免責事項
 福山大学研究者一覧・検索サイトの内容は,各教員が自ら入力した情報に基づいています.その情報の正確性について,福山大学が保証するものではありません.

福山大学
研究者情報

薬学部 / 薬学科 / 教授 / 佐藤 雄己

研究者情報 研究業績 学位論文 著書 学術論文(総説・解説含む) エッセイ,記事(新聞)等 特許
表示:[全業績]
代表業績表示に変更

研究者情報

福山大学学術リポジトリ researchmap J-GLOBAL CiNii 国立国会図書館 Google Scholar
氏名 佐藤 雄己 (さとう ゆうき) 
所属 薬学部 薬学科
職名 教授
e-mail s-yuhki ★ fukuyama-u。ac、jp
迷惑メール対策として「@」,「.」を置き換えて表示しています.
TEL 084-936-2112 (ext 5241)
FAX 084-936-2024
WEB http://web.fukuyama-u.ac.jp/pharm/htmls/Labo/labs/tomida/index.html
更新日時 2019-11-08 17:18:59
学歴 2000年3月 熊本大学薬学部薬科学科 卒業
2002年3月 熊本大学大学院薬学研究科 博士前期課程 修了
学位・資格 薬剤師免許 2000年6月
博士(薬学) 熊本大学 2008年1月
日本医療薬学会指導薬剤師(第14-0033号)2019年1月
日本医療薬学会がん指導薬剤師(第15-0017号) 2015年1月
日本病院薬剤師会感染制御専門薬剤師(第09-0031-02号) 2015年2月
職歴 大分大学医学部附属病院薬剤部 薬剤師 (2002年4月~2005年3月)
大分大学医学部附属病院薬剤部 薬剤主任(2005年4月~2014年1月)
大分大学医学部附属病院薬剤部 副薬剤部長(2014年2月~2019年8月)
専門分野 がん化学療法、感染制御、和漢医薬、薬物動態
研究テーマ PK/PD解析およびTDMに基づく抗がん剤および抗菌薬の適正使用
体内挙動を指標とした生理活性ペプチドのバイオマーカーとしての有用性
科学的根拠に基づく漢方薬の適正使用のためのバイオマーカーの探索
抗がん剤に伴う消化器機能異常の原因解明と治療法の探索
研究テーマのキーワード 抗がん剤、抗菌薬、漢方薬、薬物動態、生理活性ペプチド
所属学会 日本薬学会 , 日本医療薬学会, 日本病院薬剤師会, 和漢医薬学会, 日本化学療法学会, 日本臨床腫瘍薬学会, くすりと糖尿病学会, 日本老年薬学会
学会活動 日本医療薬学会 代議員 (2019年4月~現在)
和漢医薬学会  代議員 (2012年8月~現在)
日本医療薬学会 がん専門薬剤師抗がん薬プロフィール小委員会委員 (2015年4月~現在)
日本薬学会九州支部 代議員(2019年4月~8月)
共同研究・科研費採択課題等実績 2006年 漢方医薬研究振興財団研究助成金 研究代表者
2008年 科学研究費補助金・奨励研究 研究代表者
2008年~2010年 科学研究費補助金・基盤研究C 研究分担者
2012年~2013年 科学研究費補助金・若手研究B 研究代表者
2015年~2018年 科学研究費補助金・基盤研究C 研究分担者
2016年~2018年 科学研究費補助金・若手研究B 研究代表者
2018年~2020年 科学研究費補助金・基盤研究C 研究代表者
2019年~2022年 科学研究費補助金・基盤研究C 研究分担者
主な担当授業科目 製剤の性質、病院・薬局実務実習、薬学総論、課題研究、総合薬学演習、事前学習、薬学英語演習
主な学内役職・委員 
社会活動 大分県病院薬剤師会理事(2014年4月~2019年8月)
大分市薬剤師会理事(2018年4月~2019年8月)
大分DMAT隊員(2017年4月~2019年8月)
九州ブロックエイズ診療ネットワーク世話人(2014年4月~2019年8月)
大分県立看護科学大学非常勤講師(2014年4月~2019年8月)
受賞,その他の実績 和漢医薬学会学術大会優秀発表賞 2008年8月
和漢医薬学会学術奨励賞 2011年8月
日本化学療法学会西日本支部奨励賞-臨床部門 2013年11月
大分県薬剤師会学術貢献賞 2016年7月

戻る

TOP

全研究業績

代表業績表示に変更

学位論文

提出者 佐藤 雄己
1 論文題目 消化器機能改善に有用な漢方方剤適正使用の指標としての体液中神経ペプチド濃度測定の意義に関する臨床薬学的研究
提出大学 熊本大学
提出年 2008 提出月 1

