免責事項
 福山大学研究者一覧・検索サイトの内容は,各教員が自ら入力した情報に基づいています.その情報の正確性について,福山大学が保証するものではありません.

福山大学
研究者情報

薬学部 / 薬学科 / 教授 / 田中 哲郎

研究者情報 研究業績 学位論文 著書 学術論文(総説・解説含む) エッセイ,記事(新聞)等 特許
表示:[全業績]
代表業績表示に変更

研究者情報

福山大学学術リポジトリ researchmap J-GLOBAL CiNii 国立国会図書館 Google Scholar
氏名 田中 哲郎 (たなか てつろう) 
所属 薬学部 薬学科
職名 教授
e-mail tanaka ★ fupharm。fukuyama-u、ac.jp
迷惑メール対策として「@」,「.」を置き換えて表示しています.
TEL 084-936-2112 (ext.5152)
FAX 084-936-2024
WEB
更新日時 2016-04-27 11:26:06
学歴 1977年3月修道高等学校 卒業
1981年3月第一薬科大学薬学部薬剤学科 卒業
1983年3月九州大学大学院薬学研究科 修了
学位・資格 薬剤師免許 1981年6月
博士(薬学)九州大学 1991年9月
職歴 福山大学薬学部 助手 1983年4月
福山大学薬学部 講師 1993年4月
福山大学薬学部 助教授 2000年4月
福山大学薬学部 准教授 2007年4月
福山大学薬学部 教授 2009年4月
Dept. of Pharmacy Practice, School of Pharmacy, The University of Kansas  Visiting Professor 2001年1月~3月
専門分野 薬剤学,薬物送達系
研究テーマ 生体内因性物質を利用した標的指向型薬物送達系の開発
研究テーマのキーワード ドラッグデリバリーシステム,薬物ターゲティング
所属学会 日本薬学会, 日本薬剤学会, 日本DDS学会, 日本薬物動態学会
学会活動 日本薬剤学会 評議員 2012年4月~2013年3月
共同研究・科研費採択課題等実績 平成 5年度科学研究費補助金奨励研究(A) 生体高分子を利用した薬物担体の腫瘍集積性 研究代表者
平成13年度科学研究費補助金基盤(C)合成高分子を利用した抗癌剤の腫瘍集積化 研究分担者
平成14年度科学研究費補助金基盤(C)合成高分子を利用した抗癌剤の腫瘍集積化 研究分担者
平成18年度(財)日本産業科学研究所研究助成事業 受容体介在性エンドサイトーシスを利用した高分子プロドラッグの合成と評価 研究代表者
平成19年度(財)日本産業科学研究所研究助成事業 制ガン剤治療時の肝障害の回避と肝機能保護効果の検討 研究代表者
主な担当授業科目 医薬品をつくる特講,剤形をつくる,薬物の臓器への到達と消失 薬物速度論の解析Ⅰ,Ⅱ テーラーメイド薬物治療 薬学英語Ⅱ コミュニケーション 実習Ⅵ 事前学習 課題研究
主な学内役職・委員 学生委員会副委員長
RIセンター委員
ハラスメント対応委員
安全衛生委員会化学物質等リスクアセスメント専門委員
学寮委員
社会活動 
受賞,その他の実績 

戻る

TOP

全研究業績

代表業績表示に変更

学位論文

提出者 田中哲郎
1 論文題目 生体高分子を用いたマイトマイシンCの標的指向性プロドラッグに関する基礎的研究
提出大学 九州大学
提出年 1991 提出月 9

戻る

TOP

著書

著者 北河修治,金尾義治,田中哲郎ら
2 書名 薬剤学
出版社 化学同人
頁数(担当頁) 23 出版年 2008 出版月 10
著者 金尾義治,冨田久夫,田中哲郎ら
3 書名 NEWパワーブック物理薬剤学・製剤学第2版
出版社 廣川書店
頁数(担当頁) 44 出版年 2007 出版月 3
著者 金尾義治,田中哲郎ら
4 書名 NEWパワーブック生物薬剤学
出版社 廣川書店
頁数(担当頁) 28 出版年 2006 出版月 2

戻る

TOP

学術論文(総説・解説含む)

