免責事項
 福山大学研究者一覧・検索サイトの内容は,各教員が自ら入力した情報に基づいています.その情報の正確性について,福山大学が保証するものではありません.

福山大学
研究者情報

薬学部 / 薬学科 / 教授 / 今 重之

研究者情報 研究業績 学位論文 著書 学術論文(総説・解説含む) エッセイ,記事(新聞)等 特許
表示:[全業績]
代表業績表示に変更

研究者情報

福山大学学術リポジトリ researchmap J-GLOBAL CiNii 国立国会図書館 Google Scholar
氏名 今 重之 (こん しげゆき) 
所属 薬学部 薬学科
職名 教授
e-mail s-kon ★ fupharm。fukuyama-u、ac.jp
迷惑メール対策として「@」,「.」を置き換えて表示しています.
TEL 086-936-2112 (Ext5255)
FAX 084-936-2024
WEB
更新日時 2017-03-28 11:54:07
学歴 1995年3月:北海道大学 薬学部 薬学科 卒業
1997年3月:北海道大学 大学院薬学研究科 製薬化学専攻 修士課程修了
2002年3月:北海道大学 大学院医学研究科 病理系専攻 博士課程修了
学位・資格 薬剤師免許 1995年7月
博士(医学)北海道大学 2002年3月
職歴 株式会社免疫生物研究所 研究開発部  (1998年4月)
北海道大学 遺伝子病制御研究所 分子免疫分野 助手 (2002年4月)
北海道大学 遺伝子病制御研究所 マトリックスメディスン寄附研究部門 特任助教授(2004年4月)
北海道大学 遺伝子病制御研究所 分子免疫分野 講師(2005年10月)
University of California, San Francisco, Department of Medicine, Postdoctoral Scholar (2007年10月)
株式会社免疫生物研究所 研究開発部(2009年12月)
北海道大学 大学院薬学研究院 衛生化学研究室 助教(2011年7月)
北海道大学 大学院薬学研究院 衛生化学研究室 准教授(2014年3月)
福山大学 薬学部 分子免疫学研究室 教授 (2016年4月~現在)
専門分野 免疫学、分子細胞生物学、実験病理学
研究テーマ 特定の細胞外基質-インテグリン相互作用を抑制できる抗体の開発
生体内に存在する分子機能を利用した新規細胞接着抑制薬の開発
インテグリンに着目した新規線維化治療薬の開発
インテグリン活性化阻害剤の開発
細胞外マトリックスによるB細胞機能への影響
研究テーマのキーワード バイオ医薬、抗体、インテグリン、細胞外マトリックス、自己免疫疾患、がん
所属学会 日本免疫学会, 日本分子生物学会, 日本薬学会
学会活動 
共同研究・科研費採択課題等実績 2016年 薬理研究会 第18回(平成28年度)研究助成  研究代表者
2016年 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究代表者
2015年 日本リウマチ財団 リウマチ性疾患調査・研究助成 研究代表者
2015年 薬学奨励財団 研究助成 研究代表者
2015年 中冨健康科学振興財団 研究助成 研究代表者
2012年~2015年 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究代表者
2014年 公益信託医用薬物研究奨励富岳基金 研究代表者
2013年 ノーステック財団「研究開発助成事業」発展・橋渡し研究補助金 研究代表者
2013年 寿原記念財団、研究助成 研究代表者
2012年 鈴木謙三記念医科学応用研究財団、調査研究助成 研究代表者
主な担当授業科目 骨・関節、アレルギー・免疫疾患と薬物治療、病原微生物とたたかう
主な学内役職・委員 
社会活動 藤沢薬品工業(株)(現アステラス製薬) 技術アドバイザー (2004年~2007年)
(株)免疫生物研究所 技術アドバイザー (2004年~2007年)
(株)ジーンテクノサイエンス  特別顧問 (2005年~2009年)
受賞,その他の実績 

戻る

TOP

全研究業績

代表業績表示に変更

学位論文

提出者 今 重之
1 論文題目 オステオポンチンの構造解析と機能に関する研究
提出大学 北海道大学
提出年 2002 提出月 3

戻る

TOP

著書

著者 居城 邦治, 他32名
2 書名 バイオとナノの融合Ⅱ
出版社 北海道大学出版会
頁数(担当頁) P.41-51 出版年 2007 出版月 3
著者 小野江和則、上出利光, 他6名
3 書名 メディカル免疫学
出版社 西村書店
頁数(担当頁) P.151-160 出版年 2006 出版月 5

戻る

TOP

学術論文(総説・解説含む)

