免責事項
 福山大学研究者一覧・検索サイトの内容は,各教員が自ら入力した情報に基づいています.その情報の正確性について,福山大学が保証するものではありません.

福山大学
研究者情報

薬学部 / 薬学科 / 教授 / 道原 明宏

研究者情報 研究業績 学位論文 著書 学術論文(総説・解説含む) エッセイ,記事(新聞)等 特許
表示:[全業績]
代表業績表示に変更

研究者情報

福山大学学術リポジトリ researchmap J-GLOBAL CiNii 国立国会図書館 Google Scholar
氏名 道原 明宏 (みちはら あきひろ) 
所属 薬学部 薬学科
職名 教授
e-mail mitihara ★ fupharm。fukuyama-u、ac.jp
迷惑メール対策として「@」,「.」を置き換えて表示しています.
TEL 084-936-2112(5133)
FAX 084-936-2024
WEB http://web.fukuyama-u.ac.jp/pharm/htmls/Labo/labs/genome/education.html
更新日時 2018-05-26 09:07:21
学歴 昭和61年3月 三原市立宮浦中学校卒業
平成元年3月 広島県立三原東高等学校 普通科卒業
平成5年3月 福山大学 薬学部 生物薬学科卒業
平成7年3月 福山大学大学院 薬学研究科 医療薬学専攻博士前期課程修了
平成10年3月 京都大学大学院 人間・環境学研究科 文化・地域環境学専攻博士後期課程修了
学位・資格 昭和61年10月 柔道初段 合格
平成5年4月 薬剤師国家試験 合格
平成10年3月 博士(人間・環境学)京都大学
職歴 平成10年4月 福山大学 薬学部 助手 (衛生化学第二研究室)
平成15年4月 福山大学 薬学部 講師 (衛生化学第二研究室)
平成23年4月 福山大学 薬学部 准教授 (免疫生物学研究室)
平成26年4月 福山大学 薬学部  病態生理・ゲノム機能学研究室主宰教員
平成29年4月 福山大学 薬学部 教授
専門分野 生化学(脂質代謝)、細胞生物学、分子生物学
研究テーマ 脳卒中・循環器疾患に関する研究
注意欠如・多動症に関する研究
酸化ストレス関連疾患に関する研究
疾患関連転写制御機構に関する研究
トコトリエノールによる美白効果に関する研究
研究テーマのキーワード コレステロール、脳卒中、循環器疾患、注意欠如・多動症、美白、トコトリエノール、転写制御
所属学会 日本薬学会, 高血圧関連等疾患モデル学会, SHR等疾患モデル共同研究会, 日本社会薬学会
学会活動 平成24年4月~現在  高血圧関連等疾患モデル学会評議員
共同研究・科研費採択課題等実績 平成21~24年度 約400万円 (株)エーザイ・フードケミカルと共同研究 (研究責任者)
平成24 ・ 25年度 250万円 (株)デンカ生研と共同研究 (研究分担者)
平成27年度 25万円 鹿児島県離島推進協会アイランドキャンパス事業に採択 (研究責任者)
平成28年度 100万円 (株)シャープと共同研究 (研究責任者)
平成29年度 30万円 (株)ファーマシィと共同研究 (研究責任者)                                平成29年度 5万円 (株)ファーマシィから研究・教育支援基金(研究責任者)
平成30年度 30万円(1人分) グリーンサイエンスセンター特別研究(研究分担者)
平成25~29年度 約232万円 学内助成金(研究責任者)
主な担当授業科目 生体のなりたち、生命情報を担う遺伝子、ゲノム情報と創薬、バイオ医薬品とゲノム情報、実習III(遺伝子)、生体機能の調節Ⅰ、コミュニケーション交流学習、薬学入門Ⅰ・薬学入門Ⅱ(担任時)
主な学内役職・委員 社会連携センター(全学:副センター長、産学連携・知財部長)
学生委員(全学:行事副責任者)
RIセンター運営委員(全学)
オープンキャンパス運営委員(学部責任者)、三蔵祭運営委員(学部責任者)
薬剤師国家試験・CBT対策委員(卒業留年生対象セミナー担当)、学部カリキュラム改訂委員
社会活動 遺伝子調査を用いた疾病予防に対する教育・啓発活動:鹿児島県喜界島の中学生を対象 平成27年度(計2回)
福山市薬剤師会シリーズ研修会 平成20年度(計4回)、平成28年度(計3回)
第9回 日本トコトリエノール研究会 招待講演  平成24年11月
認定実務実習指導薬剤師養成研修事業「薬剤師のためのワークショップ(中国・四国)」・タスクフォース担当  平成25~28年度
穴吹専門学校(調理製菓 or ビューティ) 非常勤講師  平成19年4月~現在
受賞,その他の実績 平成15年 日本薬学会中国四国支部奨励賞