戻る

TOP

著書

著者 佐藤雄己
2 書名 アドヒアランスに着目した 経口抗がん薬 服薬支援マニュアル
出版社 株式会社 南山堂
頁数(担当頁) 出版年 2019 出版月 11
著者 佐藤 雄己
3 書名 視覚異常と流涙、がん薬物療法副作用管理マニュアル
出版社 株式会社医学書院
頁数(担当頁) 158-167 出版年 2008 出版月 3

戻る

TOP

学術論文(総説・解説含む)

著者 Nakahara R, Sumimoto T, Ogata M, Sato Y, Itoh H.
4 論文題目 Successful determination of nilotinib dosage by therapeutic drug monitoring in a patient with chronic myeloid leukemia developing hepatic dysfunction: A case report.
掲載誌 Clin. Case Rep.
巻,号,頁 7(7), 1419-1421 発行年 2019 発行月
著者 Tada K, Iwashita Y, Shiraiwa K, Uchida H, Oshima Y, Sato Y, Nakanuma H, Hirashita T, Masuda T, Endo Y, Takeuchi Y, Ohta M, Itoh H, Inomata M.
5 論文題目 Pharmacokinetic and toxicodynamic evaluation of 5-fluorouracil administration after major hepatectomy in a rat model.
掲載誌 Cancer Chemother. Pharmacol.
巻,号,頁 in press 発行年 2019 発行月
著者 佐藤雄己,龍田涼佑,中原良介,炭本隆宏,津下遥香,田中遼大,伊東弘樹
6 論文題目 不眠症治療薬の種類および服用量と転倒率との関連性
掲載誌 診療と新薬
巻,号,頁 56, 576-581 発行年 2019 発行月
著者 Eto D, Tanaka R, Suzuki Y, Sato Y, Itoh H
7 論文題目 Comparison of performance characteristics between high-performance liquid chromatography and latex agglutination turbidimetric immunoassay for therapeutic drug monitoring of zonisamide
掲載誌 J. Clin. Lab. Anal.
巻,号,頁 in press 発行年 2019 発行月
著者 Sato Y, Suzuki Y, Tanaka R, Kaneko T, Itoh H
8 論文題目 Clinical Approach to Individualization of Antimicrobial Therapy Based on Pharmacokinetic/Pharmacodynamic Analysis and Therapeutic Drug Monitoring
掲載誌 Yakugaku Zasshi
巻,号,頁 139(6), 917-922 発行年 2019 発行月
著者 Ono H, Suzuki Y, Kaneko T, Tanaka R, Sato F, Sato Y, Mimata H, Itoh H
9 論文題目 High-sensitivity simultaneous quantification of tacrolimus and 13-O-demethyl tacrolimus in human whole blood using ultra-performance liquid chromatography coupled to tandem mass spectrometry
掲載誌 Biomed. Chromatogr.
巻,号,頁 33(9), e4584 発行年 2019 発行月
著者 Suzuki Y, Tanaka R, Yasuda N, Kai S, Kitano T, Sato Y, Koga H, Goto K, Ohchi Y, Itoh H
10 論文題目 Development and validation of sensitive and selective quantification of total and free daptomycin in human plasma using ultra-performance liquid chromatography coupled to tandem mass spectrometry
掲載誌 J. Pharm. Biomed. Anal.
巻,号,頁 165, 56-64 発行年 2019 発行月
著者 Suzuki Y, Muraya N, Fujioka T, Sato F, Tanaka R, Matsumoto K, Sato Y, Ohno K, Mimata H, Kishino S, Itoh H
11 論文題目 Factors involved in phenoconversion of CYP3A using 4β-hydroxycholesterol in stable kidney transplant recipients
掲載誌 Pharmacol. Rep.
巻,号,頁 71, 276-281 発行年 2019 発行月
著者 Suzuki Y, Ono H, Tanaka R, Sato F, Sato Y, Ohno K, Mimata H, Itoh H
12 論文題目 Recovery of OATP1B Activity after Living Kidney Transplantation in Patients with End-Stage Renal Disease.
掲載誌 Pharm Res
巻,号,頁 36(4),59 発行年 2019 発行月
著者 亀井進太郎,佐藤雄己,炭本隆宏,津下遥香,田中遼大,伊東弘樹
13 論文題目 糖尿病患者における配合剤に関する意識調査
掲載誌 診療と新薬
巻,号,頁 55, 862-867 発行年 2018 発行月
著者 Kaneko T, Fujioka T, Suzuki Y, Nagano T, Sato Y Itoh H
14 論文題目 Comparison of whole blood tacrolimus concentrations measured by different immunoassay systems