著者 Saitoh K, Kon S, Nakatsuru T, Inui K, Ihara T, Matsumoto N, Kitai Y, Muromoto R, Matsuda T.
4 論文題目 Anti-IL-17A blocking antibody reduces cyclosporinA-induced relapse in experimental autoimmune encephalomyelitis mice.
掲載誌 Biochemistry and Biophysics Reports.
巻,号,頁 8:139-145 発行年 2016 発行月 12
著者 Togi S, Muromoto R, Hirashima K, Kitai Y, Okayama T, Ikeda O, Matsumoto N, Kon S, Sekine Y, Oritani K, Matsuda T.
5 論文題目 A new STAT3-binding partner, ARL3, enhances the phosphorylation and nuclear accumulation of STAT3.
掲載誌 J Biol Chem.
巻,号,頁 Epub ahead of print 発行年 2016 発行月 4
著者 Matsui Y, Kon S, Funakoshi T, Miyashita T, Matsuda T, Iwasaki N.
6 論文題目 Increased expression of αv integrin as a regulator of fibrosis in Dupuytren's nodules.
掲載誌 J Hand Surg Eur Vol.
巻,号,頁 Epub ahead of print 発行年 2016 発行月 3
著者 Muromoto R, Hirao T, Tawa K, Hirashima K, Kon S, Kitai Y, Matsuda T.
7 論文題目 IL-17A plays a central role in the expression of psoriasis signature genes through the induction of IκB-ζ in keratinocytes.
掲載誌 Int Immunol.
巻,号,頁 Epub ahead of print 発行年 2016 発行月 3
著者 Togi S, Hatano Y, Muromoto R, Kawanishi E, Ikeda O, Hirashima K, Kon S, Kitai Y, Yasui T, Oritani K, Matsuda T.
8 論文題目 Caspase-dependent cleavage regulates protein levels of Epstein-Barr virus-derived latent membrane protein 1.
掲載誌 FEBS Lett.
巻,号,頁 Mar;590(6):808-18. 発行年 2016 発行月 3
著者 Takahashi A, Kuroki K, Okabe Y, Kasai Y, Matsumoto N, Yamada C, Takai T, Ose T, Kon S, Matsuda T, Maenaka K.
9 論文題目 The immunosuppressive effect of domain-deleted dimer of HLA-G2 isoform in collagen-induced arthritis mice.
掲載誌 Hum Immunol.
巻,号,頁 Epub ahead of print 発行年 2016 発行月 1
著者 Matsuda T, Muromoto R, Sekine Y, Togi S, Kitai Y, Kon S, Oritani K.
10 論文題目 Signal transducer and activator of transcription 3 regulation by novel binding partners.
掲載誌 World J Biol Chem.
巻,号,頁 6:324-32, 2015 発行年 2015 発行月
著者 Kubo K, Iwakami M, Muromoto R, Inagaki T, Kitai Y, Kon S, Sekine Y, Oritani K, Matsuda T.
11 論文題目 CCR7 is involved in BCR-ABL/STAP-2-mediated cell growth in hematopoietic Ba/F3 cells.
掲載誌 Biochem Biophys Res Commun.
巻,号,頁 463:825-31 発行年 2015 発行月
著者 Togi S, Nakasuji M, Muromoto R, Ikeda O, Okabe K, Kitai Y, Kon S, Oritani K, Matsuda T.
12 論文題目 Kaposi's sarcoma-associated herpesvirus-encoded LANA associates with glucocorticoid receptor and enhances its transcriptional activities.
掲載誌 Biochem Biophys Res Commun
巻,号,頁 463:395-400 発行年 2015 発行月
著者 Sekine Y, Togi S, Muromoto R, Kon S, Kitai Y, Yoshimura A, Oritani K, Matsuda T.
13 論文題目 STAP-2 expression in B16F10 melanoma cells positively regulates protein levels of tyrosinase, which determines organs to infiltrate in the body.
掲載誌 J Biol Chem.
巻,号,頁 290:17462-73 発行年 2015 発行月
著者 Endo T, Ito K, Morimoto J, Kanayama M, Ota D, Ikesue M, Kon S, Takahashi D, Onodera T, Iwasaki N, Uede T.
14 論文題目 Syndecan-4 regulates the development of autoimmune arthritis by modulating B cell migration and germinal center formation.
掲載誌 Arthritis Rheumatol.
巻,号,頁 67:2512-22 発行年 2015 発行月
著者 Kato M, Muromoto R, Togi S, Iwakami M, Kitai Y, Kon S, Oritani K, Matsuda T.
15 論文題目 PML suppresses IL-6-induced STAT3 activation by interfering with STAT3 and HDAC3 interaction.
掲載誌 Biochem Biophys Res Commun.
巻,号,頁 461:366-71 発行年 2015 発行月
著者 石崎雅之、室本竜太、今 重之、織谷健司、松田 正
16 論文題目 乾癬の発症とTYK2
掲載誌 臨床免疫・アレルギー科 (科学評論社)
巻,号,頁 61:P214-220 発行年 2014 発行月 2
著者 Kon S, Nakayama Y, Matsumoto N, Ito K, Kanayama M, Kimura C, Kouro H, Ashitomi D, Matsuda T, Uede T.
17 論文題目 A novel cryptic binding motif, LRSKSRSFQVSDEQY, in the C-terminal fragment of MMP-3/7-cleaved osteopontin as a novel ligand for α9β1 integrin is involved in the anti-type II collagen antibody-induced arthritis.
掲載誌 PLoS One.
巻,号,頁 9: e116210, 発行年 2014 発行月
著者 Kouro H, Kon S*#, Matsumoto N, Miyashita T, Kakuchi A, Ashitomi D, Saito K, Nakatsuru T, Togi S, Muromoto R, Matsuda T.
18 論文題目 The novel α4B murine α4 integrin splicing variant inhibits α4-dependent cell adhesion
掲載誌 J Biol Chem.
巻,号,頁 289:16389-16398 発行年 2014 発行月
著者 Fujita N, Oritani K, Ichii M, Yokota T, Saitoh N, Okuzaki D, Sekine Y, Kon S, Muromoto R, Saitoh K, Yoshimura A, Matsuda T, Kanakura Y.
