免責事項
 福山大学研究者一覧・検索サイトの内容は,各教員が自ら入力した情報に基づいています.その情報の正確性について,福山大学が保証するものではありません.

福山大学
研究者情報

薬学部 / 薬学科 / 教授 / 前田 頼伸

研究者情報 研究業績 学位論文 著書 学術論文(総説・解説含む) エッセイ,記事(新聞)等 特許
表示:[全業績]
代表業績表示に変更

研究者情報

福山大学学術リポジトリ researchmap J-GLOBAL CiNii 国立国会図書館 Google Scholar
氏名 前田 頼伸 (まえだ よりのぶ) 
所属 薬学部 薬学科
職名 教授
e-mail y。maeda ★ fukuyama-u、ac.jp
迷惑メール対策として「@」,「.」を置き換えて表示しています.
TEL 084-936-2112 (ex 5153)
FAX 084-936-2024
WEB
更新日時 2019-05-21 08:44:00
学歴 神戸学院大学薬学部生物薬学科昭和57年3月 卒業
広島大学医学部第1内科研究生(昭和63年11月〜平成2年3月)
学位・資格 薬学博士 広島大学 平成2年7月26日 学位取得 第2037号 「胆汁酸代謝を利用した腸内細菌発育評価法の研究」
日本医療薬学会--指導薬剤師 第14-99-0127号 平成11年1月
インフェクションコントロールドクター (ICD) 平成15年1月
感染制御専門薬剤師(日本病院薬剤師会) 第05-10-2号 平成17年11月
日本医薬品安全性学会 医薬品安全性指導者 DSD-0024号 平成27年12月
職歴 中国労災病院・薬剤部 (昭和57年4月〜平成16年3月)
岡山労災病院・薬剤部副部長 (平成16年4月〜平成18年3月)
独立行政法人 労働者健康福祉機構 大阪労災病院・薬剤部長 (平成18年4月〜平成25年3月)
独立行政法人 労働者健康安全機構 中国労災病院・薬剤部長 (平成25年4月〜平成31年3月)
専門分野 副作用回避、感染制御、薬物動態
研究テーマ 腸内細菌を考慮した耐性菌対策の開発
医薬品による副作用発現機序の究明
既存医薬品の有効性を向上させるプログラッグの開発
研究テーマのキーワード 抗菌薬、潰瘍性大腸炎、
所属学会 日本医療薬学会, 日本感染症学会, 日本TDM学会, 日本医薬品安全性学会
学会活動 日本TDM学会(評議員、編集委員、優秀論文選考委員、循環器病薬TDMガイドライン作成委員) 平成18年7月~
日本医療薬学会(代議員、医療薬学編集委員、学術貢献賞・奨励賞等選考委員) 平成24年4月~
日本医薬品安全性学会・理事・評議員(医薬品安全性指専門薬剤師認定委員) 平成26年4月~
共同研究・科研費採択課題等実績 
主な担当授業科目 病原微生物と感染症 、統計解析と臨床研究
主な学内役職・委員 
社会活動 日本病院薬剤師会 感染制御専門薬剤師試験委員長 平成26年~30年
日本病院薬剤師会 常務理事、組織強化推進部部長 平成28年~30年
日本病院薬剤師会 理事・感染制御専門薬剤師部門長 平成30年~
厚生労働省 厚生科学審議会感染症部会 薬剤耐性(AMR)に関する小委員会委員 平成30年4月~
AMR臨床リファレンスセンター 感染症教育コンソーシアム コアメンバー 平成30年4月~
受賞,その他の実績 MHフォーラム懸賞論文 優秀賞受賞 「薬剤師による病棟業務の追求」  平成9年5月
日本医療薬学会 論文賞 「シベンゾリン副作用経験からの投与設計ノモグラムの構築」 平成13年9月
日本薬学会・医療薬科学部会 「患者さんに学んだ薬剤師業務」入賞  平成15年7月
日本医療薬学会 論文賞 「C型慢性肝炎患者の腎機能に基づくリバビリンの投与設計」 平成17年10月
日本医療薬学会 学術貢献賞 「副作用症例の薬物動態解析による処方適正化」 平成26年9月

