免責事項
 福山大学研究者一覧・検索サイトの内容は,各教員が自ら入力した情報に基づいています.その情報の正確性について,福山大学が保証するものではありません.

福山大学
研究者情報

薬学部 / 薬学科 / 講師 / 木平 孝高

研究者情報 研究業績 学位論文 著書 学術論文(総説・解説含む) エッセイ,記事(新聞)等 特許
表示:[全業績]
代表業績表示に変更

研究者情報

福山大学学術リポジトリ researchmap J-GLOBAL CiNii 国立国会図書館 Google Scholar
氏名 木平 孝高 (きひら よしたか) 
所属 薬学部 薬学科
職名 講師
e-mail y-kihira ★ fupharm。fukuyama-u、ac.jp
迷惑メール対策として「@」,「.」を置き換えて表示しています.
TEL 084-936-2112 (ext. 5156)
FAX
WEB http://web.fukuyama-u.ac.jp/pharm/htmls/Labo/labs/yoshitomi/top.htm
更新日時 2017-03-28 11:43:59
学歴 2001年3月 徳島大学 薬学部 製薬化学科 卒業
2003年3月 徳島大学大学院 薬学研究科 薬品科学専攻 博士前期課程 修了
2004年3月 徳島大学大学院 薬学研究科 薬品科学専攻 博士後期課程 退学
学位・資格 薬剤師免許 2001年5月
博士(薬学) 徳島大学 2007年7月
職歴 富山医科薬科大学 薬学部 協力研究員 (2004年4月〜2004年5月)
富山医科薬科大学 薬学部 助手 (2004年6月〜2007年2月)
University of Maryland, Baltimore, Research assistant (2007年3月〜2007年7月)
University of Maryland, Baltimore, Postdoctoral fellow (2007年7月〜2009年3月)
徳島大学大学院医歯薬学研究部 薬理学分野 助教 (2009年4月〜2016年3月)
福山大学 薬学部 講師 (2016年4月〜)
専門分野 薬理学、生化学
研究テーマ 脂肪組織の低酸素化が糖尿病発症に及ぼす影響に関する研究
腎低酸素化が腎障害発症に及ぼす影響に関する研究
研究テーマのキーワード 低酸素、低酸素誘導因子、肥満、糖尿病、腎障害
所属学会 日本薬学会, 日本薬理学会, 日本生化学会
学会活動 薬理系薬学部会若手世話人(2014年9月〜)
日本薬理学会学術評議員(2015年4月〜)
共同研究・科研費採択課題等実績 2009年 財団法人厚仁会 第7回医学・歯学研究奨励助成 システインスキャニング法を用いたミトコンドリアADP/ATP透過担体のマトリックス側ループの解析 研究代表者
2010年 (財)加藤記念バイオサイエンス研究振興財団 第22回加藤記念国際交流助成 Basic fibroblast growth factor upregulates hypoxia inducible factor α and glucose transporter 1 in adipose cell 研究代表者
2011年度〜2013年度 科学研究費 若手研究(B) 塩基性繊維芽細胞増殖因子の脂肪細胞に対する代謝調節因子としての役割 研究代表者
2013年度〜2014年度 (財)加藤記念バイオサイエンス研究振興財団 第24回加藤記念研究助成 脂肪細胞低酸素応答因子の肥満糖尿病病態形成に対する役割 研究代表者
2013年度〜2015年度 科学研究費 基盤研究(C) 食餌性由来亜硝酸塩によるAMPK活性化機構の解明 研究分担者
2014年度〜2015年度 科学研究費 若手研究(B) 低酸素誘導因子による脂肪細胞の脂質代謝変化がグルカゴン様ペプチド分泌に及ぼす影響 研究代表者
2015年度 科学研究費 基盤研究(B) 食事性亜硝酸によるエピゲノム修飾に対する作用と生理的役割解明 研究分担者
2016年度-2018年度 基盤研究(C) 低酸素誘導因子阻害剤のアディポネクチン高発現ベージュ細胞誘導を介した抗糖尿病作用 研究代表者
主な担当授業科目 テーラーメイド薬物治療、事前学習、実務実習
主な学内役職・委員 薬学部FD委員
薬学部就職対策委員
国際交流委員
社会活動 一般財団法人博慈会老人病研究所客員研究員(2015年4月〜2018年3月)
「広島県薬剤師会モバイルDI室」事業(2016年11月〜)
受賞,その他の実績 岡奨学賞(徳島大学) 2012年
一般財団法人博慈会推奨既発表論文賞(基礎) 2015年

