免責事項
 福山大学研究者一覧・検索サイトの内容は,各教員が自ら入力した情報に基づいています.その情報の正確性について,福山大学が保証するものではありません.

福山大学
研究者情報

薬学部 / 薬学科 / 教授 / 鶴田 泰人

研究者情報 研究業績 学位論文 著書 学術論文(総説・解説含む) エッセイ,記事(新聞)等 特許
表示:[代表業績]
全業績表示に変更

研究者情報

福山大学学術リポジトリ researchmap J-GLOBAL CiNii 国立国会図書館 Google Scholar
氏名 鶴田 泰人 (つるた やすと) 
所属 薬学部 薬学科
職名 教授
e-mail tsuruta ★ fupharm。fukuyama-u、ac.jp
迷惑メール対策として「@」,「.」を置き換えて表示しています.
TEL 084-936-2111 内線5146
FAX 084-936-2024
WEB
更新日時 2015-03-18 19:24:30
学歴 昭和48年3月  九州大学薬学部卒業
昭和55年3月  九州大学大学院薬学研究科博士課程終了
学位・資格 薬学博士 九州大学
薬剤師 昭和49年
臨床検査技師 昭和48年
職歴 九州大学薬学部・教務員(昭和55年4月~昭和56年3月)
ニューファンドランド記念大学(カナダ)・博士研究員(昭和56年4月~昭和58年3月)
福山大学薬学部・助手(昭和58年4月~昭和60年3月)
福山大学薬学部・講師(昭和60年4月~平成元年3月)
福山大学薬学部及び大学院薬学研究科・助教授(平成元年4月~平成5年3月)
福山大学薬学部及び大学院薬学研究科・教授(平成5年4月~現在に至る)
専門分野 分析化学
研究テーマ 生体成分の分析に関する研究
環境ホルモンの分析に関する研究
分析試薬の開発に関する研究
医薬品の分析
研究テーマのキーワード 蛍光分析,HPLC,生体成分,血清,尿,組織,アミン類,医薬品,環境ホルモン
所属学会 日本薬学会, 日本分析化学会
学会活動 日本分析化学会 中四国支部幹事 (平成19年4月 ~ 平成26年12月)
日本薬学会中国四国支部幹事 (平成15年3月~平成17年2月)
日本薬学会代議員 (平成18年2月~平成22年1月)
共同研究・科研費採択課題等実績 昭和59年 科研費 ヒスタミン関連物質の高感度分析 「代表者」
主な担当授業科目 薬局方収載の試験法、生体中の金属・分子を解析する方法、コミュニケーション、実習Ⅰ、II、ファーマシューティカルケア総合演習、
主な学内役職・委員 学長補佐
大学教育センター長
社会活動 
受賞,その他の実績 

戻る

TOP

代表的な研究業績

全業績表示に変更

学位論文

提出者 鶴田泰人
1 論文題目 高速液体クロマトグラフィー-けい光検出によるヒスタミン類の高感度分析
提出大学 九州大学
提出年 1980 提出月 3

戻る

TOP

著書

著者 財津 潔/鶴田泰人編集
2 書名 薬学領域の分析化学(第2版)
出版社 廣川書店
頁数(担当頁) 出版年 2012 出版月 4
著者 財津 潔/鶴田泰人編集
3 書名 薬学領域の機器分析学(第2版)
出版社 廣川書店
頁数(担当頁) 出版年 2012 出版月 4
著者 鶴田泰人 他
4 書名 試料分析講座 アミノ酸・生体アミン分析
出版社 丸善出版
頁数(担当頁) 55頁-68頁 出版年 2012 出版月
著者 鶴田泰人 他
5 書名 薬学分析科学の最前線
出版社 じほう
頁数(担当頁) p-70~p-71 出版年 2009 出版月 3
著者 鶴田泰人 他
6 書名 薬学生のための臨床化学
出版社 南江堂
頁数(担当頁) p-56~p-62 出版年 2005 出版月 4

戻る

TOP

学術論文(総説・解説含む)

著者 鶴田泰人 他
7 論文題目 Determination of paroxetine in serum treated with simple pretreatment by pre-column high-performance liquid chromatography using 4-(5,6-dimethoxy-2-phthalimidinyl)-2-methoxyphenylsulfonyl chloride as a fluorescent labeling reagent
掲載誌 Biomedical Chromatogr.
巻,号,頁 27(6), p.688-90, 発行年 2013 発行月
著者 鶴田泰人 他
8 論文題目 A simple and highly sensitive HPLC method with fluorescent detection for determination of pipecolic acid in mouse brain areas
掲載誌 Biol. Pharm. Bull.
巻,号,頁 34(2) p.287-289, 発行年 2011 発行月
著者 鶴田泰人 他
9 論文題目 Sensitive determination of carnosine in urine by high-performance liquid chromatography using 4-(5,6-dimethoxy-2-phthalimidinyl)-2-methoxyphenylsulfonyl chloride as a fluorescent labeling reagent
掲載誌 J. Chromatogr.B,
巻,号,頁 877, p.32-36, 発行年 2010 発行月
著者 鶴田泰人 他
10 論文題目 Simultaneous analysis of 1,2,3,4-tetrahydroisoquinolines by high-performance liquid chromatography using 4-(5,6-dimethoxy-2-phthalimidinyl)-2- methoxyphenylsulfonyl chloride as a fluorescent labeling reagent
掲載誌 J. Chromatogr.B
巻,号,頁 867, p.32-36, 発行年 2008 発行月
著者 鶴田泰人 他
11 論文題目 Identification of N-ethylglycine in urine of cancer patients with metastatic bone disease
掲載誌 Clin. Chim. Acta,.
巻,号,頁 376, p.226-228 発行年 2007 発行月

戻る

TOP

エッセイ,記事(新聞)等

戻る

TOP

特許

戻る

TOP

薬学部 / 薬学科 / 教授 / 鶴田 泰人