免責事項
 福山大学研究者一覧・検索サイトの内容は,各教員が自ら入力した情報に基づいています.その情報の正確性について,福山大学が保証するものではありません.

福山大学
研究者情報

勝矢 倫生

研究者情報 研究業績 学位論文 著書 学術論文(総説・解説含む) エッセイ,記事(新聞)等 特許
表示:[代表業績]
全業績表示に変更

研究者情報

福山大学学術リポジトリ researchmap J-GLOBAL CiNii 国立国会図書館 Google Scholar
氏名 勝矢 倫生 (かつや みちお) 
所属  
職名
e-mail
TEL 0848-64-3779
FAX 0848-64-3779
WEB
更新日時 2015-09-29 14:05:08
学歴 1971年3月 関西大学経済学部経済学科卒業
1973年3月 関西大学大学院経済学研究科修士課程修了
1976年3月 関西大学大学院経済学研究科博士課程単位取得満期退学
学位・資格 博士 (経済学) 関西大学 2001年3月)
職歴 市立尾道短期大学経済科講師(1975年4月〜1981年3月)
市立尾道短期大学経済科助教授(1981年4月〜1988年3月)
関西大学経済学部非常勤講師 (1983年4月〜1986年3月)
市立尾道短期大学経済科教授(1988年4月〜2001年3月)
市立尾道大学経済情報学部教授(2001年4月〜2012年3月)
関西大学大学院経済学研究科非常勤講師(2003年4月〜2006年3月)
市立尾道大学大学院経済情報研究科教授兼任(2005年4月〜2012年3月)
福山大学経済学部非常勤講師(2006年4月〜現在)
尾道市立大学経済情報学部教授、同大学院経済情報研究科教授兼任 (2012年4月〜2014年3月)2012年4月より尾道市立大学と改称
尾道市立大学名誉教授(2014年4月〜)
専門分野 日本経済史
研究テーマ 近世地方書(じかたしょ)の研究
近世農政史の研究
近世宿駅史の研究
研究テーマのキーワード 石高制 徴租法 起こし鍬下年季仕法 村方諸入役 伝馬役負担
所属学会 社会経済史学会, 地方史研究協議会, 広島史学研究会, 日本歴史学会
学会活動 
共同研究・科研費採択課題等実績 
主な担当授業科目 日本経済史Ⅰ・Ⅱ (福山大学)
主な学内役職・委員 市立尾道短期大学附属図書館長(1986年4月〜1988年3月)
市立尾道大学附属図書館長(2008年4月〜2009年3月)
市立尾道大学経済情報学部長・同大学院経済情報研究科長 (2011年4月〜2013年3月)
社会活動 
受賞,その他の実績 

戻る

TOP

代表的な研究業績

全業績表示に変更

学位論文

戻る

TOP

著書

著者 勝矢倫生
1 書名 福山藩地方書の研究−阿部氏治世期徴租法の解明−
出版社 清文堂出版
頁数(担当頁) 375頁 出版年 2015 出版月 1
著者 勝矢倫生
2 書名 広島藩地方書の研究
出版社 英伝社
頁数(担当頁) 504頁 出版年 1999 出版月 8

戻る

TOP

学術論文(総説・解説含む)

著者 勝矢倫生
3 論文題目 福山藩における屋敷地徴租法
掲載誌 尾道市立大学『経済情報論集』
巻,号,頁 第13巻第2号 発行年 2013 発行月 12
著者 勝矢倫生
4 論文題目 徳川期における耕地水害復旧支援策の展開構造−福山藩起こし鍬下年季仕法の分析を中心に−
掲載誌 尾道大学『経済情報論集』
巻,号,頁 第6巻2号 81〜132頁 発行年 2006 発行月 4
著者 勝矢倫生
5 論文題目 土免制下、福山藩における木綿徴租法
掲載誌 『史学研究』
巻,号,頁 第235号 73〜99頁 発行年 2001 発行月 1
著者 勝矢倫生
6 論文題目 福山藩における土免制の基礎構造—地方書「郷中覚帳」の分析を中心に—
掲載誌 『史学研究』
巻,号,頁 第228号 79〜103頁 発行年 2000 発行月 6
著者 勝矢倫生
7 論文題目 化政期広島藩における地域的経済格差論の展開—頼杏坪の建言の分析を中心に—
掲載誌 関西大学『経済論集』
巻,号,頁 第45巻6号 149〜192頁 発行年 1996 発行月 3

戻る

TOP

エッセイ,記事(新聞)等

戻る

TOP

特許

戻る

TOP

勝矢 倫生