19 論文題目 Signal-transducing adaptor protein-2 regulates macrophage migration into inflammatory sites during dextran sodium sulfate induced colitis.
掲載誌 Eur J Immunol.
巻,号,頁 44:1791-801 発行年 2014 発行月
著者 Sekine Y, Nishida K, Yamasaki S, Muromoto R, Kon S, Kashiwakura J, Saitoh K, Togi S, Yoshimura A, Oritani K, Matsuda T.
20 論文題目 Signal-Transducing Adaptor Protein-2 Controls the IgE-Mediated, Mast Cell-Mediated Anaphylactic Responses.
掲載誌 J Immunol.
巻,号,頁 192:3488-95 発行年 2014 発行月
著者 Ishizaki M, Muromoto R, Akimoto T, Sekine Y, Kon S, Diwan M, Maeda, H, Togi S, Shimoda K, Oritani K, Matsuda T.
21 論文題目 Tyk2 is a therapeutic target for psoriasis-like skin inflammation.
掲載誌 Int. Immunol.
巻,号,頁 26:257-67 発行年 2014 発行月
著者 Asano T, Iwasaki N, Kon S, Kanayama M, Morimoto J, Minami A, Uede T.
22 論文題目 α9β1 integrin acts as a critical intrinsic regulator of human rheumatoid arthritis.
掲載誌 Rheumatology (Oxford)
巻,号,頁 53:415-24 発行年 2014 発行月
著者 Muromoto R, Nakajima M, Hirashima K, Hirao T, Kon S, Shimoda K, Oritani K, Matsuda T.
23 論文題目 Jun activation domain-binding protein 1 (JAB1) is required for the optimal response to interferons.
掲載誌 J Biol Chem.
巻,号,頁 288:30969-79 発行年 2013 発行月
著者 Togi S, Shiga K, Muromoto R, Kato M, Souma Y, Sekine Y, Kon S, Oritani K, Matsuda T.
24 論文題目 Y14 positively regulates TNF-a-induced NF-kB transcriptional activity via interacting RIP1 and TRADD beyond an exon-junction complex protein.
掲載誌 J Immunol.
巻,号,頁 191:1436-1444 発行年 2013 発行月
著者 松田 正、今 重之、室本竜太
25 論文題目 JAK/STATシグナル伝達経路を標的とした分子標的薬
掲載誌 日本臨牀 70巻 増刊号 (日本臨牀社)
巻,号,頁 8 P45-51 発行年 2012 発行月 8
著者 Sekine Y, Yamamoto C, Kakisaka M, Muromoto R, Kon S, Ashitomi D, Fujita N, Yoshimura A, Oritani K, Matsuda T.
26 論文題目 Signal-transducing adaptor protein-2 modulates Fas-mediated T cell apoptosis by interacting with Caspase-8.
掲載誌 J Immunol.
巻,号,頁 188:6194-204 発行年 2012 発行月
著者 Fujita N, Fujita S, Ogata N, Matsuoka M, Okada Y, Kon S, Uede T, Saika S.
27 論文題目 Endogenous osteopontin involvement in laser-induced choroidal neovascularization in mice.
掲載誌 Invest Ophthalmol Vis Sci.
巻,号,頁 52:9310-5 発行年 2011 発行月
著者 Hamamoto S, Yasui T, Okada A, Hirose M, Matsui Y, Kon S, Sakai F, Kojima Y, Hayashi Y, Tozawa K, Uede T, Kohri K.
28 論文題目 Crucial role of the cryptic epitope SLAYGLR within osteopontin in renal crystal formation of mice.
掲載誌 J Bone Miner Res.
巻,号,頁 26:2967-77 発行年 2011 発行月
著者 Kon S, Atakilit A, Sheppard D.
29 論文題目 Short form of α9 promotes α9β1 integrin-dependent cell adhesion by modulating the function of the full-length α9 subunit.
掲載誌 Exp Cell Res.
巻,号,頁 317:1774-84 発行年 2011 発行月
著者 Kurotaki D, Kon S, Bae K, Ito K, Matsui Y, Nakayama Y, Kanayama M, Kimura C, Narita Y, Nishimura T, Iwabuchi K, Mack M, van Rooijen N, Sakaguchi S, Uede T, Morimoto J.
30 論文題目 CSF-1-Dependent Red Pulp Macrophages Regulate CD4 T Cell Responses.
掲載誌 J Immunol.
巻,号,頁 186:2229-37 発行年 2011 発行月
著者 Ohno K, Nishimori H, Yasoshima T, Kamiguchi K, Hata F, Fukui R, Okuya K, Kimura Y, Denno R, Kon S, Uede T, Sato N, Hirata K.
31 論文題目 Inhibition of osteopontin reduces liver metastasis of human pancreatic cancer xenografts injected into the spleen in a mouse model.
掲載誌 Surg Today.
巻,号,頁 40:347-56 発行年 2010 発行月
著者 Nakayama Y, Kon S, Kurotaki D, Morimoto J, Matsui Y, Uede T.
32 論文題目 Blockade of interaction of alpha9 integrin with its ligands hinders the formation of granulation in cutaneous wound healing.
掲載誌 Lab Invest.
巻,号,頁 90:881-94 発行年 2010 発行月
著者 Morimoto J, Kon S, Matsui Y, Uede T.
33 論文題目 Osteopontin; As a Target Molecule for the Treatment of Inflammatory Diseases.
掲載誌 Curr Drug Targets.
巻,号,頁 11:494-505 発行年 2010 発行月
著者 Yamaguchi Y, Hanashima S, Yagi H, Takahashi Y, Sasakawa H, Kurimoto E, Iguchi T, Kon S, Uede T, Kato K.
34 論文題目 NMR characterization of intramolecular interaction of osteopontin, an intrinsically disordered protein with cryptic integrin-binding motifs.
掲載誌 Biochem Biophys Res Commun.
巻,号,頁 393:487-91 発行年 2010 発行月
著者 Seier AM, Renkl AC, Schulz G, Uebele T, Sindrilaru A, Iben S, Liaw L, Kon S, Uede T, Weiss JM.
35 論文題目 Antigen-specific induction of osteopontin contributes to the chronification of allergic contact dermatitis.
