免責事項
 福山大学研究者一覧・検索サイトの内容は,各教員が自ら入力した情報に基づいています.その情報の正確性について,福山大学が保証するものではありません.

福山大学
研究者情報

薬学部 / 薬学科 / 講師 / 髙山 健人

研究者情報 研究業績 学位論文 著書 学術論文(総説・解説含む) エッセイ,記事(新聞)等 特許
表示:[全業績]
代表業績表示に変更

研究者情報

福山大学学術リポジトリ researchmap J-GLOBAL CiNii 国立国会図書館 Google Scholar
氏名 髙山 健人 (たかやま けんと) 
所属 薬学部 薬学科
職名 講師
e-mail takayama ★ fukuyama-u。ac、jp
迷惑メール対策として「@」,「.」を置き換えて表示しています.
TEL 084-936-2112 (ext. 5096)
FAX 084-936-2024
WEB https://www.fukuyama-u.ac.jp/pharm/pharmacy/labo-list/kampo/
更新日時 2021-10-05 12:47:58
学歴 2009年3月 福山大学 薬学部 生物薬学科 卒業
学位・資格 薬剤師国家資格 2009年4月
博士(薬学) 2017年3月
職歴 福山大学 薬学部 薬学科 助手 (2009年4月~2016年3月)
福山大学 薬学部 薬学科 助教 (2016年4月~2019年3月)
福山大学 薬学部 薬学科 講師 (2019年4月~)
福山大学 講師(グリーンサイエンス研究センター)[兼任](2020年4月~)
川崎医科大学 客員研究員(2021年10月~)
専門分野 漢方医薬学、生薬学
研究テーマ 漢方薬成分の腸内代謝に関する研究
漢方薬成分が与える腸内細菌叢の多様性変化および機能変化に関する研究
漢方薬の多成分同時分析に関する研究
漢方薬の製剤学的研究
研究テーマのキーワード 漢方薬、腸内細菌、腸内代謝、製剤学的研究
所属学会 日本薬学会, 日本東洋医学会, 和漢医薬学会, 日本生薬学会, 腸内細菌学会
学会活動 
共同研究・科研費採択課題等実績 2018年 科学研究費補助金・若手研究 課題名:腸内細菌叢の変化を介した緩下薬の下剤活性制御に関する研究 研究代表者
2018年 日本私立学校振興・共済財団 若手研究者奨励金 課題名:食餌による腸内細菌叢の変化が大黄甘草湯の下剤活性に及ぼす影響
2021年 科学研究費助成事業・若手研究 課題名:腸管免疫応答から紐解く漢方薬と腸内細菌叢のクロストーク 研究代表者
主な担当授業科目 薬になる動植鉱物、漢方医学概説、漢方薬物治療、現代医療における適正な漢方薬治療、病原体としての微生物、実習Ⅲ(漢方・生薬系)
主な学内役職・委員 大学入学共通テスト実施委員会委員
社会活動 
受賞,その他の実績 

戻る

TOP

全研究業績

代表業績表示に変更

学位論文

提出者 髙山 健人
1 論文題目 大黄甘草湯と腸内微生物叢のクロストークに着目した漢方薬の有用性の解明
提出大学 福山大学
提出年 2017 提出月 3

戻る

TOP

著書

戻る

TOP

学術論文(総説・解説含む)

著者 Takayama K., Maehara S., Tabuchi N., Okamura N.
2 論文題目 Anthraquinone-containing compound in rhubarb prevents indole production via functional changes in gut microbiota
掲載誌 Journal of Natural Medicines
巻,号,頁 DOI:10.1007/s11418-020-01459-w 発行年 2020 発行月 10
著者 Takayama K., Takahara C., Tabuchi N., Okamura N.
3 論文題目 Daiokanzoto (Da-Huang-Gan-Cao-Tang) is an effective laxative in gut microbiota associated with constipation
掲載誌 Scientific Reports
巻,号,頁 doi:10.1038/s41598-019-40278-2 発行年 2019 発行月 2
著者 Inoue H., Takayama K., Takahara C., Tabuchi N., Okamura N., Narahara N., Kojima E., Date Y., Tsuruta Y.
4 論文題目 Determination of short-chain fatty acids in mouse feces by high-performance liquid chromatography using 2-nitrophenylhydrazine as a labeling reagent.
掲載誌 Biol. Pharm. Bull.
巻,号,頁 42, No.5, 845-849 発行年 2019 発行月
著者 Takayama K., Tabuchi N., Fukunaga M., Okamura N.
5 論文題目 Rhein 8-O-β-D-Glucopyranoside Elicited the Purgative Action of Daiokanzoto (Da-Huang-Gan-Cao-Tang), Despite Dysbiosis by Ampicillin
掲載誌 Biol. Pharm. Bull.
巻,号,頁 39, No.3, 378-383 発行年 2016 発行月 3
著者 Takayama K., Morita T., Tabuchi N., Fukunaga M., Okamura N.
6 論文題目 The effect of anthraquinones in daiokanzoto on increasing the synthesis of sennoside A-metabolic enzyme derived from bifidobacteria.
掲載誌 J. Trad. Med.
巻,号,頁 30, No.5/6, 215-220 発行年 2013 発行月
著者 Takayama K., Tsutsumi H., Ishizu T., Okamura N.
7 論文題目 The influence of rhein 8-O-β-D-glucopyranoside on the purgative action of sennoside A from rhubarb in mice.
掲載誌 Biol. Pharm. Bull.
巻,号,頁 35, No.12, 2204-2208 発行年 2012 発行月
著者 Takayama K., Matsui E., Kobayashi T., Inoue H., Tsuruta Y., Okamura N.
8 論文題目 High-performance liquid chromatographic determination and metabolic study of sennoside A in daiokanzoto by mouse intestinal bacteria.
掲載誌 Chem. Pharm. Bull.
巻,号,頁 59, No.9, 1106-1109 発行年 2011 発行月
著者 Matsui E., Takayama K., Sato E., Okamura N.
9 論文題目 The influence of glycyrrhiza and antibiotics on the purgative action of sennoside A from daiokanzoto in mice.
掲載誌 Biol. Pharm. Bull.
巻,号,頁 34, No.9, 1438-1442 発行年 2011 発行月
著者 Okamura N., Takayama K., Kaita T.
10 論文題目 Effect of goreisan on diarrhea model mouse induced by saline purgative.
掲載誌 Kampo Medicine
巻,号,頁 60, No.5, 493-501 発行年 2009 発行月

戻る

TOP

エッセイ,記事(新聞)等

著者 髙山 健人、岡村 信幸
11 題目 腸内細菌叢とのクロストークを介する漢方薬の有用性
掲載誌 Hormone Frontier in Gynecology
頁等 Vol.26, No.4, 37-45 発行年 2019 発行月 12
著者 髙山 健人
12 題目 緩下薬の下剤活性は食餌による腸内細菌叢の変化に左右される
掲載誌 Precision Medicine
頁等 Vol.2, No.4, 58-61 発行年 2019 発行月 4
著者 髙山 健人
13 題目 漢方薬の国際化における生薬の安定供給と品質管理
掲載誌 ファルマシア
頁等 49, No.10, 982 発行年 2013 発行月

戻る

TOP

特許

戻る

TOP

薬学部 / 薬学科 / 講師 / 髙山 健人