免責事項
 福山大学研究者一覧・検索サイトの内容は,各教員が自ら入力した情報に基づいています.その情報の正確性について,福山大学が保証するものではありません.

福山大学
研究者情報

薬学部 / 薬学科 / 講師 / 坂根 洋

研究者情報 研究業績 学位論文 著書 学術論文(総説・解説含む) エッセイ,記事(新聞)等 特許
表示:[全業績]
代表業績表示に変更

研究者情報

福山大学学術リポジトリ researchmap J-GLOBAL CiNii 国立国会図書館 Google Scholar
氏名 坂根 洋 (さかね ひろし) 
所属 薬学部 薬学科
職名 講師
e-mail sakane ★ fukuyama-u。ac、jp
迷惑メール対策として「@」,「.」を置き換えて表示しています.
TEL 084-936-2112 (ext.5236)
FAX 084-936-2024
WEB http://web.fukuyama-u.ac.jp/pharm/htmls/Labo/labs/akasaki/index.html
更新日時 2019-11-13 19:04:37
学歴 平成13年3月 北海道大学 薬学部 卒業
平成15年3月 北海道大学大学院 薬学研究科 修士課程 修了
平成19年3月 北海道大学大学院 医学研究科 博士課程 修了
学位・資格 薬剤師免許 平成13年8月
博士(医学)平成19年3月
職歴 広島大学大学院 医歯薬学総合研究科 博士研究員(平成19年4月~平成21年11月)
大阪大学大学院 医学系研究科 特任研究員(平成21年12月~平成24年3月)
獨協医科大学 医学部 助教(平成24年4月~平成27年3月)
福山大学 薬学部 講師(平成27年4月~)
専門分野 細胞生物学
研究テーマ 筋分化と細胞内小胞輸送の関連性に関する研究
筋分化とリソソーム膜糖タンパク質との関連性に関する研究
研究テーマのキーワード 筋分化、細胞内小胞輸送、リソソーム
所属学会 日本生化学会, 日本薬学会
学会活動 
共同研究・科研費採択課題等実績 平成22年 科学研究費補助金 若手研究(B)Dkk1によるWntシグナル伝達の制御機構の解析 研究代表者
平成24年 科学研究費補助金 若手研究(B)Wntの上皮細胞における選別輸送の制御機構の解析 研究代表者
主な担当授業科目 社会・集団と健康、生体のなりたち、生命体の基本単位としての細胞、化学物質の生体への影響
主な学内役職・委員 広報委員会編集部会委員
薬剤師国家試験実施委員会委員
実習運営委員
学生委員
社会活動 
受賞,その他の実績 日本細胞生物学会 論文賞 平成19年6月

戻る

TOP

全研究業績

代表業績表示に変更

学位論文

提出者 坂根 洋
1 論文題目 The Functional Relationship between the Cdc50p-Drs2p Putative Aminophospholipid Translocase and the Arf GAP Gcs1p in Vesicle Formation in the Retrieval Pathway from Yeast Early Endosomes to the TGN.
提出大学 北海道大学
提出年 2006 提出月

戻る

TOP

著書

戻る

TOP

学術論文(総説・解説含む)

