免責事項
 福山大学研究者一覧・検索サイトの内容は,各教員が自ら入力した情報に基づいています.その情報の正確性について,福山大学が保証するものではありません.

福山大学
研究者情報

工学部 / 情報工学科 / 教授 / 山之上 卓

研究者情報 研究業績 学位論文 著書 学術論文(総説・解説含む) エッセイ,記事(新聞)等 特許
表示:[代表業績]
全業績表示に変更

研究者情報

福山大学学術リポジトリ researchmap J-GLOBAL CiNii 国立国会図書館 Google Scholar
氏名 山之上 卓 (やまのうえ たかし) 
所属 工学部 情報工学科
職名 教授
e-mail yamanoue ★ fuip。fukuyama-u、ac.jp
迷惑メール対策として「@」,「.」を置き換えて表示しています.
TEL 084-936-2112 (ext.4149)
FAX
WEB http://www.yama-lab.org/~yamanoue/
更新日時 2016-09-09 19:02:45
学歴 1980年3月 呉工業高等専門学校 電気工学科卒業
1982年3月 九州工業大学 工学部 情報工学科卒業
1984年3月 九州工業大学大学院 工学研究科 情報工学専攻修了
1987年3月 九州大学大学院 総合理工学研究科 情報システム学専攻単位取得退学
学位・資格 博士(工学) 九州工業大学 1993年3月
第3種 電気主任技術者 1978年 12月
職歴 九州工業大学工学部助手 (1987年4月-1989年3月)
九州工業大学情報科学センター講師(1989年4月-1991年3月)
九州工業大学情報科学センター助教授(1993年4月- 2003年10月)
鹿児島大学学術情報基盤センター教授(2003年10月-2015年3月)
福山大学工学部情報工学科教授(2015年4月-)
専門分野 情報工学
研究テーマ 分散システム, P2P, IoT
Webからの知識獲得
分散システムの管理運営, 情報セキュリティ, 情報倫理
コンパイラーコンパイラ
テレポーテーションシステム
研究テーマのキーワード P2P, M2M, IoT, セキュリティ, 情報倫理
所属学会 情報処理学会, 電子情報通信学会, IEEE, ACM
学会活動 情報処理学会インターネットと運用技術研究会(IOT研究会) 主査(2009年4月ー2013年3月)
ACM SIGUCCS TOKYO CHAPTER Chair (2014年6月-)
共同研究・科研費採択課題等実績 2016ー2019年 科研費・基盤研究(C) Wikiと良性ボットを使った悪性ボットネット対策システム 研究代表者
2005ー2007年 科研費・基盤研究(C) P2P技術を応用した、同期型遠隔教育支援システムに関する研究 研究代表者
1997ー2000年 科研費・基盤研究(C) 分散コンピュータシステムの性能評価基準に関する研究 研究代表者
1992年 科研費・奨励研究(A) 図を用いた分散システム記述言語と分散システム自動生成システム 研究代表者
1991年 科研費・奨励研究(A) 属性文法を利用した実用的なコンパイラー コンパイラに関する研究 研究代表者
2015ー2019年 科研費・基盤研究(B) 認知症早期診断のための身体運動・体性感覚評価システムの開発研究 研究分担者
2012ー2015年 科研費・基盤研究(B) 情報メディアの新展開をふまえた情報倫理教育のコンテンツと学習に関する総合的研究 研究分担者
2007ー2009年 科研費・基盤研究(B) 諸外国における情報倫理教育の調査研究--国際化教材開発のために 研究分担者
主な担当授業科目 情報理論, 実用ネットワーク管理, 暗号とセキュリティ
主な学内役職・委員 工学研究科長
情報工学科長
社会活動 福山市個人情報保護審議会委員(2016年9月ー )
受賞,その他の実績 ACM SIGUCCS Communication Awards, 2005年10月
次世代高度ネットワーク推進会議 利用促進賞(地域貢献優秀賞), 2007年1月
ACM SIGUCCS Communication Awards, 2008年10月