戻る

TOP

全研究業績

代表業績表示に変更

学位論文

提出者 道原 明宏
1 論文題目 脳卒中易発症ラットのコレステロール合成低下に関与するメバロン酸二リン酸脱炭酸酵素の生化学的研究
提出大学 京都大学
提出年 1998 提出月 1

戻る

TOP

著書

著者 編集:根岸和雄・中西徹 他(道原明宏・松岡浩史・松崎浩明)
2 書名 遺伝子工学 ― 基礎から医療まで―
出版社 廣川書店
頁数(担当頁) バイオ医薬品 出版年 2017 出版月 4

戻る

TOP

学術論文(総説・解説含む)

著者 Matsuoka H, Tamura A, Kinehara M, Shima A, Uda A, Tahara H, Michihara A
3 論文題目 Levels of tight junction protein CLDND1 are regulated by microRNA-124 in the cerebellum of stroke-prone spontaneously hypertensive rats
掲載誌 Biochem. Biophys. Res. Commun.
巻,号,頁 498:817-823 発行年 2018 発行月 4
著者 Michihara A, Uchino Y, Takahashi N, Omiya K, Ikehara K, Katagiri M, Yamane Sa, Koga Y, Hamashima To, Mido M
4 論文題目 The Practice of Community Health Activity by Pharmacy Students during the University Festival and Evaluation of the Effectiveness
掲載誌 Jpn. J. Soc. Pharm.
巻,号,頁 36:97-105 発行年 2017 発行月 12
著者 Michihara A, Shima A, Matsuoka H, Mizutani Y, Uda A, Mido M, Oda A, Ezaki H, Uchino Y
5 論文題目 Educational Activity on the Prevention of Disease using Genetic Analysis
掲載誌 Jpn. J. Soc. Pharm.
巻,号,頁 36:27-35 発行年 2017 発行月 6
著者 Matsuoka H, Shima A, Uda A, Ezaki H, Michihara A
6 論文題目 The retinoic acid receptor-related orphan receptor α positively regulates tight junction protein claudin domain-containing 1 mRNA expression in human brain endothelial cells
掲載誌 J. Biochem.
巻,号,頁 161:441-450 発行年 2017 発行月 5
著者 Ohnishi M, Ochiai H, Matsuoka K, Akagi M, Nakayama Y, Shima A, Uda A, Matsuoka H, Kamishikiryo J, Michihara A, Inoue A
7 論文題目 Claudin domain containing 1 contributing to endotherial cell adhesion decreases in presence of cerebellar hemorrhage.
掲載誌 J. Neurosci. Res.
巻,号,頁 doi: 10.1002/jnr.24040 発行年 2017 発行月 2
著者 Michihara A, Oda M, Mido M.
8 論文題目 High Expression levels of NADPH Oxidase 3 in the Cerebrum of Ten-week-old Stroke-Prone Spontaneously Hypertensive Rats.
掲載誌 Biol. Pharm. Bull.
巻,号,頁 39:252-258 発行年 2016 発行月 2
著者 道原明宏、松岡 浩史、志摩亜季保、水谷友莉香
9 論文題目 喜界島における遺伝子調査を用いた疾病予防に対する教育・啓発活動
掲載誌 鹿児島県離島振興協議会(報告書)
巻,号,頁 http://www.shima-supporter.com/island_campus/ 発行年 2016 発行月
著者 Michihara A, Mido M, Matsuoka H, Mizutani Y.
10 論文題目 Lower Squalene Epoxidase and Higher Scavenger Receptor Class B Type 1 Protein Levels Are Involved in Reduced Serum Cholesterol Levels in Stroke-Prone Spontaneously Hypertensive Rats.
掲載誌 Biol. Pharm. Bull.
巻,号,頁 38:1879-1890 発行年 2015 発行月 12
著者 Michihara A, Ide N, Mizutani Y, Okamoto M, Uchida M, Matsuoka H,Akasaki K.
11 論文題目 Involvement of microRNA214 and transcriptional regulation in reductions in mevalonate pyrophosphate decarboxylase mRNA levels in stroke-prone spontaneously hypertensive rat livers.
