免責事項
 福山大学研究者一覧・検索サイトの内容は,各教員が自ら入力した情報に基づいています.その情報の正確性について,福山大学が保証するものではありません.

福山大学
研究者情報

薬学部 / 薬学科 / 助教 / 喜屋武 龍二

研究者情報 研究業績 学位論文 著書 学術論文(総説・解説含む) エッセイ,記事(新聞)等 特許
表示:[代表業績]
全業績表示に変更

研究者情報

福山大学学術リポジトリ researchmap J-GLOBAL CiNii 国立国会図書館 Google Scholar
氏名 喜屋武 龍二 (きゃん りゅうじ) 
所属 薬学部 薬学科
職名 助教
e-mail r-kyan ★ fukuyama-u。ac、jp
迷惑メール対策として「@」,「.」を置き換えて表示しています.
TEL 084-936-2111 (5152)
FAX
WEB
更新日時 2021-04-06 12:30:21
学歴 2015年3月 静岡大学工学部 物質工学科 卒業
2017年3月 静岡大学大学院 総合科学技術研究科工学専攻 修了
2021年3月 静岡大学創造科学技術大学院 自然科学系教育部 光・ナノ物質機能専攻 修了
学位・資格 博士(工学) 静岡大学 2021年3月
職歴 福山大学 薬学部 薬学科 助教 (2021年4月~現在)
専門分野 有機合成化学
研究テーマ 
研究テーマのキーワード
所属学会 日本薬学会
学会活動 
共同研究・科研費採択課題等実績 
主な担当授業科目 実習Ⅱ(2年生)
主な学内役職・委員 
社会活動 
受賞,その他の実績 

戻る

TOP

代表的な研究業績

全業績表示に変更

学位論文

戻る

TOP

著書

戻る

TOP

学術論文(総説・解説含む)

著者 Kyan, R.; Sato, K.; Mase, N.; Narumi, T.*
1 論文題目 Pendant Alkoxy Groups on N-Aryl Substitutions Drive the Efficiency of Imidazolylidene Catalysts for Homoenolate Annulation from Enal and Aldehyde
掲載誌 Angew. Chem. Int. Ed.
巻,号,頁 59, 19031-19036 発行年 2020 発行月
著者 Ide, R.#; Kyan, R.#; Le, T. P.; Kitagawa, Y.; Sato, K.; Mase, N.; Narumi, T.* (#equally contribution)
2 論文題目 Chemoselective Umpolung of Enals for Asymmetric Homoenolate Cross-Annulation of Enals and Aldehydes Catalyzed by N-Heterocyclic Carbene
掲載誌 Org. Lett.
巻,号,頁 21, 9119-9123 発行年 2019 発行月
著者 Kyan, R.; Sato, K.; Mase, N.; Watanabe, N.; Narumi, T.*
3 論文題目 Tuning the Catalyst Reactivity of Imidazolylidene Catalysts through Substituent Effects on the N‐Aryl Groups
掲載誌 Org. Lett.
巻,号,頁 19, 2750-2753 発行年 2017 発行月

戻る

TOP

エッセイ,記事(新聞)等

戻る

TOP

特許

戻る

TOP

薬学部 / 薬学科 / 助教 / 喜屋武 龍二