著者 Y. Kaneo, T. Taguchi, T. Tanaka, S. Yamamoto
5 論文題目 Nanoparticles of hydrophobized cluster dextrin as biodegradable drug carriers: solubilization and enchacapsulation of amphotericin B
掲載誌 J. Drug Del. Sci. Tech.
巻,号,頁 24(4) 344-351 発行年 2014 発行月 4
著者 T. Tanaka, Y. Abo, S. Hamano, Y. Fujishima, Y. Kaneo
6 論文題目 ,Intracellular disposition of arabinogalactan and asialofetuin in HepG2 cells
掲載誌 J. Drug Del. Sci. Tech.
巻,号,頁 23(5), 435-438 (2013) 発行年 2013 発行月 5
著者 Y. Kaneo, T. Tanaka, S. Yamamoto, C. Kikkawa
7 論文題目 Preparation and properties of acid-cleavable poly)vinyl alchol)-cis-aconityl-antitumor anthracycline conjugates
掲載誌 J. Drug Del. Sci. Tech.
巻,号,頁 23(2), 143-149 発行年 2013 発行月 2
著者 安楽誠,土谷大樹,田村豊,小野行雄,福長將仁,鶴田泰人,藤岡晴人,田中哲郎,小嶋英二朗,町支臣成,五郎丸剛,吉富博則,井上裕文,岡村信幸,田中正孝
8 論文題目 福山大学薬学部における幼児・高齢者との交流学習への取り組み-学生のコミュニケーションおよびホスピタリティ能力を培うために-
掲載誌 医療薬学
巻,号,頁 36(7),523-531 発行年 2010 発行月 7
著者 田口恭子,金尾義治,田中哲郎
9 論文題目 クラスターデキストリンの体内動態研究-生分解性高分子担体としての利用性-
掲載誌 薬剤学
巻,号,頁 69(5),373-383 発行年 2009 発行月 5
著者 柿木充史,金尾義治,田中哲郎
10 論文題目 抗癌剤を含有したポリビニルアルコール高分子治療剤の合成と評価
掲載誌 福山大学薬学部研究年報
巻,号,頁 Vol.26 , 23-46 発行年 2008 発行月 12
著者 A. Kakinoki, Y. Kaneo, T. Tanaka and Y. Hosokawa
11 論文題目 Synthesis and Evaluation of Water-Soluble Poly(vinyl alcohol)-paclitaxel Conjugate as a Macromolecular Prodrug
掲載誌 Biol. Pharm. Bull.
巻,号,頁 Vol. 31, No. 5, 963-969 発行年 2008 発行月 5
著者 A. Kakinoki, Y. Kaneo, Y. Ikeda, T. Tanaka and K. Fujita
12 論文題目 Synthesis of Poly(vinyl alcohol)-Doxorubicin Conjugates Containing cis-Aconityl Acid-Cleavable Bond and Its Isomer Dependent Doxorubicin Release
掲載誌 Biol. Pharm. Bull.
巻,号,頁 Vol. 31, No. 1, 103-110 発行年 2008 発行月 1
著者 Y. Kaneo, S. Hashihama, A. Kaninoki, T. Tanaka, T. Nakano, and Y. Ikeda
13 論文題目 Pharmacokinetics and Biodisposition of Poly(vinyl alcohol) in Rats and Mice
掲載誌 Drug Metab. Phamracokinet.
巻,号,頁 Vol.20, No.6, 435-442 発行年 2005 発行月 6
著者 T. Tanaka, S. Hamano, Y. Fujishima and Y. Kaneo
14 論文題目 Uptake of Pullulan in Cultured Rat Liver Parenchymal Cells
掲載誌 Biol. Pharm. Bull.
巻,号,頁 Vol.28, No.3, 560-562 (2005) 発行年 2005 発行月 3
著者 T. Tanaka, Y. Fujishima, S. Hamano and Y. Kaneo
15 論文題目 Cellular disposition of arabinogalactan in primary cultured rat hepatocytes
掲載誌 Eur. J. Pharm. Sci.
巻,号,頁 Vol.22, No.5, 435-444 発行年 2004 発行月 5
著者 T. Tanaka, S. Shiramoto, M. Miyashita, Y. Fujishima and Y. Kaneo