戻る

TOP

全研究業績

代表業績表示に変更

学位論文

提出者 前田頼伸
1 論文題目 胆汁酸代謝を利用した腸内細菌発育評価法の研究
提出大学 広島大学
提出年 1990 提出月

戻る

TOP

著書

著者 前田頼伸
2 書名 副作用の早期発見—Practical Guide、抗てんかん薬
出版社 調剤と情報
頁数(担当頁) Vol25,No2,107-115 出版年 2019 出版月 1
著者 前田頼伸
3 書名 知っておきたい臨床検査値 第2版 専門薬剤師と感染症、日本薬学会編
出版社 東京化学同人
頁数(担当頁) 179-183 出版年 2019 出版月
著者 前田頼伸
4 書名 チーム医療および保健・医療・福祉への参画、感染症、スタンダードシリーズⅡ 第7巻 臨床薬学Ⅲ
出版社 東京化学同人
頁数(担当頁) p110-122 出版年 2018 出版月 6
著者 前田頼伸
5 書名 代謝障害性副作用の発症メカニズム、医薬品副作用アセスメント
出版社 南山堂
頁数(担当頁) 16-20, 出版年 2018 出版月 5
著者 前田頼伸
6 書名 薬剤による肝障害アセスメントの基本、医薬品副作用アセスメント
出版社 南山堂
頁数(担当頁) 234-239 出版年 2018 出版月 5
著者 前田頼伸
7 書名 リバビリンによる貧血が疑われた! 医薬品副作用アセスメント
出版社 南山堂
頁数(担当頁) 148-152 出版年 2018 出版月 5
著者 前田頼伸
8 書名 タゾバクタム/ピペラシリン(β-ラクタム系抗菌薬)による腎障害が疑われた! 医薬品副作用アセスメント
出版社 南山堂
頁数(担当頁) 303-306 出版年 2018 出版月 5
著者 前田頼伸
9 書名 アセトアミノフェンによる肝障害が疑われた! 医薬品副作用アセスメント
出版社 南山堂
頁数(担当頁) 240-246 出版年 2018 出版月 5
著者 前田頼伸
10 書名 ボリコナゾールによる肝障害が疑われた! 医薬品副作用アセスメント
出版社 南山堂
頁数(担当頁) 264-267 出版年 2018 出版月 5
著者 前田頼伸
11 書名 イソニアジド(抗結核薬)による肝障害が疑われた! 医薬品副作用アセスメント
出版社 南山堂
頁数(担当頁) 253-258 出版年 2018 出版月 5

戻る

TOP

学術論文(総説・解説含む)

