免責事項
 福山大学研究者一覧・検索サイトの内容は,各教員が自ら入力した情報に基づいています.その情報の正確性について,福山大学が保証するものではありません.

福山大学
研究者情報

薬学部 / 薬学科 / 教授 / 重永 章

研究者情報 研究業績 学位論文 著書 学術論文(総説・解説含む) エッセイ,記事(新聞)等 特許
表示:[全業績]
代表業績表示に変更

研究者情報

福山大学学術リポジトリ researchmap J-GLOBAL CiNii 国立国会図書館 Google Scholar
氏名 重永 章 (しげなが あきら) 
所属 薬学部 薬学科
職名 教授
e-mail shigenaga ★ fukuyama-u。ac、jp
迷惑メール対策として「@」,「.」を置き換えて表示しています.
TEL
FAX
WEB https://www.fukuyama-u.ac.jp/pharm/pharmacy/labo-list/org_bioorg_chem/
更新日時 2021-07-26 07:36:11
学歴 1995年3月 山口県立徳山高等学校普通科 卒業
1999年3月 徳島大学薬学部製薬化学科 卒業
2001年3月 徳島大学大学院薬学研究科博士前期課程 修了
2004年3月 徳島大学大学院薬学研究科博士後期課程 修了
学位・資格 博士(薬学) 徳島大学
薬剤師 1999年
第一種衛生管理者 2008年
職歴 スクリプス研究所化学科 博士研究員(2004年4月~2005年6月)
徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部(薬学系) 教務員(2005年7月~2007年3月)
徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部(薬学系) 助教(2007年4月~2013年11月)
(兼任)東京都医学総合研究所 協力研究員(2012年11月~2015年3月)
(兼任)科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業 さきがけ研究者(2013年10月~2017年3月)
徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部(薬学系) 講師(2013年12月~2015年3月)
徳島大学大学院医歯薬学研究部(薬学系) 講師(2015年4月~2017年3月)(改組に伴う所属名称の変更)
徳島大学大学院医歯薬学研究部薬学域 講師(2017年4月~2020年3月)(改組に伴う所属名称の変更)
(兼任)東京都医学総合研究所 協力研究員(2017年4月~2018年3月)
福山大学薬学部薬学科 教授(2020年4月~現在)
専門分野 有機合成化学、ペプチド・タンパク質化学、ケミカルバイオロジー
研究テーマ 刺激応答型アミノ酸の開発と生命科学分野への応用
標的タンパク質の精製・機能解明法の確立
タンパク質化学修飾法の開拓
研究テーマのキーワード トリメチルロック、クリーバブルリンカー、タンパク質ラベル化、Native Chemical Ligation
所属学会 日本薬学会, 日本ペプチド学会, 有機合成化学協会, 米国化学会, 日本ケミカルバイオロジー学会, 日本プロセス化学会, 臨床医薬品化学研究会
学会活動 日本薬学会化学系薬学部会次世代を担う有機化学シンポジウム アドバイザー(2020年10月~現在)
日本薬学会構造活性相関部会 幹事(2018年4月~現在)
日本薬学会化学系薬学部会次世代を担う有機化学シンポジウム 世話人(2015年5月~2020年9月)
日本薬学会第141年会組織委員会 組織委員(2020, 21年)
10th International Peptide Symposium・International Program Committee(2018年)、他
共同研究・科研費採択課題等実績 2020~1年度 科研費 挑戦的研究(萌芽)(研究代表者)
2020~1年度 上原記念生命科学財団 研究推進特別奨励金(研究代表者)
2020~1年度 住友財団 基礎科学研究助成(研究代表者)
2019~20年度 薬学研究奨励財団 研究助成金グループA(研究代表者)
2015~7年度 科研費 基盤研究(C)(研究代表者)
2013~4年度 科研費 新学術領域研究(研究領域提案型(公募))(研究代表者)
2013~6年度 戦略的創造研究推進事業(さきがけ)(研究代表者)
2013~4年度 有機合成化学協会 武田薬品工業研究企画賞(研究代表者)
2012~14年度 科研費 基盤研究(C)(研究代表者)
2011~2年度 科研費 新学術領域研究(研究領域提案型(公募))(研究代表者)他
主な担当授業科目 生体分子の構造と化学的性質
主な学内役職・委員 
社会活動 
受賞,その他の実績 康楽賞(教員の部)(公益財団法人 康楽会) 2020年
化学系薬学部会賞(日本薬学会化学系薬学部会) 2017年
武田薬品工業研究企画賞(公益社団法人 有機合成化学協会) 2013年
奨励賞(日本ペプチド学会) 2012年
奨励賞(日本薬学会中国四国支部) 2011年、他