戻る

TOP

全研究業績

代表業績表示に変更

学位論文

提出者 木平孝高
1 論文題目 ミトコンドリアADP/ATP透過担体の構造変換特性と輸送機能発現
提出大学 徳島大学
提出年 2007 提出月

戻る

TOP

著書

著者 土屋浩一郎, 石澤啓介, 宮本理人, 堀ノ内裕也, 池田康将, 木平孝高, 冨田修平, 玉置俊晃
2 書名 腎とフリーラジカル第11集
出版社 株式会社東京医学社
頁数(担当頁) 30頁〜35頁 出版年 2013 出版月 1
著者 櫻田巧, 石澤啓介, 今西正樹, 藤井聖子, 谷口順平, 石澤有紀, 宮本理人, 木平孝高, 池田康将, 冨田修平, 水口和生, 土屋浩一郎, 玉置俊晃
3 書名 腎とフリーラジカル第11集
出版社 株式会社東京医学社
頁数(担当頁) 78頁〜83頁 出版年 2013 出版月 1
著者 池田康将, 田島壮一郎, 木平孝高, 石澤有紀, 石澤啓介, 冨田修平, 土屋浩一郎, 玉置俊晃
4 書名 腎とフリーラジカル第11集
出版社 株式会社東京医学社
頁数(担当頁) 155頁〜161頁 出版年 2013 出版月 1
著者 田島壮一郎, 土屋浩一郎, 濱本磨以, 久住祥子, 堀ノ内裕也, 八木祐子, 櫻田巧, 石澤啓介, 池田康将, 木平孝高, 冨田修平, 玉置俊晃
5 書名 腎とフリーラジカル第10集
出版社 株式会社東京医学社
頁数(担当頁) 59頁〜63頁 出版年 2010 出版月 6

戻る

TOP

学術論文(総説・解説含む)