掲載誌 Am J Pathol.
巻,号,頁 176:246-58 発行年 2010 発行月
著者 Iwata D, Kitamura M, Kitaichi N, Saito Y, Kon S, Namba K, Morimoto J, Ebihara A, Kitamei H, Yoshida K, Ishida S, Ohno S, Uede T, Onoé K, Iwabuchi K.
36 論文題目 Prevention of experimental autoimmune uveoretinitis by blockade of osteopontin with small interfering RNA.
掲載誌 Exp Eye Res.
巻,号,頁 90:41-8 発行年 2010 発行月
著者 Fujita N, Fujita S, Okada Y, Fujita K, Kitano A, Yamanaka O, Miyamoto T, Kon S, Uede T, Rittling SR, Denhardt DT, Saika S.
37 論文題目 Impaired angiogenic response in the cornea of mice lacking osteopontin.
掲載誌 Invest Ophthalmol Vis Sci.
巻,号,頁 51:790-4 発行年 2010 発行月
著者 Kurokawa M, Konno S, Takahashi A, Plunkett B, Rittling SR, Matsui Y, Kon S, Morimoto J, Uede T, Matsukura S, Kokubu F, Adachi M, Nishimura M, Huang SK.
38 論文題目 Regulatory role of DC-derived osteopontin in systemic allergen sensitization.
掲載誌 Eur J Immunol.
巻,号,頁 39:3323-30 発行年 2009 発行月
著者 Matsui Y, Iwasaki N, Kon S, Takahashi D, Morimoto J, Matsui Y, Denhardt DT, Rittling S, Minami A, Uede T.
39 論文題目 Accelerated development of aging-associated and instability-induced osteoarthritis in osteopontin-deficient mice.
掲載誌 Arthritis Rheum.
巻,号,頁 60:2362-2371 発行年 2009 発行月
著者 Takahashi D, Iwasaki N, Kon S, Matsui Y, Majima T, Minami A, Uede T.
40 論文題目 Down-regulation of cathepsin K in synovium leads to progression of osteoarthritis in rabbits.
掲載誌 Arthritis Rheum.
巻,号,頁 60:2372-2380 発行年 2009 発行月
著者 Kanayama M, Kurotaki D, Morimoto J, Asano T, Matsui Y, Nakayama Y, Saito Y, Ito K, Kimura C, Iwasaki N, Suzuki K, Harada T, Li HM, Uehara J, Miyazaki T, Minami A, Kon S, Uede T.
41 論文題目 Alpha9 integrin and its ligands constitute critical joint microenvironments for development of autoimmune arthritis.
掲載誌 J Immunol.
巻,号,頁 182:8015-25 発行年 2009 発行月
著者 Takahashi A, Kurokawa M, Konno S, Ito K, Kon S, Ashino S, Nishimura T, Uede T, Hizawa N, Huang SK, Nishimura M.
42 論文題目 Osteopontin is involved in migration of eosinophils in asthma.
掲載誌 Clin Exp Allergy.
巻,号,頁 39:1152-9 発行年 2009 発行月
著者 Anborgh PH, Wilson SM, Tuck AB, Winquist E, Schmidt N, Hart R, Kon S, Maeda M, Uede T, Stitt LW, Chambers AF.
43 論文題目 New Dual Monoclonal ELISA for Measuring Plasma Osteopontin as a Biomarker Associated with Survival in Prostate Cancer: Clinical Validation and Comparison of Multiple ELISAs.
掲載誌 Clin Chem.
巻,号,頁 55:895-903 発行年 2009 発行月
著者 Ito K, Kon S, Nakayama Y, Kurotaki D, Saito Y, Kanayama M, Kimura C, Diao H, Morimoto J, Matsui Y, Uede T.
44 論文題目 The differential amino acid requirement within osteopontin in alpha4 and alpha9 integrin-mediated cell binding and migration.
掲載誌 Matrix Biol.
巻,号,頁 28:11-9 発行年 2009 発行月
著者 Diao H, Iwabuchi K, Li L, Onoe K, Kaer LV, Kon S, Saito Y, Morimoto J, Denhardt DT, Rittling S, Uede T.
45 論文題目 Osteopontin regulates development and function of invariant natural killer T cells.
掲載誌 Proc Natl Acad Sci U S A.
巻,号,頁 105:15884-9 発行年 2008 発行月
著者 Miyazaki K, Okada Y, Yamanaka O, Kitano A, Ikeda K, Kon S, Uede T, Rittling SR, Denhardt DT, Kao WW, Saika S.
46 論文題目 Corneal wound healing in an osteopontin-deficient mouse.
掲載誌 Invest Ophthalmol Vis Sci.
巻,号,頁 49:1367-75 発行年 2008 発行月
著者 Nagasaka A, Matsue H, Matsushima H, Aoki R, Nakamura Y, Kambe N, Kon S, Uede T, Shimada S.
47 論文題目 Osteopontin is produced by mast cells and affects IgE-mediated degranulation and migration of mast cells.
掲載誌 Eur J Immunol.
巻,号,頁 38:489-99 発行年 2008 発行月
著者 Kon S, Ikesue M, Kimura C, Aoki M, Nakayama Y, Saito Y, Kurotaki D, Diao H, Matsui Y, Segawa T, Maeda M, Kojima T, Uede T.
48 論文題目 Syndecan-4 protects against osteopontin-mediated acute hepatic injury by masking functional domains of osteopontin.
掲載誌 J Exp Med.
巻,号,頁 205:25-33 発行年 2008 発行月
著者 Saito Y*, Kon S*, Fujiwara Y, Nakayama Y, Kurotaki D, Fukuda N, Kimura C, Kanayama M, Ito K, Diao H, Matsui Y, Komatsu Y, Ohtsuka E, Uede T.*equal contribution.
49 論文題目 Osteopontin small interfering RNA protects mice from fulminant hepatitis.
掲載誌 Hum Gene Ther.
巻,号,頁 18:1205-14 発行年 2007 発行月
著者 Yamamoto N, Nakashima T, Torikai M, Naruse T, Morimoto J, Kon S, Sakai F, Uede T.
