免責事項
 福山大学研究者一覧・検索サイトの内容は,各教員が自ら入力した情報に基づいています.その情報の正確性について,福山大学が保証するものではありません.

福山大学
研究者情報

薬学部 / 薬学科 / 教授 / 秦 季之

研究者情報 研究業績 学位論文 著書 学術論文(総説・解説含む) エッセイ,記事(新聞)等 特許
表示:[代表業績]
全業績表示に変更

研究者情報

福山大学学術リポジトリ researchmap J-GLOBAL CiNii 国立国会図書館 Google Scholar
氏名 秦 季之 (はた としゆき) 
所属 薬学部 薬学科
職名 教授
e-mail hata ★ fukuyama-u。ac、jp
迷惑メール対策として「@」,「.」を置き換えて表示しています.
TEL 084-936-2112(ext.5091)
FAX 084-936-2024
WEB http://www.fukuyama-u.ac.jp/pharm/
更新日時 2021-04-05 18:27:38
学歴 平成6年3月 豊橋技術科学大学知識情報工学専攻修士課程修了
平成8年3月 豊橋技術科学大学材料システム工学専攻博士課程退学
学位・資格 博士(薬学) 福山大学
職歴 福山大学薬学部・助手(平成8年9月~平成13年3月)
福山大学薬学部・講師(平成13年4月~平成22年3月)
福山大学薬学部・准教授(平成22年4月~平成28年3月)
福山大学薬学部・教授(平成28年4月~ )
専門分野 物理化学
研究テーマ 分子シミュレーションによるタンパク質の構造と反応に関する研究
新規三環系MAO阻害剤の計算化学による解析
研究テーマのキーワード 分子シミュレーション、モノアミン酸化酵素
所属学会 日本薬学会
学会活動 日本薬学会中国四国支部幹事 (平成18年4月~平成19年3月)
共同研究・科研費採択課題等実績 平成18~19年度 科学研究費・若手研究B ドッキングシミュレーションのための異方性を考慮した溶媒効果の評価法の開発、研究代表者
主な担当授業科目 物質のエネルギー、物質の構造と相互作用、化学反応速度
主な学内役職・委員 共同利用センター運営委員会
社会活動 福山市薬剤師会シリーズ研修会 講師 (平成25年1,2月;平成22年6,7月)
認定薬剤師養成のためのワークショップ タスクフォース(平成21年~)
福山市立福山高等学校出張講義 (平成19年10月)
薬学共用試験センターシステム検討委員会大学委員 (平成18年度~)
受賞,その他の実績 

戻る

TOP

代表的な研究業績

全業績表示に変更

学位論文

提出者 秦 季之
1 論文題目 モンテカルロ法による両親媒性分子の水和構造に関する研究
提出大学 福山大学
提出年 2000 提出月

戻る

TOP

著書

著者 小野行雄 編、、安藝初美、伊藤佳子、上森良男、小川健志、小澤俊彦、小野行雄、甲斐雅亮、金澤秀子、椛島力、柴田攻、冨田久夫、新矢時寛、秦季之、山下晃代 著
2 書名 薬学物理化学演習 第3版
出版社 廣川書店
頁数(担当頁) 第6章 出版年 2014 出版月 6
著者 小野行雄 編、安藝初美、上森良男、小川健志、小澤俊彦、小野行雄、甲斐雅亮、金澤秀子、椛島力、柴田攻、冨田久夫、新矢時寛、秦季之、山縣ゆり子 著
3 書名 薬学物理化学 第5版
出版社 廣川書店
頁数(担当頁) 第6章 出版年 2010 出版月

戻る

TOP

学術論文(総説・解説含む)

著者 Shoji Maehara, Andria Agusta, Yoshimi Tokunaga, Hirotaka Shibuya, Toshiyuki Hata
4 論文題目 Endophyte composition and Cinchona alkaloid production abilities of Cinchona ledgeriana cultivated in Japan
掲載誌 Journal of Natural Medicines
巻,号,頁 73(2), 431-438 発行年 2019 発行月
著者 Masatoshi Ohnishia, Mayu Ohshita, Hideaki Tamaki, Yumi Marutani, Yuta Nakayama,Marina Akagi, Marina Miyata, Shoji Maehara, Toshiyuki Hata, Atsuko Inouea
5 論文題目 Shogaol but not gingerol has a neuroprotective effect on hemorrhagic brain injury: Contribution of the α, β-unsaturated carbonyl to heme oxygenase-1 expression
掲載誌 European Journal of Pharmacology
巻,号,頁 842, 33-39 発行年 2019 発行月
著者 M. Ohnishi, T. Urasaki, K. Egusa, C. Kunobu, T. Harada, R. Shinkado, H. Nishi, S. Maehara, C. Kitamura, T. Hata, K. Ohashi, H. Shibuya, A. Inoue
6 論文題目 Curcuma sp.-derived dehydrocurdione induces heme oxygenase-1 through a Michael reaction between its α, β-unsaturated carbonyl and Keap1
掲載誌 Phytotherapy Research
巻,号,頁 32,5,892-897 発行年 2018 発行月 5
著者 Toshiyuki HATA, Hiroshi SAKANE, Misato UEDA,Misa MIYOSHI, Junzo HIROSE, Kenji AKASAKI
7 論文題目 Differential Interactions of LAMP-’s Lysosome-targeting Signals Containing Various COOH-terminal Amino Acid Residues with a Medium Subunit of Adaptor Protein Complex-2
掲載誌 大学教育論叢
巻,号,頁 第 4 号 発行年 2018 発行月 3
著者 Toshiyuki Hata, Yu Shibata, Miku Okano, Asako Kodera, Misato Ueda, Hiroshi Iwamoto,Hisao Tomida, Hiroyuki Iwamoto, and Junzo Hirosea
8 論文題目 Flexibility of the Coordination Geometry at the N-Site of Cu(II)2 Human Serum-Transferrin Induced by the Different Orientations of Arg124.
掲載誌 Biol. Pharm. Bull.
巻,号,頁 38, 358–364 発行年 2015 発行月 1

戻る

TOP

エッセイ,記事(新聞)等

戻る

TOP

特許

戻る

TOP

薬学部 / 薬学科 / 教授 / 秦 季之