免責事項
 福山大学研究者一覧・検索サイトの内容は,各教員が自ら入力した情報に基づいています.その情報の正確性について,福山大学が保証するものではありません.

福山大学
研究者情報

生命工学部 / 生命栄養科学科 / 教授 / 山本 英二

研究者情報 研究業績 学位論文 著書 学術論文(総説・解説含む) エッセイ,記事(新聞)等 特許
表示:[全業績]
代表業績表示に変更

研究者情報

福山大学学術リポジトリ researchmap J-GLOBAL CiNii 国立国会図書館 Google Scholar
氏名 山本 英二 (やまもと ひでじ) 
所属 生命工学部 生命栄養科学科
職名 教授
e-mail yamamoto ★ fubac。fukuyama-u、ac.jp
迷惑メール対策として「@」,「.」を置き換えて表示しています.
TEL 084-936-2112(ext.4032)
FAX 084-936-2023
WEB
更新日時 2015-03-18 21:46:34
学歴 昭和50年3月 大阪市立大学工学部応用化学科卒業
昭和52年3月 大阪市立大学大学院工学研究科応用化学専攻前期博士課程修了(反応工学・分離工学)
昭和55年3月 大阪市立大学大学院工学研究科応用化学専攻後期博士課程単位取得満期退学
学位・資格 工学博士の学位授与(大阪市立大学工1446号)昭和57年3月
職歴 堺化学工業株式会社 中央研究所(昭和55年 4月〜昭和58年11月)
堺化学工業株式会社 磁性材事業部研究開発室 主任(昭和58年12月〜平成 3年 3月)
福山大学 工学部 生物工学科 助教授(平成 3年 4月〜平成 3年 9月)
福山大学 工学部 食品工学科 助教授(平成 3年 10月〜平成 14年 3月)
福山大学 生命工学部 応用生物科学科 教授(平成 14年 4月〜平成 20年 3月)
福山大学 生命工学部 生命栄養科学科 教授(平成 20年 4月〜現在)
専門分野 生物化学工学,反応工学,晶析分離工学、食品工学、
研究テーマ 包接結晶化による有用天然物の分離と機能性食品素材の開発
分子間化合物の結晶化に関する研究
食品医薬品関連の多形結晶の選択的結晶化分離に関する研究
圧力晶析による油脂結晶の調製に関する研究
結晶の一次核化と2次核化に関する研究
研究テーマのキーワード 晶析,機能性食品,結晶粒径制御,機能性結晶,包接結晶化,高圧晶析,結晶多形,光学異性体,医薬品製剤
所属学会 化学工学会, 分離技術会, 日本結晶成長学会, 日本海水学会, 日本化学会, 農芸化学会
学会活動 分離技術会 幹事、運営委員(平成 4年 4月~現在)
化学工学会 晶析分科会 幹事(平成5年4月〜現在)
化学工学会 材料界面部会 幹事(平成13年4月~現在)
化学工学会ケミカルエンジニア人材育成センター・リエゾン委員(平成13年〜現在)
化学工学会 晶析技術特別研究会・中国四国支部代表幹事(平成7年〜平成12年)
共同研究・科研費採択課題等実績 平成3年度 (財)ソルト・サイエンス研究財団, 助成研究 塩化ナトリウム結晶生成のための最適連続晶析装置・操作の基礎的研究、豊倉 賢,平沢 泉,原納淑郎,山本英二,久保田徳昭,清水健司
平成6年度 科学研究費一般研究(C)「多形を持つ生理活性物質の固相内および液相内転移に関する研究 No.06650889 山本英二、原納淑郎
主な担当授業科目 フードプロセス、食品物性学、基礎化学、化学Ⅱ、生物物理学、食品科学実験、食品工学実験
主な学内役職・委員 就職委員
安全衛生委員
入学試験委員
社会活動 
受賞,その他の実績 

戻る

TOP

全研究業績

代表業績表示に変更

学位論文

提出者 山本 英二
1 論文題目 Some studies on primary and secondary nucleation phenomena in supersaturated aqueous solution
提出大学 大阪市立大学
提出年 1981 提出月 12