掲載誌 Biosci. Biotechnol. Biochem.
巻,号,頁 79:1759-1770 発行年 2015 発行月 11
著者 Matsuoka H, Shima A, Kuramoto D, Kikumoto D, Matsui T, Michihara A.
12 論文題目 Phosphoenolpyruvate Carboxykinase, a Key Enzyme That Controls Blood Glucose, Is a Target of Retinoic Acid Receptor-Related Orphan Receptor α.
掲載誌 PLoS One.
巻,号,頁 10:e0137955 発行年 2015 発行月 9
著者 Akasaki K, Shiotsu K, Michihara A, Ide N, Wada I.
13 論文題目 Constitutive expression of a COOH-terminal isoleucine to leucine substitution mutant of lysosome-associated membrane protein-1 (LAMP-1) causes its exclusive localization in low density intracellular vesicles distinct from lysosomes and endosomes.
掲載誌 J. Biochem.
巻,号,頁 156:39-49 発行年 2014 発行月 7
著者 Anraku M, Tomida H, Michihara A, Tsuchiya D, Iohara D, Maezaki Y, Uekama K, Maruyama T, Otagiri M, Hirayama F.
14 論文題目 Antioxidant and renoprotective activity of chitosan in nephrectomized rats.
掲載誌 Carbohydrate Polymers
巻,号,頁 89:302-304 発行年 2012 発行月 6
著者 Michihara A, Shimatani M, Akasaki K.
15 論文題目 Elucidation of the mechanism for reduced serum cholesterol in stroke-prone spontaneously hypertensive rats.
掲載誌 Physiol. Res. (Proceedings)
巻,号,頁 61:6P 発行年 2012 発行月 1
著者 Michihara A, Anraku M, Abe A, Kinoshita H, Kamizaki Y, Tomida H, Akasaki K.
16 論文題目 Comparison of Receptors and Enzymes Regulating Cholesterol Levels in Liver between SHR/NDmcr-cp Rats and Normotensive Wistar Kyoto Rats at Ten Weeks of Age.
掲載誌 Biol. Pharm. Bull. 2011
巻,号,頁 34:1116-1119 発行年 2011 発行月 7
著者 道原明宏、大島辰也、山内 茜
17 論文題目 メタボリックシンドロームモデルラットSHR.Cg-Leprcp/NDmcrにおけるコレステロール制御機構
掲載誌 SHR等疾患モデル研究会 News Letter
巻,号,頁 No.38 発行年 2011 発行月
著者 Anraku M, Michihara A, Yasufuku T, Akasaki K, Tsuchiya D, Nishio H, Maruyama T, Otagiri M, Maezaki Y, Kondo Y, Tomida H
18 論文題目 The antioxidative and antilipidemic effects of different molecular weight chitosans in metabolic syndrome model rats.
掲載誌 Biol. Pharm. Bull.
巻,号,頁 33:1994-1998 発行年 2010 発行月 12
著者 Akasaki K, Suenobu M, Mukaida M, Michihara A, Wada I.
19 論文題目 COOH-Terminal Isoleucine of Lysosome-Associated Membrane Protein-1 (LAMP-1) Is Optimal for Its Efficient Targeting to Dense Secondary Lysosomes.
掲載誌 J. Biochem.
巻,号,頁 148:669-679 発行年 2010 発行月 12
著者 Michihara A, Shimatani M, , Akasaki K.
20 論文題目 Comparison of the Gene Expression Levels of Mevalonate Pyrophosphate Decarboxylase between Stroke-Prone Spontaneously Hhypertensive and Wistar Kyoto Rats.
掲載誌 J. Health Sci.
巻,号,頁 56:733-737 発行年 2010 発行月 12
著者 Michihara A, Kamizaki Y, Ogawa S, Akasaki K.