著者 Miho Yamasaki, Yusa Fukuda, Aika Tanimoto, Miko Narahara, Yumi Kawaguchi, Hiromi Ushiroda,Saburo Fukuda, Teruo Murakami and Yorinobu Maeda
12 論文題目 Reduction in the rate of postoperative delirium by switching from famotidine to omeprazole in Japanese hepatectomized recipients
掲載誌 Journal of Pharmaceutical Health Care and Sciences
巻,号,頁 https://doi.org/10.1186/s40780-019-0139-1 発行年 2019 発行月 5
著者 MIHO YAMASAKI, RYUJI KIMURA, SHIGERI MAYAHARA, YORINOBU MAEDA, MAMORU TAKAHASHI, TOSHIHIRO NISHIDA, KEISUKE ODA and TERUO MURAKAMI
13 論文題目 Study on the infusion‑site adverse events and vascular distribution of epirubicin in chemotherapy with epirubicin and fosaprepitant
掲載誌 MOLECULAR AND CLINICAL ONCOLOGY
巻,号,頁 11: 43-49 発行年 2019 発行月 5
著者 松田翔平、木村竜司、和泉寿紀、野口亜樹、今津智子、久賀谷幸昌、下川福子、前田頼伸
14 論文題目 リネゾリドによる血小板減少予防に血中濃度モニタリングが有効であると考えられた2症例
掲載誌 日本病院薬剤師会雑誌
巻,号,頁 55(4),423-427 発行年 2019 発行月 4
著者 下川福子、林洋平、原田沙枝子、船越幸代、川嵜英二、柄川千代美、北村龍二、前田頼伸
15 論文題目 エベロリムス誘発性口内炎に対するデキサメタゾン軟膏の有用性に関する検討
掲載誌 医療薬学
巻,号,頁 44(12),631-638 発行年 2018 発行月 12
著者 野口亜樹、山﨑美保、濱崎浩一、福田結彩、中下愛、西園寺真二、渡辺貴志、前田頼伸
16 論文題目 院外処方箋への検査値記載が疑義照会内容と地域の薬物療法に及ぼす影響
掲載誌 日本病院薬剤会雑誌
巻,号,頁 54(5): 547-552 発行年 2018 発行月 5
著者 Aonuma K, Shiga T, Atarashi H, Doki K, Echizen H, Hagiwara N, Hasegawa J, Hayashi H, Hirao K, Ichida F, Ikeda T, Maeda Y, et al
17 論文題目 Guidelines for Therapeutic Drug Monitoring of Cardiovascular Drugs Clinical Use of Blood Drug Concentration Monitoring (JCS 2015) - Digest Version
掲載誌 Circ J.
巻,号,頁 24;81(4):581-612 発行年 2017 発行月 4
著者 Matsuda S, Imazu T, Kimura R, Nakamura M, Matsumoto A, Murakami T, Maeda Y.
18 論文題目 Dosage Adjustment of Dabigatran Etexilate Based on Creatinine Clearance in Patients With Cardioembolic Stroke or Atrial Fibrillation.
掲載誌 Ther Drug Monit.
巻,号,頁 38(6):670-676. 発行年 2016 発行月 12
著者 Yamasaki M, Funakoshi S, Matsuda S, Imazu T, Takeda Y, Murakami T, Maeda Y
19 論文題目 Interaction of magnesium oxide with gastric acid secretion inhibitors in clinical pharmacotherapy
掲載誌 Eur J Clin Pharmacol.
巻,号,頁 70:921-924 発行年 2014 発行月 5
著者 Kouichi Hirose · Koushiro Yamashita · Hirofumi Takada · Noriko Kaneda · Kohei Fukami · Eiji Maruo · Mizuho Kitamura · Junichi Hasegawa · Yorinobu Maeda
20 論文題目 Usefulness of one-point plasma SN-38G/SN-38 concentration ratios as a substitute for UGT1A1 genetic information after irinotecan administration
掲載誌 International Journal of Clinical Oncology
巻,号,頁 19(2):397-402 発行年 2014 発行月 2
著者 Yuichi Muraki, Masaki Kitamura, Yorinobu Maeda, Takashi Kitahara, Takeshi Mori, Hidefumi Ikeue, Masami Tsugita, Koji Tadano, Katsutoshi, Takada,Takashi Akamatsu, Tomomi Yamada, Takehiro Yamada, Tadashi Shiraishi, Masahiro Okuda
21 論文題目 Nationwide Surveillance of Antimicrobial Consumption and Resistance to Pseudomonas aeruginosa Isolates at 203 Japanese Hospitals in 2010
掲載誌 Infection
巻,号,頁 41(2): 415-426 発行年 2013 発行月 2
著者 KOICHI HIROSE, CHIHIRO KOZU, KOSHIRO YAMASHITA, EIJI MARUO, MIZUHO KITAMURA, JUNICHI HASEGAWA, KEI OMODA1, TERUO MURAKAMI3 and YORINOBU MAEDA
22 論文題目 Correlation between plasma concentration ratios of SN-38 glucuronide and SN-38 and neutropenia induction in patients with colorectal cancer and wild-type UGT1A1 gene
掲載誌 ONCOLOGY LETTERS
巻,号,頁 3(3), 694-698 発行年 2012 発行月 3
著者 Yorinobu MAEDA, Kei OMODA, Shinji FUKUHARA, Masatoshi OHTA,Yoshiyuki ISHII, and Teruo MURAKAMI
23 論文題目 Evaluation of Clinical Efficacy of Maeda’s Nomogram for Vancomycin Dosage Adjustment in Adult Japanese MRSA Pneumonia Patients
掲載誌 Drug Metab. Pharmacokinet.
巻,号,頁 21(1), 54-60 発行年 2006 発行月 1