戻る

TOP

全研究業績

代表業績表示に変更

学位論文

提出者 重永 章
1 論文題目 ポリアミン部位を有するエンジインモデル化合物に関する研究
提出大学 徳島大学
提出年 2004 提出月

戻る

TOP

著書

著者 大高 章、重永 章
2 書名 「第I編 ペプチド合成、第二章 ペプチドの液相合成」医療・診断をささえるペプチド科学 ―再生医療・DDS・診断への応用―(平野義明 監修)
出版社 シーエムシー出版
頁数(担当頁) 10-16 出版年 2017 出版月
著者 Otaka, A.*; Sato, K.; Shigenaga, A.
3 書名 “Chemical synthesis of proteins using N-sulfanylethylanilide peptides, based on N-S acyl transfer chemistry” Top. Curr. Chem.
出版社
頁数(担当頁) 33-56 出版年 2015 出版月
著者 重永 章、山本 純、大高 章
4 書名 「生物活性小分子の結合パートナータンパク質を知りたい -リンカー分子を用いたタンパク質精製法-」実験医学増刊号 驚愕の代謝システム~メタボロームの階層から解き明かす疾患研究の新たなステージ~(末松 誠、杉浦悠毅 編)
出版社 羊土社
頁数(担当頁) 150 (2482)-156 (2488) 出版年 2014 出版月
著者 重永 章、山本 純、大高 章
5 書名 「刺激応答型アミノ酸の開発と生命科学分野への応用」遺伝子医学MOOK 21号 最新ペプチド合成技術とその創薬研究への応用(木曽良明 編)
出版社 メディカルドゥ
頁数(担当頁) 168-172 出版年 2012 出版月
著者 大高 章、重永 章
6 書名 「第10章 最近のペプチド・タンパク質の化学合成について」機能性タンパク質・ペプチドの生体利用(岡達三、二川健、奥恒行 編)
出版社 建帛社
頁数(担当頁) 205-231 出版年 2010 出版月
著者 重永 章、大高 章
7 書名 「Split and Pool法を用いたOne-bead, One-peptideライブラリーの構築とハイスループットスクリーニングへの展開」蛋白質・核酸・酵素増刊号 ケミカルバイオロジー(長野哲雄、長田裕之、菊地和也、上杉志成 編)
出版社 共立出版
頁数(担当頁) 1792-1793 出版年 2007 出版月

戻る

TOP

学術論文(総説・解説含む)