著者 Oshima K, Ikeda Y, Horinouchi Y, Watanabe H, Hamano H, Kihira Y, Kishi S, Izawa-Ishizawa Y, Miyamoto L, Hirayama T, Nagasawa H, Ishizawa K, Tsuchiya K, Tamaki T.
6 論文題目 Iron suppresses erythropoietin expression via oxidative stress-dependent hypoxia-inducible factor-2 alpha inactivation.
掲載誌 Lab Invest.
巻,号,頁 発行年 2017 発行月 3
著者 冨田修平、木平孝高、玉置俊晃
7 論文題目 低酸素シグナルと炎症
掲載誌 炎症と免疫
巻,号,頁 vol. 24, No. 4, 294-299 発行年 2016 発行月 6
著者 Ikeda Y, Imao M, Satoh A, Watanabe H, Hamano H, Horinouchi Y, Izawa-Ishizawa Y, Kihira Y, Miyamoto L, Ishizawa K, Tsuchiya K, Tamaki T.
8 論文題目 Iron-induced skeletal muscle atrophy involves an Akt-forkhead box O3-E3 ubiquitin ligase-dependent pathway.
掲載誌 J Trace Elem Med Biol.
巻,号,頁 35:66-76. 発行年 2016 発行月
著者 Kihira Y, Burentogtokh A, Itoh M, Izawa-Ishizawa Y, Ishizawa K, Ikeda Y, Tsuchiya K, Tamaki T.
9 論文題目 Hypoxia Decreases Glucagon-Like Peptide-1 Secretion from the GLUTag Cell Line.
掲載誌 Biol Pharm Bull.
巻,号,頁 38(4):514-21. 発行年 2015 発行月
著者 Ikeda Y, Horinouchi Y, Izawa-Ishizawa Y, Kihira Y, Ishizawa K, Aihara K, Tsuchiya K, Tamaki T.
10 論文題目 Bilirubin exerts pro-angiogenic effects through an AkteNOS-dependent pathway
掲載誌 Hypertens Res.
巻,号,頁 38(11):733-40. 発行年 2015 発行月
著者 Yamano N, Ikeda Y, Sakama M, Izawa-Ishizawa Y, Kihira Y, Ishizawa K, Miyamoto L, Tomita S, Tsuchiya K, Tamaki T.
11 論文題目 A Long-Term High-Fat Diet Changes Iron Distribution in Body, Increasing Iron Accumulation Specifically in the Mouse Spleen.
掲載誌 Journal of Nutritional Science and Vitaminology.
巻,号,頁 61(1):20-27. 発行年 2015 発行月
著者 Tajima S, Ikeda Y, Enomoto H, Imao M, Horinouchi Y, Izawa-Ishizawa Y, Kihira Y, Miyamoto L, Ishizawa K, Tsuchiya K, Tamaki T.
12 論文題目 Angiotensin II alters the expression of duodenal iron transporters, hepatic hepcidin, and body iron distribution in mice.
掲載誌 Eur J Nutr.
巻,号,頁 54(5):709-19. 発行年 2015 発行月
著者 Imanishi M, Ishizawa K, Sakurada T, Ishizawa Y, Yamano N, Kihira Y, Ikeda Y, Tsuchiya K, Tamaki T.
13 論文題目 Drug development for cardiorenal disease based on oxidative stress control.
掲載誌 Yakugaku Zasshi.
巻,号,頁 134(6):715-9. 発行年 2014 発行月
著者 Kihira Y, Miyake M, Hirata M, Hoshina Y, Kato K, Shirakawa H, Sakaue H, Yamano N, Izawa-Ishizawa Y, Ishizawa K, Ikeda Y, Tsuchiya K, Tamaki T, Tomita S.
14 論文題目 Deletion of hypoxia-inducible factor-1α in adipocytes enhances glucagon-like Peptide-1 secretion and reduces adipose tissue inflammation.
掲載誌 PLoS One.
巻,号,頁 9(4):e93856. 発行年 2014 発行月
著者 Morimoto A, Tomita S, Imanishi M, Shioi G, Kihira Y, Izawa-Ishizawa Y, Takaku M, Hashimoto I, Ikeda Y, Nakanishi H, Tamaki T.
15 論文題目 Overexpressed HIF-2α in Endothelial Cells Promotes Vascularization and Improves Random Pattern Skin Flap Survival.
掲載誌 Plast Reconstr Surg Glob Open.
巻,号,頁 2(4):e132. 発行年 2014 発行月
著者 Imanishi M, Tomita S, Ishizawa K, Kihira Y, Ueno M, Izawa-Ishizawa Y, Ikeda Y, Yamano N, Tsuchiya K, Tamaki T.
16 論文題目 Smooth muscle cell-specific Hif-1α deficiency suppresses angiotensin II-induced vascular remodelling in mice.
掲載誌 Cardiovasc Res.
