免責事項
 福山大学研究者一覧・検索サイトの内容は,各教員が自ら入力した情報に基づいています.その情報の正確性について,福山大学が保証するものではありません.

福山大学
研究者情報

薬学部 / 薬学科 / 講師 / 松岡 浩史

研究者情報 研究業績 学位論文 著書 学術論文(総説・解説含む) エッセイ,記事(新聞)等 特許
表示:[全業績]
代表業績表示に変更

研究者情報

福山大学学術リポジトリ researchmap J-GLOBAL CiNii 国立国会図書館 Google Scholar
氏名 松岡 浩史 (まつおか ひろし) 
所属 薬学部 薬学科
職名 講師
e-mail matsuoka ★ fukuyama-u。ac、jp
迷惑メール対策として「@」,「.」を置き換えて表示しています.
TEL 084-936-2112 (ダイヤルイン 5132)
FAX 084-936-2024
WEB http://web.fukuyama-u.ac.jp/pharm/htmls/Labo/labs/genome/index.html
更新日時 2020-07-07 10:03:15
学歴 2008年3月 福山大学大学院 工学研究科 生命工学専攻 博士課程修了
学位・資格 2008年3月 博士(工学) 学位
職歴 名古屋工業大学 特任研究員 (2008年5月~2009年3月)
福山大学 薬学部 助教 (2009年4月~2013年3月)
福山大学 薬学部 講師 (2013年4月~現在)
専門分野 分子生物学,遺伝生化学,病態生理学
研究テーマ 動脈硬化抑制にかかわる核内受容体RORαの標的遺伝子群の探索研究
血中糖濃度調節にかかわる糖新生律速酵素遺伝子の転写活性化に関する研究
ステロイド類縁体による核内受容体を介した発現調節に関する研究
血管疾患にかかわる細胞接着関連分子クローディンの機能に関する研究
ビタミンDによる生理作用に関する研究
研究テーマのキーワード 核内受容体,転写制御,低酸素応答,脂質代謝,動脈硬化,遺伝子多型,エピジェネティクス
所属学会 日本分子生物学会, 日本薬学会, 日本動脈硬化学会, 日本農芸化学会, 日本薬学教育学会
学会活動 第56回日本薬学会中国四国支部学術大会(生物化学1-1・座長)
共同研究・科研費採択課題等実績 2012-2014年度 デンカ生研株式会社と共同研究(研究分担者)
2015年度 鹿児島県離島振興協議会アイランドキャンパス事業(研究分担者)
2016年度 シャープ株式会社と共同研究(研究分担者)
2017-2020年度 ファーマシィ株式会社と共同研究(研究分担者)
2018-2019年度 国立遺伝学研究所共同研究(A)「NIG-JOINT」(研究代表者)
主な担当授業科目 生体のなりたち,生命情報を担う遺伝子,ゲノム情報と創薬,バイオ・細胞医薬品,実習Ⅲ(遺伝子工学),ファーマシューティカルケア総合演習(遺伝子診断によるテーラーメイド医療),コミュニケーション交流学習,セルフメディケーション等
主な学内役職・委員 全学【学術研究倫理審査委員(遺伝子組換え安全管理部会・安全主任者)】
全学【内海生物資源研究所運営委員】【RIセンター運営委員】
全学【共同利用センター専門委員】
全学【広報委員,広報ホームページ部会委員】
学部【共用試験実施委員,外部対応委員,大学祭実行委員,BYOD対応委員】
社会活動 Science Lab 実験型理科学習(2011年8月)【DNA鑑定-アルコール代謝の遺伝子型を調べてみよう!】
福山市薬剤師会シリーズ研修会・講師(2013年1月)【ヒトゲノム解読は医療現場に何をもたらすのか?】
府中学びフェスタ・共催(2013年10月~現在)【薬学生による健康度チェックと理科実験コーナー】
福山市保健所 喫煙・飲酒等防止教育・講師(2017年1月)
福山市医師会看護専門学校・講師(2018年~現在)【解剖生理学Ⅳ(内分泌腺とホルモン)】
受賞,その他の実績 