50 論文題目 Successful treatment of collagen-induced arthritis in non-human primates by chimeric anti-osteopontin antibody.
掲載誌 Int Immunopharmacol.
巻,号,頁 7:1460-70 発行年 2007 発行月
著者 Kitamura M, Iwabuchi K, Kitaichi N, Kon S, Kitamei H, Namba K, Yoshida K, Denhardt DT, Rittling SR, Ohno S, Uede T, Onoe K.
51 論文題目 Osteopontin aggravates experimental autoimmune uveoretinitis in mice.
掲載誌 J Immunol.
巻,号,頁 178:6567-72 発行年 2007 発行月
著者 Nakaishi M, Kajino K, Ikesue M, Hagiwara Y, Kuwahara M, Mitani H, Horikoshi-Sakuraba Y, Segawa T, Kon S, Maeda M, Wang T, Abe M, Yokoyama M, Hino O.
52 論文題目 Establishment of the enzyme-linked immunosorbent assay system to detect the amino terminal secretory form of rat Erc/Mesothelin.
掲載誌 Cancer Sci.
巻,号,頁 98:659-64 発行年 2007 発行月
著者 Begum MD, Umemura M, Kon S, Yahagi A, Hamada S, Oshiro K, Gotoh K, Nishizono A, Uede T, Matsuzaki G.
53 論文題目 Suppression of the bacterial antigen-specific T cell response and the dendritic cell migration to the lymph nodes by osteopontin.
掲載誌 Microbiol Immunol.
巻,号,頁 51:135-47 発行年 2007 発行月
著者 Saika S, Shirai K, Yamanaka O, Miyazaki KI, Okada Y, Kitano A, Flanders KC, Kon S, Uede T, Kao WW, Rittling SR, Denhardt DT, Ohnishi Y.
54 論文題目 Loss of osteopontin perturbs the epithelial-mesenchymal transition in an injured mouse lens epithelium.
掲載誌 Lab Invest.
巻,号,頁 87:130-8 発行年 2007 発行月
著者 Mori N, Majima T, Iwasaki N, Kon S, Miyakawa K, Kimura C, Tanaka K, Denhardt DT, Rittling S, Minami A, Uede T.
55 論文題目 The role of osteopontin in tendon tissue remodeling after denervation-induced mechanical stress deprivation.
掲載誌 Matrix Biol.
巻,号,頁 26:42-53 発行年 2007 発行月
著者 今 重之、上出利光
56 論文題目 オステオポンチンを標的とした関節炎の治療
掲載誌 分子リウマチ (先端医学社)
巻,号,頁 P175-181 発行年 2005 発行月 8
著者 Yasen M, Kajino K, Kano S, Tobita H, Yamamoto J, Uchiumi T, Kon S, Maeda M, Obulhasim G, Arii S, Hino O.
57 論文題目 The up-regulation of Y-box binding proteins (DNA binding protein A and Y-box binding protein-1) as prognostic markers of hepatocellular carcinoma.
掲載誌 Clin Cancer Res.
巻,号,頁 11:7354-61 発行年 2005 発行月
著者 Inomata S, Shijubo N, Kon S, Maeda M, Yamada G, Sato N, Abe S, Uede T.
58 論文題目 Circulating interleukin-18 and osteopontin are useful to evaluate disease activity in patients with tuberculosis.
掲載誌 Cytokine.
巻,号,頁 30:203-11 発行年 2005 発行月
著者 Renkl AC, Wussler J, Ahrens T, Thoma K, Kon S, Uede T, Martin SF, Simon JC, Weiss JM.
59 論文題目 Osteopontin functionally activates dendritic cells and induces their differentiation towards a Th-1 polarizing phenotype.
掲載誌 Blood
巻,号,頁 106:946-55 発行年 2005 発行月
著者 Kadota J, Mizunoe S, Mito K, Mukae H, Yoshioka S, Kawakami K, Koguchi Y, Fukushima K, Kon S, Kohno S, Saito A, Uede T, Nasu M.
60 論文題目 High plasma concentrations of osteopontin in patients with interstitial pneumonia.
掲載誌 Respir Med.
巻,号,頁 99:111-7 発行年 2005 発行月
著者 上出利光、森本純子、今 重之
61 論文題目 肝炎とOPN (osteopontin)/Eta-1 (early T lymphocyte activation-1)
掲載誌 日本臨牀 62巻 増刊号 (日本臨牀社)
巻,号,頁 8 P74-78 発行年 2004 発行月 8
著者 Watanabe K, Saito K, Kinjo M, Matsuda T, Tamura M, Kon S, Miyazaki T, Uede T.
62 論文題目 Molecular dynamics of STAT3 on IL-6 signaling pathway in living cells.
掲載誌 Biochem Biophys Res Commun.
巻,号,頁 324:1264-73 発行年 2004 発行月
著者 Diao H, Kon S, Iwabuchi K, Kimura C, Morimoto J, Ito D, Segawa T, Maeda M, Hamuro J, Nakayama T, Taniguchi M, Yagita H, Van Kaer L, Onoe K, Denhardt DT, Rittling S, Uede T.
63 論文題目 Osteopontin as a mediator of NKT cell function in T cell-mediated liver diseases.
掲載誌 Immunity.
巻,号,頁 21:539-50, 発行年 2004 発行月
著者 Miyazaki T, Shen M, Fujikura D, Tosa N, Kon S, Uede T, Reed JC.
64 論文題目 Functional role of death associated protein 3 (DAP3) in anoikis.
掲載誌 J Biol Chem
巻,号,頁 279:44667-72 発行年 2004 発行月
著者 Matsui Y, Jia N, Okamoto H, Kon S, Onozuka H, Akino M, Liu L, Morimoto J, Rittling SR, Denhardt D, Kitabatake A, Uede T.
65 論文題目 Role of Osteopontin in Cardiac Fibrosis and Remodeling in Angiotensin II-Induced Cardiac Hypertrophy.
掲載誌 Hypertension
巻,号,頁 43:1195-201 発行年 2004 発行月
著者 Adachi H, Majima S, Kon S, Kobayashi T, Kajino K, Mitani H, Hirayama Y, Shiina H, Igawa M, Hino O.
66 論文題目 Niban gene is commonly expressed in the renal tumors: a new candidate marker for renal carcinogenesis.