21 論文題目 Effect of Delta-Tocotrienol on Melanin Content and Enzymes for Melanin Synthesis in Mouse Melanoma Cells
掲載誌 Biol. Pharm. Bull.
巻,号,頁 33:1471-1476 発行年 2010 発行月 9
著者 Michihara A, Shimatani M, Morita S, Akasaki K.
22 論文題目 Reduction of Mevalonate Pyrophosphate Decarboxylase in Mouse Melanoma Cells Treated with δ-tocotrienol Is not Associated with Reduction of Cholesterol Content or Release of Lysosomes and Melanosomes.
掲載誌 J. Health Sci.
巻,号,頁 56:355-360 発行年 2010 発行月 6
著者 Michihara A, Shimatani M, Anraku M, Tomida H, Akasaki K.
23 論文題目 High levels of oxidative stress exist in the brain than serum or kidneys in Stroke-Prone Spontaneously Hypertensive Rats at Ten Weeks of Age.
掲載誌 Biol. Pharm. Bull.
巻,号,頁 33:518-521 発行年 2010 発行月 3
著者 Tomida H, Fujii T, Furutani N, Michihara A, Yasufuku T, Akasaki K, Maruyama T, Otagiri M, Gebicki JM, Anraku M.
24 論文題目 Antioxidant properties of some different molecular weight chitosans.
掲載誌 Carbohydr. Res.
巻,号,頁 344(13):1690-1696 発行年 2009 発行月 9
著者 Shimatani M, Michihara A, Akasaki K.
25 論文題目 Tissue distribution of mevalonate pyrophosphate decarboxylase in guinea pig.
掲載誌 Biol. Pharm. Bull.
巻,号,頁 32(8):1476-1479 発行年 2009 発行月 8
著者 Michihara A, Morita S, Hirokawa Y, Ago S, Akasaki K, Tsuji H.
26 論文題目 Delta-tocotrienol causes decrease of melanin content in mouse melanoma cells.
掲載誌 J. Health Sci.
巻,号,頁 55(2);314-318 発行年 2009 発行月 4
著者 Michihara A, Morita S, Nakayama M, Kubo Y, Akasaki K, Tsuji H.
27 論文題目 Difference in subcellular distribution of mevalonate pyrophosphate decarboxylases occurs by cell type.
掲載誌 J. Health Sci.
巻,号,頁 54(6);703-710 発行年 2008 発行月 12
著者 Michihara A, Toda K, Kubo T, Akasaki K, Tsuji H.
28 論文題目 The effect of primaquine on lysosomal protein in cultured rat hepatocytes.
掲載誌 J. Health Sci.
巻,号,頁 54(2);179-186 発行年 2008 発行月 4
著者 Michihara A, Morita S, Toda K, Akasaki K, Tsuji H.
29 論文題目 Mevalonate pyrophosphate decarboxylase is predominantly located in the cytosol of both B16 and B16F10 cells in mouse melanoma treated with lovastatin.
掲載誌 J. Health Sci.
巻,号,頁 54(2),;216-223 発行年 2008 発行月 4
著者 Michihara A, Toda K, Suenobu M, Akasaki K, Tsuji H.
30 論文題目 Decrease of cholesterol in mouse melanoma causes secretion of lysosomal enzymes.
掲載誌 J. Biochem.
巻,号,頁 141(2):239-250 発行年 2007 発行月 2
著者 Sugihara N, Toyama K, Michihara A, Akasaki K, Tsuji H, Furuno K.
31 論文題目 Effect of benzo[a]pyrene on P-glycoprotein-mediated transport in Caco-2 cell monolayer.
掲載誌 Toxicology.
巻,号,頁 223(1-2):156-165 発行年 2006 発行月 6
著者 Michihara A, Toda K, Kubo T, Fujiwara Y, Akasaki K, Tsuji H.
32 論文題目 Disruptive effect of chloroquine on lysosomes in cultured rat hepatocytes.