戻る

TOP

全研究業績

代表業績表示に変更

学位論文

提出者 松岡 浩史
1 論文題目 枯草菌の異化代謝制御に関与するTetRファミリー転写制御因子レギュロンの機能解析
提出大学 福山大学
提出年 2008 提出月 3

戻る

TOP

著書

著者 岡崎克則、菅原栄紀、髙橋栄造、中西徹、根岸和雄、根岸友惠、深見希代子、細野雅祐、松岡浩史、松崎浩明、道原明宏、山岸明彦、渡辺渡(五十音順)
2 書名 遺伝子工学 ー基礎から医療までー【 担当項:核酸医薬品、遺伝子多型とオーダーメイド医療 】
出版社 廣川書店(Hirokawa Publishing co.)
頁数(担当頁) pp.169-188 出版年 2017 出版月 4

戻る

TOP

学術論文(総説・解説含む)

著者 Akiho Shima, Hiroshi Matsuoka, Kaoruko Miya and Akihiro Michihara
3 論文題目 Lovastatin suppresses the transcriptional regulation of CLDND1 in human hepatoma cells
掲載誌 BPB Reports
巻,号,頁 3, 4, 113-118 発行年 2020 発行月 7
著者 Miyu Katayama, Hiroshi Matsuoka, Takahiro Hamashima and Akihiro Michihara
4 論文題目 Brain regions with reduced amounts of mevalonate pyrophosphate decarboxylase correspond to sites of strokes in stroke-prone spontaneously hypertensive rats
掲載誌 BPB Reports
巻,号,頁 3, 3, 106-112 発行年 2020 発行月 6
著者 Hiroshi Matsuoka, Miyu Katayama, Ami Ohishi, Kaoruko Miya, Riki Tokunaga, Sou Kobayashi, Yuya Nishimoto, Kazutake Hirooka, Akiho Shima and Akihiro Michihara
5 論文題目 Orphan Nuclear Receptor RORα Regulates Enzymatic Metabolism of Cerebral 24S-Hydroxycholesterol through CYP39A1 Intronic Response Element Activation
掲載誌 International Journal of Molecular Sciences (Special Issue)
巻,号,頁 21, 9, 3309 発行年 2020 発行月 5
著者 Hiroshi Matsuoka, Riki Tokunaga, Miyu Katayama, Yuichiro Hosoda, Kaoruko Miya, Kento Sumi, Ami Ohishi, Jun Kamishikiryo, Akiho Shima and Akihiro Michihara
6 論文題目 Retinoic acid receptor-related orphan receptor α reduces lipid droplets by upregulating neutral cholesterol ester hydrolase 1 in macrophages
掲載誌 BMC Molecular and Cell Biology
巻,号,頁 21, 32, 1-16 発行年 2020 発行月 4
著者 Hiroshi Matsuoka, Yuka Uchino, Mayuko Choshi, Tetsuya Nakamura and Akihiro Michihara
7 論文題目 Stroke-prone Spontaneously Hypertensive Rats Have Reduced Hydroxysteroid 17-β Dehydrogenase 7 Levels for Low Cholesterol Biosynthesis
掲載誌 Clinical and Experimental Pharmacology and Physiology
巻,号,頁 47, 2, 255-262 発行年 2020 発行月 2
著者 Hiroshi Matsuoka, Aki Tamura, Masaki Kinehara, Akiho Shima, Arisa Uda, Hidetoshi Tahara and Akihiro Michihara
8 論文題目 Levels of tight junction protein CLDND1 are regulated by microRNA-124 in the cerebellum of stroke-prone spontaneously hypertensive rats
掲載誌 Biochemical and Biophysical Research Communications
巻,号,頁 498, 4, 817-823 発行年 2018 発行月 4
著者 Masatoshi Ohnishi, Hiroyuki Ochiai, Kohei Matsuoka, Marina Akagi, Yuta Nakayama, Akiho Shima, Arisa Uda, Hiroshi Matsuoka, Jun Kamishikiryo, Akihiro Michihara and Atsuko Inoue
