免責事項
 福山大学研究者一覧・検索サイトの内容は,各教員が自ら入力した情報に基づいています.その情報の正確性について,福山大学が保証するものではありません.

福山大学
研究者情報

工学部 / 機械システム工学科 / 教授 / 加藤 昌彦

研究者情報 研究業績 学位論文 著書 学術論文(総説・解説含む) エッセイ,記事(新聞)等 特許
表示:[代表業績]
全業績表示に変更

研究者情報

福山大学学術リポジトリ researchmap J-GLOBAL CiNii 国立国会図書館 Google Scholar
氏名 加藤 昌彦 (かとう まさひこ) 
所属 工学部 機械システム工学科
職名 教授
e-mail mkato ★ fukuyama-u。ac、jp
迷惑メール対策として「@」,「.」を置き換えて表示しています.
TEL 084-936-2112(4963)
FAX 084-936-2023
WEB
更新日時 2021-08-24 09:23:56
学歴 1989年 3月 立命館大学 理工学部 卒業
1994年 3月 立命館大学 理工学研究科博士課程後期 修了
学位・資格 博士(工学 立命館大学)
職歴 広島大学 工学部 (1995年4月~2017年3月)
福山大学 工学部(2017年4月~
専門分野 表面設計工学,表面改質
研究テーマ 表面制御によるトライボロジー等の諸特性改善
界面評価
研究テーマのキーワード 表面改質,表面処理
所属学会 日本機械学会, 日本材料学会
学会活動 
共同研究・科研費採択課題等実績 2003年 科研費 若手研究(B) 代表
2006年 科研費 基盤研究(C) 代表
2008年 科研費 基盤研究(C) 代表
2008年 JSTシーズ発掘試験A(発掘型) 代表
2011年 JST A-STEP 代表
2014年 科研費 基盤研究(C) 代表
2017年 科研費 基盤研究(C) 代表
2018年 スガウェザリング財団研究助成 代表
2020年 天田財団研究助成 代表
主な担当授業科目 要素設計学,自動車力学,強度設計学,機械力学,デジタルドローイング
主な学内役職・委員 工学部長(2021-)
設計生産工学専攻長(2017-)
工学部長補佐(2018-2020)
工学研究科長(2019,2020)
社会活動 
受賞,その他の実績 

戻る

TOP

代表的な研究業績

全業績表示に変更

学位論文

提出者 加藤昌彦
1 論文題目 イオン注入表面改質法による高強度ステンレス鋼の疲労強度の改善に関する研究
提出大学 立命館大学
提出年 1994 提出月

戻る

TOP

著書

著者 中佐啓治郎,服部敏雄編,加藤昌彦他
2 書名 界面強度評価ハンドブック
出版社 (社)日本材料学会
頁数(担当頁) 出版年 2011 出版月
著者 田中道七,中山英明,岩谷隆史,長谷川典彦,境田芳彰,加藤昌彦,小林志好
3 書名 金属材料疲労信頼性設計資料集
出版社 (社)日本材料学会
頁数(担当頁) 出版年 1998 出版月

戻る

TOP

学術論文(総説・解説含む)

著者 加藤昌彦,中佐啓治郎,江河史晃,蒲田政信,原 信彦
4 論文題目 高速フレーム溶射したWC皮膜のはく離強度に及ぼす熱サイクルの影響
掲載誌 材料
巻,号,頁 46, 3, 315-321 発行年 1997 発行月
著者 田中道七,加藤昌彦,中山英明
5 論文題目 高強度13Crマルテンサイト系ステンレス鋼の疲労特性に及ぼすイオン注入による表面改質効果
掲載誌 材料
巻,号,頁 42,474,283-289 発行年 1993 発行月

戻る

TOP

エッセイ,記事(新聞)等

著者 加藤昌彦
6 題目 真空でも摩擦係数3分の1 福山大、高速工具鋼表面に炭化クロムナノワイヤ形成
掲載誌 日刊工業新聞
頁等 発行年 2018 発行月 9

戻る

TOP

特許

発明者 加藤昌彦,菅田淳,曙紘之
7 発明名称 薄膜形成方法及び切削工具の製造方法
出願人 国立大学法人広島大学
番号 特許第5897409号 2016
発明者 加藤昌彦,菅田淳,曙紘之
8 発明名称 接合部材、その形成方法及び装置
出願人 国立大学法人広島大学
番号 特許第5946060号 2016
発明者 加藤昌彦,菅田淳,曙紘之,三谷栄司
9 発明名称 皮膜の剥離強度評価方法及び評価装置
出願人 国立大学法人広島大学
番号 特許第5709051号 2015

戻る

TOP

工学部 / 機械システム工学科 / 教授 / 加藤 昌彦