掲載誌 Biol. Pharm. Bull.
巻,号,頁 28(6):947-951 発行年 2005 発行月 6
著者 Michihara A.
33 論文題目 Comparison of biochemical properties and protein level of mevalonate pyrophosphate decarboxylase between stroke-prone spontaneously hypertensive rats and Wistar-Kyoto rats.
掲載誌 Yakugaku Zasshi.
巻,号,頁 124(10):683-692 発行年 2004 発行月 10
著者 Akasaki K, Nakamura N, Tsukui N, Yokota S, Murata S, Katoh R, Michihara A, Tsuji H, Marques ET Jr, August JT.
34 論文題目 Human dendritic cell lysosome-associated membrane protein expressed in lung type II pneumocytes.
掲載誌 Arch. Biochem. Biophys.
巻,号,頁 425(2):147-157 発行年 2004 発行月 5
著者 道原明宏、赤崎健司、辻 宏
35 論文題目 メバロン酸二リン酸脱炭酸酵素の細胞内分布
掲載誌 福山大学薬学部 研究年報
巻,号,頁 第22号 pp25-38 発行年 2004 発行月
著者 Michihara A, Sawamura M, Yamori Y, Akasaki K, Tsuji H.
36 論文題目 Probucol decreases mevalonate pyrophosphate decarboxylase in the rat liver.
掲載誌 Biol. Pharm. Bull.
巻,号,頁 26(10):1484-1486 発行年 2003 発行月 10
著者 Michihara A, Akasaki K, Yamori Y, Tsuji H.
37 論文題目 Change in the protein level of mevalonate pyrophosphate decarboxylase in tissues of mouse by pravastatin.
掲載誌 Biol. Pharm. Bull.
巻,号,頁 26(8):1082-1085 発行年 2003 発行月 8
著者 Michihara A, Akasaki K, Yamori Y, Tsuji H.
38 論文題目 Subcellular distribution of mouse mevalonate pyrophosphate decarboxylase.
掲載誌 Biol. Pharm. Bull.
巻,号,頁 26(5):579-584 発行年 2003 発行月 5
著者 Michihara A, Sawamura M, Yamori Y, Akasaki K, Tsuji H.
39 論文題目 Peroxisome proliferative drugs do not induce an increase of rat mevalonate pyrophosphate decarboxylase.
掲載誌 Biol. Pharm. Bull.
巻,号,頁 26(1):93-95 発行年 2003 発行月 1
著者 Michihara A, Sawamura M, Yamori Y, Akasaki K, Tsuji H.
40 論文題目 Comparison of subcellular distribution of mevalonate pyrophosphate decarboxylase between stroke-prone spontaneously hypertensive rat and Wistar Kyoto rat.
掲載誌 Biol. Pharm. Bull.
巻,号,頁 25(6):734-737 発行年 2002 発行月 6
著者 Michihara A, Akasaki K, Yamori Y, Tsuji H.
41 論文題目 Purification and characterization of mouse mevalonate pyrophosphate decarboxylase.
掲載誌 Biol. Pharm. Bull.
巻,号,頁 25(3):302-306 発行年 2002 発行月 3
著者 Michihara A, Sawamura M, Yamori Y, Akasaki K, Tsuji H.
42 論文題目 Mevalonate pyrophosphate decarboxylase in stroke-prone spontaneously hypertensive rat is reduced from the age of two weeks.
掲載誌 Biol. Pharm. Bull.
巻,号,頁 24(12):1417-1419 発行年 2001 発行月 12
著者 Michihara A, Sawamura M, Yamori Y, Akasaki K, Tsuji H.
43 論文題目 Difference in subcellular distribution between 45- and 37-kDa mevalonate pyrophosphate decarboxylase in rat liver.
掲載誌 Biol. Pharm. Bull.
巻,号,頁 24(12):1347-1350 発行年 2001 発行月 12