9 論文題目 Claudin domain containing 1 contributing to endothelial cell adhesion decreases in presence of cerebellar hemorrhage
掲載誌 Journal of Neuroscience Research
巻,号,頁 95, 10, 2051-2058 発行年 2017 発行月 10
著者 Akihiro Michihara, Akiho Shima, Hiroshi Matsuoka, Yurika Mizutani, Arisa Uda, Mayuko Mido, Asaki Oda, Hirotaka Ezaki and Yuka Uchino
10 論文題目 Education activity on the prevention of disease using genetic analysis
掲載誌 Jpn. J. Soc. Pharm.
巻,号,頁 36, 1, 27-35 発行年 2017 発行月 6
著者 Hiroshi Matsuoka, Akiho Shima, Arisa Uda, Hirotaka Ezaki and Akihiro Michihara.
11 論文題目 The retinoic acid receptor-related orphan receptor α positively regulates tight junction protein claudin domain-containing 1 mRNA expression in human brain endothelial cells
掲載誌 The Journal of Biochemistry
巻,号,頁 161, 5, 441-450 発行年 2017 発行月 5
著者 道原明宏、松岡浩史、志摩亜季保、水谷友莉香
12 論文題目 喜界島における遺伝子調査を用いた疾病予防に対する教育・啓発活動
掲載誌 鹿児島県離島振興協議会アイランドキャンパス事業報告書
巻,号,頁 http://www.shima-supporter.com/island_campus/ 発行年 2016 発行月 12
著者 Akihiro Michihara, Mayuko Mido, Hiroshi Matsuoka and Yurika Mizutani
13 論文題目 Lower Squalene Epoxidase and Higher Scavenger Receptor Class B type 1 Protein Levels are involved in Reduced Serum Cholesterol Levels in Stroke-Prone Spontaneously Hypertensive Rats
掲載誌 Biological and Pharmaceutical Bulletin
巻,号,頁 38, 12, 1879-1890 発行年 2015 発行月 12
著者 Hiroshi Matsuoka, Akiho Shima, Daisuke Kuramoto, Daisuke Kikumoto, Takashi Matsui and Akihiro Michihara
14 論文題目 Phosphoenolpyruvate Carboxykinase, a Key Enzyme That Controls Blood Glucose, Is a Target of Retinoic Acid Receptor-Related Orphan Receptor α
掲載誌 PLoS One
巻,号,頁 18, 10 (9), e0137955 発行年 2015 発行月 9
著者 Akihiro Michihara, Norie Ide, Manami Okamoto, Maya Uchida, Kenji Akasaki, Yurika Mizutani and Hiroshi Matsuoka
15 論文題目 Involvement of microRNA214 and Transcriptional Regulation in Reductions in Mevalonate Pyrophosphate Decarboxylase mRNA Levels in Stroke-Prone Spontaneously Hypertensive Rat Livers
掲載誌 Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry
巻,号,頁 79, 11, 1759-1770 発行年 2015 発行月 7
著者 Masahiro Fujihashi, Taiga Nakatani, Kazutake Hirooka, Hiroshi Matsuoka, Yasutaro Fujita and Kunio Miki
16 論文題目 Structural characterization of a ligand-boundform of Bacillus subtilis FadR involved in theregulation of fatty acid degradation
掲載誌 Proteins
巻,号,頁 82, 7, 1301-1310 発行年 2014 発行月 7
著者 Shigeo Tojo, Takenori Satomura, Hiroshi Matsuoka, Kazutake Hirooka and Yasutaro Fujita
17 論文題目 Catabolite repression of the Bacillus subtilis FadR regulon, which is involved in fatty acid catabolism
掲載誌 Journal of Bacteriology
巻,号,頁 193, 10, 2388-2395 発行年 2011 発行月 5