掲載誌 J. Clin. Lab. Anal.
巻,号,頁 32, e22587 発行年 2018 発行月
著者 Sato Y, Sumimoto T, Tsushita H, Nakahara R, Matsumoto H, Itoh H
15 論文題目 Filgrastim biosimilar for neutropenia in gynecological cancer patients receiving chemotherapy: a prospective, single-center, non-randomized, open trial
掲載誌 Pharmazie
巻,号,頁 8, 486-488 発行年 2018 発行月
著者 Sato Y, Hiramatsu K, Suzuki Y, Tanaka R, Kaneko T, Nonoshita K, Ogata M, Kadota JI, Itoh H
16 論文題目 Optimal Trough Concentration of Teicoplanin in Febrile Neutropenic Patients with Hematological Malignancy
掲載誌 Chemotherapy
巻,号,頁 63, 29-34 発行年 2018 発行月
著者 Sumimoto T, Nakahara R, Sato Y, Itoh H
17 論文題目 A quantitative method for the determination of bosutinib in human plasma  using high-performance liquid chromatography and ultraviolet detection
掲載誌 J. Clin. Lab. Anal.
巻,号,頁 32,1-3 発行年 2018 発行月
著者 佐藤雄己,小野寛之,天田耕平,中原良介,伊東弘樹
18 論文題目 ゲムシタビンの後発医薬品間の調製効率および治療学的安全性の比較
掲載誌 癌と化学療法
巻,号,頁 44(4), 319-323 発行年 2017 発行月
著者 龍田涼佑, 中原良介,佐藤雄己, 伊東弘樹
19 論文題目 外来化学療法室における薬剤師によるレジメンオーダ入力支援の有用性の検討
掲載誌 日本病院薬剤師会雑誌
巻,号,頁 53(5), 541 -546 発行年 2017 発行月
著者 佐藤雄己,天田耕平,中原良介,小野優子,内匠幸恵,後藤伴美,月森由紀,森永裕子,膳所祐穂,岡部耕平,田名網悠,伊東弘樹
20 論文題目 糖尿病患者における医薬品の服用に関する意識調査
掲載誌 くすりと糖尿病学会誌
巻,号,頁 44(4), 319-323 発行年 2017 発行月
著者 佐藤雄己
21 論文題目 がん化学療法に伴う悪心・嘔吐における新規バイオマーカーの探索
掲載誌 Bio Clinica
巻,号,頁 32(2), 74-78 発行年 2017 発行月
著者 佐藤雄己, 伊東弘樹
22 論文題目 ボリコナゾールによる治療と個別化医療
掲載誌 化学療法の領域
巻,号,頁 33(4), 107-115 発行年 2017 発行月
著者 Tanaka R, Sato Y, Goto K, Yasuda N, Ohchi Y, Suzuki Y, Ito K, Kaneko T, Nonoshita K, Itoh H
23 論文題目 Pharmacokinetic/pharmacodynamics analysis of doripenem in patients admitted to intensive care unit
掲載誌 Biol. Pharm. Bull.
巻,号,頁 40(8), 1226-1231 発行年 2017 発行月
著者 Suzuki Y, Tanaka R, Oyama N, Nonoshita K, Hashinaga K, Umeki K, Sato Y, Hiramatsu K, Kadota JI, Itoh H
24 論文題目 Sensitive and selective quantification of total and free itraconazole and hydroxyitraconazole in human plasma using ultra-performance liquid chromatography coupled to tandem mass spectrometry
掲載誌 Clin. Biochem
巻,号,頁 50, 1228-1236 発行年 2017 発行月
著者 Tanaka R, Suzuki Y, Takumi Y, Iwao M, Sato Y, Hashinaga K, Hiramatsu K, Kadota JI, Itoh H.
25 論文題目 A retrospective analysis of risk factors for linezolid-associated hyponatremia in Japanese patients
掲載誌 Biol. Pharm. Bull
巻,号,頁 40(8), 1226-1231 発行年 2017 発行月
著者 佐藤雄己, 吉岩あおい,龍田涼佑,山本恭子,宮﨑英士,伊東弘樹
26 論文題目 認知症外来患者に対する薬学的ケアの有用性
掲載誌 医療薬学
巻,号,頁 42(11), 767-772 発行年 2016 発行月
著者 佐藤雄己,内匠幸恵,金子哲也,田中遼大,藤岡孝志, 伊東弘樹
27 論文題目 救急領域における薬剤師によるTDM検査オーダ入力支援の有用性
掲載誌 医事新報
巻,号,頁 4848, 40-45 発行年 2016 発行月
著者 佐藤雄己,大山展弘,小野寛之,天田耕平,中原良介,伊東弘樹
28 論文題目 オキサリプラチンの先発医薬品と後発医薬品の治療学的安全性の比較
掲載誌 診療と新薬
巻,号,頁 53(10), 44-48 発行年 2016 発行月
著者 小野寛之,佐藤雄己,大山展弘,中原良介,倉成正恵,伊東弘樹
29 論文題目 パクリタキセルの後発医薬品間の製剤学的特性および治療学的安全性の比較
掲載誌 日本医薬品情報学会誌
巻,号,頁 18(1), 7-11 発行年 2016 発行月
著者 佐藤 雄己
30 論文題目 モルヒネ誘発性便秘に対する大建中湯の改善効果
掲載誌 漢方と最新治療 特集 便秘と漢方
巻,号,頁 25(1), 9-25 発行年 2016 発行月
著者 Suzuki Y, Katagiri F, Sato F, Fujioka K, Sato Y, Fujioka T, Sato Y, Mimata H, Itoh H