戻る

TOP

著書

著者 山本英二
2 書名 化学工学便覧(改訂七版)
出版社 丸善出版
頁数(担当頁) 583-587 出版年 2011 出版月
著者 Hideji Yamamoto, Takashi Ishizu, Mutsu Tanaka, Kanako Kintsu, Shinji Ooe, Shinji Akagi, and Akihiro Sumiya
3 書名 Industrial Crystallization '02
出版社 AIDIC
頁数(担当頁) 1011-1016 出版年 2002 出版月
著者 松村光高、高橋幸治、寺岡邦顕、山本英二、原納淑郎
4 書名 化学工学シンポジウムシリーズ59:食品工学5ー洗浄・殺菌工学・食品工学ー
出版社 化学工学会
頁数(担当頁) 97-102 出版年 1997 出版月
著者 細野哲矢、宮本さおり、小林幸雄、山本英二
5 書名 化学工学シンポジウムシリーズ47、食品工学4
出版社 化学工学会
頁数(担当頁) 120-125 出版年 1995 出版月
著者 安田 稔、 入江慶一、山本英二、 原納淑郎
6 書名 化学工学シンポジウムシリーズ49, 21世紀に架ける晶析技術
出版社 化学工学会
頁数(担当頁) 38-41 出版年 1995 出版月
著者 山本英二、小林幸雄、原納淑郎
7 書名 化学工学シンポジウムシリーズ49: 21世紀に架ける晶析技術
出版社 化学工学会
頁数(担当頁) 84-89 出版年 1995 出版月
著者 Y. Harano, S. Sudo, Y. Tanaka, Y.Matsumoto, H. Yamamoto
8 書名 Seventh Sym. on Salt, Vol.II
出版社 Elsevier
頁数(担当頁) 183-189 出版年 1993 出版月
著者 山本英二
9 書名 最近の化学工学43: 晶析
出版社 化学工業社
頁数(担当頁) 140-147 出版年 1991 出版月 11
著者 山本英二
10 書名 最新の分離技術と高度分離技術
出版社 化学工学会
頁数(担当頁) 17-22 出版年 1991 出版月

戻る

TOP

学術論文(総説・解説含む)