著者 Iwase, R.; Naruse, N.; Nakagawa, M.; Saito, R.; Shigenaga, A.; Otaka, A.; Hara, T.*; Tanegashima, K.*
8 論文題目 Identification of functional domains of CXCL14 involved in high-affinity binding and intracellular transport of CpG DNA
掲載誌 J. Immunol.
巻,号,頁 15, 459-469 発行年 2021 発行月 7
著者 Shigenaga, A.*
9 論文題目 Theoretical study on reaction mechanism of phosphate-catalyzed N-S acyl transfer of N-sulfanylethylanilide (SEAlide)
掲載誌 Org. Biomol. Chem.
巻,号,頁 18, 9706-9711 発行年 2020 発行月
著者 Ohkawachi, K.; Kobayashi, D.; Morimoto, K.; Shigenaga, A.; Denda, M.; Yamatsugu, K.; Kanai, M.; Otaka, A.*
10 論文題目 Sulfanylmethyldimethylaminopyridine as a useful thiol additive for ligation chemistry in peptide/protein synthesis
掲載誌 Org. Lett.
巻,号,頁 22, 5289-5293 and Supplementary Cover Art 発行年 2020 発行月
著者 Morisaki, T.; Shigenaga, A.*; Otaka, A.*
11 論文題目 Development of a turn-on fluorescent traceable linker employing N-sulfanylethylcoumarinyl amide for the enrichment and visualization of target proteins
掲載誌 Chem. Pharm. Bull. (Current Topic “Drug Discovery: Recent Progress and the Future”)
巻,号,頁 68, 216-219 and Front Cover 発行年 2020 発行月
著者 Naruse, N.; Kobayashi, D.; Ohkawachi, K.; Shigenaga, A.; Otaka, A.*
12 論文題目 Examination of copper-mediated deprotection of thiazolidine and selenazolidine derivatives with application to native chemical ligation
掲載誌 J. Org. Chem. (JOC Special Issue “Modern Peptide and Protein Chemistry”)
巻,号,頁 85, 1425-1433 発行年 2020 発行月
著者 Kobayashi, D.; Naruse, N.; Denda, M.; Shigenaga, A.; Otaka, A.*
13 論文題目 Deprotection of S-acetoamidomethyl cysteine with copper (II) and 1,2-aminothiols under aerobic conditions
掲載誌 Org. Biomol. Chem. (Themed collection: Chemical biology in OBC; Inside Front Cover)
巻,号,頁 18, 8638-8645 発行年 2020 発行月
著者 Ueda, M.; Komiya, C.; Arii, S.; Kusumoto, K.; Denda, M.; Okuhira, K.; Shigenaga, A.*; Otaka, A.*
14 論文題目 Sequence-independent traceless method for preparation of peptide/protein thioesters using CPaseY-mediated hydrazinolysis
掲載誌 Chem. Pharm. Bull. (Highlighted paper selected by Editor-in-Chief, Featured article)
巻,号,頁 68, 1226-1232 発行年 2020 発行月
著者 重永 章、大高 章
15 論文題目 有機化学的視点からの標的タンパク質精製・機能解明ツールの開発
掲載誌 生化学
巻,号,頁 91, 795-799 発行年 2019 発行月
著者 Shigenaga, A.*
16 論文題目 Development of chemical biology tools focusing on peptide/amide bond cleavage reaction
掲載誌 Chem. Pharm. Bull.
巻,号,頁 67, 1171-1178 発行年 2019 発行月
著者 重永 章*
17 論文題目 スクリプス研究所Janda研への留学経験を振り返る
掲載誌 薬学雑誌
巻,号,頁 139, 221-228 発行年 2019 発行月
著者 Inokuma, T.*; Sakakibara, T.; Someno, T.; Masui, K.; Shigenaga, A.; Otaka, A.; Yamada, K.*
18 論文題目 Asymmetric synthesis of α-amino phosphonic acids using stable imino phosphonate as a universal precursor
掲載誌 Chem. Eur. J. (Hot Topic: Organocatalysis)
巻,号,頁 25, 13829-13832 発行年 2019 発行月
著者 Komiya, C.; Shigenaga, A.*; Tsukimoto, J.; Ueda, M.; Morisaki, T.; Inokuma, T.; Itoh, K.; Otaka, A.*
19 論文題目 Traceless synthesis of protein thioesters using enzyme-mediated hydrazinolysis and subsequent self-editing of cysteinyl prolyl sequence
掲載誌 Chem. Commun.
巻,号,頁 55, 7029-7032 発行年 2019 発行月
著者 Kawahara, H.; Miyashita, N.; Tachibana, K.; Tsuda, Y.; Morimoto, K.; Tsuji, K.; Shigenaga, A.; Otaka, A.; Ishida, T.; Okuhira, K.*
20 論文題目 A photo-activatable peptide mimicking functions of apolipoprotein A-I” ,
掲載誌 Biol. Pharm. Bull.
巻,号,頁 42, 1019-1024 発行年 2019 発行月
著者 大高 章*、重永 章
21 論文題目 天然に学ぶタンパク質合成化学
掲載誌 有機合成化学協会誌
巻,号,頁 76, 45-54 発行年 2018 発行月
著者 大高 章、重永 章
22 論文題目 十字路:Native Chemical Ligation
掲載誌 有機合成化学協会誌
巻,号,頁 76, 66 発行年 2018 発行月
著者 Inokuma, T.; Nishida, K.; Shigenaga, A.; Yamada, K.; Otaka, A.*
23 論文題目 Direct enantioselective indolylation of peptidyl imine for the synthesis of indolyl glycine-containing peptides
掲載誌 Heterocycles (Professor Tomioka’s Special Issue)
巻,号,頁 97, 1269-1287 発行年 2018 発行月
著者 Jichu, T.#; Inokuma, T.#; Aihara, K.; Kohiki, T.; Nishida, K.; Shigenaga, A.; Yamada, K.; Otaka, A.* (#equal contribution)
24 論文題目 A recyclable hydrophobic anchor-tagged asymmetric amino thiourea catalyst
掲載誌 ChemCatChem
巻,号,頁 10, 3402-3405 発行年 2018 発行月
著者 Naruse, N.; Ohkawachi, K.; Inokuma, T.; Shigenaga, A.; Otaka, A.*
25 論文題目 Resin-bound crypto-thioester for native chemical ligation
掲載誌 Org. Lett.
巻,号,頁 20, 2449-2453 発行年 2018 発行月
著者 Inaba, H.*; Uemura, A.; Morishita, K.; Kohiki, T.; Shigenaga, A.; Otaka, A.; Matsuura, K.*