31 論文題目 Clinical implications of plasma N-acetyl-seryl-aspartyl-lysyl-proline level in stable kidney transplant recipients
掲載誌 Clin. Lab.
巻,号,頁 62, 1323-1328 発行年 2016 発行月
著者 Goto K, Sato Y, Yasuda N, Hidaka S, Suzuki Y, Tanaka R, Kaneko T, Nonoshita K, Itoh H
32 論文題目 Pharmacokinetics of ceftriaxone in patients undergoing continuous renal replacement therapy
掲載誌 J. Basic Clin. Physiol. Pharmacol
巻,号,頁 27(6), 625-631 発行年 2016 発行月
著者 Nakahara R, Sato Y, Itoh H
33 論文題目 High-performance liquid chromatographic ultraviolet detection of nilotinib in human plasma from patients with chronic myelogenous leukemia, and comparison with liquid chromatography-Tandem Mass Spectrometry
掲載誌 J. Clin. Lab. Anal.
巻,号,頁 30(6), 1028-1030 発行年 2016 発行月
著者 Kaneko T, Fujioka T, Suzuki Y, Sato Y, Itoh H
34 論文題目 Performance characteristics between TDxRFLx and TBA-25FR for the therapeutic drug monitoring of methotrexate
掲載誌 J. Pharm. Health Care Sci.
巻,号,頁 8, 2-7 発行年 2016 発行月
著者 遠山泰崇,佐藤雄己,鈴木陽介,田辺三思,竹中隆一,和田伸介,石井圭亮,伊東弘樹
35 論文題目 急性リチウム中毒の10症例の検討
掲載誌 医療薬学
巻,号,頁 41(8),594-599 発行年 2015 発行月
著者 佐藤雄己,津田浩和,龍田涼佑,伊東弘樹
36 論文題目 成人血液悪性腫瘍患者におけるラスブリカーゼ投与後の尿酸値上昇のリスク因子
掲載誌 医療薬学
巻,号,頁 41(8), 585-593 発行年 2015 発行月
著者 山村亮太, 佐藤雄己, 中原良介, 伊東弘樹
37 論文題目 アラート機能活用および採用規格見直しによるゾルピデム適正使用への取り組み
掲載誌 日本病院薬剤師会雑誌
巻,号,頁 51(12), 1445-1448 発行年 2015 発行月
著者 中原良介, 佐藤雄己, 伊東健太郎, 伊東弘樹
38 論文題目 ドセタキセル水和物の先発医薬品から後発医薬品への切り替えにおける安全性の比較検討
掲載誌 日本病院薬剤師会雑誌
巻,号,頁 51(2), 220-224 発行年 2015 発行月
著者 龍田涼佑, 佐藤雄己, 伊東弘樹
39 論文題目 外来化学療法室における薬剤師の薬学的ケアの実施とそのアウトカムの評価
掲載誌 日本病院薬剤師会雑誌
巻,号,頁 51(5),557-561 発行年 2015 発行月
著者 Sato Y, Tatsuta R, Suzuki Y, Itoh H
40 論文題目 Effect of goshajinkigan, a Japanese herbal medicine, on the plasma neuropeptides in humans
掲載誌 Clinical Research Trial
巻,号,頁 1(2), 34-37 発行年 2015 発行月
著者 Sato Y, Tokimatsu I, Suzuki Y, Itoh H, Hiramatsu K, Kadota JI
41 論文題目 Significance of high trough concentration of teicoplanin in the treatment of methicillin-resistant Staphylococcus aureus infection
掲載誌 Chemotherapy
巻,号,頁 60, 274-278 発行年 2015 発行月
著者 Suzuki Y, Katagiri F, Sato F, Fujioka T, Tanaka R, Sato Y, Mimata H, Itoh H.
42 論文題目 Association of metabolic complications with plasma mid-regional pro-adrenomedullin level in stable kidney transplant recipients.
掲載誌 Clin. Chim. Acta.
巻,号,頁 453, 160-163 発行年 2015 発行月
著者 Suzuki Y, Fujioka T, Sato F, Matsumoto K, Muraya N, Tanaka R, Sato Y, Ohno K, Mimata H, Kishino S, Itoh H
43 論文題目 CYP3A5 polymorphism affects the increase in CYP 3A activity after living kidney trasplantation in patients with end stage renal disease
掲載誌 Br. J. Clin. Pharm
巻,号,頁 80(6), 1421-1428 発行年 2015 発行月
著者 Suzuki Y, Tokimatsu I, Morinaga Y, Sato Y, Takano K, Kohno K, Ogata M, Hiramatsu K, Itoh H, Kadota JI
44 論文題目 A retrospective analysis to estimate target trough concentration of vancomycin for febrile neutropenia in patients with hematological malignancy
掲載誌 Clin. Chim. Acta
巻,号,頁 440, 183-187 発行年 2015 発行月
