免責事項
 福山大学研究者一覧・検索サイトの内容は,各教員が自ら入力した情報に基づいています.その情報の正確性について,福山大学が保証するものではありません.

福山大学
研究者情報

生命工学部 / 生命栄養科学科 / 教授 / 菊田 安至

研究者情報 研究業績 学位論文 著書 学術論文(総説・解説含む) エッセイ,記事(新聞)等 特許
表示:[全業績]
代表業績表示に変更

研究者情報

福山大学学術リポジトリ researchmap J-GLOBAL CiNii 国立国会図書館 Google Scholar
氏名 菊田 安至 (きくた やすし) 
所属 生命工学部 生命栄養科学科
職名 教授
e-mail kikuta ★ fubac。fukuyama-u、ac.jp
迷惑メール対策として「@」,「.」を置き換えて表示しています.
TEL 084-936-2212 (内線4041)
FAX 084-936-2023
WEB
更新日時 2017-07-19 16:44:37
学歴 1983年3月 大阪府立大学農学部獣医学科卒業
1985年3月 大阪府立大学大学院農学研究科獣医学専攻博士前期課程修了
1986年3月 大阪市立大学大学院医学研究科研究生修了
1990年3月 大阪市立大学大学院医学研究科生理系専攻博士課程修了
学位・資格 農学修士 大阪府立大学
医学博士 大阪市立大学
獣医師資格 1985年4月
職歴 福山大学工学部食品工学科助手 (1990年4月~1996年3月)
福山大学工学部食品工学科講師 (1996年4月~2001年9月)
米国テキサス大学医学部ヒューストン校客員研究員 (2001年10月~2002年9月)
福山大学生命工学部応用生物科学科講師 (2002年9月~2003年3月)
福山大学応用生物科学科助教授 (2003年4月~2007年3月)
福山大学応用生物科学科准教授 (2007年4月~2008年3月)
福山大学生命工学部生命栄養科学科教授 (2008年4月~現在)
専門分野 生化学、脂質生化学
研究テーマ ω酸化酵素P450の解析
ω酸化反応代謝産物の動態
ω酸化物を含む油脂の機能性の解析
研究テーマのキーワード 脂肪酸、ω酸化、シトクロムP450
所属学会 日本生化学会, 日本脂質生化学会, 日本獣医学会
学会活動 日本生化学会 評議員 (2009年4月~現在)
日本脂質生化学会 幹事 (2011年4月~現在)
共同研究・科研費採択課題等実績 
主な担当授業科目 生化学、分子生物学、公衆衛生学
主な学内役職・委員 学生委員長
社会活動 日本獣医師会会員
受賞,その他の実績 

戻る

TOP

全研究業績

代表業績表示に変更

学位論文

提出者 菊田安至
1 論文題目 ウサギ肝臓におけるプロスタグランジンω水酸化活性を有するチトクロームP-450に関する研究
提出大学 大阪市立大学大学院医学研究科博士課程
提出年 1990 提出月 2

戻る

TOP

著書

著者 菊田安至
2 書名 基礎から学ぶ生化学
出版社 南江堂
頁数(担当頁) 19 出版年 2014 出版月 3
著者 楠瀬正道、菊田安至
3 書名 P450の分子生物学第2版
出版社 講談社サイエティフィク
頁数(担当頁) 12 出版年 2009 出版月
著者 H. Kunishi, Y. Masumoto, M. Eya, J. Ohta, S. Nishimoto, K. Nakata, Y. Kikuta
4 書名 Cytochrome P450, Biochemistry, Biophysics and Drug Metabolism
出版社 Monduzzi Editore
頁数(担当頁) 4 出版年 2003 出版月 7
著者 山本覚、菊田安至、楠瀬正道
5 書名 AA、EPA、DHA-高度不飽和脂肪酸
出版社 恒星社
頁数(担当頁) 20 出版年 1995 出版月 10
著者 M. Kusunose, Y. Kikuta, E. Kusunose, A. Sawamura, R. Yoshimura, H. Kawashima, I. Kubota
6 書名 Cytochrome P-450: Biochemistry and biophysics
出版社 Taylor & Francis, London
頁数(担当頁) 4 出版年 1989 出版月 10

戻る

TOP

学術論文(総説・解説含む)

著者 A. Kalsotra, L. Du, Y. Wang, P. A. Ladd, Y. Kikuta, M. Duvic, A. S. Boyd, D. S. Keeney, and H. W. Strobel
7 論文題目 Inflammation resolved by retinoid X receptor-mediated inactivation of leukotriene signaling.
掲載誌 FASEB J.
巻,号,頁 22, 538-547 発行年 2008 発行月 2
著者 Y. Kikuta , J. Mizomoto, H. W. Strobel, and H. Ohkawa
8 論文題目 Expression and physiological function of CYP4F subfamily in human eosinophils.
掲載誌 Biochim. Biophys. Acta
巻,号,頁 1771, 1439-1445 発行年 2007 発行月 12
著者 Y. Kikuta, Y. Yamashita, S. Kashiwagi, K. Tani, K. Okada, K. Nakata
9 論文題目 Expression and induction of CYP4F subfamily in human leukocytes and HL60 cells.
掲載誌 Biochim. Biophys. Acta
巻,号,頁 1983, 7-15 発行年 2004 発行月 7
著者 Y. Kikuta, E. Kusunose, and M. Kusunose
10 論文題目 Prostaglandin and leukotriene ω-hydroxylases.
掲載誌 Prostaglandins and Other Lipid Mediators
巻,号,頁 68,345-362 発行年 2002 発行月
著者 Y. Kikuta, E. Kusunose, H. Sumimoto, Y. Mizukami, K. Takeshige, T. Sakaki, Y. Yabusaki, M. Kusunose
11 論文題目 Purification and characterization of recombinant human neutrophil leukotriene B4 ω-hydroxylase (cytochrome P450 4F3).
掲載誌 Arch. Biochem. Biophys.
巻,号,頁 355, 201-205 発行年 1998 発行月 7
著者 Y. Kikuta, E. Kusunose, K. Endo, S. Yamamoto, K. Sogawa, Y. Fujii-Kuriyama, M. Kusunose
12 論文題目 A novel form of cytochrome P-450 family 4 in human polymorphonuclear leukocytes. cDNA cloning and expression of leukotriene B4 ω-hydroxylase.
掲載誌 J. Biol. Chem.
巻,号,頁 268, 9376-9380 発行年 1993 発行月 5

戻る

TOP

エッセイ,記事(新聞)等

戻る

TOP

特許

戻る

TOP

生命工学部 / 生命栄養科学科 / 教授 / 菊田 安至