免責事項
 福山大学研究者一覧・検索サイトの内容は,各教員が自ら入力した情報に基づいています.その情報の正確性について,福山大学が保証するものではありません.

福山大学
研究者情報

薬学部 / 薬学科 / 准教授 / 田淵 紀彦

研究者情報 研究業績 学位論文 著書 学術論文(総説・解説含む) エッセイ,記事(新聞)等 特許
表示:[全業績]
代表業績表示に変更

研究者情報

福山大学学術リポジトリ researchmap J-GLOBAL CiNii 国立国会図書館 Google Scholar
氏名 田淵 紀彦 (たぶち のりひこ) 
所属 薬学部 薬学科
職名 准教授
e-mail tabuchi ★ fupharm。fukuyama-u、ac.jp
迷惑メール対策として「@」,「.」を置き換えて表示しています.
TEL 084-936-2112(ext 5256)
FAX 084-936-2024
WEB http://web.fukuyama-u.ac.jp/pharm/htmls/Labo/labs/fukunaga/index.html
更新日時 2015-03-23 09:12:24
学歴 平成7年3月 福山大学 薬学部 薬学科 卒業
平成9年3月 福山大学大学院薬学研究科医療薬学専攻博士前期課程修了
平成12年3月 福山大学大学院薬学研究科医療薬学専攻博士後期課程修了
学位・資格 薬剤師免許(第308319号) 平成7年4月
博士(薬学) 福山大学 平成12年3月
職歴 福山大学 薬学部 薬学科 助手 (平成12年4月〜平成16年3月)
福山大学 薬学部 薬学科 講師 (平成16年4月〜平成26年3月)
福山大学 薬学部 薬学科 准教授(平成26年4月〜現在)
専門分野 病原微生物学、免疫学
研究テーマ 回帰熱ボレリア診断用抗原の探索研究
回帰熱ボレリアの宿主免疫回避機構に関する研究
研究テーマのキーワード ボレリア、回帰熱、ライム病、抗原タンパク質、病原因子、生態、感染症
所属学会 日本細菌学会, 日本薬学会, 日本生化学会, 日本医薬品安全性学会, 米国微生物学会
学会活動 日本医薬品安全性学会 評議委員 (平成26年5月〜現在)
共同研究・科研費採択課題等実績 平成20年 科学研究費補助金 基盤研究(C) ミトコンドリアゲノム解析によるダニ類の系統と進化の解明 「研究分担者 田淵紀彦」
平成17年 科学研究費補助金 基盤研究(C) コンドリアゲノム解析によるツツガムシの遺伝的多様性と進化の解明 「研究分担者 田淵紀彦」
平成17年 科学研究費補助金 若手研究(B) 回帰熱ボレリア菌体表層蛋白抗原のエピトープ解析によるワクチン開発 「研究代表者 田淵紀彦」
平成14年 科学研究費補助金 基盤研究(C) 回帰熱の分子疫学とボレリアの感染予防 「研究分担者 田淵紀彦」
平成24年 デンカ生研株式会社共同研究 ノロウィルス抗原迅速診断キットの非特異反応原因物質の同定 「研究分担者 田淵紀彦」
主な担当授業科目 薬学入門Ⅰ・Ⅱ、IT、小さな生き物たち、生体防御Ⅰ・Ⅱ、実習(微生物)等
主な学内役職・委員 大学入試センター試験実施部会委員
組換えDNA倫理部会委員
微生物倫理部会委員
薬学部内(早期体験学習実施委員、カリキュラム改訂WG委員、共用試験実施委員会CBT実施部会委員、実習運営委員会委員、ITネットワーク委員会委員)
社会活動 福山市学校薬剤師 福山市立瀬戸小学校(平成22年4月〜現在)
福山市学校薬剤師 福山市立熊野小学校(平成23年4月〜現在)
福山市医師会看護専門学校非常勤講師 (平成23年4月〜平成24年3月)
福山市立幸千中学校 薬物乱用防止教室(平成23年10月25日、平成24年11月20日、平成25年10月22日)
第38、39回薬剤師のためのワークショップ中国・四国 in 福山タスフォース (平成24年7月15,16日、平成25年7月14,15日)
受賞,その他の実績 

戻る

TOP

全研究業績

代表業績表示に変更

学位論文

提出者 田淵 紀彦
1 論文題目 マウスリソソーム膜糖蛋白質LGP85の性質およびリソソーム局在化シグナルに関する研究
提出大学 福山大学
提出年 2000 提出月 3

戻る

TOP

著書

戻る

TOP

学術論文(総説・解説含む)