著者 Suzuki Y, Katagiri F, Sato F, Sato Y, Mimata H, Itoh H.
45 論文題目 Darbepoetin Alfa Increases Plasma N-acetyl-seryl-aspartyl-lysyl-proline Level in Kidney Transplant Recipient: A Case Report.
掲載誌 J. Transplant. Technol. Res.
巻,号,頁 4, 1-3 発行年 2014 発行月
著者 佐藤 雄己
46 論文題目 消化管ペプチドで大建中湯の効果を評価する
掲載誌 日本薬理学会雑誌
巻,号,頁 143(3), 1-5 発行年 2014 発行月
著者 Suzuki Y, Itoh H, Fujioka T, Sato F, Kawasaki K, Sato Y, Sato Y, Ohno K, Mimata H, Kishino S
47 論文題目 Association of plasma concentration of 4β-hydroxycholesterol with CYP3A5 polymorphism and plasma concentration of indoxyl sulfate in stable kidney transplant recipients
掲載誌 Drug Metab. Dispos.
巻,号,頁 42, 105-110 発行年 2014 発行月
著者 Suzuki Y, Katagiri F, Sato F, Fujioka K, Sato Y, Fujioka T, Sato Y, Mimata H, Itoh H
48 論文題目 Significant decrease in plasma N-acetyl-seryl-aspartyl-lysyl-proline level in patients with end stage renal disease after kidney transplantation
掲載誌 Biol Pharm Bull
巻,号,頁 37(6), 1075-1079 発行年 2014 発行月
著者 西村文宏, 藤崎佳那子, 龍田涼佑, 槇原洋子, 佐藤雄己, 伊東弘樹
49 論文題目 業務効率化を目的とした手術室セット薬品管理システムの開発.
掲載誌 日本病院薬剤師会雑誌
巻,号,頁 49(7), 737-741 発行年 2013 発行月
著者 佐藤 雄己
50 論文題目 【よく起こるインシデントから考える 輸液管理のおさえどころ】 過剰投与してしまった
掲載誌 整形外科看護
巻,号,頁 18(8), 795-797 発行年 2013 発行月
著者 Suzuki Y, Tokimatsu I, Sato Y, Kawasaki K, Sato Y, Goto T, Hashinaga K, Itoh H, Hiramatsu K, Kadota JI
51 論文題目 Association of sustained high plasma trough concentration of voriconazole with the incidence of hepatotoxicity
掲載誌 Clin. Chim. Acta.
巻,号,頁 23, 424, 119-122 発行年 2013 発行月
著者 Suzuki Y, Itoh H, Sato F, Kawasaki K, Sato Y, Fujioka T, Sato Y, Ohno K, Mimata H, Kishino S
52 論文題目 Significant increase in plasma 4β-hydroxycholesterol concentration in patients after kidney transplantation
掲載誌 J. Lipid. Res
巻,号,頁 54(9), 2568-2572 発行年 2013 発行月
著者 Suzuki Y, Itoh H, Katagiri F, Sato F, Kawasaki K, Sato Y, Sato Y, Mimata H, Takeyama M.
53 論文題目 Relationship between plasma mid-regional pro-adrenomedullin level and resistance to antihypertensive therapy in stable kidney transplant recipients
掲載誌 Peptides
巻,号,頁 48C, 45-48 発行年 2013 発行月
著者 Suzuki Y, Itoh H, Katagiri F, Sato F., Kawasaki K., Sato Y, Sato Y, Mimata H, Takeyama M
54 論文題目 Significant decrease in plasma midregional proadrenomedullin level in patients with end-stage renal disease after living kidney transplantation
掲載誌 Peptides
巻,号,頁 43, 102-104 発行年 2013 発行月
著者 Suzuki Y, Itoh H, Amada K, Yamamura R, Sato Y, Takeyama M
55 論文題目 Significant increase in salivary substance P level after a single oral dose of cevimeline in humans.
掲載誌 Int. J. Pept.
巻,号,頁 2013, 1-6 発行年 2013 発行月
著者 Suzuki Y, Itoh H, Katagiri F, Sato F, Sato Y, Kawasaki K, Sato Y, Mimata H, Takeyama M.
56 論文題目 Development and clinical application of an enzyme immunoassay for the determination of midregional proadrenomedullin
掲載誌 J. Pep. Sci.
巻,号,頁 19, 59-63 発行年 2013 発行月
著者 Sato Y, Itoh H, Suzuki Y, Tatsuta R, Takeyama M.