掲載誌 Oncogene
巻,号,頁 23:3495-3500 発行年 2004 発行月
著者 Yasumi T, Katamura K, Yoshioka T, Meguro TA, Nishikomori R, Heike T, Inobe M, Kon S, Uede T, Nakahata T.
67 論文題目 Differential requirement for the CD40-CD154 costimulatory pathway during Th cell priming by CD8 alpha+ and CD8 alpha- murine dendritic cell subsets.
掲載誌 J Immunol.
巻,号,頁 172:4826-33 発行年 2004 発行月
著者 Morimoto J, Inobe M, Kimura C, Kon S, Diao H, Aoki M, Miyazaki T, Denhardt DT, Rittling S, Uede T.
68 論文題目 Osteopontin affects the persistence of beta-glucan-induced hepatic granuloma formation and tissue injury through two distinct mechanism.
掲載誌 Int Immunol.
巻,号,頁 16:477-488 発行年 2004 発行月
著者 Tanaka K, Morimoto J, Kon S, Kimura C, Inobe M, Diao H, Hirschfeld G, Weiss JM, Uede T.
69 論文題目 Effect of osteopontin alleles on beta-glucan induced granuloma formation in the mouse liver.
掲載誌 Am J Pathol.
巻,号,頁 164:567-75 発行年 2004 発行月
著者 Saeki Y, Mima T, Ishii T, Ogata A, Kobayashi H, Ohshima S, Ishida T, Tabunoki Y, Kitayama H, Mizuki M, Katada Y, Asaoku H, Kitano M, Nishimoto N, Yoshizaki K, Maeda M, Kon S, Kinoshita N, Uede T, Kawase I
70 論文題目 Enhanced production of osteopontin in multiple myeloma: clinical and pathogenic implications.
掲載誌 Br J Haematol.
巻,号,頁 123:263-70 発行年 2003 発行月
著者 Yamamoto N, Sakai F, Kon S, Morimoto J, Kimura C, Yamazaki H, Okazaki I, Seki N, Fujii T, Uede T.
71 論文題目 Essential role of the cryptic epitope SLAYGLR within osteopontin in a murine model of rheumatoid arthritis.
掲載誌 J Clin Invest.
巻,号,頁 112:181-8 発行年 2003 発行月
著者 Matsui Y, Rittling SR, Okamoto H, Inobe M, Jia N, Shimizu T, Akino M, Sugawara T, Morimoto J, Kimura C, Kon S, Denhardt D, Kitabatake A, Uede T.
72 論文題目 Osteopontin Deficiency Attenuates Atherosclerosis in Female Apolipoprotein E-Deficient Mice.
掲載誌 Arterioscler Thromb Vasc Biol.
巻,号,頁 23:1029-34 発行年 2003 発行月
著者 Matsui Y, Okamoto H, Inobe M, Jia N, Shimizu T, Akino M, Sugawara T, Tezuka K, Nakayama Y, Morimoto J, Kimura C, Kon S, Miyazaki T, Kitabatake A, Uede T.
73 論文題目 Adenovirus-Mediated Gene Transfer of ICOSIg Fusion Protein Ameliorates Ongoing Experimental Autoimmune Myocarditis.
掲載誌 Hum Gene Ther.
巻,号,頁 14:521-32 発行年 2003 発行月
著者 Kanaya K, Tsuchida Y, Inobe M, Murakami M, Hirose T, Kon S, Kawaguchi S, Wada T, Yamashita T, Ishii S, Uede T.
74 論文題目 Combined gene therapy with adenovirus vectors containing CTLA4Ig and CD40Ig prolongs survival of composite tissue allografts in rat model.
掲載誌 Transplantation.
巻,号,頁 75:275-81 発行年 2003 発行月
著者 Koguchi Y, Kawakami K, Uezu K, Fukushima K, Kon S, Maeda M, Nakamoto A, Owan I, Kuba M, Kudeken N, Kadota JI, Mukae H, Kohno S, Uede T, Saito A.
75 論文題目 High plasma osteopontin level and its relationship with IL-12-mediated Th1 response in tuberculosis.
掲載誌 Am J Respir Crit Care Med.
巻,号,頁 167:1355-9 発行年 2003 発行月
著者 今 重之、樋野興夫
76 論文題目 組織マイクロアレイ
掲載誌 Medical Technology (医歯薬出版株式会社)
巻,号,頁 30: p759-760 発行年 2002 発行月 7
著者 今 重之、樋野興夫
77 論文題目 組織マイクロアレイ法:サンプル調整法とデータの例
掲載誌 ポストゲノム時代の免疫染色・in situハイブリダイゼーション (羊土社)
巻,号,頁 P.43-46 発行年 2002 発行月 1
著者 Ohshima S, Yamaguchi N, Nishioka K, Mima T, Ishii T, Umeshita-Sasai M, Kobayashi H, Shimizu M, Katada Y, Wakitani S, Murata N, Nomura S, Matsuno H, Katayama R, Kon S, Inobe M, Uede T, Kawase I, Saeki Y.
78 論文題目 Enhanced local production of osteopontin in rheumatoid joints.
掲載誌 J Rheumatol.
巻,号,頁 29:2061-7 発行年 2002 発行月
著者 Chiba S, Okamoto H, Kon S, Kimura C, Murakami M, Inobe M, Matsui Y, Sugawara T, Shimizu T, Uede T, Kitabatake A.
79 論文題目 Development of atherosclerosis in osteopontin transgenic mice.
掲載誌 Heart Vessels.
巻,号,頁 16:111-7 発行年 2002 発行月
著者 Ohshima S, Kobayashi H, Yamaguchi N, Nishioka K, Umeshita-Sasai M, Mima T, Nomura S, Kon S, Inobe M, Uede T, Saeki Y.
80 論文題目 Expression of osteopontin at sites of bone erosion in a murine experimental arthritis model of collagen-induced arthritis: Possible involvement of osteopontin in bone destruction in arthritis.
掲載誌 Arthritis Rheum.
巻,号,頁 46:1094-101 発行年 2002 発行月
著者 Yumoto K, Ishijima M, Rittling SR, Tsuji K, Tsuchiya Y, Kon S, Nifuji A, Uede T, Denhardt DT, Noda M.