26 論文題目 Light-induced propulsion of a giant liposome driven by peptide nanofibre growth
掲載誌 Sci. Rep.
巻,号,頁 8, article number 6243 発行年 2018 発行月
著者 Shigenaga, A.*; Naruse, N.; Otaka, A.
27 論文題目 ProteoFind: A script for finding proteins that are suitable for chemical synthesis
掲載誌 Tetrahedron
巻,号,頁 74, 2291-2297 発行年 2018 発行月
著者 Mizuguchi, C.; Nakamura, M.; Kurimitsu, N.; Ohgita, T.; Nishitsuji, K.; Baba, T.; Shigenaga, A.; Shimaouchi, T.; Okuhira, K.; Otaka, A.; Saito, H.*
28 論文題目 Effect of phosphatidylserine and cholesterol on membrane-mediated fibril formation by the N-terminal amyloidogenic fragment of apolipoprotein A-I
掲載誌 Sci. Rep.
巻,号,頁 8, article number 5497 発行年 2018 発行月
著者 Shigenaga, A.*; Yamamoto, J.; Kohiki, T.; Inokuma, T.; Otaka, A.*
29 論文題目 Invention of stimulus-responsive peptide-bond-cleaving residue (Spr) and its application to chemical biology tools
掲載誌 J. Pept. Sci.
巻,号,頁 23, 505-513 発行年 2017 発行月
著者 Kohiki, T.; Nishikawa, Y.; Inokuma, T.; Shigenaga, A.*; Otaka, A.*
30 論文題目 Chemical synthetic platform for chlorpromazine oligomers that were reported as photo-degradation products of chlorpromazine
掲載誌 Chem. Pharm. Bull.
巻,号,頁 65, 1161-1166 発行年 2017 発行月
著者 Tanegashima, K.*; Takahashi, R.; Nuriya, H.; Naruse, N.; Tsuji, K.; Shigenaga, A.; Otaka, A.; Hara, T.*
31 論文題目 CXCL14 acts as a specific carrier of CpG into dendritic cells and activates Toll-like receptor 9-mediated adaptive immunity
掲載誌 EBioMedicine
巻,号,頁 24, 247-256 発行年 2017 発行月
著者 Aihara, K.; Inokuma, T.; Jichu, T.; Lin, Z.; Fu, F.; Yamaoka, K.; Shigenaga, A.; Hutchins, D.; Schmidt, E.; Otaka, A.*
32 論文題目 Cysteine-free intramolecular ligaiton of N-sulfanylethylanilide peptide using 4-mercaptobenzylphosphonic acid: Synthesis of cyclic peptide, trichamide
掲載誌 Synlett (Cluster: Recent Advances in Protein and Peptide Synthesis)
巻,号,頁 28, 1944-1949 発行年 2017 発行月
著者 Kohiki, T.#; Kato, Y.#; Nishikawa, Y.; Yorita, K.; Sagawa, I.; Denda, M.; Inokuma, T.; Shigenaga, A.*; Fukui, K.*; Otaka, A.* (#equal contribution)
33 論文題目 Elucidation of inhibitor-binding pocket of D-amino acid oxidase using docking simulation and N-sulfanylethylanilide-based labeling technology
掲載誌 Org. Biomol. Chem.
巻,号,頁 15, 5289-5297 and Inside Front Cover 発行年 2017 発行月
著者 Inokuma, T.; Jichu, T.; Nishida, K.; Shigenaga, A.; Otaka, A.*
34 論文題目 A convenient method for preparation of α-imino carboxylic acid derivatives and application to the asymmetric synthesis of unnatural α-amino acid derivative
掲載誌 Chem. Pharm. Bull. (Highlighted paper selected by Editor-in-Chief)
巻,号,頁 65, 573-581 発行年 2017 発行月
著者 津田雄介、重永 章、佐藤浩平、中村太寛、北風圭介、猪熊 翼、伊藤孝司、大高 章
35 論文題目 天然アミノ酸配列に適用可能な新規タンパク質チオエステル合成法の開発
掲載誌 ケミカルバイオロジー
巻,号,頁 9, 7-10 発行年 2016 発行月
著者 Mikawa, S.; Mizuguchi, C.; Baba, T.; Shigenaga, A.; Shimanouchi, T.; Otaka, A.; Akaji, K.; Saito, H.*
36 論文題目 Heparin promotes fibril formation of the N-terminal fragment of amyloidogenic aplipoprotein A-I
掲載誌 FEBS Lett.
巻,号,頁 590, 3492-3500 発行年 2016 発行月
著者 Eto, M.#; Naruse, N.#; Morimoto, K.; Yamaoka, K.; Sato, K.; Tsuji, K.; Inokuma, T.; Shigenaga, A.*; Otaka, A.* (#equal contribution)
37 論文題目 Development of an anilide-type scaffold for the thioester precursor N-sulfanylethylcoumarinyl amide
掲載誌 Org. Lett.
巻,号,頁 18, 4416-4419 発行年 2016 発行月
著者 Nakamura, T.; Sato, K.; Naruse, N.; Kitakaze, K.; Inokuma, T.; Hirokawa, T.; Shigenaga, A.; Itoh, K.; Otaka, A.*
38 論文題目 Tailored synthesis of 162-residue S-monoglycosylated GM2-activator protein (GM2AP) analogues that allows access to protein library
掲載誌 ChemBioChem
巻,号,頁 2016, 17, 1986-1992 and Back Cover 発行年 2016 発行月
著者 Denda, M.; Morisaki, T.; Kohiki, T.; Yamamoto, J.; Sato, K.; Sagawa, I.; Inokuma, T.; Sato, Y.; Yamauchi, A.; Shigenaga, A.*; Otaka, A.*
39 論文題目 Labelling of endogenous target protein via N-S acyl transfer-mediated activation of N-sulfanylethylanilide
掲載誌 Org. Biomol. Chem. (Highlighted in Current Hot Articles in Organic & Biomolecular Chemistry)
巻,号,頁 14, 6244-6251 発行年 2016 発行月
著者 Miyajima, R.; Tsuda, Y.; Inokuma, T.; Shigenaga, A.; Imanishi, M.; Futaki, S.; Otaka, A.*
40 論文題目 Preparation of peptide thioesters from naturally occurring sequences using reaction sequence consisting of regioselective S-cyanylation and hydrazinolysis
掲載誌 Biopolymers (Peptide Science, Special Issue: Emerging Peptide Science from Japan)