57 論文題目 Interaction between Pirenzepine and Ninjinto, a Traditional Japanese Herbal Medicine, on the Plasma Gut-Regulated Peptide Levels in Humans.
掲載誌 Int. J. Pept.
巻,号,頁 2013, 1-5 発行年 2013 発行月
著者 Sato Y, Itoh H, Suzuki Y, Tatsuta R, Takeyama M.
58 論文題目 Effect of pilocarpine on substance P and calcitonin gene-related peptide releases correlate with salivary secretion in human saliva and plasma
掲載誌 J. Clin. Pharm. Ther.
巻,号,頁 38, 19-23 発行年 2013 発行月
著者 西村文宏,伊東弘樹,中原良介,佐藤雄己,武山正治
59 論文題目 インシデント防止を目的とした注射薬取り揃えシステムの開発.
掲載誌 日本病院薬剤師会雑誌
巻,号,頁 48(10), 1226-1229 発行年 2012 発行月
著者 Itoh H, Suzuki Y, Fujisaki K, Sato Y, Takeyama M
60 論文題目 Correlation between plasma ammonia level and serum trough concentration of free valproic acid in patients with epilepsy
掲載誌 Biol. Pharm. Bull.
巻,号,頁 35(6), 971-974 発行年 2012 発行月
著者 Suzuki Y, Itoh H, Katagiri F, Sato F, Kawasaki K, Sato Y, Mimata H, Takeyama M.
61 論文題目 Establishment and clinical application of a highly sensitive enzyme immunoassay for determination of N-acetyl-seryl-aspartyl-lysyl-proline
掲載誌 J. Pep. Sci.
巻,号,頁 18, 276-281 発行年 2012 発行月
著者 Suzuki Y, Itoh H, Abe T, Tatsuta R, Sato Y, Takeyama M.
62 論文題目 Mirtazapine suppresses the increases in plasma levels of adrenocorticotropic hormone and neuropeptide Y under continual stress exposure
掲載誌 Biomed. Aging Phathol.
巻,号,頁 2, 1-5 発行年 2012 発行月
著者 Suzuki Y, Itoh H, Yamamura R, Tatsuta R, Sato Y, Takeyama M
63 論文題目 Significant increase in salivary substance P level after a single oral dose of Japanese herbal medicine Dai-kenchu-to in humans
掲載誌 Biomed. Aging Phathol.
巻,号,頁 2, 81-84 発行年 2012 発行月
著者 Suzuki Y, Kawasaki K, Sato Y, Tokimatsu I, Itoh H, Hiramatsu K, Takeyama M, Kadota JI.
64 論文題目 Is peak concentration needed in therapeutic drug monitoring of vancomycin? A Pharmacokinetic-pharmacodynamic analysis in patients with methicillin-resistant Staphylococcus aureus pneumonia
掲載誌 Chemotherapy
巻,号,頁 58, 308-312 発行年 2012 発行月
著者 佐藤雄己,伊東弘樹,森一生, 武山正治.
65 論文題目 がん化学療法の副作用対策の実態調査
掲載誌 九州薬学会会報
巻,号,頁 65, 92-104 発行年 2011 発行月
著者 佐藤雄己,後藤伴美,伊東弘樹
66 論文題目 手術部における麻薬・筋弛緩薬の薬剤師注射オーダ入力支援による医療安全向上への取り組みと評価
掲載誌 薬事新報
巻,号,頁 2863, 9-13 発行年 2011 発行月
著者 佐藤雄己,伊東弘樹,武山正治
67 論文題目 治療における最近の新薬の位置付け<薬効別> 新薬の広場 経口抗菌薬
掲載誌 新薬展望
巻,号,頁 47増刊号, 339-347 発行年 2011 発行月
著者 Suzuki Y, Itoh H, Abe T, Nishimura F, Sato Y, Takeyama M
68 論文題目 No effect of co-administered antiepileptic drugs on in-vivo protein binding parameters of valproic acid in patients with epilepsy.
掲載誌 J. Pharm. Pharmacol.
巻,号,頁 63(7), 976-981 発行年 2011 発行月
著者 Suzuki Y, Itoh H, Abe T, Nishimura F, Sato Y, Takeyama M.
69 論文題目 Comparison of the effects of pantethine and fursultiamine on plasma gastrointestinal Peptide levels in healthy volunteers.
掲載誌 Biol. Pharm. Bull.
巻,号,頁 34(10), 1640-1643 発行年 2011 発行月
著者 Akagi T, Yasuda K, Tajima M, Suzuki K, Inomata M, Shiraishi N, Sato Y, Kitano S.
70 論文題目 Sodium alginate as an ideal submucosal injection material for endoscopic submucosal resection: preliminary experimental and clinical study.