著者 Michihara A, Akasaki K, Yamori Y, Tsuji H.
44 論文題目 Tissue distribution of a major mevalonate pyrophosphate decarboxylase in rats.
掲載誌 Biol. Pharm. Bull.
巻,号,頁 24(11):1231-1234 発行年 2001 発行月 11
著者 Michihara A, Sawamura M, Yamori Y, Akasaki K, Tsuji H.
45 論文題目 Mevalonate pyrophosphate decarboxylase is predominantly located in the cytosol of rat hepatocytes.
掲載誌 Biol. Pharm. Bull.
巻,号,頁 24(11):1235-1240 発行年 2001 発行月 11
著者 Michihara A, Sawamura M, Nara Y, Ikeda K, Yamori Y.
46 論文題目 Lower mevalonate pyrophosphate decarboxylase activity is caused by the reduced amount of enzyme in stroke-prone spontaneously hypertensive rat.
掲載誌 J. Biochem.
巻,号,頁 124(1):40-44 発行年 1998 発行月 7
著者 道原明宏
47 論文題目 脳卒中易発症ラットのコレステロール合成低下に関与するメバロン酸二リン酸脱炭酸酵素の生化学的研究
掲載誌 福山大学薬学部 研究年報
巻,号,頁 第16号 pp26-45 発行年 1998 発行月
著者 Michihara A, Sawamura M, Nara Y, Ikeda K, Yamori Y.
48 論文題目 Purification and characterization of two mevalonate pyrophosphate decarboxylases from rat liver: a novel molecular species of 37 kDa.
掲載誌 J. Biochem.
巻,号,頁 122(3):647-654 発行年 1997 発行月 9
著者 Akasaki K, Michihara A, Fujiwara Y, Mibuka K, Tsuji H.
49 論文題目 Biosynthetic transport of a major lysosome-associated membrane glycoprotein 2, lamp-2: a significant fraction of newly synthesized lamp-2 is delivered to lysosomes by way of early endosomes.
掲載誌 J. Biochem.
巻,号,頁 120(6):1088-1094 発行年 1996 発行月 12
著者 Takahashi T, Michihara A, Fukushima N, Sawamura M, Nara Y, Ikeda K, Yamori Y.
50 論文題目 Synthesis of cholesterol in spontaneously hypertensive rat
掲載誌 Therapeutic Res.
巻,号,頁 17:3860-3863 発行年 1996 発行月 10
著者 Akasaki K, Michihara A, Mibuka K, Fujiwara Y, Tsuji H.
51 論文題目 Biosynthetic transport of a major lysosomal membrane glycoprotein, lamp-1: convergence of biosynthetic and endocytic pathways occurs at three distinctive points.
掲載誌 Exp. Cell Res.
巻,号,頁 220(2):464-473 発行年 1995 発行月 10
著者 Akasaki K, Michihara A, Fukuzawa M, Kinoshita H, Tsuji H.
52 論文題目 Cycling of an 85-kDa lysosomal membrane glycoprotein between the cell surface and lysosomes in cultured rat hepatocytes.
掲載誌 J. Biochem.
巻,号,頁 116(3):670-676 発行年 1994 発行月 9

戻る

TOP

エッセイ,記事(新聞)等

著者 Michihara A, Mido M, Matsuoka H, Mizutani Y.
53 題目 Lower Squalene Epoxidase and Higher Scavenger Receptor Class B Type 1 Protein Levels Are Involved in Reduced Serum Cholesterol Levels in Stroke-Prone Spontaneously Hypertensive Rats.
掲載誌 毎月の掲載数10万を超える科学論文の中から、循環器疾患領域における注目すべき優れた論文(Biol. Pharm. Bull.38:1879-1890)として、World Biomedical Frontiers に紹介された。
頁等 http://biomedfrontiers.org/cardio-2016-3-2/ 発行年 2016 発行月 3

戻る

TOP

特許

戻る

TOP

薬学部 / 薬学科 / 教授 / 道原 明宏