免責事項
 福山大学研究者一覧・検索サイトの内容は,各教員が自ら入力した情報に基づいています.その情報の正確性について,福山大学が保証するものではありません.

福山大学
研究者情報

薬学部 / 薬学科 / 助手 / 伊達 有子

研究者情報 研究業績 学位論文 著書 学術論文(総説・解説含む) エッセイ,記事(新聞)等 特許
表示:[全業績]
代表業績表示に変更

研究者情報

福山大学学術リポジトリ researchmap J-GLOBAL CiNii 国立国会図書館 Google Scholar
氏名 伊達 有子 (だて ゆうこ) 
所属 薬学部 薬学科
職名 助手
e-mail date ★ fupharm。fukuyama-u、ac.jp
迷惑メール対策として「@」,「.」を置き換えて表示しています.
TEL 084-936-2112 (ext.5157)
FAX 084-936-2024
WEB
更新日時 2015-03-18 15:59:52
学歴 1986年3月 福山大学 薬学部薬学科 卒業
学位・資格 薬学士 福山大学 1986年3月
薬剤師免許 1986年6月
職歴 福山大学 薬学部 技術助手(1986年4月~1988年3月)
福山大学 薬学部 助手(1988年4月~現在)
専門分野 分析化学
研究テーマ 生体成分分析に関する研究
研究テーマのキーワード
所属学会 日本薬学会
学会活動 
共同研究・科研費採択課題等実績 
主な担当授業科目
主な学内役職・委員 
社会活動 
受賞,その他の実績 

戻る

TOP

全研究業績

代表業績表示に変更

学位論文

戻る

TOP

著書

戻る

TOP

学術論文(総説・解説含む)

著者 Hirofumi Inoue, Takuya Harada, Seiji Eto, Ken Nakashima, Takuya Ibusuki, Keiko Kosha, Yuuko Date, Emiko Sanematsu, Yoshitake Shinohara , Kojiro Takahashi, Reiji Yoshimura, Jun Nakamura, Eijiro Kojima and Yasuto Tsuruta
1 論文題目 Determination of paroxetine in serum treated with simple pretreatment by pre-column figh-performance liquid chromatography using 4-(5,6-dimethoxy-2-phthalimidinyl)-2-methoxyphenylsulfonyl chloride as a fluorescent labeling reagent
掲載誌 Biomed Chromatogr
巻,号,頁 Jun;27(6), 688-690 発行年 2013 発行月
著者 Hirofumi Inoue, Yasuhiko Sakata, Hiroaki Nishio, Kohji Tokumo, Eijiro Kojima, Yuuko Date, Yutaka Tamura and Yasuto Tsuruta
2 論文題目 A Simple and Highly Sensitive HPLC Method with Fluorescent Detection for Determination of Pipecolic Acid in Mouse Brain Areas
掲載誌 Biol. Pharm. Bull.
巻,号,頁 34(2), p.287-289 発行年 2011 発行月
著者 asuto Tsuruta, Kiyoshi Maruyama, Hirofumi Inoue, Keiko Kosha, Yuuko Date, Nobuyuki Okamura, Seiji Eto, Eijiro Kojima
3 論文題目 Sensitive determination of carnosine in urine by high-performance liquid chromatography using 4-(5,6-dimethoxy-2-phthalimidinyl)-2-methoxyphenylsulfonyl chloride as a fluorescent labeling reagent
掲載誌 J.Chromatogr. B
巻,号,頁 878, 327-332 発行年 2010 発行月

戻る

TOP

エッセイ,記事(新聞)等

戻る

TOP

特許

戻る

TOP

薬学部 / 薬学科 / 助手 / 伊達 有子