免責事項
 福山大学研究者一覧・検索サイトの内容は,各教員が自ら入力した情報に基づいています.その情報の正確性について,福山大学が保証するものではありません.

福山大学
研究者情報

工学部 / 建築学科 / 教授 / 都祭 弘幸

研究者情報 研究業績 学位論文 著書 学術論文(総説・解説含む) エッセイ,記事(新聞)等 特許
表示:[代表業績]
全業績表示に変更

研究者情報

福山大学学術リポジトリ researchmap J-GLOBAL CiNii 国立国会図書館 Google Scholar
氏名 都祭 弘幸 (とまつり ひろゆき) 
所属 工学部 建築学科
職名 教授
e-mail tomatsuri ★ fucc。fukuyama-u、ac.jp
迷惑メール対策として「@」,「.」を置き換えて表示しています.
TEL 084-936-2112(ext.4216)
FAX 084-936-2023
WEB http://www.fukuyama-u.ac.jp/
更新日時 2017-05-24 10:38:30
学歴 1982年3月 東京都立大学工学部建築学科 卒業
1984年3月 東京都立大学大学院工学研究科修士課程建築学専攻 修了
1994年3月 United Kingdom, University of Surrey, Department of Civil Engineering, Master of Philosophy Course   卒業
学位・資格 博士(工学) 首都大学東京 2009年12月
構造設計一級建築士 2009年3月
構造計算適合性判定員 2007年4月
技術士(建設部門) 1998年3月
プレストレストコンクリート技士 1996年12月
職歴 五洋建設株式会社 建築設計部・技術研究所等(1984年4月~2014年3月)
建設省建築研究所出向 第3研究部 部外研究委員(1986年4月~1988年3月)
専門分野 建築構造,コンクリート構造,耐震構造
研究テーマ RC造・SRC造建物のエネルギー吸収性能向上に関する研究
既存建物の耐震補強方法に関する研究
合成構造や高強度材料を用いた部材の構造特性に関する研究
木質ハイブリッド構造に関する研究
研究テーマのキーワード 構造部材の性能検証・開発,高強度部材の構造性能,耐震・制震補強,合成構造,津波荷重
所属学会 日本建築学会, 日本コンクリート工学協会, 日本建築構造技術者協会, 日本地震工学会, 国際シェル・空間構造学会(IASS)
学会活動 (独)日本学術振興会制震(振)構造技術157委員会運営委員会委員 (2009年4月~2014年3月)
(社)日本免震構造協会 免震構造観測結果解析検討部会委員 (2011年4月~2013年3月)
(社)建築研究振興協会 耐震診断・耐震補強設計マニュアル2003年版改訂委員会委員 (2011年9月~2012年3月まで)
(社)日本建築学会 海洋建築委員会 海洋建築エンジニアリング小委員会委員(2011年9月~2014年3月)
(社)日本建築学会 既存RC建物の空間拡大技術検討WG (2008年4月~2009年3月)
共同研究・科研費採択課題等実績 2016年~2017年 国土交通省建築基準整備促進事業S22 高密配筋を行った鉄筋コンクリート造部材の部材種別の評価に関する検討 研究分担者
2014~2015年 科研費・研究活動スタート支援 アーチ形ダンパーの履歴特性に関する基礎的研究 研究代表者
2015年 共同研究 RC骨組外付け補強工法における補強骨組の崩壊系の影響に関する実験的研究(宇部興産㈱,山口大学)
2014年 共同研究 高強度せん断補強筋のフック定着性能に関する実験的研究(JFEテクノワイヤ㈱)
主な担当授業科目 静定力学Ⅱ,構造技術,構造系技術Ⅱ,建築構造Ⅱ,建築防災工学,不静定力学,建築構造設計特論
主な学内役職・委員 建築学科主任
社会連携センター長
長期ビジョン委員会委員(第五部会副部会長)
キャリア形成支援委員会委員
福山大学研究推進委員会委員
社会活動 日本ERI(株) ERI中国・四国地区耐震判定委員会委員長(2015年7月~現在)
NPO法人コミュニティルネッサンス研究所 福山耐震診断等評価委員会委員長(2015年4月~現在)
広島東部生コンクリート共同組合技術顧問(2015年4月~現在)
福山市びんご圏域活性化戦略会議研究部会高度人材育成WG(2015年7月~現在)
6大学エクステンション連携協議会委員(2015年~現在)
受賞,その他の実績 