16 論文題目 Tumor targeting based on the effect of enhanced permeability and retention (EPR) and the mechanism of receptor-mediated endocytosis (RME)
掲載誌 Int. J. Pharmaceut.
巻,号,頁 Vol.277, No.1-2, 39-61 発行年 2004 発行月
著者 T. Tanaka, Y. Fujishima S. Hamano and Y. Kaneo
17 論文題目 Intracellular disposition of polysaccharides in rat liver parenchymal and nonparenchymal cells
掲載誌 Int. J. Pharmaceut.
巻,号,頁 Vol.286, No.1-2, 9-17 発行年 2004 発行月
著者 金尾義治,橋濱詩織,田中哲郎,中野貴透,池田有香
18 論文題目 高速排除クロマトグラフィーによるFITC標識ポリビニルアルコールの体内動態測定
掲載誌 薬剤学
巻,号,頁 Vol.62, No.4,169-179 発行年 2002 発行月 4
著者 A. Yagi, S. Hamano, T. Tanaka, Y. Kaneo, T. Fujioka and K. Mihashi,
19 論文題目 Biodisposition of FITC-labeled aloemannan in mice
掲載誌 Planta Medica
巻,号,頁 Vol.67, No.4, 297-300 発行年 2001 発行月 4
著者 T. Tanaka, Y. Fujishima and Y. Kaneo
20 論文題目 Receptor mediated endocytosis and cytotoxicity of transferrin-mitomycin C conjugate in HepG2 cell and primary cultured rat hepatocyte
掲載誌 Biol. Pharm. Bull.
巻,号,頁 Vol.24, No.3, 268-273 発行年 2001 発行月 3
著者 Y. Kaneo, T. Tanaka, T. Nakano and Y. Yamaguchi
21 論文題目 Evidence for receptor-mediated hepatic uptake of pullulan in rats
掲載誌 Journal of Controlled Release
巻,号,頁 Vol.70, No.3, 365-373 発行年 2001 発行月
著者 金尾義治,中野貴透,田中哲郎,玉木玲子,岩瀬宏樹,山口泰典
22 論文題目 多糖類高分子の肝組織内分布特性
掲載誌 薬剤学
巻,号,頁 Vol.60, No.3, 183-195 発行年 2000 発行月 3
著者 Y. Kaneo, T. Ueno, T. Tanaka, H. Iwase, Y. Yamaguchi and T. Uemura
23 論文題目 Pharmacokinetics and Biodisposition of Fluorescein-labeled Arabinogalactan in Rats
掲載誌 Int. J. Pharmaceut.
巻,号,頁 Vol.201, No.1, 59-69 発行年 2000 発行月
著者 A. Yagi, J. Nakamori, T. Yamada, H. Iwase, T. Tanaka, Y. Kaneo, J. Qiu and S. Orndorff
24 論文題目 In vivo Metabolism of Aloemannan
掲載誌 Planta Medica
巻,号,頁 Vol.65, No.5, 417-420 発行年 1999 発行月 5
著者 T. Tanaka, Y. Kaneo and M. Miyashita
25 論文題目 Intracellular Disposition and Cytotoxicity of Transferrin-Mitomycin C Conjugate in HL60 Cells as a Receptor-Mediated Drug Targeting System
掲載誌 Biol. Pharam. Bull.
巻,号,頁 Vol.21, No.2, 147-152 発行年 1998 発行月 2
著者 金尾義治,田中哲郎,東和人,古谷善嗣
26 論文題目 トランスフェリン-カルボキシメチルデキストラン結合体を担体としたシスプラチンの癌細胞標的化
掲載誌 Drug Delivery System
巻,号,頁 Vol.12, No.5, 353-358 発行年 1997 発行月 5
著者 Y. Kaneo, T. Uemura, T. Tanaka and S. Kanoh
27 論文題目 Polysaccharides as Drug Carriers: Biodisposition of Fluorescein-Labeld Dextrans in Mice
