免責事項
 福山大学研究者一覧・検索サイトの内容は,各教員が自ら入力した情報に基づいています.その情報の正確性について,福山大学が保証するものではありません.

福山大学
研究者情報

工学部 / スマートシステム学科 / 准教授 / 関田 隆一

研究者情報 研究業績 学位論文 著書 学術論文(総説・解説含む) エッセイ,記事(新聞)等 特許
表示:[代表業績]
全業績表示に変更

研究者情報

福山大学学術リポジトリ researchmap J-GLOBAL CiNii 国立国会図書館 Google Scholar
氏名 関田 隆一 (せきた りゅういち) 
所属 工学部 スマートシステム学科
職名 准教授
e-mail sekita ★ fuee。fukuyama-u、ac.jp
迷惑メール対策として「@」,「.」を置き換えて表示しています.
TEL 084-936-2112(ext.4140)
FAX 084-936-2023
WEB http://www.fukuyama-u.ac.jp/smart-system/
更新日時 2015-03-12 18:33:14
学歴 1983年3月 東京都立大学 工学部 機械工学科 卒業
1993年12月 アメリカ アラバマ大学ハンツビル校大学院 工学研究科 博士前期課程 航空宇宙工学専攻修了
2009年7月 筑波大学大学院 ビジネス科学研究科 博士後期課程 企業科学専攻 システムズ・マネジメントコース 修了
学位・資格 工学学士(機械工学) 東京都立大学(首都大学東京) 1978年3月
Master of Science in Engineering (Aerospace Engineering) アラバマ大学ハンツビル校 1993年12月
博士(システムズ・マネジメント) 筑波大学 2009年7月
技術士(航空・宇宙) 2008年5月
Project Management Professional アメリカPMI認定 2007年7月
職歴 宇宙開発事業団 エンジングループ 開発部員 (1983年4月~1984年3月,1986年5月~1990年3月)
宇宙開発事業団 角田ロケット開発センター 開発部員 (1984年4月~1986年4月)
宇宙開発事業団 種子島宇宙センター 副主任開発部員 (1990年4月~1994年3月)
宇宙開発事業団 打上管制部 副主任開発部員 (1994年4月~1996年3月)
科学技術庁 研究開発局 宇宙政策課 課長補佐 (1996年4月~1998年6月)
宇宙開発事業団 宇宙輸送システム技術部 副主任開発部員 (1998年7月~2000年3月)
宇宙航空研究開発機構 H-IIAロケットプロジェクトチーム 主任開発員 (2000年4月~2004年3月)
宇宙航空研究開発機構 安全・信頼性推進部 主任開発員 (2004年4月~2011年3月)
宇宙航空研究開発機構 第二衛星利用ミッション本部 主任開発員 (2011年4月~2014年3月)
同志社大学大学院 理工学研究科 機械工学専攻 嘱託講師 (2009年4月~現在)
専門分野 システム安全,品質工学,マネジメント,宇宙機推進系
研究テーマ 複雑システムの安全・信頼性・品質統合解析
複雑システムのロバスト・パラメータ設計
設備の信頼性向上を目指したリスクベース設備管理
人工衛星を活用する地域の災害予測システム構築
宇宙機のスマートシステム化と最適設計
研究テーマのキーワード 安全,信頼性,品質,マネジメント,統計,宇宙
所属学会 日本信頼性学会, プロジェクトマネジメント学会, 日本公共政策学会, 日本工学教育協会, 地域安全学会, American Institute of Aeronautics and Astronautics, Project Management Institute
学会活動 
共同研究・科研費採択課題等実績 
主な担当授業科目 物理学I,プロジェクトマネジメント,電気数学特論,電子通信・ロボット設計製作実験I,スマートシステム基礎実験
主な学内役職・委員 大学教育センター教学IR部門運営委員
社会連携センター運営委員
社会活動 日本学術振興会 リスクベース設備管理第180委員会 委員 (2010年9月~現在)
経済産業省 宇宙用リチウムイオンバッテリ標準化員会 委員 (2012年4月~2014年3月)
総務省委託 米国宇宙活動許認可に関する検討会 委員 (2010年4月~2011年3月)
茨城県高圧ガス協会 保安教育講師 (2011年2月)
受賞,その他の実績 平成21年度 日本工学教育協会賞 論文・論説賞 (2010年8月)

戻る

TOP

代表的な研究業績

全業績表示に変更

学位論文

提出者 関田 隆一
1 論文題目 宇宙航空開発におけるシステム安全活性化のための教育方法とその効果測定に関する研究
提出大学 筑波大学
提出年 2009 提出月 7

戻る

TOP

著書

著者 Joseph N. Pelton,  Ram Jakhu 他との共著
2 書名 Space Safety Regulations and Standarads
出版社 Butterworth-Heinemann
頁数(担当頁) Part1 Chapter4 出版年 2010 出版月 9

戻る

TOP

学術論文(総説・解説含む)

著者 関田 隆一, 山田 秀
3 論文題目 航空宇宙開発における技術標準の認識調査と教育プログラムの設定
掲載誌 日本工学教育協会 工学教育
巻,号,頁 58巻4号 発行年 2010 発行月 7
著者 関田 隆一, 山田 秀
4 論文題目 航空宇宙開発でシステム安全活性化を図るエンジニア教育効果の定量的測定
掲載誌 日本工学教育協会 工学教育
巻,号,頁 56巻6号 発行年 2008 発行月 11
著者 関田 隆一, 山田 秀
5 論文題目 システム安全の視点による事故データの定量分析
掲載誌 日本信頼性学会誌 信頼性
巻,号,頁 Vol.30/ No.3/ 通巻167号 発行年 2008 発行月 5
著者 Ryuichi Sekita, Atsutaro Watanabe, Kunio HIrata, Takayuki Imoto
6 論文題目 Lessons Learned from H-2 Failure and Enhancement of H-2A Project
掲載誌 Acta Astronautica
巻,号,頁 Vol.48, No.5-12 発行年 2001 発行月

戻る

TOP

エッセイ,記事(新聞)等

戻る

TOP

特許

戻る

TOP

工学部 / スマートシステム学科 / 准教授 / 関田 隆一