免責事項
 福山大学研究者一覧・検索サイトの内容は,各教員が自ら入力した情報に基づいています.その情報の正確性について,福山大学が保証するものではありません.

福山大学
研究者情報

薬学部 / 薬学科 / 講師 / 堤 広之

研究者情報 研究業績 学位論文 著書 学術論文(総説・解説含む) エッセイ,記事(新聞)等 特許
表示:[代表業績]
全業績表示に変更

研究者情報

福山大学学術リポジトリ researchmap J-GLOBAL CiNii 国立国会図書館 Google Scholar
氏名 堤 広之 (つつみ ひろゆき) 
所属 薬学部 薬学科
職名 講師
e-mail tsutsumi ★ fupharm。fukuyama-u、ac.jp
迷惑メール対策として「@」,「.」を置き換えて表示しています.
TEL 084-936-2111(Ex.5226)
FAX 084-936-2024
WEB http://web.fukuyama-u.ac.jp/pharm/htmls/Labo/labs/ishizu/index.html
更新日時 2016-07-07 12:17:16
学歴 2005年3月 福岡大学 薬学部 製薬化学科 卒業
2007年3月 福岡大学大学院 薬学研究科 薬学専攻博士課程前期 修了
学位・資格 薬剤師免許 2005年6月
博士(薬学) 九州大学 2011年3月
職歴 福山大学 薬学部 薬学科 助手(2007年4月~2012年3月)
福山大学 薬学部 薬学科 助教(2012年4月~2015年3月)
福山大学 薬学部 薬学科 講師(2015年4月~)
専門分野 天然物有機化学
研究テーマ 生体による薬物分子認識機構の解明-薬物分子と生体内タンパク質との相互作用の解明
アルカロイド系天然有機化合物を基盤とする創薬研究
研究テーマのキーワード 分子認識、不斉認識、分子間相互作用、核磁気共鳴(NMR)スペクトル、X線結晶構造解析、薬物設計、アルカロイド、カテキン類
所属学会 日本薬学会, 日本化学会
学会活動 日本薬学会会員(2007年4月~)
日本化学会会員(2009年4月~)
共同研究・科研費採択課題等実績 2014年 科学研究費補助金・若手研究(B) 茶ガレート型カテキン類を用いた不斉認識機構の解明 研究代表者
主な担当授業科目 薬学の基礎となる化学A、医薬品開発Ⅰ、医薬品開発Ⅱ、法制度、課題研究Ⅰ, Ⅱ、実習Ⅱ
主な学内役職・委員 薬学部ホームページ委員会委員
必修薬物200編集委員会委員
社会活動 薬物乱用防止教室や危険ドラッグ乱用防止教室開催
第44回薬学教育者ワークショップ(中国・四国) in 福山 タスクフォース 2015年7月
受賞,その他の実績 第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会 中国四国支部学術大会支部奨励賞 2011年11月
27th International Conferece on Polyphenols GP Senior Grant, September 2014

戻る

TOP

代表的な研究業績

全業績表示に変更

学位論文

提出者 堤 広之
1 論文題目 カテキン類・カフェイン錯体の立体化学構造の解明
提出大学 九州大学
提出年 2011 提出月

戻る

TOP

著書

戻る

TOP

学術論文(総説・解説含む)

著者 Hiroyuki Tsutsumi
2 論文題目 Study of Stereochemical Structure of Complex of Tea Catechin and Caffeine
掲載誌 YAKUGAKU ZASSHI
巻,号,頁 132(8), 925-931 発行年 2012 発行月

戻る

TOP

エッセイ,記事(新聞)等

著者 堤 広之
3 題目 新しい作用機序の抗生物質:ライソシンE
掲載誌 ファルマシア
頁等 1092 発行年 2015 発行月 11
著者 堤 広之
4 題目 緑茶の化学
掲載誌 化学と教育
頁等 306-307 発行年 2015 発行月 6

戻る

TOP

特許

戻る

TOP

薬学部 / 薬学科 / 講師 / 堤 広之