著者 T. Sato, Y. Kinoshita, H. Tsutsumi, H. Yamamoto, T. Ishizu
11 論文題目 Characterization of creaming precipitate of tea catechins and caffeine in aqueous solution
掲載誌 Chem Pharm Bull
巻,号,頁 60, 1182-7 発行年 2012 発行月
著者 Takashi Ishizu, Shinya Kajitani, Hiroyuki Tsutsumi, Takashi Sato, Hideji Yamamoto, Chikako Hirata
12 論文題目 Configurational Studies of Complexes of Tea Catechins with Caffeine and Various Cyclodextrins
掲載誌 Planta Med
巻,号,頁 77, 1099–1109 発行年 2011 発行月
著者 T. Ishizu, T. Sato, H. Tsutsumi and H. Yamamoto
13 論文題目 Stereochemical Structure Determination of Caffeine Complexes with Galloylated and Non-galloylated Catechins
掲載誌 Chem. Lett.
巻,号,頁 39, 607-609 発行年 2010 発行月
著者 山本英二
14 論文題目 分子間化合物の結晶化
掲載誌 分離技術
巻,号,頁 40, 450-454 発行年 2010 発行月
著者 T. Ishizu, H. Tsutsumi, H. Yamamoto and K. Harano
15 論文題目 NMR spectroscopic characterization of inclusion complexes comprising cyclodextrins and gallated catechins in aqueous solution: cavity size dependency
掲載誌 Magn. Reson. Chem.
巻,号,頁 47, 283-287 発行年 2009 発行月
著者 T. Ishizu, H. Tsutsumi, T. Sato, H. Yamamoto and M.Shiro
16 論文題目 Crystal Structure of Complex of Gallocatechin Gallate and Caffeine
掲載誌 Chem. Lett.
巻,号,頁 38, 230-231 発行年 2009 発行月
著者 T. Ishizu, S. Kajitani, H. Tsutsumi, H. Yamamoto and K. Harano
17 論文題目 Diasteromeric difference of inclusion modes between (-)-epicatechin gallate, (-)-epigallocatechin gallate and (+)-gallocatechin gallate, with β-cyclodextrin in aqueous solvent
掲載誌 Magn. Reson. Chem.
巻,号,頁 46, 448-456 発行年 2008 発行月
著者 山本英二
18 論文題目 圧力晶析を用いた機能性材料の創製
掲載誌 化学工学
巻,号,頁 72, 140-144 発行年 2008 発行月
著者 T. Ishizu, C.Hirata, H. Yamamoto and Kazunobu Harano
19 論文題目 Structure and intramolecular flexibility of β-cyclodextrin complex with (-)-epigallocatechin gallate in aqueous solvent
掲載誌 Magn. Reson. Chem
巻,号,頁 44: 776-783 発行年 2006 発行月
著者 H. Yamamoto, T. Oka, K. Seto.Y. Harano and H.Ooshima
20 論文題目 High Pressure Crystallization of Enzyme Thermolysin from Aqueous Solution
掲載誌 The Fifth International Symposium on Separation Technology between Korea and Japan
巻,号,頁 401-404 発行年 1999 発行月
著者 T. Ishizu, K. Kintsu, and H. Yamamoto
21 論文題目 NMR Study of the Solution Structures of the Inclusion Complexes of β-Cyclodextrin with (+)- Catechin and (-)-Epicatechin
掲載誌 J.Phys. Chem.B,
巻,号,頁 103, 8992-8997 発行年 1999 発行月
著者 H. Yamamoto, Y. Takemura, K. Ogawa, T. Ueda, Y. Harano, K. Kagara and M. Moritoki
22 論文題目 Optical Resolution of Homopipecolic Acid Benzyl Ester by High Pressure Crystallization
掲載誌 Proceedings of International Symposium on Industrial Crystallization
巻,号,頁 発行年 1998 発行月
著者 Y. Harano, H. Yamamoto, S. Sudo
23 論文題目 Fundamental Studies on Industrial Crystallization for Functional Materials
掲載誌 International Symposium on Industrial Crystallization
巻,号,頁 172-181 発行年 1998 発行月
著者 Hideji Yamamoto and Yoshio Harano
24 論文題目 Formation of Clathrative Compound between Catechin and β-Cyclodextrin
掲載誌 The 4th Japan-Korea Symp. on Separation Technology
巻,号,頁 825-828 発行年 1996 発行月
著者 山本英二
25 論文題目 医薬・食品関連材料の晶析現象と機能性
掲載誌 日本結晶成長学会誌
巻,号,頁 23(5), 50-57 発行年 1996 発行月
著者 山本英二、 原納淑郎
26 論文題目 結晶多形と分離操作
掲載誌 分離技術
巻,号,頁 25(5), 381-386 発行年 1995 発行月
著者 Ymamoto, H.,R. Kume and Y.Harano
27 論文題目 Effect of Suspension Density on Growth Rate of Sodium Chloride in a Cone Type Crystallizer
掲載誌 The Third Korea-Japan Sympoium on Separation Techology
巻,号,頁 715-718 発行年 1993 発行月
著者 山本英二, 竹田康之, 原納淑郎
28 論文題目 L-グルタミン酸2次核の発生と成長に及ぼす不純物の影響
掲載誌 化学工学論文集
巻,号,頁 8: 423-429 発行年 1982 発行月
著者 H. Harano, H. Yamamoto, and T. Miura
29 論文題目 Non-isothermal analysis of nucleation of KBrO3 by differential scanning calorimetry
掲載誌 J. Chem. Eng. Japan
巻,号,頁 14, 439- 444 発行年 1981 発行月
著者 H. Yamamoto, H. Hasegawa, and Y. Harano
30 論文題目 Effect of L-aspartic acid on formation and growth of L-glutamic acid nuclei by secondary nucleation in agitated solution
掲載誌 J. Chem. Eng. Japan
巻,号,頁 14, 59-64 発行年 1981 発行月
著者 H. Yamamato, and Y. Harano
31 論文題目 Formation and growth of nuclei by secondary nucleation in agitated solution of K-alum
掲載誌 J. Chem. Eng. Japan
巻,号,頁 13, 313-318 発行年 1980 発行月

戻る

TOP

エッセイ,記事(新聞)等

著者 山本英二
32 題目 巻頭言:分離技術の発展に期待する
掲載誌 分離技術
頁等 44,6,345 発行年 2014 発行月

戻る

TOP

特許

発明者 Fukatsu, Yoshiki; Nakahara, Shinji; Yamada,Youichi; Yamamoto, Hideji; Hida, Tatsuya; Wada, Mizuho
33 発明名称 Manufacture of FineAcicular Alpha-Ferric Oxide
出願人 Sakai Chemical Industry Co., Ltd.
番号 Eur. Pat.Appl. No. 667607 1995

戻る

TOP

生命工学部 / 生命栄養科学科 / 教授 / 山本 英二