著者 Saito M, Abe M, Furukawa T, Yagi M, Koike Y, Wakasugi Y, Tabuchi N, Uno K.
2 論文題目 Examination of patients suspected as having hypersensitivity to iodinated contrast media with leukocyte migration test.
掲載誌 Biol Pharm Bull.
巻,号,頁 37(11):1750-1757. 発行年 2014 発行月 11
著者 Saito M, Abe M, Furukawa T, Yagi M, Koike Y, Wakasugi Y, Tabuchi N, Uno K.
3 論文題目 Study on patients who underwent suspected diagnosis of allergy to amide-type local anesthetic agents by the leukocyte migration test.
掲載誌 Allergol Int.
巻,号,頁 63(2):267-277. 発行年 2014 発行月 1
著者 Kento Takayama, Tetsuo Morita, Norihiko Tabuchi, Masahito Fukunaga, Nobuyuki Okamura
4 論文題目 The effect of anthraquinones in daiokanzoto on increasing the synthesis of sennoside A-metabolic enzyme derived from bifidobacteria
掲載誌 Journal of Traditional Medicines
巻,号,頁 30:206-214. 発行年 2013 発行月 11
著者 Tabuchi N, Murakami N, Fukunaga M.
5 論文題目 Identification of the immunogenic outer membrane proteins of relapsing fever Borrelia.
掲載誌 Yakugaku Zasshi
巻,号,頁 133(12):1417-1423. 発行年 2013 発行月 8
著者 Anraku, M., T. Fujii, Y. Kondo, E. Kojima, T. Hata, N. Tabuchi, D. Tsuchiya, T. Goromaru, H. Tsutsumi, D. Kadowaki, T. Maruyama, M. Otagiri, H. Tomida
6 論文題目 Antioxidant properties of high molecular weight dietary chitosan in vitro and in vivo
掲載誌 Carbohydr. Polym.
巻,号,頁 83:501–505. 発行年 2011 発行月 11
著者 Anraku M, Tomida H, Sato E, Tabuchi N, Yoshitomi H, Okamura N, Taguchi K, Kondo Y, Murakami N.
7 論文題目 Surveillance study on use of over-the-counter drug and health food by school pharmacist for grade-schooler, junior high school student, and high school students
掲載誌 Yakugaku Zasshi
巻,号,頁 131(5):835-842. 発行年 2011 発行月 1
著者 Fukunaga M, Tabuchi N.
8 論文題目 Molecular mechanism of the borrelial proteins at interface with host and vector tick interactions
掲載誌 Nihon Saikingaku Zasshi
巻,号,頁 65(2-4):343-353. 発行年 2010 発行月 12
著者 Tabuchi N, Kataoka-Ushijima Y, Talbert A, Mitani H, Fukunaga M.
9 論文題目 Absence of transovarial transmission of Borrelia duttonii, a tick-borne relapsing fever agent, by the vector tick Ornithodoros moubata.
掲載誌 Vector Borne Zoonotic Dis.
巻,号,頁 8(5):607-613. 発行年 2008 発行月 10
著者 Tabuchi N, Tomoda K, Kawaguchi H, Iwamoto H, Fukunaga M.
10 論文題目 Immunodominant epitope in the C-terminus of a variable major protein in Borrelia duttonii, an agent of tick-borne relapsing fever.
掲載誌 Microbiol Immunol.
巻,号,頁 50(4):293-305. 発行年 2006 発行月
著者 Shao R, Aoki Y, Mitani H, Tabuchi N, Barker SC, Fukunaga M.
11 論文題目 The mitochondrial genomes of soft ticks have an arrangement of genes that has remained unchanged for over 400 million years.
掲載誌 Insect Mol Biol.
巻,号,頁 13(3):219-224. 発行年 2004 発行月 1
著者 Tabuchi N, Akasaki K, Tsuji H.
12 論文題目 Ile (476), a constituent of di-leucine-based motif of a major lysosomal membrane protein, LGP85/LIMP II, is important for its proper distribution in late endosomes and lysosomes.
掲載誌 Biochem Biophys Res Commun.
巻,号,頁 295(1):149-156. 発行年 2002 発行月 7
著者 Tabuchi N, Mitani H, Seino S, Fukunaga M.
13 論文題目 The 44-kb linear plasmid molecule in the relapsing fever agent Borrelia duttonii strain Ly serve as a preservation of vmp genes.
掲載誌 Microbiol Immunol.
巻,号,頁 46(3):159-165. 発行年 2002 発行月 3
著者 Tabuchi N, Akasaki K, Tsuji H.
14 論文題目 Two acidic amino acid residues, Asp(470) and Glu(471), contained in the carboxyl cytoplasmic tail of a major lysosomal membrane protein, LGP85/LIMP II, are important for its accumulation in secondary lysosomes.
掲載誌 Biochem Biophys Res Commun.
巻,号,頁 270(2):557-563. 発行年 2000 発行月 4
著者 Tabuchi N, Akasaki K, Tsuji H.
15 論文題目 Distribution of a major lysosomal membrane glycoprotein, LGP85/LIMP II, in rat tissues.
掲載誌 Biol Pharm Bull.
巻,号,頁 23(4):394-396. 発行年 2000 発行月 4
著者 Tabuchi N, Akasaki K, Sasaki T, Kanda N, Tsuji H.
16 論文題目 Identification and characterization of a major lysosomal membrane glycoprotein, LGP85/LIMP II in mouse liver.
掲載誌 J Biochem.
巻,号,頁 122(4):756-763. 発行年 1997 発行月 10

戻る

TOP

エッセイ,記事(新聞)等

戻る

TOP

特許

戻る

TOP

薬学部 / 薬学科 / 准教授 / 田淵 紀彦