掲載誌 Gastrointest. Endosc.
巻,号,頁 74(5), 1026-32 発行年 2011 発行月
著者 佐藤雄己, 安部智英,鈴木陽介,西村文宏,半田有希子,河島史絵,伊東弘樹,大津智,白尾國昭,武山正治
71 論文題目 がん化学療法におけるレジメン登録制の構築とレジメンオーダシステム導入の評価.
掲載誌 日本病院薬剤師会誌
巻,号,頁 46(3), 373-377 発行年 2010 発行月
著者 佐藤雄己,武山正治
72 論文題目 がん性疼痛治療におけるモルヒネ誘発性便秘に対する大建中湯の改善効果
掲載誌 漢方医学
巻,号,頁 34(4), 348-350 発行年 2010 発行月
著者 Sato Y, Itoh H, Takeyama M.
73 論文題目 Effect of daikenchuto on plasma levels of gastrointestinal peptides in patients with morphine-induced constipation.
掲載誌 Ann. Oncol.
巻,号,頁 21, 44 発行年 2010 発行月
著者 Sato Y, Itoh H, Takeyama M.
74 論文題目 Daikenchuto raises plasma levels of motilin in cancer patients with morphine-induced constipation.
掲載誌 J. Trad. Med.
巻,号,頁 26(3), 122-130 発行年 2010 発行月
著者 Sato Y, Itoh H, Takeyama M.
75 論文題目 Effects of bakumondoto on neuropeptide levels in human saliva and plasma.
掲載誌 J. Trad. Med.
巻,号,頁 26(3), 122-130 発行年 2009 発行月
著者 Sato Y, Katagiri F, Itoh H, Takeyama M.
76 論文題目 Effect of a single treatment with Keishininjinto on plasma levels of gut-regulatory peptides in healthy subjects.
掲載誌 J. Health Sci.
巻,号,頁 53, 220-225 発行年 2007 発行月
著者 Sato Y, Katagiri F, Itoh H, Takeyama M.
77 論文題目 Bushi-richu-to raises calcitonin gene-related peptide, substance P, somatostatin, and vasoactive intestinal polypeptides levels in human plasma.
掲載誌 J. Health Sci.
巻,号,頁 53, 615-621 発行年 2007 発行月
著者 伊東弘樹,佐藤雄己,小阪隆介,後藤俊元,阿部浩子,武山正治
78 論文題目 地域県病院薬剤師会における感染制御部専門薬剤師への意識調査と感染対策の取り組みの現状
掲載誌 日本病院薬剤師会雑誌
巻,号,頁 43(11), 1549-1553 発行年 2007 発行月
著者 伊東弘樹,佐藤雄己,片桐文彦,大塚昌代,井上真,荒尾和由,武山正治
79 論文題目 ICTによる抗MRSA薬使用症例への介入と評価
掲載誌 日本病院薬剤師会雑誌
巻,号,頁 43(12), 1669-1672 発行年 2007 発行月
著者 Katagiri F, Inoue S, Sato Y, Itoh H, Takeyama M.
80 論文題目 Clinical application of an enzyme immunoassay for cholecystokinin-like immunoreactive substance for determination of the human plasma levels: the effect of metoclopramide on gastrointesrinal peptides and stress-related hormones.
掲載誌 J. Pept. Sci.
巻,号,頁 12, 311-320 発行年 2006 発行月
著者 Katagiri F, Inoue S, Sato Y, Itoh H, Takeyama M.
81 論文題目 Comparison of the effects of proton pump inhibitors on human plasma adrenocorticotropic hormone and cortisol levels under the starved condition.
掲載誌 Biomed. Pharmacother.
巻,号,頁 60, 109-112 発行年 2006 発行月
著者 Katagiri F, Shiga T, Inoue S, Sato Y, Itoh H, Takeyama M.
82 論文題目 Effects of itopride hydrochloride on plasma gut-regulatory peptides and stress-related hormones levels in healthy human subjects.
掲載誌 Pharmacology
巻,号,頁 77, 115-121 発行年 2006 発行月
著者 Sato Y, Inoue S, Katagiri F, Itoh H, Takeyama M.
83 論文題目 Effects of pirenzepine on Dai-kenchu-to-induced elevation of the plasma neuropeptide levels in humans.
掲載誌 Biol. Pharm. Bull.
巻,号,頁 29, 370-373 発行年 2006 発行月
著者 佐藤雄己, 平松和史, 武山正治, 門田淳一
84 論文題目 大分大学医学部附属病院における抗菌薬の使用状況
掲載誌 化学療法の領域
巻,号,頁 22, 93-97 発行年 2006 発行月
著者 佐藤雄己,武山正治
85 論文題目 大分大学医学部附属病院における注射用抗悪性腫瘍剤の混合調製業務の現状
掲載誌 薬事新報
巻,号,頁 2438, 15-28 発行年 2006 発行月
