免責事項
 福山大学研究者一覧・検索サイトの内容は,各教員が自ら入力した情報に基づいています.その情報の正確性について,福山大学が保証するものではありません.

福山大学
研究者情報

工学部 / 情報工学科 / 教授 / 占部 逸正

研究者情報 研究業績 学位論文 著書 学術論文(総説・解説含む) エッセイ,記事(新聞)等 特許
表示:[代表業績]
全業績表示に変更

研究者情報

福山大学学術リポジトリ researchmap J-GLOBAL CiNii 国立国会図書館 Google Scholar
氏名 占部 逸正 (うらべいつまさ) 
所属 工学部 情報工学科
職名 教授
e-mail urabe ★ fuee。fukuyama-u、ac.jp
迷惑メール対策として「@」,「.」を置き換えて表示しています.
TEL 084-936-2112 ex.4151
FAX 084-936-2023
WEB http://www.fukuyama-u.ac.jp
更新日時 2015-03-21 11:48:05
学歴 1972年3月名古屋大学工学部原子核工学科 卒業
1974年3月名古屋大学大学院工学研究科修士課程原子核工学専攻 修了
1975年11月名古屋大学大学院工学研究科博士課程原子核工学専攻 中退
学位・資格 工学博士 名古屋大学 1988年2月
職歴 京都大学原子炉実験所 放射線管理研究部門 助手(1975年12月~1990年1月)
京都大学原子炉実験所 放射線管理研究部門 講師(1990年2月~1990年3月)
福山大学工学部 電子電気工学科 助教授(1990年4月~1994年3月)
福山大学工学部 電子・電気工学科 教授(1994年4月~2010年3月)
福山大学工学部 情報工学科 教授(2010年4月~現在)
専門分野 放射線防護(ヒューマンインタラクション)、放射線計測処理
研究テーマ 自然および施設周辺環境の放射線計測と線量評価
事故・災害対応に対する国民の信頼形成要因の研究
放射線のリスク認知に及ぼすメンタルモデルの役割に関する研究
研究テーマのキーワード 放射線、計測、線量評価、リスク認知、信頼形成
所属学会 日本原子力学会, 日本保健物理学会, 日本リスク学会
学会活動 日本保健物理学会理事(1999年~2005年)
日本原子力学会代議員(2008年~現在)
日本原子力学会保健物理・環境科学部会長(2010年~2012年)
日本原子力学会中・四国支部長(2013年5月~現在)
共同研究・科研費採択課題等実績 1989年 科学研究費・一般研究(C) 環境紫外線の検出と線量評価に関する研究 研究代表者
1992年 科学研究費・総合研究(A) 制御可能な自然放射線に対する放射線防護に関する研究 研究分担者
2002年 近畿大学原子炉等利用共同研究 近大炉周辺作業環境の中性子スペクトル測定 研究代表者
2005年 京都大学原子炉実験所プロジェクト研究 加速器施設における放射線安全管理に関する研究 研究分担者
主な担当授業科目 離散数学、応用数学、論理回路、ヒューマンインターフェース、放射線防護学
主な学内役職・委員 学生委員長
電子・電気工学科長
工学長補佐
工学研究科長
福山大学評議員
社会活動 岡山県環境放射線等測定技術委員会(2002年7月~2014年6月)
鳥取県原子力防災専門家会議委員(2008年5月~2014年10月)
原子力安全委員会緊急技術助言組織委員および専門委員(2011年1月~2012年9月)
日本学術会議総合工学委員会原子力事故対応分科会原発事故による環境汚染調査に関する検討小委員会委員(2011年5月~2014年10月)
山口県原子力防災対策専門部会委員(2012年5月~
受賞,その他の実績 

戻る

TOP

代表的な研究業績

全業績表示に変更

学位論文

提出者 占部逸正
1 論文題目 原子力施設周辺環境における放射線安全管理に関する基礎的研究
提出大学 名古屋大学
提出年 1988 提出月 2

戻る

TOP

著書

著者 市川龍資、占部逸正、岸本武士、古賀佑彦、赤羽恵一、沼宮内弼雄、米原秀典
2 書名 新版 生活環境放射線(国民線量の算定)
出版社 公益財団法人 原子力安全研究協会
頁数(担当頁) 出版年 2011 出版月 12

戻る

TOP

学術論文(総説・解説含む)

著者 I.Urabe, T.Hattori, T.Iimoto, S.Yokoyama
3 論文題目 Radiation Protection Lessons Learned from the TEPCO Fukushima No.1 NPS Accident.
掲載誌 J. Nucl. Sci. Technol.
巻,号,頁 vol.41(No.2), pp136-149 発行年 2014 発行月 1
著者 I. Urabe
4 論文題目 Estimation of Internal Exposure Doses of the People Caused by Inhaled Radioactive Materials Released in Early Stage of Fukushima Nuclear Disaster.,
掲載誌 Proc. of the 13th Inter. Congr. of the IRPA
巻,号,頁 IRPA13 Full papers TS12c.6, Glasgow 発行年 2012 発行月 5
著者 占部逸正
5 論文題目 福島第一原子力発電所事故時の災害初期対応の教訓-放射線情報の把握と活用に関連して-
掲載誌 日本原子力学会誌
巻,号,頁 vol.53(12) 29-33 発行年 2011 発行月 12
著者 I.Urabe and Sugiura
6 論文題目 Some Subjects in Developing the System of Environmental Radiation Protection in Japan.
掲載誌 Radioprotection
巻,号,頁 Suppl. 1, vol 40 S947-S950 発行年 2005 発行月

戻る

TOP

エッセイ,記事(新聞)等

著者 占部逸正
7 題目 環境モニタリングデータを使用した環境生物の線量評価の試み、放射線の環境影響を考える
掲載誌 NIRS-M-212、放射線医学総合研究所
頁等 pp63-68 発行年 2008 発行月 3

戻る

TOP

特許

戻る

TOP

工学部 / 情報工学科 / 教授 / 占部 逸正