免責事項
 福山大学研究者一覧・検索サイトの内容は,各教員が自ら入力した情報に基づいています.その情報の正確性について,福山大学が保証するものではありません.

福山大学
研究者情報

生命工学部 / 海洋生物科学科 / 教授 / 太田 健吾

研究者情報 研究業績 学位論文 著書 学術論文(総説・解説含む) エッセイ,記事(新聞)等 特許
表示:[代表業績]
全業績表示に変更

研究者情報

福山大学学術リポジトリ researchmap J-GLOBAL CiNii 国立国会図書館 Google Scholar
氏名 太田 健吾 (おおた けんご) 
所属 生命工学部 海洋生物科学科
職名 教授
e-mail keohta ★ fukuyama-u。ac、jp
迷惑メール対策として「@」,「.」を置き換えて表示しています.
TEL 0845-24-2933
FAX 0845-24-3449
WEB
更新日時 2021-04-16 23:20:32
学歴 1991年3月東海大学海洋学部水産学科卒業
1993年3月東海大学大学院海洋学研究科修士課程修了
学位・資格 東北大学 農学博士 2012年6月
職歴 社団法人日本栽培漁業協会宮古事業場技術員 1993年4月~1999年3月
社団法人日本栽培漁業協会伯方島事業場技術員 1999年4月~2003年9月
独立行政法人水産総合研究センター伯方島栽培漁業センター技術開発員 2003年10月~2006年3月
独立行政法人水産総合研究センター瀬戸内海区水産研究所栽培資源部栽培技術研究室技術開発員 2006年4月~2009年9月
独立行政法人水産総合研究センター瀬戸内海区水産研究所栽培資源部栽培技術研究室主任技術開発員 2009年10月~2011年3月
独立行政法人水産総合研究センター瀬戸内海区水産研究所栽培資源部栽培技術研究室主任技術開発員 2011年10月~2013年3月
専門分野 水産増養殖学
研究テーマ 食の安全に配慮した標識素材の探索と応用技術開発
食品添加物を用いる魚類硬組織の蛍光標識技術開発
食品添加物を用いる異体類の内部標識技術開発
食品添加物を用いるトラフグの体部分標識技術開発
オニオコゼ,キジハタ等の効率的な放流技術の開発
研究テーマのキーワード 増養殖,標識技術,放流調査,食品添加物
所属学会 日本水産学会, 日本水産増殖学会
学会活動 
共同研究・科研費採択課題等実績 
主な担当授業科目 増養殖学,魚類解剖学,魚類生理学,専門英語,資源育成学特論,生理学,魚類の行動と整理,遺伝学,海洋生物学実験,資源利用育成実習,海洋基礎実験,海洋生物科学入門
主な学内役職・委員 図書委員
社会活動 
受賞,その他の実績 

戻る

TOP

代表的な研究業績

全業績表示に変更

学位論文

戻る

TOP

著書

戻る

TOP

学術論文(総説・解説含む)

戻る

TOP

エッセイ,記事(新聞)等

戻る

TOP

特許

戻る

TOP

生命工学部 / 海洋生物科学科 / 教授 / 太田 健吾