戻る

TOP

代表的な研究業績

全業績表示に変更

学位論文

提出者 都祭弘幸
1 論文題目 ヒンジ領域における主筋の付着を除去した鉄筋コンクリート造連層耐震壁に関する基礎的研究
提出大学 首都大学東京
提出年 2009 提出月 12

戻る

TOP

著書

著者 福山建築物耐震診断等評価委員会(都祭弘幸,橋本健,石村光由,尾熊政男,藤井和司,三好信男)
2 書名 油断しないで 福山の地震
出版社 NPO法人コミュニティルネッサンス
頁数(担当頁) 出版年 2016 出版月 3
著者 WG主査 清水泰(五十音順)秋山友昭,有木克良,内田勝康,小室達也,周建東,塚越英夫,都祭弘幸,山本泰稔
3 書名 2012年版 既存建築物の耐震診断・耐震補強設計マニュアル
出版社 建築研究振興協会
頁数(担当頁) pp.216-264 出版年 2012 出版月
著者 都祭弘幸,鳥井信吾,森田高市,岩田善裕
4 書名 長周期地震動と建築物の耐震性
出版社 日本建築学会
頁数(担当頁) 5章中高層建物 pp.195-212 出版年 2007 出版月
著者 都祭弘幸
5 書名 構造形態創生の理論と応用Ⅱ.構造形態の表現技術
出版社 日本建築学会
頁数(担当頁) フォーメックスとフォーミアン pp.99-116 出版年 2001 出版月

戻る

TOP

学術論文(総説・解説含む)

著者 都祭弘幸,平石久廣,二宮大樹,升谷桂輔,佐古智昭
6 論文題目 降伏機構分離型鉄筋コンクリート造梁の補修性能に関する研究
掲載誌 日本建築学会 構造系論文集
巻,号,頁 第673号 pp.417-426 発行年 2012 発行月 3
著者 都祭弘幸,細井泰行,植木理枝子
7 論文題目 端部RC梁主筋と中央H形鋼をプレート接合した複合梁の開発
掲載誌 日本建築学会 構造系論文集
巻,号,頁 第669号 pp.1997~2004 発行年 2011 発行月 11
著者 都祭弘幸, 平石久廣
8 論文題目 降伏機構分離型鉄筋コンクリート造耐震壁における壁脚部スリップ定量評価方法
掲載誌 日本建築学会 構造系論文集
巻,号,頁 第635号 pp.113~120 発行年 2009 発行月 1
著者 都祭弘幸, 勅使川原正臣,平石久廣,野口和也
9 論文題目 降伏機構分離型鉄筋コンクリート造耐震壁のスリップ変形抑制方法に関する研究
掲載誌 日本建築学会 構造系論文集
巻,号,頁 第614号 pp.99~106 発行年 2007 発行月 4
著者 平石久廣,都祭弘幸,川島俊一,井上芳生
10 論文題目 偏平な付帯柱を有する連層耐震壁の曲げ降伏後の靭性に関する実験的研究
掲載誌 日本建築学会 構造系論文集
巻,号,頁 第395号 pp.48~59 発行年 1989 発行月 1

戻る

TOP

エッセイ,記事(新聞)等

著者 都祭弘幸,植木理枝子
11 題目 ポータル・グリッドの設計法および実施例
掲載誌 構造調査コンサルティング協会ニュース
頁等 No.43 pp.14~23 発行年 2010 発行月 8
著者 都祭弘幸,山浦一郎,渕上勝志,牛谷陽一
12 題目 外殻プレキャストを用いた市街地における超高層RC造の施工
掲載誌 コンクリート工学
頁等 Vol.41 No.11 pp.57~62 発行年 2003 発行月 11

戻る

TOP

特許

発明者 都祭弘幸
13 発明名称 接合構造
出願人 五洋建設株式会社
番号 特許第6120438号 2017 4
発明者 都祭弘幸
14 発明名称 制震建築構造物の構築方法およびそのための制震部材
出願人 五洋建設株式会社
番号 特許第6016359号 2016 10
発明者 都祭弘幸
15 発明名称 曲げ降伏型ダンパー
出願人 福山大学
番号 特願2016-018188 2016 2
発明者 細井泰行,都祭弘幸,加藤政利,植木理枝子
16 発明名称 複合構造梁及び複合構造梁を有する建築構造物
出願人 五洋建設株式会社
番号 特許第5158947号 2012 12
発明者 都祭弘幸,加藤政利
17 発明名称 柱と梁の接合構造
出願人 五洋建設株式会社
番号 特許第4966673号 2012 4

戻る

TOP

工学部 / 建築学科 / 教授 / 都祭 弘幸