巻,号,頁 106, 531-546 発行年 2016 発行月
著者 Morisaki, T.; Denda, M.; Yamamoto, J.; Tsuji, D.; Inokuma, T.; Itoh, K.; Shigenaga, A.*; Otaka, A.*
41 論文題目 N-Sulfanylethylanilide-based traceable linker for enrichment and selective labelling of target proteins
掲載誌 Chem. Commun.
巻,号,頁 52, 6911-6913 発行年 2016 発行月
著者 Takechi-Haraya, Y.; Nadai, R.; Kimura, H.; Nishitsuji, K.; Uchimura, K.; Sakai-Kato, K.; Kawakami, K.; Shigenaga, A.; Kawakami, T.; Otaka, A.; Hojo, H.; Sakashita, N.; Saito, H.*
42 論文題目 Enthalpy-driven interactions with sulfated glycosaminoglycans promote cell membrane penetration of arginine peptides
掲載誌 Biochim. Biophys. Acta
巻,号,頁 1858, 1339-1349 発行年 2016 発行月
著者 Shimizu, T.; Miyajima, R.; Naruse, N.; Yamaoka, K.; Aihara, K.; Shigenaga, A.*; Otaka, A.*
43 論文題目 Facile preparation of peptides with C-terminal N-alkylamide via radical-initiated dethiocarboxylation
掲載誌 Chem. Pharm. Bull.
巻,号,頁 64, 375-378 発行年 2016 発行月
著者 Itoh, Y.; Aihara, K.; Mellini, P.; Tojo, T.; Ota, Y.; Tsumoto, H.; Solomon, V. R.; Zhan, P.; Suzuki, M.; Ogasawara, D.; Shigenaga, A.; Inokuma, T.; Nakagawa, H.; Miyata, N.; Mizukami, T.; Otaka, A.*; Suzuki, T.*
44 論文題目 Identification of SNAIL1 peptide-based irreversible lysine specific demethylase 1-selective inactivators
掲載誌 J. Med. Chem.
巻,号,頁 59, 1531-1544 発行年 2016 発行月
著者 Aihara, K.; Yamaoka, K.; Naruse, N.; Inokuma, T.; Shigenaga, A.; Otaka, A.*
45 論文題目 One-pot/sequential native chemical ligation using photo-caged crypto-thioester
掲載誌 Org. Lett.
巻,号,頁 18, 596-599 発行年 2016 発行月
著者 Kariyazono, H.; Nadai, R.; Miyajima, R.; Takechi-Haraya, Y.; Baba, T.; Shigenaga, A.; Okuhira, K.; Otaka, A.; Saito, H.*
46 論文題目 Formation of stable nanodiscs by bihelical apolipoprotein A-I mimetic peptide
掲載誌 J. Pept. Sci.
巻,号,頁 22, 116-122 発行年 2016 発行月
著者 Shimizu, T.; Miyajima, R.; Sato, K.; Sakamoto, K.; Naruse, N.; Kita, M.; Shigenaga, A.*; Otaka, A.*
47 論文題目 Facile synthesis of C-terminal peptide thioacids under mild conditions from N-sulfanylethylanilide peptides
掲載誌 Tetrahedron
巻,号,頁 72, 992-998 発行年 2016 発行月
著者 Komiya, C.#; Aihara, K.#; Morishita, K.; Ding, H.; Inokuma, T.; Shigenaga, A.; Otaka, A.* (#equal contribution)
48 論文題目 Development of an intein-inspired amide cleavage chemical device
掲載誌 J. Org. Chem.
巻,号,頁 81, 699-707 発行年 2016 発行月
著者 Mizuguchi, C.; Ogata, F.; Mikawa, S.; Tsuji, K.; Baba, T.; Shigenaga, A.; Shimanouchi, T.; Okuhira, K.; Otaka, A.; Saito, H.*
49 論文題目 Amyloidogenic mutation promotes fibril formation of the N-terminal apolipoprotein A-I on lipid membranes
掲載誌 J. Biol. Chem.
巻,号,頁 290, 20947-20959 発行年 2015 発行月
著者 Tsuji, K.; Tanegashima, K.; Sato, K.; Sakamoto, K.; Shigenaga, A.; Inokuma, T.; Hara, T.*; Otaka, A.*
50 論文題目 Efficient one-pot synthesis of CXCL14 and its derivative using an N-sulfanylethylanilide peptide as a peptide thioester equivalent and their biological evaluation
掲載誌 Bioorg. Med. Chem.
巻,号,頁 23, 5909-5914 発行年 2015 発行月
著者 Kita, M.; Yamamoto, J.; Morisaki, T.; Komiya, C.; Inokuma, T.; Miyamoto, L.; Tsuchiya, K.; Shigenaga, A.*; Otaka, A.*
51 論文題目 Design and synthesis of a hydrogen peroxide-responsive amino acid that induces peptide bond cleavage after exposure to hydrogen peroxide
掲載誌 Tetrahedron Lett.
巻,号,頁 56, 4228-4231 発行年 2015 発行月
著者 Jung, D.; Sato, K.; Min, K.; Shigenaga, A.; Jung, J.; Otaka, A.*; Kwon, Y.*
52 論文題目 Photo-triggered fluorescent labelling of recombinant proteins in live cells
掲載誌 Chem. Commun.
巻,号,頁 51, 9670-9673 発行年 2015 発行月
著者 Sato, K.; Kitakaze, K.; Nakamura, T.; Naruse, N.; Aihara, K.; Shigenaga, A.; Inokuma, T.; Tsuji, D.; Itoh, K.; Otaka, A.*
53 論文題目 Total chemical synthesis of monoglycosylated GM2 ganglioside activator using a novel cysteine surrogate
掲載誌 Chem. Commun.
巻,号,頁 51, 9946-9948 発行年 2015 発行月
著者 Aihara, K.; Inokuma, T.; Komiya, C.; Shigenaga, A.; Otaka, A.*
54 論文題目 Synthesis of lactam-bridged cyclic peptides by using olefin metathesis and diimide reduction
掲載誌 Tetrahedron
巻,号,頁 71, 4183-4191 発行年 2015 発行月
著者 Tsuda, Y.; Shigenaga, A.; Denda, M.; Sato, K.; Kitakaze, K.; Nakamura, T.; Inokuma, T.; Itoh, K.; Otaka, A.*
55 論文題目 Development of chemical methodology for preparation of peptide thioesters applicable to naturally occurring peptides using a sequential quadruple acyl transfer system
掲載誌 ChemistryOpen
