免責事項
 福山大学研究者一覧・検索サイトの内容は,各教員が自ら入力した情報に基づいています.その情報の正確性について,福山大学が保証するものではありません.

福山大学
研究者情報

人間文化学部 / 心理学科 / 助教 / 福留 広大

研究者情報 研究業績 学位論文 著書 学術論文(総説・解説含む) エッセイ,記事(新聞)等 特許
表示:[代表業績]
全業績表示に変更

研究者情報

福山大学学術リポジトリ researchmap J-GLOBAL CiNii 国立国会図書館 Google Scholar
氏名 福留 広大 (ふくどめ こうだい) 
所属 人間文化学部 心理学科
職名 助教
e-mail fukudome ★ fukuyama-u。ac、jp
迷惑メール対策として「@」,「.」を置き換えて表示しています.
TEL
FAX
WEB https://researchmap.jp/Fukudome_K/
更新日時 2019-04-08 14:53:30
学歴 2013年3月 高知大学 教育学部 学校教育教員養成課程 卒業
2015年3月 高知大学大学院 総合人間自然科学研究科 教育学専攻 修了
2018年3月 広島大学大学院 教育学研究科 教育人間科学専攻 修了
学位・資格 修士(教育学)高知大学 2015年3月
博士(心理学)広島大学 2018年3月
小学校教諭専修免許状 2015年
中学校教諭専修免許状(社会) 2015年
中学校教諭2種免許状(英語) 2013年
職歴 追手門学院大学 心理学科 特定研究員(2015年11月~2016年3月)
日本学術振興会 特別研究員DC2(2016年4月 ~2018年3月)
広島大学 大学院教育学研究科附属心理臨床教育研究センター 研究員(2018年4月~2019年3月)
広島大学 教育室教育部教育支援グループ 教育研究補助職員(2018年6月~2019年3月)
専門分野 社会心理学・教育心理学
研究テーマ 自尊感情尺度の因子構造についての議論
自尊感情尺度の教育的利用について
研究テーマのキーワード 自尊感情
所属学会 Society for Personality and Social Psychology・中国四国心理学会・日本パーソナリティ心理学会・日本社会心理学会・日本心理学会・日本教育心理学会
学会活動 
共同研究・科研費採択課題等実績 2016年4月~2018年3月 独立行政法人日本学術振興会特別研究員奨励費 自己の適応に関する二過程モデルの提案と検証 研究代表者
主な担当授業科目
主な学内役職・委員 
社会活動 
受賞,その他の実績 

戻る

TOP

代表的な研究業績

全業績表示に変更

学位論文

戻る

TOP

著書

戻る

TOP

学術論文(総説・解説含む)

著者 福留広大・森永康子
1 論文題目 自尊感情の2因子と2種類の自己愛の関連性
掲載誌 広島大学心理学研究
巻,号,頁 18 107-126 発行年 2019 発行月 3
著者 福留広大・森永康子
2 論文題目 自己評価的尺度における肯定的・否定的項目群因子の年齢別の分析:ローゼンバーグ自尊感情尺度と特性的自己効力感尺度
掲載誌 教育心理学研究
巻,号,頁 66(3) 212-224 発行年 2018 発行月 9
著者 福留広大
3 論文題目 ローゼンバーク自尊感情尺度の2側面に関する研究:「肯定的自己像の受容」と自己愛,Well-beingとの関連
掲載誌 広島大学大学院教育学研究科紀要第三部(教育人間科学関連領域)
巻,号,頁 (66) 151-157 発行年 2017 発行月 12
著者 福留広大・藤田尚文・戸谷彰宏・小林 渚・古川善也・森永康子
4 論文題目 中学生におけるローゼンバーグ自尊感情尺度の2側面:「肯定的自己像の受容」と「否定的自己像の拒否」
掲載誌 教育心理学研究
巻,号,頁 65(2) 183-196 発行年 2017 発行月 6
著者 藤田尚文・福留広大・古口高志・小林 渚
5 論文題目 ストレスの窓モデル:防御因子が制御する窓によるストレス反応の加算
掲載誌 教育心理学研究
巻,号,頁 65(1) 12-25 発行年 2017 発行月 3

戻る

TOP

エッセイ,記事(新聞)等

戻る

TOP

特許

戻る

TOP

人間文化学部 / 心理学科 / 助教 / 福留 広大