免責事項
 福山大学研究者一覧・検索サイトの内容は,各教員が自ら入力した情報に基づいています.その情報の正確性について,福山大学が保証するものではありません.

福山大学
研究者情報

薬学部 / 薬学科 / 助手 / 北村 千浪

研究者情報 研究業績 学位論文 著書 学術論文(総説・解説含む) エッセイ,記事(新聞)等 特許
表示:[全業績]
代表業績表示に変更

研究者情報

福山大学学術リポジトリ researchmap J-GLOBAL CiNii 国立国会図書館 Google Scholar
氏名 北村 千浪 (きたむら ちなみ) 
所属 薬学部 薬学科
職名 助手
e-mail kitamura ★ fupharm。fukuyama-u、ac.jp
迷惑メール対策として「@」,「.」を置き換えて表示しています.
TEL 084-936-2112(ex.5251)
FAX 084-936-2024
WEB
更新日時 2015-03-18 16:46:58
学歴 1998年3月 福山大学 薬学部 薬学科 卒業
2000年3月 福山大学大学院 薬学研究科 博士前期課程 修了
学位・資格 薬剤師免許 1998年
職歴 福山大学 薬学部 助手 (2000年4月~)
専門分野 天然物化学
研究テーマ 植物共生微生物の化学的研究
アジアの有用天然資源からの機能分子探索研究
研究テーマのキーワード 共生微生物、天然薬物
所属学会 日本薬学会
学会活動 
共同研究・科研費採択課題等実績 
主な担当授業科目
主な学内役職・委員 
社会活動 
受賞,その他の実績 

戻る

TOP

全研究業績

代表業績表示に変更

学位論文

戻る

TOP

著書

戻る

TOP

学術論文(総説・解説含む)

著者 Shoji Maehara, Partomuan Simanjuntak, Yoshihide Maetani, Chinami Kitamura, Kazuyoshi Ohashi and Hirotaka Shibuya.
1 論文題目 Ability of endophytic filamentous fungi associated with Cinchona ledgeriana to produce Cinchona alkaloids.
掲載誌 Journal of Natural Medicines
巻,号,頁 67(2), 421-423 発行年 2013 発行月
著者 Shoji Maehara, Partomuan Simanjuntak, Chinami Kitamura, Kazuyoshi Ohashi and Hirotaka Shibuya.
2 論文題目 Bioproduction of Cinchona alkaloids by three endophytic fungus Diaporthe sp. associated with Cinchona ledgeriana.
掲載誌 Chemical & Pharmaceutical Bulletin
巻,号,頁 60(10), 1301-1304 発行年 2012 発行月
著者 Chinami Kitamura, Partomuan Simanjuntak, Kazuyoshi Kawazoe, Shoji Maehara, Kazuyoshi Ohashi and Hirotaka Shibuya.
3 論文題目 Enantiomeric ratio of sesamin in the bark of Pentaspadon motleyi (Anacarsiaceae).
掲載誌 Indonesian Journal of Pharmaceutical Sciences
巻,号,頁 9(2), 101-103 発行年 2011 発行月
著者 Shoji Maehara, Partomuan Simanjuntak, Chinami Kitamura, Kazuyoshi Ohashi and Hirotaka Shibuya.
4 論文題目 Cinchona alkaloids are also produced by an endophytic filamentous fungus living in Cinchona plant.
掲載誌 Chemical & Pharmaceutical Bulletin
巻,号,頁 59 (8), 1073-1074 発行年 2011 発行月
著者 Shoji Maehara, Michiteru Ikeda,Hiroyuki Haraguchi, Chinami Kitamura,Tetsuro Nagoe, Kazuyoshi Ohashi and Hirotaka Shibuya
5 論文題目 Microbial conversion of curcumin into colorless hydroderivatives by the endophytic fungus Diaporthe sp. associated with Curcuma longa.
掲載誌 Chemical & Pharmaceutical Bulletin
巻,号,頁 59(8), 1042-1044 発行年 2011 発行月
著者 Daariimaa Khurelbat, Dungerdorj Densmaa, Tsetsegmaa Sanjjav, Choijamts Gotov, Chinami Kitamura, Hirotaka Shibuya and Kazuyoshi Ohashi
6 論文題目 Artemisioside, a new monoterpene glucoside from the aerial parts of Artemisia ordosica (Asteraceae).
掲載誌 J. Nat. Med.
巻,号,頁 64(2), 203-205 発行年 2010 発行月
著者 Chinami Kitamura, Tetsuro Nagoe, Made Sri Prana, Andria Agusta, Kazuyoshi Ohashi, Hirotaka Shibuya.
7 論文題目 Comparison of Curcuma sp. in Yakushima with C.aeruginosa and C.zedoaria in Java by trnK gene sequence, RAPD pattern and essential oil component.
掲載誌 J.Nat.Med.
巻,号,頁 61(3), 239-243 発行年 2007 発行月

戻る

TOP

エッセイ,記事(新聞)等

戻る

TOP

特許

戻る

TOP

薬学部 / 薬学科 / 助手 / 北村 千浪