巻,号,頁 4, 448-452 発行年 2015 発行月
著者 Furutani, M.; Uemura, A.; Shigenaga, A.; Komiya, C.; Otaka, A.; Matsuura, K.*
56 論文題目 Photoinduced growth system of peptide nanofibers addressed by DNA hybridization
掲載誌 Chem. Commun.
巻,号,頁 51, 8020-8022 and Inside Back Cover 発行年 2015 発行月
著者 Takechi-Haraya, Y.; Tanaka, K.; Tsuji, K.; Asami, Y.; Izawa, H.; Shigenaga, A.; Otaka, A.; Saito, H.; Kawakami, K.*
57 論文題目 A molecular complex composed of β-cyclodextrin-grafted chitosan and pH-sensitive amphipathic peptide for enhancing cellular cholesterol efflux under acidic pH
掲載誌 Bioconjugate Chem.
巻,号,頁 26, 572-581 発行年 2015 発行月
著者 Aihara, K.; Komiya, C.; Shigenaga, A.; Inokuma, T.; Takahashi, D.; Otaka, A.*
58 論文題目 Liquid-phase synthesis of bridged peptides using olefin metathesis of protected peptide with long aliphatic chain anchor
掲載誌 Org. Lett.
巻,号,頁 17, 696-699 発行年 2015 発行月
著者 重永 章、大高 章
59 論文題目 刺激応答型アミノ酸の開発と生命科学分野への展開
掲載誌 化学工業(特集 ペプチド化学の新潮流(1))
巻,号,頁 65, 849-856 発行年 2014 発行月
著者 Yamamoto, J.#; Maeda, N.#; Komiya, C.; Tanaka, T.; Denda, M.; Ebisuno, K.; Nomura, W.; Tamamura, H.; Sato, Y.; Yamauchi, A.; Shigenaga, A.*; Otaka, A.* (#Equal contribution)
60 論文題目 Development of a fluoride-responsive amide bond cleavage device that is potentially applicable to a traceable linker
掲載誌 Tetrahedron
巻,号,頁 70, 5122-5127 発行年 2014 発行月
著者 Yamamoto, J.; Denda, M.; Maeda, N.; Kita, M.; Komiya, C.; Tanaka, T.; Nomura, W.; Tamamura, H.; Sato, Y.; Yamauchi, A.; Shigenaga, A.*; Otaka, A.*
61 論文題目 Development of a traceable linker containing a thiol-responsive amino acid for the enrichment and selective labelling of target proteins
掲載誌 Org. Biomol. Chem.
巻,号,頁 12, 3821-3826 発行年 2014 発行月
著者 Ebisuno, K.; Denda, M.; Ogura, K.; Inokuma, T.; Shigenaga, A.*; Otaka, A.*
62 論文題目 Development of caged non-hydrolyzable phosphoamino acids and application to photo-control of binding affinity of phosphopeptide mimetic to phosphopeptide-recognizing protein
掲載誌 Bioorg. Med. Chem.
巻,号,頁 22, 2984-2991 発行年 2014 発行月
著者 Adachi, E.; Kosaka, A.; Tsuji, K.; Mizuguchi, C.; Kawashima, H.; Shigenaga, A.; Nagao, K.; Akaji, K.; Otaka, A.; Saito, H.*
63 論文題目 The extreme N-terminal region of human apolipoprotein A-I has a strong propensity to form amyloid fibrils
掲載誌 FEBS Lett.
巻,号,頁 588, 389-394 発行年 2014 発行月
著者 Nakamura, T.; Shigenaga, A.; Sato, K.; Tsuda, Y.; Sakamoto, K.; Otaka, A.*
64 論文題目 Examination of native chemical ligation using peptidyl prolyl thioester
掲載誌 Chem. Commun.
巻,号,頁 50, 58-60 発行年 2014 発行月
著者 傳田将也、山本 純、佐藤浩平、坂本 健、重永 章、佐藤陽一、吉村好之、山内あい子、大高 章
65 論文題目 新規タンパク質選択的ラベル化試薬”SEAL-tag”の開発研究
掲載誌 ケミカルバイオロジー
巻,号,頁 6, 6-9 発行年 2013 発行月
著者 重永 章*
66 論文題目 平成24年度日本ペプチド学会奨励賞を受賞して
掲載誌 Peptide Newsletter Japan
巻,号,頁 87, 5-7 発行年 2013 発行月
著者 Tanegashima, K.#; Tsuji, K.#; Suzuki, K.; Shigenaga, A.; Otaka, A.; Hara, T.* (#Equal contribution)
67 論文題目 Dimeric peptides of the C-terminal region of CXCL14 function as CXCL12 inhibitors
掲載誌 FEBS Lett.
巻,号,頁 587, 3770-3775 発行年 2013 発行月
著者 Sato, K.; Shigenaga, A.; Kitakaze, K.; Sakamoto, K.; Tsuji, D.; Itoh, K.; Otaka, A.*
68 論文題目 Chemical synthesis of biologically active monoglycosylated GM2-activator protein analog using N-sulfanylethylanilide peptide
掲載誌 Angew. Chem. Int. Ed.
巻,号,頁 52, 7855-7859 発行年 2013 発行月
著者 Tanegashima, K.#; Suzuki, K.#; Nakayama, Y.; Tsuji, K.; Shigenaga, A.; Otaka, A.; Hara, T.* (#Equal contribution)
69 論文題目 CXCL14 is a natural inhibitor of the CXCL12-CXCR4 signaling axis
掲載誌 FEBS Lett.
巻,号,頁 587, 1731-1735 発行年 2013 発行月
著者 Sakamoto, K.; Sato, K.; Shigenaga, A.; Tsuji, K.; Tsuda, S.; Hibino, H.; Nishiuchi, Y.; Otaka, A.*
70 論文題目 Synthetic procedure for N-Fmoc amino acyl-N-sulfanylethylaniline linker as crypto-peptide thioester precursor with application to native chemical ligation
掲載誌 J. Org. Chem.
巻,号,頁 77, 6948-6958 発行年 2012 発行月
著者 Ogura, K.; Shigenaga, A.; Ebisuno, K.; Hirakawa, H.; Otaka, A.*
71 論文題目 Fmoc-based solid phase synthesis of adenylylated peptides using diester-type adenylylated amino acid derivatives
掲載誌 Tetrahedron Lett.
巻,号,頁 53, 3429-3432 発行年 2012 発行月
著者 Shigenaga, A.*; Ogura, K.; Hirakawa, H.; Yamamoto, J.; Ebisuno, K.; Miyamoto, L.; Ishizawa, K.; Tsuchiya, K.; Otaka, A.*
72 論文題目 Development of a reduction-responsive amino acid that induces peptide bond cleavage in hypoxic cells