81 論文題目 Osteopontin deficiency protects joints against destruction in anti-type II collagen antibody-induced arthritis in mice.
掲載誌 Proc Natl Acad Sci U S A.
巻,号,頁 99:4556-4561 発行年 2002 発行月
著者 Koguchi Y, Kawakami K, Kon S, Segawa T, Maeda M, Uede T, Saito A.
82 論文題目 Penicillium marneffei causes osteopontin-mediated production of interleukin-12 by peripheral blood mononuclear cells.
掲載誌 Infect Immun.
巻,号,頁 70:1042-8 発行年 2002 発行月
著者 Kon S, Yokosaki Y, Maeda M, Segawa T, Horikoshi Y, Tsukagoshi H, Rashid MM, Morimoto J, Inobe M, Shijubo N, Chambers AF, Uede T.
83 論文題目 Mapping of functional epitopes of osteopontin by monoclonal antibodies raised against defined internal sequences.
掲載誌 J Cell Biochem.
巻,号,頁 84:420-32 発行年 2002 発行月
著者 今 重之、樋野興夫
84 論文題目 組織マイクロアレイ
掲載誌 Molecular Medicine (中山書店)
巻,号,頁 34: P.825-828 発行年 2001 発行月 8
著者 Maeda K, Takahashi K, Takahashi F, Tamura N, Maeda M, Kon S, Uede T, Fukuchi Y.
85 論文題目 Distinct rolaes of osteopontin fragments in the development of the pulmonary involvement in sarcoidosis.
掲載誌 Lung
巻,号,頁 179:279-91 発行年 2001 発行月
著者 Weiss JM, Renkl AC, Maier CS, Kimmig M, Liaw L, Ahrens T, Kon S, Maeda M, Hotta H, Uede T, Simon JC.
86 論文題目 Osteopontin is involved in the initiation of cutaneous contact hypersensitivity by inducing Langerhans and dendritic cell migration to lymph nodes.
掲載誌 J Exp Med.
巻,号,頁 194:1219-29 発行年 2001 発行月
著者 Takahashi F, Takahashi K, Okazaki T, Maeda K, Ienaga H, Maeda M, Kon S, Uede T, Fukuchi Y.
87 論文題目 Role of osteopontin in the pathogenesis of bleomycin-induced pulmonary fibrosis.
掲載誌 Am J Respir Cell Mol Biol.
巻,号,頁 24:264-71 発行年 2001 発行月
著者 Gang X, Ueki K, Kon S, Maeda M, Naruse T, Nojima Y.
88 論文題目 Reduced urinary excretion of intact osteopontin in patients with IgA nephropathy.
掲載誌 Am J Kidney Dis.
巻,号,頁 37:374-9 発行年 2001 発行月
著者 上出利光、今 重之、前田雅弘
89 論文題目 肉芽形成とオステオポンチン
掲載誌 臨床免疫 (科学評論社)
巻,号,頁 34: P.91-96 発行年 2000 発行月 11
著者 上出利光、今 重之、堀越優子、前田雅弘、堀田 裕、塚本泰司、片桐洋子
90 論文題目 オステオポンチンと疾患
掲載誌 病理と臨床 (文光堂)
巻,号,頁 18: P.342-348 発行年 2000 発行月 8
著者 Shijubo N, Uede T, Kon S, Nagata M, Abe S.
91 論文題目 Vascular endothelial growth factor and osteopontin in tumor biology.
掲載誌 Crit Rev Oncog. (Review)
巻,号,頁 11:135-46. 発行年 2000 発行月
著者 Chiba S, Rashid MM, Okamoto H, Shiraiwa H, Kon S, Maeda M, Murakami M, Inobe M, Kitabatake A, Chambers AF, Uede T.
92 論文題目 The role of osteopontin in the development of granulomatous lesions in lung.
掲載誌 Microbiol Immunol.
巻,号,頁 44:319-32 発行年 2000 発行月
著者 Kon S, Maeda M, Segawa T, Hagiwara Y, Horikoshi Y, Chikuma S, Tanaka K, Rashid MM, Inobe M, Chambers AF, Uede T.
93 論文題目 Antibodies to different peptides in osteopontin reveal complexities in the various secreted forms.
掲載誌 J Cell Biochem.
巻,号,頁 77:487-98 発行年 2000 発行月
著者 Takemoto M, Yokote K, Nishimura M, Shigematsu T, Hasegawa T, Kon S, Uede T, Matsumoto T, Saito Y, Mori S.
94 論文題目 Enhanced expression of osteopontin in human diabetic artery and analysis of its functional role in accelerated atherogenesis.
掲載誌 Arterioscler Thromb Vasc Biol.
巻,号,頁 20:624-8 発行年 2000 発行月
著者 Shijubo N, Uede T, Kon S, Maeda M, Segawa T, Imada A, Hirasawa M, Abe S.
95 論文題目 Vascular endothelial growth factor and osteopontin in stage I lung adenocarcinoma.
掲載誌 Am J Respir Crit Care Med.
巻,号,頁 160:1269-73 発行年 1999 発行月
著者 Yasui T, Fujita K, Hayashi Y, Ueda K, Kon S, Maeda M, Uede T, Kohri K.
96 論文題目 Quantification of osteopontin in the urine of healthy and stone-forming men.
掲載誌 Urol Res.
巻,号,頁 27:225-30 発行年 1999 発行月
著者 Hotta H, Kon S, Katagiri YU, Tosa N, Tsukamoto T, Chambers AF, Uede T.
97 論文題目 Detection of various epitopes of murine osteopontin by monoclonal antibodies.
掲載誌 Biochem Biophys Res Commun.
巻,号,頁 257:6-11 発行年 1999 発行月
著者 今 重之、村上正晃
98 論文題目 B細胞上CD28/CTLA4結合分子ACBM
掲載誌 Molecular Medicine (中山書店)
巻,号,頁 34: P.106-111 発行年 1997 発行月 9
著者 今 重之、村上正晃
99 論文題目 B細胞に発現するCTLA-4結合分子ACBM
掲載誌 臨床免疫 (科学評論社)
巻,号,頁 29: P.986-993 発行年 1997 発行月 8
著者 Murakami M, Takahashi Y, Isashi Y, Kon S, Jia WY, Inobe M, Abe R, Uede T.
100 論文題目 Identification and characterization of an alternative cytotoxic T lymphocyte-associated protein 4 binding molecule on B cells.
掲載誌 Proc Natl Acad Sci U S A.
巻,号,頁 93:7838-42 発行年 1996 発行月

