免責事項
 福山大学研究者一覧・検索サイトの内容は,各教員が自ら入力した情報に基づいています.その情報の正確性について,福山大学が保証するものではありません.

福山大学
研究者情報

薬学部 / 薬学科 / 講師 / 松田 幸久

研究者情報 研究業績 学位論文 著書 学術論文(総説・解説含む) エッセイ,記事(新聞)等 特許
表示:[代表業績]
全業績表示に変更

研究者情報

福山大学学術リポジトリ researchmap J-GLOBAL CiNii 国立国会図書館 Google Scholar
氏名 松田 幸久 (まつだ ゆきひさ) 
所属 薬学部 薬学科
職名 講師
e-mail y-matsuda ★ fupharm。fukuyama-u、ac.jp
迷惑メール対策として「@」,「.」を置き換えて表示しています.
TEL 084-936-2111
FAX 084-936-2024
WEB
更新日時 2017-05-29 17:09:15
学歴 平成20年3月 東北大学大学院情報科学研究科 修了
学位・資格 博士(情報科学) 東北大学
平成13年5月 初級システムアドミニストレータ(IPA 独立行政法人 情報処理推進機構)
平成19年5月 基本情報処理技術者(IPA 独立行政法人 情報処理推進機構)
平成25年3月 心理相談員(中央労働災害防止協会)
職歴 東北大学大学院国際文化研究科附属言語脳認知総合科学センター研究員(20年4月〜21年3月)
東北労災看護専門学校非常勤講師(20年9月〜21年3月)
金沢工業大学人間情報システム研究所特別研究員(20年12月〜22年3月)
高岡法科大学非常勤講師(22年4月〜29年3月)
富山県立大学非常勤講師(22年4月〜28年8月)
富山大学医学薬学研究部(医学)心理学・精神科技能補佐員(22年4月〜23年3月)
金沢医科大学総合医学研究所・精神神経科学研究員(23年4月〜28年8月)
専門分野 医薬情報解析学、認知科学、人工知能
研究テーマ 多変量解析を用いた医薬情報解析に関する研究
医薬情報における機械学習を用いたクラス分離の応用
研究テーマのキーワード ビッグデータ解析、機械学習、脳活動、ネガティブ気分、ワーキングメモリ
所属学会 日本心理学会, 日本視覚学会, 日本生理心理学会, 日本心身医学学会, 日本カウンセリング学会
学会活動 
共同研究・科研費採択課題等実績 2015年 第4回杉浦地域医療振興助成金「認知症スクリーニング調査と地域・医療・行政の包括的クリティカルパスの構築」 研究代表者
主な担当授業科目
主な学内役職・委員 
社会活動 
受賞,その他の実績 認知症サポーターキャラバン活動優良自治体賞 2016年1月
電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーション賞(優秀論文賞) 2009年3月

戻る

TOP

代表的な研究業績

全業績表示に変更

学位論文

提出者 松田幸久
1 論文題目 空間的注意における自動的制御と能動席制御の機構の解明
提出大学 東北大学
提出年 2008 提出月

戻る

TOP

著書

戻る

TOP

学術論文(総説・解説含む)

著者 松田幸久、上原隆、石崎昌夫、橋本玲子、竹本早知子、川崎康弘
2 論文題目 認知症サポーターキャラバン・スキルアップ編講座による認知症の知識向上に対する学習効果
掲載誌 日本認知症予防学会誌
巻,号,頁 6: 1, 1-20 発行年 2017 発行月 5
著者 Ohi K, Matsuda Y, Shimada T, Yasuyama T, Oshima K, Sawai K, Kihara H, Nitta Y, Okubo H, Uehara T, Kawasaki Y
3 論文題目 Structual Alternations of the Superior Temporal Gyrus in Schizophrenia: Detailed Subregional Differences
掲載誌 European Psychiatry
巻,号,頁 35, 25-31 発行年 2016 発行月
著者 Matsuda Y, Iwasaki S
4 論文題目 Cue duration affects attentional capture without modulating inhibition of return
掲載誌 Psychology
巻,号,頁 3, 10, 899-905 発行年 2012 発行月
著者 松田幸久
5 論文題目 復帰抑制と注意の慣性による促進効果
掲載誌 人間環境学研究
巻,号,頁 10, 2, 109-114 発行年 2012 発行月
著者 Matsuda Y, Matsui M, Tonoya Y, Ebihara N, Kurachi M
6 論文題目 Useful visual field in patients with schizophrenia: a choice reaction time study
掲載誌 Perceptual and Motor Skills
巻,号,頁 112, 2, 369-381 発行年 2011 発行月

戻る

TOP

エッセイ,記事(新聞)等

戻る

TOP

特許

戻る

TOP

薬学部 / 薬学科 / 講師 / 松田 幸久