免責事項
 福山大学研究者一覧・検索サイトの内容は,各教員が自ら入力した情報に基づいています.その情報の正確性について,福山大学が保証するものではありません.

福山大学
研究者情報

薬学部 / 薬学科 / 助教 / 喜屋武 龍二

研究者情報 研究業績 学位論文 著書 学術論文(総説・解説含む) エッセイ,記事(新聞)等 特許
表示:[全業績]
代表業績表示に変更

研究者情報

福山大学学術リポジトリ researchmap J-GLOBAL CiNii 国立国会図書館 Google Scholar
氏名 喜屋武 龍二 (きゃん りゅうじ) 
所属 薬学部 薬学科
職名 助教
e-mail r-kyan ★ fukuyama-u。ac、jp
迷惑メール対策として「@」,「.」を置き換えて表示しています.
TEL 084-936-2111 (5152)
FAX
WEB
更新日時 2021-10-05 11:20:05
学歴 2015年3月 静岡大学工学部 物質工学科 卒業
2017年3月 静岡大学大学院 総合科学技術研究科工学専攻 修了
2021年3月 静岡大学創造科学技術大学院 自然科学系教育部 光・ナノ物質機能専攻 修了
学位・資格 博士(工学) 静岡大学 2021年3月
職歴 福山大学 薬学部 薬学科 助教 (2021年4月~現在)
専門分野 有機合成化学
研究テーマ 
研究テーマのキーワード
所属学会 日本薬学会
学会活動 
共同研究・科研費採択課題等実績 
主な担当授業科目 実習Ⅱ(2年生)
主な学内役職・委員 
社会活動 
受賞,その他の実績 

戻る

TOP

全研究業績

代表業績表示に変更

学位論文

提出者 喜屋武龍二
1 論文題目 N-アリール基に着目した高活性イミダゾリリデン触媒の創製とジアステレオ選択的γ-ブチロラクトン合成法の開発
提出大学 静岡大学
提出年 2021 提出月 3

戻る

TOP

著書

著者 鳴海 哲夫、喜屋武 龍二
2 書名 「第13章 含窒素複素環式カルベン触媒の新展開」有機分子触媒の開発と工業利用 (秋山隆彦 監修)
出版社 シーエムシー出版
頁数(担当頁) 140-151 出版年 2018 出版月

戻る

TOP

学術論文(総説・解説含む)

著者 Kyan, R.#; Kitagawa, Y.#; Ide, R.; Sato, K.; Mase, N.; Narumi, T.* (#equally contribution)
3 論文題目 β,γ-trans-selective γ-butyrolactone formation via homoenolate cross-annulation of enals and aldehydes catalyzed by sterically hindered N-heterocyclic carbene
掲載誌 Tetrahedron
巻,号,頁 91, 132191 発行年 2021 発行月 7
著者 Kyan, R.; Sato, K.; Mase, N.; Narumi, T.*
4 論文題目 Pendant Alkoxy Groups on N-Aryl Substitutions Drive the Efficiency of Imidazolylidene Catalysts for Homoenolate Annulation from Enal and Aldehyde
掲載誌 Angew. Chem. Int. Ed.
巻,号,頁 59, 19031-19036 発行年 2020 発行月
著者 Ide, R.#; Kyan, R.#; Le, T. P.; Kitagawa, Y.; Sato, K.; Mase, N.; Narumi, T.* (#equally contribution)
5 論文題目 Chemoselective Umpolung of Enals for Asymmetric Homoenolate Cross-Annulation of Enals and Aldehydes Catalyzed by N-Heterocyclic Carbene
掲載誌 Org. Lett.
巻,号,頁 21, 9119-9123 発行年 2019 発行月
著者 Narumi, T.*; Nishizawa, T.; Imai, T.; Kyan, R.; Taniguchi, H.; Sato, K.; Mase, N.
6 論文題目 Improvement of chemical stability of conjugated dienes by chlorine substitution
掲載誌 Tetrahedron
巻,号,頁 74, 6527-6533 発行年 2018 発行月
著者 Kyan, R.; Sato, K.; Mase, N.; Watanabe, N.; Narumi, T.*
7 論文題目 Tuning the Catalyst Reactivity of Imidazolylidene Catalysts through Substituent Effects on the N‐Aryl Groups
掲載誌 Org. Lett.
巻,号,頁 19, 2750-2753 発行年 2017 発行月

戻る

TOP

エッセイ,記事(新聞)等

戻る

TOP

特許

戻る

TOP

薬学部 / 薬学科 / 助教 / 喜屋武 龍二