戻る

TOP

代表的な研究業績

全業績表示に変更

学位論文

提出者 山之上 卓
1 論文題目 属性文法を利用した言語処理系の生成系に関する研究
提出大学 九州工業大学
提出年 1993 提出月 3

戻る

TOP

著書

著者 Takashi Yamanoue, Kentaro Oda, Koichi Shimozono
2 書名 Experimental Implementation of a M2M System Controlled by a Wiki Network, in Applied Computing and Information Technology,Studies in Computational Intelligence
出版社 Springer
頁数(担当頁) Vol.553, pp.121-136 出版年 2014 出版月
著者 山之上 卓, 南 俊朗, イアン ラクストン
3 書名 文書作成支援のための WWW コンコーダンサー, レクチャーノート/ソフトウェア学, ソフトウェア工学の基礎 VII, 日本ソフトウェア科学会 FOSE2000
出版社 近代科学社,
頁数(担当頁) pp213-220 出版年 2001 出版月 1
著者 Takashi Yamanoue, Hirokazu Hayata, Hiroyuki Anzai
4 書名 A Figure Programming Language for Parallel Supercomputers, In Hulskamp,J. and Jones,D.(ed.) "Transputers and Parallel Applications"
出版社 IOS Press,
頁数(担当頁) pp.209-214 出版年 1993 出版月

戻る

TOP

学術論文(総説・解説含む)

著者 Takashi Yamanoue, Kentaro Oda, Koichi Shimozono
5 論文題目 A Malicious Bot Capturing System using a Beneficial Bot and Wiki
掲載誌 Journal of Information Processing (JIP)
巻,号,頁 vol.21, No.2, pp.237-245 発行年 2013 発行月 4
著者 Takashi Yamanoue, Kentaro Oda, and Koichi Shimozono
6 論文題目 A Simple Application Program Interface for Saving Java Program Data on a Wiki
掲載誌 Advances in Software Engineering, Hindawi Publishing Corporation
巻,号,頁 Volume 2012, Article ID 981783, 9 pages,doi:10.1155/2012/981783, 発行年 2012 発行月
著者 山之上 卓
7 論文題目 P2P技術を利用した分散システム上の実時間操作共有システム
掲載誌 情報処理学会論文誌
巻,号,頁 vol.46, No.2, pp.392-402 発行年 2005 発行月 2

戻る

TOP

エッセイ,記事(新聞)等

著者 (山之上卓,紀太章,相沢雅陽)
8 題目 「パソコン通信を使い電算機言語を開発」("パソコン通信を利用したソフトウエアの共同開発 -プログラミング言語 Oscal の設計と実現- ", 情報処理学会第37回(昭和63年後期)全国大会講演論文集(II), 3L-9,pp.812--813(1988))
掲載誌 日本経済新聞,11月17日(1988)
頁等 発行年 1988 発行月 11
著者 小谷善行
9 題目 bit ナノピコ教室「ジャンケン大会」(優勝)
掲載誌 bit
頁等 vol.12,No.14, pp.100-102 発行年 1980 発行月 12
著者 山之上卓/高木純一/吉野信行/阿江忠
10 題目 (特集記事) LKIT-16によるFORTRANシステム- JIS-3000レベルで動く-
掲載誌 インターフェース
頁等 pp.84-121 発行年 1980 発行月 6

戻る

TOP

特許

発明者 Takashi Yamanoue
11 発明名称 Audio/video communication system
出願人 Kagoshima University
番号 U.S. Patent, 8477659 2013 7
発明者 山之上 卓, 筒井保博, 筒井隆夫
12 発明名称 セルおよびその結合状態認識方法
出願人 有限会社織コミュニケーションズ
番号 特許第5186624号 2009 9

戻る

TOP

工学部 / 情報工学科 / 教授 / 山之上 卓