免責事項
 福山大学研究者一覧・検索サイトの内容は,各教員が自ら入力した情報に基づいています.その情報の正確性について,福山大学が保証するものではありません.

福山大学
研究者情報

人間文化学部 / 人間文化学科 / 特任教授 / 岡 晃弘

研究者情報 研究業績 学位論文 著書 学術論文(総説・解説含む) エッセイ,記事(新聞)等 特許
表示:[代表業績]
全業績表示に変更

研究者情報

福山大学学術リポジトリ researchmap J-GLOBAL CiNii 国立国会図書館 Google Scholar
氏名 岡 晃弘 (おか あきひろ) 
所属 人間文化学部 人間文化学科
職名 特任教授
e-mail oka ★ fuhc。fukuyama-u、ac.jp
迷惑メール対策として「@」,「.」を置き換えて表示しています.
TEL 084-936-2111
FAX
WEB
更新日時 2017-04-05 15:37:27
学歴 昭和54年3月 東京外国語大学外国語学部ドイツ語学科 卒業(文学士)
昭和54年7月 西ドイツ(当時)ミュンスター大学(Westfälische Wilhelms-Universität Münster)に留学(昭和56年6月まで)
昭和58年3月 広島大学文学研究科ドイツ語学ドイツ文学専攻博士課程前期 修了(文学修士)
昭和60年3月 広島大学文学研究科ドイツ語学ドイツ文学専攻博士課程後期 単位取得後退学
学位・資格 文学修士 昭和58年3月
職歴 福山大学 教養部 講師(昭和60年4月~平成3年3月)
福山大学 教養部 助教授(平成3年4月~平成4年3月)
福山大学 一般教育部 助教授(平成4年4月~平成12年3月)
福山大学 人間文化学部人間文化学科 助教授(平成12年4月~平成15年3月)
福山大学 人間文化学部人間文化学科 教授(平成15年4月~平成21年3月)
福山大学 人間文化学部メディア情報文化学科 教授(平成21年4月~平成28年3月)
福山大学 人間文化学部メディア・映像学科 教授(平成28年4月~平成29年3月)
福山大学 特任教授(人間文化学部人間文化学科)(平成29年4月~現在に至る)
専門分野 ドイツ語学ドイツ文学、ドイツ文化
研究テーマ 関口存男の意味形態論
ゲーテの自然科学
ルードルフ・シュタイナーのアントロポゾフィー(人智学)
研究テーマのキーワード 関口存男、意味形態論、認知言語学、ゲーテ、シュタイナー
所属学会 日本独文学会, ゲーテ自然科学の集い
学会活動 
共同研究・科研費採択課題等実績 
主な担当授業科目 ドイツ語(Ⅰ)・(Ⅱ)、ヨーロッパの芸術と思想1・2
主な学内役職・委員 
社会活動 朝日カルチャーセンター岡山 非常勤講師(講座「シュタイナー教育を支える人間学」担当)(平成 6年1月~平成9年3月)
朝日カルチャーセンター岡山 非常勤講師(講座「シュタイナーの人智学」担当)(平成 9年4月~平成10年3月)
講演:「ドイツの色彩論 ゲーテとシュタイナーを中心に」(2000年2月19日、ふくやま美術館講義室にて)
福山大学人間文化学部、平成19年度文化フォーラム「国際文化を深める」第3回講師
受賞,その他の実績 

戻る

TOP

代表的な研究業績

全業績表示に変更

学位論文

戻る

TOP

著書

戻る

TOP

学術論文(総説・解説含む)

著者 岡 晃弘
1 論文題目 芸術としての思考―ルードルフ・シュタイナーとアルベルト・シュテフェンを結ぶ美の原理
掲載誌 福山大学教養部紀要
巻,号,頁 第15巻、pp.55-70 発行年 1991 発行月
著者 岡 晃弘
2 論文題目 「百合は何かを待っている」―認識論からのルードルフ・シュタイナー紹介
掲載誌 福山大学教養部紀要
巻,号,頁 第11巻、pp.25-32 発行年 1987 発行月
著者 岡 晃弘
3 論文題目 ドイツ語のことわざにおける「掲称」の意味形態―その言語芸術としての一面
掲載誌 日本独文学会中国四国支部「ドイツ文学論集」年
巻,号,頁 18号、pp.66-71 発行年 1985 発行月
著者 Oka, Akihiro
4 論文題目 Sauberkeits-Adjektive
掲載誌 Sprache:Verstehen und Handeln. Akten des 15. Linguistischen Kolloquiums Münster 1980, Band 2. Hrsg.v.Götz Hindelang und Werner Zillig. Max Niemeyer Verlag, Tübingen.
巻,号,頁 S.59-68 発行年 1981 発行月

戻る

TOP

エッセイ,記事(新聞)等

著者 訳者:岡 晃弘
5 題目 翻訳:フォルカー・アドルフス「アウグスト・マッケの作品における色彩と光」
掲載誌 『ボン市立美術館所蔵 ライン河の色彩と光 マッケとその仲間たち 展覧会図録』ふくやま美術館・宇都宮美術館編集
頁等 pp.165-180 発行年 1999 発行月
著者 訳者:岡 晃弘、黒川正巳
6 題目 翻訳:ルードルフ・シュタイナー「自然科学におけるゲーテの正当性」
掲載誌 島根医科大学紀要
頁等 第15巻、pp.7-10 発行年 1992 発行月
著者 訳者:岡 晃弘、黒川正巳
7 題目 翻訳:アルベルト・シュテッフェン「命の木への巡礼」
掲載誌 島根医科大学紀要
頁等 第14巻、pp.83-89 発行年 1991 発行月
著者 訳者:岡 晃弘、黒川正巳
8 題目 翻訳:ルードルフ・シュタイナー「ゲーテと医学」
掲載誌 島根医科大学紀要
頁等 第13巻、pp.95-99 発行年 1990 発行月

戻る

TOP

特許

戻る

TOP

人間文化学部 / 人間文化学科 / 特任教授 / 岡 晃弘