掲載誌 ChemBioChem
巻,号,頁 13, 968-971 発行年 2012 発行月
著者 重永 章*
73 論文題目 刺激応答型アミノ酸の開発とケミカルバイオロジー分野への展開
掲載誌 薬学雑誌
巻,号,頁 132, 1075-1082 発行年 2012 発行月
著者 Otaka, A.*; Sato, K.; Ding, H.; Shigenaga, A.
74 論文題目 One-pot/sequential native chemical ligation using N-sulfanylethylanilide peptide
掲載誌 Chem. Record
巻,号,頁 12, 479-490 発行年 2012 発行月
著者 Shigenaga, A.*; Morishita, K.; Yamaguchi, K.; Ding, H.; Ebisuno, K.; Sato, K.; Yamamoto, J.; Akaji, K.; Otaka, A.*
75 論文題目 Development of UV-responsive catch-and-release system of a cysteine protease model peptide
掲載誌 Tetrahedron
巻,号,頁 67, 8879-8886 発行年 2011 発行月
著者 Ding, H.; Shigenaga, A.; Sato, K.; Morishita, K.; Otaka, A.*
76 論文題目 Dual kinetically-controlled native chemical ligation using a combination of sulfanylproline and sulfanylethylanilide peptide
掲載誌 Org. Lett.
巻,号,頁 13, 5588-5591 発行年 2011 発行月
著者 Sato, K.; Shigenaga, A.; Tsuji, K.; Tsuda, S.; Sumikawa, Y.; Sakamoto, K.; Otaka, A.*
77 論文題目 N-Sulfanylethylanilide peptide as a crypto-thioester peptide
掲載誌 ChemBioChem
巻,号,頁 12, 1840-1844 発行年 2011 発行月
著者 Tsuji, K.; Shigenaga, A.; Sumikawa, Y.; Tanegashima, K.; Sato, K.; Aihara, K.; Hara, T.; Otaka, A.*
78 論文題目 Application of N-C- or C-N-directed sequential native chemical ligation to the preparation of CXCL14 analogs and their biological evaluation
掲載誌 Bioorg. Med. Chem.
巻,号,頁 19, 4014-4020 発行年 2011 発行月
著者 Shigenaga, A.*; Hirakawa, H.; Yamamoto, J.; Ogura, K.; Denda, M.; Yamaguchi, K.; Tsuji, D.; Itoh, K.; Otaka, A.*
79 論文題目 Design and synthesis of caged ceramide: UV-responsive ceramide releasing system based on UV-induced amide bond cleavage followed by O-N acyl transfer
掲載誌 Tetrahedron
巻,号,頁 67, 3984-3990 発行年 2011 発行月
著者 Shigenaga, A.*; Yamamoto, J.; Nishioka, N.; Otaka, A.*
80 論文題目 Enantioselective synthesis of stimulus-responsive amino acid via asymmetric α-amination of aldehyde
掲載誌 Tetrahedron
巻,号,頁 66, 7367-7372 発行年 2010 発行月
著者 Nishikawa, Y.; Takahara, Y.; Asada, S.; Shigenaga, A.; Otaka, A.; Kitagawa, K.; Koide, T.*
81 論文題目 A structure-activity relationship study elucidating the mechanism of sequence-specific collagen recognition by the chaperone HSP47
掲載誌 Bioorg. Med. Chem.
巻,号,頁 18, 3767-3775 発行年 2010 発行月
著者 Shigenaga, A.*; Yamamoto, J.; Sumikawa, Y.; Furuta, T.; Otaka, A.*
82 論文題目 Development and photo-responsive peptide bond cleavage reaction of two-photon near-infrared excitation responsive peptide
掲載誌 Tetrahedron Lett.
巻,号,頁 51, 2868-2871 発行年 2010 発行月
著者 Shigenaga, A.; Sumikawa, Y.; Tsuda, S.; Sato, K.; Otaka, A.*
83 論文題目 Sequential native chemical ligation utilizing peptide thioacids derived from newly developed Fmoc-based synthetic method
掲載誌 Tetrahedron
巻,号,頁 66, 3290-3296 発行年 2010 発行月
著者 Shigenaga, A.*; Yamamoto, J.; Hirakawa, H.; Ogura, K.; Maeda, N.; Morishita, K.; Otaka, A.*
84 論文題目 Development of thiol-responsive amide bond cleavage device and its application for peptide nucleic acid-based DNA releasing system
掲載誌 Tetrahedron Lett.
巻,号,頁 51, 2525-2528 発行年 2010 発行月
著者 Fujimoto, Y.; Shiraki, T.*; Horiuchi, Y.; Waku, T.; Shigenaga, A.; Otaka, A.; Ikura, T.; Igarashi, K.; Aimoto, S.; Tate, S.; Morikawa, K.*
85 論文題目 Proline cis/trans isomerase Pin1 regulates peroxisome proliferators-activated receptor γ activity through the direct binding to the AF-1 domain
掲載誌 J. Biol. Chem.
巻,号,頁 285, 3126-3132 発行年 2010 発行月
著者 重永 章、佐藤浩平、大高 章*
86 論文題目 ペプチドチオエステル合成法の最近の進展
掲載誌 有機合成化学協会誌
巻,号,頁 68, 911-919 発行年 2010 発行月
著者 重永 章、佐藤浩平、大高 章
87 論文題目 十字路:セーフティーキャッチリンカー
掲載誌 有機合成化学協会誌
巻,号,頁 68, 973 発行年 2010 発行月
著者 Yamaki, Y.; Shigenaga, A.; Tomita, K.; Narumi, T.; Fujii, N.; Otaka, A.*
88 論文題目 Synthesis of fluoroalkene dipeptide isosteres by intramolecular redox reaction utilizing N-heterocyclic carbenes (NHCs)
掲載誌 J. Org. Chem. (Featured Article)
巻,号,頁 74, 3272-3277 発行年 2009 発行月
著者 Yamaki, Y.; Shigenaga, A.; Li, J.; Shimohigashi, Y.; Otaka, A.*
89 論文題目 Synthesis of amide-type fluoroalkene dipeptide isosteres by an intramolecular redox reaction
掲載誌 J. Org. Chem. (Featured Article)
巻,号,頁 74, 3278-3285 発行年 2009 発行月
著者 Tsuda, S.; Shigenaga, A.; Bando, K.; Otaka, A.*
90 論文題目 N→S acyl-transfer-mediated synthesis of peptide thioesters using anilide derivatives
掲載誌 Org. Lett.
巻,号,頁 11, 823-826 発行年 2009 発行月
著者 Shigenaga, A.*; Yamamoto, J.; Hirakawa, H.; Yamaguchi, K.; Otaka, A.*
