免責事項
 福山大学研究者一覧・検索サイトの内容は,各教員が自ら入力した情報に基づいています.その情報の正確性について,福山大学が保証するものではありません.

福山大学
研究者情報

経済学部 / 経済学科 / 教授 / 春名 章二

研究者情報 研究業績 学位論文 著書 学術論文(総説・解説含む) エッセイ,記事(新聞)等 特許
表示:[代表業績]
全業績表示に変更

研究者情報

福山大学学術リポジトリ researchmap J-GLOBAL CiNii 国立国会図書館 Google Scholar
氏名 春名 章二 (はるな しょうじ) 
所属 経済学部 経済学科
職名 教授
e-mail haruna ★ fuec。fukuyama-u、ac.jp
迷惑メール対策として「@」,「.」を置き換えて表示しています.
TEL 084-936-2112 (ext.3121)
FAX
WEB
更新日時 2016-05-18 14:41:58
学歴 1980年3月 一橋大学大学院経済学研究科博士課程単位修得満期退学
1976年3月     同上       修士課程修了
1974年3月 香川大学経済学部経済学科卒業
学位・資格 一橋大学博士(経済学)1998年12月
経済学修士 一橋大学 1976年4月
経済学士 香川大学 1974年4月
職歴 福山大学経済学部教授(2016年4月より)
岡山大学大学院社会文化科学研究科教授(2006年4月〜2016年3月)
岡山大学経済学部教授 (1991年4月〜2006年3月)
岡山大学経済学部助教授 (1989年4月〜1991年3月)
大分大学助教授及び講師 (1980年〜1989年3月)
専門分野 産業組織論、国際経済学
研究テーマ 混合寡占とR&Dに関する理論分析
混合寡占及び排出税に関する分析
貿易とスピルオーバーに関する理論・実証分析
研究テーマのキーワード 混合寡占,R&D,スピルオーバー
所属学会 日本経済学会, 日本国際経済学会
学会活動 日本国際経済学会常任理事(2014年10月〜2016年10月)
日本国際経済学会理事(2012年10月〜2014年10月)
日本国際経済学会幹事(2006年12月〜2012年10月)
日本経済学会理事(2005年4月〜2012年7月)
共同研究・科研費採択課題等実績 2016年科学研究費・基盤研究(B)課題名「イノベーション,企業間競争及び国際的生 産活動のダイナミックスに関する研究」研究代表者
2011年科学研究費・基盤研究(B)課題名「国際貿易・海外直接投資と技術スピルオーバー効果に関する理論・実証分析」研究代表者
2007年科学研究費・基盤研究(B)課題名「日中韓三国間の技術スピルオーバーと企業・産業の生産  性に関する理論・実証研究
2004年科学研究費・基盤研究(B)課題名「日本企業の対中国向け先端技術,研究開発及び知的財産権保護戦略に関する研究」研究代表者
2002年科学研究費・基盤研究(C)課題名「R&D投資およびス  ピルオ−バ−発生下の寡占モデルの理論的考察」研究代表者
主な担当授業科目 ミクロ経済学,産業組織論
主な学内役職・委員 
社会活動 Editorial Board Member of the Journal of Economics and Finance (the official Journal of the Academy of Economics and Finance of the United States, Springer)(2008年2月〜)
日本学術振興会特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査委員(2009年8 月より1年間)
科学研究費委員会専門調査員(201年12月より2年間)
独立行政法人大学評価・学位授与機構大学機関別認証評価委員会専門委員(2015年5月〜2016年3月)
受賞,その他の実績 

戻る

TOP

代表的な研究業績

全業績表示に変更

学位論文

提出者 春名 章二
1 論文題目 労働者管理企業の経済分析−理論的接近−
提出大学 一橋大学
提出年 1998 提出月 12

戻る

TOP

著書

著者 春名章二
2 書名 産業組織論
出版社 中央経済社
頁数(担当頁) viii+242頁 出版年 2004 出版月 7

戻る

TOP

学術論文(総説・解説含む)

著者 Haruna, S. (with Jinji, N., and Zhang, X.)
3 論文題目 Trade Patterns and International Technology Spillovers: Evidence from Patent Citations, ” (with ),
掲載誌 Review of World Economics
巻,号,頁 151(4), 635-658. 発行年 2015 発行月
著者 Haruna, S. (with R. K. Goel)
4 論文題目 R&D, Free Entry, and Social Inefficiency
掲載誌 Economics of Innovation and New Technology
巻,号,頁 20 (1), 89-101 発行年 2011 発行月
著者 Haruna, S. (with R. K. Goel)
5 論文題目 Cost-Reducing R&D with Spillovers and Trade
掲載誌 Journal of Institutional and Theoretical Economics
巻,号,頁 167 (2), 314-326 発行年 2011 発行月
著者 Haruna, S. (with R. K. Goel)
6 論文題目 International Tariffs in a Mixed Oligopoly with Research Spillovers
掲載誌 Peace Economics, Peace Science and Public Policy
巻,号,頁 forthcoming 発行年 発行月
著者 Haruna, S (with R. K. Goel)
7 論文題目 Output Subsidies in Mixed Oligopoly with Research Spillovers
掲載誌 Journal of Economics and Finance
巻,号,頁 forthcoming 発行年 発行月

戻る

TOP

エッセイ,記事(新聞)等

戻る

TOP

特許

戻る

TOP

経済学部 / 経済学科 / 教授 / 春名 章二