著者 Ji-Yun Kim, Takashi Inaoka, Kazutake Hirooka, Hiroshi Matsuoka, Makiko Murata, Reiko Ohki, Yoshikazu Adachi, Yasutaro Fujita and Kozo Ochi
18 論文題目 Identification and characterization of a novel multidrug resistance operon, mdtRP (yusOP), of Bacillus subtilis
掲載誌 Journal of Bacteriology
巻,号,頁 191, 10, 3685-3697 発行年 2009 発行月 5
著者 Kazutake Hirooka, Yusuke Danjo, Yuki Hanano, Satoshi Kunikane, Hiroshi Matsuoka, Shigeo Tojo and Yasutaro Fujita
19 論文題目 Regulation of the Bacillus subtilis divergent yetL and yetM gene by a transcriptional repressor, YetL, in response to flavonoids
掲載誌 Journal of Bacteriology
巻,号,頁 191, 11, 3685-3697 発行年 2009 発行月 5
著者 Hiroshi Matsuoka, Atsuto Miura and Katsutoshi Hori
20 論文題目 Symbiotic effects of a lipase-secreting bacterium, Burkholderia arboris SL1B1, and a glycerol-assimilating yeast, Candida cylindracea SL1B2, on triacylglycerol degradatiojn
掲載誌 Journal of Bioscience and Bioengineering
巻,号,頁 107, 4, 401-408 発行年 2009 発行月 4
著者 Yasutaro Fujita, Hiroshi Matsuoka and Kazutake Hirooka
21 論文題目 Regulation of fatty acid metabolism in bacteria
掲載誌 Molecular Microbiology
巻,号,頁 66, 4, 829-839 発行年 2007 発行月 11
著者 Kazutake Hirooka, Satoshi Kunikane, Hiroshi Matsuoka, Ken-ichi Yoshida, Kanako Kumamoto, Shigeo Tojo and Yasutaro Fujita
22 論文題目 Dual regulation of the Bacillus subtilis regulon comprising the lmrAB and yxaGH orerons and yxaF gene by two transcriptional repressors, LmrA and YxaF, in response to flavonoids
掲載誌 Journal of Bacteriology
巻,号,頁 189, 14, 5170-5182 発行年 2007 発行月 7
著者 Hiroshi Matsuoka, Kazutake Hirooka and Yasutaro Fujita
23 論文題目 Organization and function of the YsiA regulon of Bacillus subtilis involved in fatty acid degradation
掲載誌 Journal of Biological Chemistry
巻,号,頁 282, 8, 5180-5194 発行年 2007 発行月 2
著者 Ken-ichi Yoshida, Yo-hei Ohki, Makiko Murata, Masaki Kinehara, Hiroshi Matsuoka, Takenori Satomura, Reiko Ohki, Miyuki Kumano, Kunio Yamane and Yasutaro Fujita
24 論文題目 Bacillus subtilis LmrA is a repressor of the lmrAB and yxaGH operons: identification of its binding site and functional analysis of lmrB and yxaGH
掲載誌 Journal of Bacteriology
巻,号,頁 186, 17, 5640-5648 発行年 2004 発行月 9

戻る

TOP

エッセイ,記事(新聞)等

著者 中国新聞社
25 題目 動脈硬化予防に道 福山大の松岡講師たち 「原因分解」促す物質解明
掲載誌 【中国新聞朝刊】【中国新聞デジタル】2020年7月6日(月)
頁等 地域 17面,医療・健康 発行年 2020 発行月 7
著者 山陽新聞社
26 題目 血管脂肪排出の仕組み解明 福山大の松岡講師ら 動脈硬化創薬へ
掲載誌 【山陽新聞朝刊】【山陽新聞デジタル】【Yahoo!ニュース】2020年6月24日(水)
頁等 社会 26面,医療,ライフ 発行年 2020 発行月 6
著者 松岡浩史
27 題目 動脈硬化抑制に関わる核内受容体の標的遺伝子の探索
掲載誌 川崎医学会誌
頁等 43-補遺号, S86 発行年 2017 発行月 8

戻る

TOP

特許

戻る

TOP

薬学部 / 薬学科 / 講師 / 松岡 浩史