著者 Akasaki K., Sakane H., Ohdoi Y., Okamoto K., Nushida K. and Hata T.
2 論文題目 Targeting of Wild-Type and Mutated Forms of Lysosome-Associated Membrane Protein-1 (LAMP-1) to Late Endosomes/Lysosomes Depends on Affinities of Their Cytoplasmic Tail Peptides with a Medium Subunit of Adaptor Protein Complex-3 (AP-3)
掲載誌 BPB Reports
巻,号,頁 2: 67-72 発行年 2019 発行月
著者 Hata T., Sakane H., Ueda M., Miyoshi M., Hirose J. and Akasaki K.
3 論文題目 Differential Interactions of LAMP-1’s Lysosome-targeting Signals Containing Various COOH-terminal Amino Acid Residues with a Medium Subunit of Adaptor Protein Complex-2
掲載誌 Studies in Higher Education
巻,号,頁 4: 95-105 発行年 2018 発行月 3
著者 Makiyama T, Higashi S, Sakane H, Nogami S and Shirataki H.
4 論文題目 gamma-Taxilin temporally regulates centrosome disjunction in a Nek2A-dependent manner.
掲載誌 Exp. Cell Res.
巻,号,頁 362: 412-423 発行年 2018 発行月 1
著者 Sakane H. and Akasaki K.
5 論文題目 The major lysosomal membrane proteins LAMP-1 and LAMP-2 participate in differentiation of C2C12 myoblasts.
掲載誌 Biol. Pharm. Bull.
巻,号,頁 41(8): 1186-1193 発行年 2018 発行月
著者 Sakane H., Makiyama T., Nogami S., Horii Y., Akasaki K., and Shirataki H.
6 論文題目 beta-Taxilin participates in differentiation of C2C12 myoblasts into myotubes.
掲載誌 Exp. Cell Res.
巻,号,頁 148(2): 230-238 発行年 2016 発行月 7
著者 Sai X.B., Makiyama T., Sakane H., Horii Y., Hiraishi H., Shirataki H.
7 論文題目 TSG101, a tumor susceptibility gene, bidirectionally modulates cell invasion through regulating MMP-9 mRNA expression.
掲載誌 BMC Cancer
巻,号,頁 15: 933-946 発行年 2015 発行月 11
著者 Sakane H., Horii Y., Nogami S., Kawano Y., Kaneko-Kawano T., and Shirataki H.
8 論文題目 alpha-Taxilin interacts with sorting nexin 4 and participates in the recycling pathway of transferrin receptor.
掲載誌 PLoS One
巻,号,頁 9(4): e93509 発行年 2014 発行月 4
著者 Horii Y., Sakane H., Nogami S., Ohtomo N., Tomiya T., and Shirataki H.
9 論文題目 Expression of a-taxilin in the murine gastrointestinal tract: potential implication in cell proliferation.
掲載誌 Histochem. and Cell Biol.
巻,号,頁 141(2): 165-180 発行年 2014 発行月 2
著者 Yamamoto H., Awada C., Hanaki H., Sakane H., Tsujimoto I., Takahashi Y., Takao T. and Kikuchi A.
10 論文題目 Apicobasal secretion of Wnt11 and Wnt3a in polarized epithelial cells is regulated by distinct mechanisms.
掲載誌 J. Cell Sci.
巻,号,頁 26: 2931-2943 発行年 2013 発行月
著者 Zendeh-boodi Z., Yamamoto T., Sakane H. and Tanaka K.
11 論文題目 Identification of a second amphipathic lipid-packing sensor like motif that contributes toGcs1p function in the early endosome-to-TGN pathway.
掲載誌 J. Biochem.
巻,号,頁 153: 573-587 発行年 2013 発行月
著者 Sakane H., Yamamoto H., Matsumoto S., Sato A. and Kikuchi, A.
12 論文題目 Localization of glypican-4 in different membrane microdomains is involved in the regulation of Wnt signaling.
掲載誌 J. Cell Sci.
巻,号,頁 125: 449-460 発行年 2012 発行月
著者 Hanaki H., Yamamoto H., Sakane H., Matsumoto S., Ohdan H., Sato A. and Kikuchi, A.
13 論文題目 An Anti-Wnt5a Antibody Suppresses Metastasis of Gastric Cancer Cells in vivo by Inhibiting Receptor-Mediated Endocytosis.
掲載誌 Mol. Cancer Ther.
巻,号,頁 11: 298-307 発行年 2012 発行月
著者 Sakane H., Yamamoto H. and Kikuchi A.
14 論文題目 LRP6 is internalized by Dkk1 to suppress its phosphorylation in the lipid raft and is recycled for reuse.
掲載誌 J. Cell Sci.
巻,号,頁 123: 360-368 発行年 2010 発行月
著者 Sato A, Yamamoto H., Sakane H., Koyama H., and Kikuchi A.
15 論文題目 Wnt5a regulates distinct signaling pathways by binding to Frizzled2.
掲載誌 EMBO J.
巻,号,頁 29: 41-54 発行年 2010 発行月
著者 Yamamoto H., Sakane H., Yamamoto H., Michiue T. and Kikuchi A.
16 論文題目 Wnt3a and Dkk1 regulate distinct internalization pathways of LRP6 to tune the activation of beta-catenin signalling.
掲載誌 Dev. Cell
巻,号,頁 15: 37-48 発行年 2008 発行月
著者 Yoshiuchi S., Yamamoto T., Sakane H., Kadota J., Mochida J., Asaka M. and Tanaka, K.
17 論文題目 Identification of novel mutations in ACT1 and SLA2 that suppress the actin-cable-overproducing phenotype caused by overexpression of a dominant active form of Bni1p in Saccharomyces cerevisiae.
掲載誌 Genetics
巻,号,頁 173: 527-539 発行年 2006 発行月

戻る

TOP

エッセイ,記事(新聞)等

戻る

TOP

特許

戻る

TOP

薬学部 / 薬学科 / 講師 / 坂根 洋