免責事項
 福山大学研究者一覧・検索サイトの内容は,各教員が自ら入力した情報に基づいています.その情報の正確性について,福山大学が保証するものではありません.

福山大学
研究者情報

人間文化学部 / 心理学科 / 教授 / 赤澤 淳子

研究者情報 研究業績 学位論文 著書 学術論文(総説・解説含む) エッセイ,記事(新聞)等 特許
表示:[代表業績]
全業績表示に変更

研究者情報

福山大学学術リポジトリ researchmap J-GLOBAL CiNii 国立国会図書館 Google Scholar
氏名 赤澤 淳子 (あかざわじゅんこ) 
所属 人間文化学部 心理学科
職名 教授
e-mail jakazawa ★ fuhc。fukuyama-u、ac.jp
迷惑メール対策として「@」,「.」を置き換えて表示しています.
TEL 084-936-2112(3426)
FAX 084-936-2021
WEB
更新日時 2016-12-28 14:23:07
学歴 2005年3月 奈良女子大学大学院人間文化研究科 博士課程 修了
学位・資格 日本臨床心理士 2000年4月
博士(学術) 奈良女子大学大学院人間文化研究科 2005年3月
職歴 今治明徳短期大学幼児教育学科 講師(1995年4月~2000年3月)
今治明徳短期大学幼児教育学科 助教授(2000年4月~2006年3月)
仁愛大学人間学部心理学科 准教授(2006年4月~2010年3月)
仁愛大学人間学部心理学科 教授(2010年4月~2014年3月)
福山大学人間文化学部心理学科 教授(2014年4月~現在)
専門分野 発達心理学、家族心理学、ジェンダー心理学
研究テーマ 親密な二者関係(恋愛、夫婦)における相互作用(暴力を含む)
児童養護施設入所児における愛着および学習支援
青年期におけるナショナリズム意識
研究テーマのキーワード 親密な二者関係、デートDV,児童養護施設、ナショナリズム
所属学会 日本発達心理学会, 日本心理臨床学会, 日本心理学会
学会活動 
共同研究・科研費採択課題等実績 1998年 科学研究費(奨励研究) 恋愛過程の性別役割受容に関する心理的メカニズムの研究 研究代表者
2007年 仁愛大学学内共同研究費 青少年のジェンダー意識とナショナリズムに関する日韓中比較研究 研究代表者
2008年 科学研究費(基盤研究(C)) 家族システムの発達・変容に世代間の相互作用が及ぼす影響 研究代表者
2010年 仁愛大学学内共同研究費 デートDVを生起させる相互作用メカニズムの解明 研究代表者
2011年 仁愛大学学内共同研究費 成人期以降の夫婦における配偶者の意味づけ,および夫婦間の相互作用が個人の精神的健康度に及ぼす影響 研究代表者
2012年 科学研究費(基盤研究(C)) 児童養護施設入所児とケアワーカーの愛着及び相互作用に関する基礎的研究 研究分担者
2013年 科学研究費(挑戦的萌芽研究) 児童養護施設入所児の学力向上を目指した個別学習支援プログラムの開発 研究代表者
2014年 科学研究費(基盤研究(C)) 児童養護施設入所児童の愛着の再構築に関する基礎研究―ドールプレイの変化を通し て 研究分担者
2016年 科学研究費(基盤研究(C)) アクティブラーニングを導入したデートDV予防・介入プログラムの開発と効果検証 研究代表者
主な担当授業科目 臨床発達心理学特論、臨床心理査定演習Ⅰ、生涯発達心理学、現代社会と子どもの心理
主な学内役職・委員 入試副委員長
学内研究助成金 審査委員
社会活動 公立中学校および高等学校のスクール・カウンセラー 1997年7月~2009年3月
福井県および越前市における相談窓口の相談員のスーパーバイザー 2009年4月~2014年3月
配偶者暴力防止および被害者保護のための福井県基本計画策定検討会 座長 2013年4月~2014年3月
配偶者暴力防止および被害者保護のための広島県基本計画策定検討会 座長 2015年4月~2016年8月
福山市いじめ問題調査委員会委員 2016年12月~現在
受賞,その他の実績 

戻る

TOP

代表的な研究業績

全業績表示に変更

学位論文

戻る

TOP

著書

著者 青野篤子編
1 書名 アクティブラーニングで学ぶジェンダー
出版社 ミネルヴァ書房
頁数(担当頁) 41-54 出版年 2016 出版月
著者 大野木裕明・赤澤淳子・中澤潤・千野美和子編
2 書名 昔話から学ぶ人間の成長と発達ーグリム童話からディズニー作品まで
出版社 ナカニシヤ出版
頁数(担当頁) 11-13,51-54,93-96,142-144 出版年 2015 出版月
著者 柏木惠子編
3 書名 よくわかる家族心理学
出版社 ミネルヴァ書房
頁数(担当頁) 34-43 出版年 2010 出版月 2
著者 大野木裕明・千野美和子・赤澤淳子・後藤智子・廣澤愛子
4 書名 昔話ケース・カンファレンス
出版社 ナカニシヤ出版
頁数(担当頁) 25-29、37-42,87-93 出版年 2009 出版月 9
著者 青野篤子・赤澤淳子・松並知子編
5 書名 ジェンダーの心理学ハンドブック
出版社 ナカニシヤ出版
頁数(担当頁) 112-130 出版年 2008 出版月 4

戻る

TOP

学術論文(総説・解説含む)

著者 赤澤淳子・桂田恵美子・谷向みつえ・明石秀美
6 論文題目 児童養護施設入所児童における学習コンピテンス,学校の楽しさ,自尊心,およびコンボイの特徴
掲載誌 人間学研究
巻,号,頁 14,1-11 発行年 2016 発行月
著者 赤澤淳子
7 論文題目 小学生における基本的生活習慣の特徴と変化ー食事・睡眠・挨拶・手伝い
掲載誌 児童心理
巻,号,頁 1024,49-53 発行年 2016 発行月
著者 赤澤淳子
8 論文題目 親密な二者関係のダークサイドとしてのデートDV
掲載誌 発達心理学研究
巻,号,頁 26,4,288-299 発行年 2015 発行月
著者 赤澤淳子
9 論文題目 日本・韓国・中国の青年における国民イメージの比較検討ーナショナリズムとジェンダーとの関連から
掲載誌 人間学研究
巻,号,頁 11 発行年 2013 発行月 3
著者 Junko Akazawa
10 論文題目 The current situation and future challenges for research on sexuality in Japanese couples.
掲載誌 Feminism & Psychology
巻,号,頁 21(4) 発行年 2011 発行月 11

戻る

TOP

エッセイ,記事(新聞)等

戻る

TOP

特許

戻る

TOP

人間文化学部 / 心理学科 / 教授 / 赤澤 淳子