・解説含む) エッセイ,記事(新聞)等 特許
表示:[全業績]
代表業績表示に変更

研究者情報

福山大学学術リポジトリ researchmap J-GLOBAL CiNii 国立国会図書館 Google Scholar
氏名 金平 希 (かねひら のぞみ) 
所属 人間文化学部 心理学科
職名 講師
e-mail kanehira ★ fukuyama-u。ac、jp
迷惑メール対策として「@」,「.」を置き換えて表示しています.
TEL 084-936-2112(3424)
FAX
WEB
更新日時 2023-06-12 09:42:25
学歴 2007年 3月 福山大学 人間文化学部 心理学科 卒業
2009年 3月 福山大学 人間科学研究科 心理臨床学専攻 修了
学位・資格 修士(心理学) 福山大学 2009年 3月
臨床発達心理士 2009年 3月
公認心理師 2018年
職歴 福山大学 人間文化学部 心理学科 助手(2009年4月~2012年3月)
福山大学 人間文化学部 心理学科 助教(2012年4月~2019年3月)
福山大学 人間文化学部 心理学科 講師(2020年4月~現在に至る)
専門分野 臨床発達心理学
研究テーマ 発達に特徴を持つ幼児とその母親の情緒応答性(Emotional Aveilability)の様相
研究テーマのキーワード 情緒応答性(Emotional Aveilability)、発達障害児
所属学会 日本心理学会, 日本発達心理学会, 日本臨床発達心理学会, 日本児童青年精神医学会, 日本特殊教育学会, 中国四国心理学会
学会活動 
共同研究・科研費採択課題等実績 2019年 科学研究費 若手研究 ASDおよびADHDの幼児とその母親の情緒応答性評価による強みと脆弱性領域の把握
2022年 科学研究費 基盤(C)母子の情緒交流支援をみすえた実証的アセスメント法の開発:発達障害児と母親への応用
主な担当授業科目 障害者・障害児心理学,心理的アセスメント
主な学内役職・委員 教務委員会
社会活動 社会福祉法人尾道さつき会こども発達支援センターあいあい発達相談(2009年4月~現在に至る)
福山市幼児発達相談員(2021年4月~ 現在に至る)
受賞,その他の実績 若手・女性研究者奨励金 2019年

戻る

TOP

全研究業績

代表業績表示に変更

学位論文

提出者 野津山(金平)希
1 論文題目 小学生における食生活ならびに家族関係が攻撃性および学校生活享受感情に与える影響― 社会的スキルを媒介として ―
提出大学 福山大学
提出年 2009 提出月 1

戻る

TOP

著書

戻る

TOP

学術論文(総説・解説含む)

著者 金平 希・諏訪 絵里子・辻 圭位子・谷本 智佳・堤 俊彦
2 論文題目 幼少期の注意欠如・多動傾向と母子間の相互作用場面における情緒応答性
掲載誌 福山大学こころの健康相談センター紀要
巻,号,頁 4号 発行年 2022 発行月
著者 金平希・諏訪絵里子・川村祐未・堤俊彦・皿谷陽子・谷本智佳
3 論文題目 発達障害児とその母親の母子相互作用場面における情緒応答性
掲載誌 臨床発達心理実践研究
巻,号,頁 14巻 第2号 発行年 2019 発行月
著者 金平希・玉木健弘
4 論文題目 小学生における食生活と学級満足度との関連性
掲載誌 福山大学人間文化学部紀要
巻,号,頁 14,107-120. 発行年 2014 発行月
著者 野津山希・堤俊彦・嶋崎まゆみ・加藤美朗・奥本早紀・柿原未佳子・渋谷友美
5 論文題目 地域におけるペアレント・トレーニングの汎用性促進を目指したプログラムの検討―ピアカウンセリング効果の視点から―
掲載誌 福山大学こころの健康相談室紀要
巻,号,頁 7,131‐139. 発行年 2013 発行月
著者 野津山希・堤俊彦・嶋崎まゆみ・加藤美朗・伊場朱紗美・伊垣知美・皿谷陽子・渋谷友美
6 論文題目 ペアレント・トレーニングにおける汎用性促進を目指したプログラム―ショートプログラム(5回)を用いた効果の検討―
掲載誌 福山大学こころの健康相談室紀要
巻,号,頁 6,135‐143. 発行年 2012 発行月

戻る

TOP

エッセイ,記事(新聞)等

戻る

TOP

特許

戻る

TOP

人間文化学部 / 心理学科 / 講師 / 金平 希