著者 Sato Y, Katagiri F, Itoh H, Takeyama M.
86 論文題目 Effects of some Kampo medicines on plasma levels of neuropeptide Y under venipuncture stress.
掲載誌 Biol. Pharm. Bull.
巻,号,頁 28, 1757-1761 発行年 2005 発行月
著者 Katagiri F, Inoue S, Sato Y, Itoh H, Takeyama M.
87 論文題目 The effects of Nichin-to on the plasma gut regulatory peptide level in healthy human subjects.
掲載誌 J. Health Sci.
巻,号,頁 51, 172-177 発行年 2005 発行月
著者 Katagiri F, Inoue S, Sato Y, Itoh H, Takeyama M.
88 論文題目 Comparison of the effects of cetraxate and its major metabolite on human plasma gastrin, somatostatin, calcitonin gene-related peptide and substance P in human plasma.
掲載誌 J. Health Sci.
巻,号,頁 51, 257-262 発行年 2005 発行月
著者 Katagiri F, Inoue S, Sato Y, Itoh H, Takeyama M.
89 論文題目 Lansoprazole raises plasma somatostatin, calcitonin gene-related peptide, and substance P in healthy human plasma.
掲載誌 J. Health Sci.
巻,号,頁 51, 294-299 発行年 2005 発行月
著者 Katagiri F, Inoue S, Sato Y, Itoh H, Takeyama M.
90 論文題目 Ecabet sodium raises plasma levels of calcitonin gene-related peptide and substance P in healthy humans.
掲載誌 J. Pharm. Pharmacol.
巻,号,頁 57, 799-805 発行年 2005 発行月
著者 Katagiri F, Sato Y, Itoh H, Takeyama M.
91 論文題目 Effect of rabeprazole on plasma gastrointestinal peptides in healthy humans.
掲載誌 J. Health Sci.
巻,号,頁 51, 504-509 発行年 2005 発行月
著者 Sato Y, Katagiri F, Inoue S, Itoh H, Takeyama M.
92 論文題目 Dai-kenchu-to raises levels of calcitonin gene-related peptide and substance P in human plasma.
掲載誌 Biol. Pharm. Bull.
巻,号,頁 27, 1875-1877 発行年 2004 発行月
著者 Sato Y, Katagiri F, Inoue S, Itoh H, Takeyama M.
93 論文題目 Effects of Ninjin-to on levels of calcitonin gene-related peptide and substance P in human plasma.
掲載誌 Biol. Pharm. Bull.
巻,号,頁 27. 2032-2034 発行年 2004 発行月
著者 Katagiri F, Sato Y, Itoh H, Takeyama M.
94 論文題目 Cetraxate raises levels of calcitonin gene-related peptide and substance P in human plasma.
掲載誌 J. Pharm. Pharmacol.
巻,号,頁 56, 557-561 発行年 2004 発行月
著者 Katagiri F, Inoue S, Sato Y, Itoh H, Takeyama M.
95 論文題目 Comparison of the effects of Sho-hange-ka-bukuryo-to and Nichin-to on human plasma adenocorticotropic hormone and cortisol levels with continual stress exposure.
掲載誌 Biol. Pharm. Bull.
巻,号,頁 27, 1679-1682 発行年 2004 発行月
著者 佐藤雄己,伊東弘樹,武山正治
96 論文題目 大分大学医学部附属病院における抗菌薬使用量調査
掲載誌 日本病院薬剤師会雑誌
巻,号,頁 40(7), 849-852 発行年 2004 発行月
著者 Murata K, Odahara N, Kuniyasu A, Sato Y, Nakayama H, Nagayama K
97 論文題目 Asymmetric arrangement of auxiliary subunits of skeletal muscle voltage-gated l-type Ca(2+) channel.
掲載誌 Biochem. Biophys. Res. Commun
巻,号,頁 23, 284-291 発行年 2001 発行月

戻る

TOP

エッセイ,記事(新聞)等

著者 Sato Y
98 題目 Developing novel biomarkers to be used in the treatment of nausea and vomiting induced by chemotherapy treatment
掲載誌 Impact
頁等 2019(2), 27-29 発行年 2019 発行月
著者 佐藤雄己,伊東弘樹
99 題目 大分大学医学部附属病院における後発医薬品導入の取り組み~抗悪性腫瘍剤の後発医薬品導入について~
掲載誌 製剤・包装の改良・工夫点と病院から選ばれる医薬品開発技術情報協会
頁等 30-39 発行年 2017 発行月

戻る

TOP

特許

戻る

TOP

薬学部 / 薬学科 / 教授 / 佐藤 雄己