91 論文題目 FRET-based assay of the processing reaction kinetics of stimulus-responsive peptides: Influence of amino acid sequence on reaction kinetics
掲載誌 Tetrahedron
巻,号,頁 65, 2212-2216 発行年 2009 発行月
著者 重永 章、大高 章
92 論文題目 磁気浮上を利用した簡便な固相反応モニター法の開発
掲載誌 ケミカルバイオロジー
巻,号,頁 2, 13 発行年 2009 発行月
著者 重永 章、辻 大輔、西岡直美、津田修吾、伊藤孝司、大高 章
93 論文題目 刺激応答型アミノ酸を利用した核-細胞質シャトルペプチドの開発
掲載誌 ケミカルバイオロジー
巻,号,頁 1, 7-10および表紙 発行年 2008 発行月
著者 Shigenaga, A.; Tsuji, D.; Nishioka, N.; Tsuda, S.; Itoh, K.; Otaka, A.*
94 論文題目 Synthesis of a stimulus-responsive processing device and its application to a nucleocytoplasmic shuttle peptide
掲載誌 ChemBioChem
巻,号,頁 8, 1929-1931 発行年 2007 発行月
著者 Sasaki, Y.; Yamaguchi, K.; Tsuji, T.; Shigenaga, A.; Fujii, N.; Otaka, A.*
95 論文題目 Development of copper-mediated allylation of γ-activated-α,β-unsaturated lactam toward peptide mimetic synthesis
掲載誌 Tetrahedron Lett.
巻,号,頁 48, 3221-3224 発行年 2007 発行月
著者 Sasaki, Y.; Shigenaga, A.; Fujii, N.; Otaka, A.*
96 論文題目 Synthesis of (Z)-alkene-containing cis-proline dipeptide mimetics using samarium(II) diiodide (SmI2)-mediated reductive-alkylation reaction
掲載誌 Tetrahedron
巻,号,頁 63, 2000-2008 発行年 2007 発行月
著者 Suzuki, I.*; Takahashi, M.; Shigenaga, A.; Nemoto, H.; Takeda, K.
97 論文題目 Synthesis and photo DNA-damaging activities of fluoroquinolone analogues
掲載誌 Tetrahedron Lett.
巻,号,頁 47, 6193-6196 発行年 2006 発行月
著者 Sasaki, Y.; Niida, A.; Tsuji, T.; Shigenaga, A.; Fujii, N.; Otaka, A.*
98 論文題目 Stereoselective synthesis of (Z)-alkene-containing proline dipeptide mimetics
掲載誌 J. Org. Chem.
巻,号,頁 71, 4969-4979 発行年 2006 発行月
著者 Ohta, Y.; Itoh, S.; Shigenaga, A.; Shintaku, S.; Fujii, N.; Otaka, A.*
99 論文題目 Cysteine-derived S-protected oxazolidinone: potential chemical device for preparation of peptide thioester
掲載誌 Org. Lett.
巻,号,頁 8, 467-470 発行年 2006 発行月
著者 Shigenaga, A.; Moss, J. A.; Ashley, F. T.; Kaufmann, G. F.; Janda, K. D.*
100 論文題目 Solid-phase synthesis and cyclative cleavage of quorum-sensing depsipeptide analogues by acylphenyldiazene activation
掲載誌 Synlett
巻,号,頁 551-554 発行年 2006 発行月
著者 重永 章
101 論文題目 留学体験記 スクリプス研究所K. D. Janda研の紹介
掲載誌 Peptide Newsletter Japan
巻,号,頁 58, 5-7 発行年 2005 発行月
著者 Suzuki, I.*; Uno, S.; Tsuchiya, Y.; Shigenaga, A.; Nemoto, H.; Shibuya, M.
102 論文題目 Synthesis and DNA damaging ability of enediyne model compounds possessing photo-triggering devices
掲載誌 Bioorg. Med. Chem. Lett.
巻,号,頁 14, 2959-2962 発行年 2004 発行月
著者 Suzuki, I.*; Shigenaga, A.; Nemoto, H.; Shibuya, M.
103 論文題目 Synthesis and DNA damaging ability of enediyne-polyamine conjugates
掲載誌 Tetrahedron Lett.
巻,号,頁 45, 1955-1959 発行年 2004 発行月
著者 Suzuki, I.; Shigenaga, A.; Nemoto, H.; Shibuya, M.*
104 論文題目 Developments of enediyne model compounds generating biradicals with an enhanced radical character - regulation of triggering devices
掲載誌 Heterocycles
巻,号,頁 62, 503-519 発行年 2004 発行月
著者 Suzuki, I.*; Shigenaga, A.; Manabe, A.; Nemoto, H.; Shibuya, M.
105 論文題目 Synthesis, reactions and DNA damaging abilities of 10-membered enediyne-sulfone and related compounds
掲載誌 Tetrahedron
巻,号,頁 59, 5691-5704 発行年 2003 発行月
著者 Suzuki, I.*; Tsuchiya, Y.; Shigenaga, A.; Nemoto, H.; Shibuya, M.
106 論文題目 Synthesis of enediyne model compounds possessing a cyanohydrin moiety as a triggering device
掲載誌 Tetrahedron Lett.
巻,号,頁 43, 6779-6781 発行年 2002 発行月
著者 Suzuki, I.; Shigenaga, A.; Nemoto, H.; Shibuya, M.*
107 論文題目 Acid-catalyzed cycloaromatization of enediyne model compounds via enyne-allene intermediates
掲載誌 Heterocycles (Professor Ito’s Special Issue)
巻,号,頁 54, 571-576 発行年 2001 発行月
著者 Suzuki, I.; Wakayama, M.; Shigenaga, A.; Nemoto, H.; Shibuya, M.*
108 論文題目 Synthesis of enediyne model compounds producing toluene diradicals possessing a highly radical character via enyne-allene intermediates
掲載誌 Tetrahedron Lett.
巻,号,頁 41, 10019-10023 発行年 2000 発行月

戻る

TOP

エッセイ,記事(新聞)等

戻る

TOP

特許

発明者 原 孝彦、種子島幸祐、高橋伶奈、大高 章、重永 章、辻 耕平
109 発明名称 ケモカインCXCL14を利用した自然免疫活性化アジュバント
出願人 公益財団法人東京都医学総合研究所
番号 特開2017-200914 (P2017-200914A) 2017
発明者 大高 章、重永 章、杉山雅一、藤井秀美
110 発明名称 ペプチドヒドラジド、ペプチドアミド及びペプチドチオエステルの製造方法
出願人 味の素株式会社
番号 公開番号:WO 2015/068532 Al 2015
発明者 原 孝彦、種子島幸祐、大高 章、重永 章
111 発明名称 CXCR4活性阻害ペプチド及びその用途
出願人 公益財団法人東京都医学総合研究所
番号 公開番号:WO2013/073698 2013
発明者 辻 大輔、伊藤孝司、大高 章、重永 章、安倍正博、日浅雅博
112 発明名称 ベンジルアミン誘導体
出願人 国立大学法人徳島大学
番号 公開番号:WO2012/165262 2012

戻る

TOP

薬学部 / 薬学科 / 教授 / 重永 章