掲載誌 Biol. Pharm. Bull.
巻,号,頁 Vol.20, No.2, 181-187 発行年 1997 発行月 2
著者 T. Tanaka, Y. Kaneo and M. Miyashita
28 論文題目 Synthesis of Transferrin-Mitomycin C Conjugate as a Receptor-Mediated Drug Targeting System
掲載誌 Biol. Pharm. Bull.
巻,号,頁 Vol.19, No.5, 774-777 発行年 1996 発行月 5
著者 金尾義治,上村智哉,田中哲郎,加納聰
29 論文題目 薬物担体としての多糖類高分子 FITC標識したデキストランとプルランの高速排除クロマトグラフィーによる定量
掲載誌 Drug Delivery System
巻,号,頁 Vol.11, No.3, 161-168 発行年 1996 発行月 3
著者 T. Tanaka, Y. Kaneo, M. Miyashita and S. Shiramoto
30 論文題目 Properties of Water-Insoluble Mitomycin C-Albumin Conjugate as a Sustained Release Drug Delivery System in Mice Inculated with Sarcoma 180
掲載誌 Biol. Pharm. Bull.
巻,号,頁 Vol.18, No.12, 1724-1728 発行年 1995 発行月 12
著者 Y. Kaneo, T. Uemura, T. Tanaka, S. Kanoh and A. Matsuoka
31 論文題目 Pharmacokinetics of Glutathione-Dextran Macromolecular Conjugate in Mice
掲載誌 Biol. Pharm. Bull.
巻,号,頁 Vol.18, No.11, 1544-1547 発行年 1995 発行月 11
著者 金尾義治,田中哲郎,宮下正日出
32 論文題目 トランスフェリン-マイトマイシンC 高分子ハイブリッドの受容体介在性腫瘍細胞ターゲティング
掲載誌 Progress in Drug Delivery System
巻,号,頁 Ⅳ, 95-104 発行年 1995 発行月
著者 Y. Kaneo, K. Ogawa, T. Tanaka, Y. Fujihara and S. Iguchi
33 論文題目 A Protective Effect of Glutathione-Dextran Macromolecular Conjugates on Acetaminophen-Induced Hepatotoxicity Dependent on Molecular Size
掲載誌 Biol. Pharm. Bull.
巻,号,頁 Vol.17, No.10, 1379-1384 発行年 1994 発行月 10
著者 金尾義治,小川享子,田中哲郎,藤原由美恵
34 論文題目 グルタチオン-デキストラン結合体の結合様式と高分子プロドラッグとしての性質
掲載誌 Drug Delivery System
巻,号,頁 Vol.9, No.5, 345-350 発行年 1994 発行月 5
著者 田中哲郎,金尾義治,宮下正日出,白元正一,井口定男
35 論文題目 血清アルブミンを利用した薬物担体の腫瘍集積性:アシル化による体内動態特性の改善
掲載誌 Drug Delivery System
巻,号,頁 Vol.9, No.3, 199-203 発行年 1994 発行月 3
著者 T. Tanaka, Y. Kaneo, S. Shiramoto and S. Iguchi
36 論文題目 The Disposition of Serum Proteins as Drug-Carriers in Mice Bearing Sarcoma 180
掲載誌 Biol. Pharm. Bull.
巻,号,頁 Vol.16, No.12, 1270-1275 発行年 1993 発行月 12
著者 田中哲郎,金尾義治
37 論文題目 生体高分子を薬物担体とした制癌薬の腫瘍指向化
掲載誌 福山大学薬学部研究年報
巻,号,頁 Vol.11, 1-26 発行年 1993 発行月
著者 T. Tanaka, Y. Kaneo and S. Iguchi
38 論文題目 Properties of Mitomycin C-Albumin Conjugates in Vitro and in Vivo
掲載誌 Bioconjugate Chem.
巻,号,頁 Vol.2, No.4, 261-269 発行年 1991 発行月 4
著者 Y. Kaneo, T. Tanaka and S. Iguchi
39 論文題目 Targeting of Mitomycin C to the Liver by the Use of Asialofetuin as a Carrier
掲載誌 Chem. Pharm. Bull.
巻,号,頁 Vol.39, No.4, 999-1003 発行年 1991 発行月 4
著者 Y. Kaneo, T. Tanaka and S. Iguchi