戻る

TOP

エッセイ,記事(新聞)等

著者 今 重之
101 題目 インテグリン-細胞外マトリックス相互作用を阻害できる医薬の開発
掲載誌 薬事日報
頁等 第11588号 発行年 2015 発行月 6
著者 今 重之
102 題目 がん細胞転移を抑制する新たな細胞接着制御メカニズム
掲載誌 北海道医療新聞
頁等 第2034号 発行年 2014 発行月 6

戻る

TOP

特許

発明者 今 重之、上出利光、池末昌弘、木村千恵美、松井 裕、吉田裕子、中村 武彦
103 発明名称 ヒトオステオポンチンの活性化を阻害する物質をスクリーニングする方法
出願人 国立大学法人 北海道大学、生化学工業株式会社
番号 特許第5339748号 2013 8
発明者 今 重之、清藤 勉
104 発明名称 可溶性インテグリンα4変異体
出願人 (株)免疫生物研究所、(株)ジーンテクノサイエンス
番号 PCT/JP2012/00419 2012 6
発明者 齋藤善也、今 重之、上出利光
105 発明名称 オステオポンチンsiRNA
出願人 (株)ジーンテクノサイエンス
番号 特許出願番号:2006-332850 2006 12
発明者 今 重之、木村千恵美、上出利光
106 発明名称 細胞外マトリックスタンパク質のアミノ酸配列RGDに対する抗体およびその製法と用途
出願人 (株)ジーンテクノサイエンス
番号 特許出願番号:P06-0226 2006 10
発明者 金山剛士、黒滝大翼、今 重之、上出利光
107 発明名称 抗ヒトα9インテグリン抗体とその用途
出願人 (株)ジーンテクノサイエンス
番号 PCT/JP2006/300676 2006 1
発明者 森律明、岩崎倫政、三浪明男、今 重之、上出利光、前田雅弘
108 発明名称 腱・靱帯の劣化予防剤、治療剤
出願人 (株)ジーンテクノサイエンス
番号 PCT/JP2004/17168 2004 11
発明者 今 重之、上出利光、ディオコウエン
109 発明名称 免疫担当細胞活性化阻害剤およびその用途
出願人 (株)免疫生物研究所、(株)ジーンテクノサイエンス
番号 PCT/JP2004/007321 2004 5
発明者 高口善信、川上和義、今 重之、前田雅弘、成見正作、上出利光、斉藤厚
110 発明名称 結核診断剤およびこれを含有する結核診断用キット
出願人 (株)免疫生物研究所
番号 2003-294735 2003 10
発明者 上出利光、今 重之、山本宣哉、樋口浩文、鳥飼正治、時枝養之、中島敏博、前田浩明
111 発明名称 組換え抗オステオポンチン抗体およびその用途
出願人 (株)免疫生物研究所、藤沢薬品工業(株)
番号 WO2003/027151 2003 4
発明者 上出利光、今 重之、佐伯行彦、横崎恭之、野田政樹、山本宣哉
112 発明名称 抗オステオポンチン抗体およびその用途
出願人 藤沢薬品工業(株)、(株)免疫生物研究所
番号 WO2002/081522 2002 10
発明者 上出利光、今 重之
113 発明名称 抗オステオポンチンアイソフォームに対する抗体およびその製造方法並びにこれを利用したオステオポンチンアイソフォームの検出方法
出願人 (株)免疫生物研究所
番号 2001-107578 2001 4

戻る

TOP

薬学部 / 薬学科 / 教授 / 今 重之