著者 Omoda K, Murakami T, Yumoto R, Nagai J, Maeda Y, Kiribayashi Y, Takano M.
24 論文題目 Increased Erythrocyte Distribution of Valproic Acid in Pharmacokinetic Interaction with Carbapenem Antibiotics in Rat and Human
掲載誌 J Pharm Science
巻,号,頁 94(8):1685-1693 発行年 2005 発行月 8
著者 Yorinobu Maeda, Terumasa Ohune, Mamoru Nakamura,Miho Yamasaki,Yoshie Kiribayashi, Teruo Murakami,
25 論文題目 Prevention of irinotecan-induced diarrhea by oral carbonaceous adsorbent (KremezinTM) in cancer patients
掲載誌 Oncology Reports
巻,号,頁 12,581-585 発行年 2004 発行月
著者 Yorinobu Maeda, Yoshie Kiribayashi, Takashi Moriya,Akira Maruhashi, Kei Omoda, Sachiyo Funakoshi, Teruo Murakami, Mikihisa Takano
26 論文題目 Dosage adjustment of ribavirin based on renal function in Japanese patients with chronic hepatitis C , 2004.
掲載誌 Therapeutic Drug Monitoring
巻,号,頁 ,26, 9-15 発行年 2004 発行月
著者 Yorinobu MAEDA, Sachiyo FUNAKOSHI, Mamoru Nakamura, Masataka Fukuzawa, Yoshiyuki Kugaya, Miho Yamasaki, Satsuki TSUKIAI, Teruo MURAKAMI, Mikihisa TAKANO
27 論文題目 Possible Mechanism for Pharmacokinetic Interaction between Lidocaine and Mexiletine.
掲載誌 Clinical Pharmacology and Therapeutics
巻,号,頁 71(5), 389-397 発行年 2002 発行月 5
著者 M. Takahashi, T. Konishi, Y. Maeda, M. Fukuzawa, T. Nishida, T. Ohya, K. Katayama, N. Kakehi, H. Sakakura, A. Takagi, M. Maeda, H. Ohama
28 論文題目 Basic Studies on N"-Ursodeoxycholylethylenetriamine- N,N,N'-triacetic Acid for the Dissolution of Calcified Gallstones
掲載誌 Biol. Pharm. Bull.
巻,号,頁 21(6), 551-557 発行年 1998 発行月 6
著者 Y. Maeda, T. Konishi, K. Omoda, Y. Takeda, S. Fukuhara, M. Fukuzawa, T. Ohune, T. Tsuya, S. Tsukiai
29 論文題目 Inhibition of theophylline metabolism by aciclovir
掲載誌 Biol. Pharm. Bull.
巻,号,頁 19(12), 1591-1595 発行年 1996 発行月 12
著者 Y. Maeda, K. Omoda, T. Konishi, M. Takahashi, K. Kihira, S. Hibino, S. Tsukiai
30 論文題目 Effects of aluminium-containing antacid on bioavailability of ofloxacin following oral administration of pivaloyloxymethyl ester of ofloxacin as prodrug
掲載誌 Biol. Pharm. Bull.
巻,号,頁 16(6),595-600 発行年 1993 発行月 6
著者 M. Takahashi, T. Konishi, Y. Maeda, Y. Matsugu,F. Akazawa, T. Eto, M. Okajima, K. Uchida,Y. Masaoka, K. Okada
31 論文題目 Use of the conjugate of disulphated ursodeoxycholic acid with p-aminobenzoic acid for the detection of intestinal bacteria
掲載誌 Gut
巻,号,頁 34, 823-828 発行年 1993 発行月
著者 M. Takahashi, Y. Maeda, H. Tashiro, F. Akazawa,M. Okajima, S. Yoshioka, Y. Matsugu, K. Toyota, Y. Masaoka
32 論文題目 Basic Studies on Ursodeoxycholyl-para-Aminobenzoic Acid for Evaluation of Intestinal Microflora
掲載誌 Scand. J. Gastroenterol
巻,号,頁 26, 577-588 発行年 1991 発行月
著者 Makoto Takahashi, Yorinobu Maeda, Hirotaka Tashiro, Takaaki Eto, Takahiko Goto, Osamu Sanada
33 論文題目 A new simple test for evaluation of intestinal bacteria
掲載誌 World J. Surg.
巻,号,頁 14, 628-635 発行年 1990 発行月
著者 Yorinobu Maeda, Makoto Takahashi
34 論文題目 Hydrolysis and Absorption of a Conjugate of Ursodeoxycholic Acid with para-Amonobenzoic Acid
掲載誌 J.Pharmacobio-Dyn.
巻,号,頁 12(12):744-753 発行年 1989 発行月 12
著者 Yorinobu Maeda, Makoto Takahashi, Hirotaka Tashiro,Fujio Akazawa
35 論文題目 The Rapid Evaluation of Intestinal Bacterial Growth Using a Conjugate of Ursodeoxycholic Acid with para-Aminobenzoic Acid
掲載誌 J.Pharmacobio-Dyn. , 1989
巻,号,頁 12(5):272-280 発行年 1989 発行月 5

戻る

TOP

エッセイ,記事(新聞)等

戻る

TOP

特許

発明者 高橋信, 小西敏夫, 前田頼伸
36 発明名称 エチレンジアミン二酢酸化合物およびその製造法
出願人
番号 特許, 平4-282397 1992
発明者 高橋信, 前田頼伸, 寛敬彦
37 発明名称 ジエチレントリアミン三酢酸化合物及びその製造中間体並びにそれらの製造法
出願人
番号 特許, 平3-99095 1991
発明者 高橋信, 前田頼伸
38 発明名称 胆汁酸誘導体およびその製造法ならびに腸内細菌診断薬
出願人
番号 特許, 平3-184993 1991

戻る

TOP

薬学部 / 薬学科 / 教授 / 前田 頼伸