40 論文題目 Preparation and Properties of a Mitomycin C-Albumin Conjugate
掲載誌 Chem. Pharm. Bull.
巻,号,頁 Vol.38, No.9, 2614-2616 発行年 1990 発行月 9
著者 金尾義治,森近俊之,田中哲郎,小沢啓二,小島秀一,勝呂和博,安孫子かほる
41 論文題目 塩酸フラボキサートの体内動態 ラットにおける初回通過効果
掲載誌 医薬品研究
巻,号,頁 Vol.21, No.4, 694-702 発行年 1990 発行月 4
著者 Y. Kaneo, Y. Fujihara, T. Tanaka, Y. Kozawa, H. Mori and S. Iguchi
42 論文題目 Intrahepatic Delivery of Glutathione by Conjugation to Dextran
掲載誌 Pharm. Res.
巻,号,頁 Vol.6, No.12, 1025-1031 発行年 1989 発行月 12
著者 Y. Kaneo, Y. Fujihara, T. Tanaka, Y. Kozawa, H. Mori and S. Iguchi
43 論文題目 Effects of Glutathione, as the Dextran Conjugate, on Acetaminophen-induced Hepatotoxicity
掲載誌 Chem. Pharm. Bull.
巻,号,頁 Vol.37, No.1, 218-220 発行年 1989 発行月 1
著者 Y. Kaneo, Y. Fujihara, T. Tanaka, K. Ogawa, K. Fujita and S. Iguchi
44 論文題目 Preparation and Characterization of a Soluble Glutathione-dextran Conjugate
掲載誌 Int. J. Pharmaceutic.
巻,号,頁 Vol.57, No.3, 263-272 発行年 1989 発行月
著者 Y. Kaneo, T. Tanaka, Y. Fujihara, H. Mori and S. Iguchi
45 論文題目 Delivery of Glutathione, as a Dextran Conjugate, into the Liver
掲載誌 Int. J. Pharmaceutic.
巻,号,頁 Vol.44, No.1-3, 265-267 発行年 1988 発行月
著者 T. Tanaka, Y. Kaneo, T. Goromaru and S. Iguchi
46 論文題目 Further Metabolism of 4-Acetylaminoantipyrine the Major Metabolite of Aminopyrine, in Rats
掲載誌 Chem. Pharm. Bull.
巻,号,頁 Vol.35, No.8, 3519-3522 発行年 1987 発行月 8
著者 K. Matsuyama, T. Tanaka, A. Noda, S. Goto and S. Iguchi
47 論文題目 Product Inhibition of Aminopyrine N-Demethylation in Isolated Hepatocytes
掲載誌 J. Pharmacobio-Dyn.
巻,号,頁 Vol.8, No.3, 193-198 発行年 1985 発行月 3
著者 S. Iguchi, T. Tanaka, Y. Kaneo and T. Goromaru
48 論文題目 Biohydroxylation of Aminopyrine: Quantitative Studies of 3-Hydroxymethyl Metabolite in Rats
掲載誌 J. Pharm. Dyn.
巻,号,頁 Vol.7, No.9, 702-705 発行年 1984 発行月 9
著者 K. Matsuyama, H. Sawahara, A. Noda, S. Goto, T. Tanaka and S. Iguchi
49 論文題目 Effefct of Environmental Temperature on the Content of Cytochrome P-450 and Activity of NADPH-Cytochrome C Reductase in Rats
掲載誌 J. Pharm. Dyn.
巻,号,頁 Vol.6, No.12, 1005-1008 発行年 1983 発行月 12
著者 K. Matsuyama, A. Noda, S. Goto, T. Tanaka and S. Iguchi,
50 論文題目 Influence of Phenobarbital and 3-Mehtylcholanthrene on the Metabolism of Aminopyrine in Isolated Hepatocyte System
掲載誌 J. Pharm. Dyn.
巻,号,頁 Vol.6, No.11, 821-828 発行年 1983 発行月 11

戻る

TOP

エッセイ,記事(新聞)等

著者 田中哲郎
51 題目 歴史は創られるものなのか 「史記列伝」司馬遷著
掲載誌 新入生にすすめる50冊の本
頁等 p.44 発行年 2014 発行月 4
著者 田中哲郎
52 題目 メトホルミンの体内動態はトランスポーターの遺伝子変異で変わる
掲載誌 ファルマシア
頁等 Vol. 44, No. 10, 999-1000 発行年 2008 発行月 10
著者 田中哲郎
53 題目 Drug Disposition in Humans 今までに最も印象に残った図書について
掲載誌 福山大学附属図書館報
頁等 第2号,pp.5-6 発行年 2004 発行月 9
著者 田中哲郎
54 題目 薬局実務実習指導薬剤師講習会報告 タスクフォースとして参加して
掲載誌 広島県薬剤師会誌
頁等 Vol.29, No.2, 9-10 発行年 2004 発行月 2
著者 田中哲郎
55 題目 くすりの効かせ方と使い方
掲載誌 2004年度(平成16年度)福山大学公開講座テキスト,統一テーマ 「幸せな生活を求めて<2>」
頁等 発行年 2004 発行月
著者 田中哲郎
56 題目 平成14年度薬局・病院薬剤師指導者研修会 報告Ⅲ
掲載誌 広島県薬剤師会誌
頁等 Vol.27, No.5, 18-19 発行年 2002 発行月 5
著者 田中哲郎,金尾義治,化学と薬学の教室,No.141, 38-39 (2001)
57 題目 薬剤師国試minimum 製剤学 半固形製剤—軟膏基剤の分類-
掲載誌 化学と薬学の教室
頁等 No.141, 38-39 発行年 2001 発行月
著者 田中哲郎,金尾義治
58 題目 薬剤師国試minimum 製剤学 無菌製剤—注射剤—
掲載誌 化学と薬学の教室
頁等 No.142, 32-33 発行年 2001 発行月
著者 田中哲郎,金尾義治
59 題目 薬剤師国試minimum 製剤学 浸透圧と等張化の計算
掲載誌 化学と薬学の教室
頁等 No.143, 42-43 発行年 2001 発行月
著者 田中哲郎,金尾義治
60 題目 薬剤師国試minimum 製剤学 滅菌法及び無菌操作法並びに超ろ過法
掲載誌 化学と薬学の教室
頁等 No.144, 30-31 発行年 2001 発行月
著者 田中哲郎,金尾義治
61 題目 薬剤師国試minimum 製剤学 製剤に関連した一般試験法
掲載誌 化学と薬学の教室
頁等 No.145, 30-31 発行年 2001 発行月
著者 田中哲郎,金尾義治
62 題目 薬剤師国試minimum 製剤学 製剤の性状,製法と試験—日本薬局方製剤総則
掲載誌 化学と薬学の教室
頁等 No.137, 66-67 発行年 2000 発行月
著者 田中哲郎,金尾義治
63 題目 薬剤師国試minimum 製剤学 製剤の性状,製法と試験—製剤用機械
掲載誌 化学と薬学の教室
頁等 No.138, 58-59 発行年 2000 発行月
著者 田中哲郎,金尾義治
64 題目 薬剤師国試minimum 製剤学 錠剤の製法
掲載誌 化学と薬学の教室
頁等 No.139, 56-57 発行年 2000 発行月
著者 田中哲郎,金尾義治
65 題目 薬剤師国試minimum 製剤学 固形製剤用の医薬品添加物
掲載誌 化学と薬学の教室
頁等 No.140, 58-59 発行年 2000 発行月
著者 田中哲郎
66 題目 ほん ―史と詩と師―
掲載誌 福山大学学報,第77号,1998.7.16発行
頁等 発行年 1998 発行月 7
著者 ○田中哲郎,宮下正日出,北田典子,柴崎殊子,古谷善嗣,金尾義治
67 題目 癌細胞へもピンポイント爆撃
掲載誌 日本薬学会第115年会講演ハイライト
頁等 33,日本薬学会1995.3.5発行 発行年 1995 発行月 3

戻る

TOP

特許

発明者 金尾義治,田中哲郎,井口定男,潤田進
68 発明名称 2-マイトマイシンC -スクシニル-1,3-ジパルミトイルグリセロールおよびその製造法
出願人
番号 日本公開特許公報,JP91133987 A2; JP03133987,1991年6月7日 1991 6

戻る

TOP

薬学部 / 薬学科 / 教授 / 田中 哲郎