巻,号,頁 102(3):460-8. 発行年 2014 発行月
著者 Imamura Y, Tomita S, Imanishi M, Kihira Y, Ikeda Y, Ishizawa K, Tsuchiya K, Tamaki T.
17 論文題目 HIF-2α/ARNT complex regulates hair development via induction of p21Waf1/Cip1 and p27Kip1.
掲載誌 FASEB J.
巻,号,頁 28(6):2517-2524. 発行年 2014 発行月
著者 Ikeda Y, Ozono I, Tajima S, Imao M, Horinouchi Y, Izawa-Ishizawa Y, Kihira Y, Miyamoto L, Ishizawa K, Tsuchiya K, Tamaki T.
18 論文題目 Iron chelation by deferoxamine prevents renal interstitial fibrosis in mice with unilateral ureteral obstruction.
掲載誌 PLoS One.
巻,号,頁 9(2):e89355. 発行年 2014 発行月
著者 Ishizawa K, Izawa-Ishizawa Y, Yamano N, Urushihara M, Sakurada T, Imanishi M, Fujii S, Nuno A, Miyamoto L, Kihira Y, Ikeda Y, Kagami S, Kobori H, Tsuchiya K, Tamaki T.
19 論文題目 Nitrosonifedipine ameliorates the progression of type 2 diabetic nephropathy by exerting antioxidative effects.
掲載誌 PLoS One.
巻,号,頁 9(1):e86335. 発行年 2014 発行月
著者 Tomita S, Kihira Y, Tamaki T.
20 論文題目 Pathophysiological responses to hypoxia in vascular remodeling by hypoxia-inducible factor-1.
掲載誌 Seikagaku.
巻,号,頁 85(4):265-8. 発行年 2013 発行月
著者 Ikeda Y, Enomoto H, Tajima S, Izawa-Ishizawa Y, Kihira Y, Ishizawa K, Tomita S, Tsuchiya K, Tamaki T.
21 論文題目 Dietary iron restriction inhibits progression of diabetic nephropathy in db/db mice.
掲載誌 Am J Physiol Renal Physiol.
巻,号,頁 304(7):F1028-36. 発行年 2013 発行月
著者 Ikeda Y, Tajima S, Izawa-Ishizawa Y, Kihira Y, Ishizawa K, Yoshida S, Aihara K, Tsuchiya K, Tamaki T.
22 論文題目 Bovine milk-derived lactoferrin exerts proangiogenic effects in an Src-Akt-eNOS-dependent manner in response to ischemia.
掲載誌 J Cardiovasc Pharmacol.
巻,号,頁 61(5):423-9. 発行年 2013 発行月
著者 Sakurada T, Ishizawa K, Imanishi M, Izawa-Ishizawa Y, Fujii S, Tominaga E, Tsuneishi T, Horinouchi Y, Kihira Y, Ikeda Y, Tomita S, Aihara K, Minakuchi K, Tsuchiya K, Tamaki T.
23 論文題目 Nitrosonifedipine ameliorates angiotensin II-induced vascular remodeling via antioxidative effects.
掲載誌 Naunyn Schmiedebergs Arch Pharmacol.
巻,号,頁 386(1):29-39. 発行年 2013 発行月
著者 Izawa-Ishizawa Y, Ishizawa K, Sakurada T, Imanishi M, Miyamoto L, Fujii S, Taira H, Kihira Y, Ikeda Y, Hamano S, Tomita S, Tsuchiya K, Tamaki T.
24 論文題目 Angiotensin II Receptor Blocker Improves Tumor Necrosis Factor-α-Induced Cytotoxicity via Antioxidative Effect in Human Glomerular Endothelial Cells.
掲載誌 Pharmacology.
巻,号,頁 90(5-6):324-331. 発行年 2012 発行月
著者 Ikeda Y, Aihara KI, Yoshida S, Iwase T, Tajima S, Izawa-Ishizawa Y, Kihira Y, Ishizawa K, Tomita S, Tsuchiya K, Sata M, Akaike M, Kato S, Matsumoto T, Tamaki T.
25 論文題目 Heparin cofactor II, a serine protease inhibitor, promotes angiogenesis via activation of the AMPK-eNOS signaling pathway.
掲載誌 J Biol Chem.
巻,号,頁 287(41):34256-63. 発行年 2012 発行月
著者 Takaku M, Tomita S, Kurobe H, Kihira Y, Morimoto A, Higashida M, Ikeda Y, Ushiyama A, Hashimoto I, Nakanishi H, Tamaki T.
26 論文題目 Systemic Preconditioning by a Prolyl Hydroxylase Inhibitor Promotes Prevention of Skin Flap Necrosis via HIF-1-Induced Bone Marrow-Derived Cells.
掲載誌 PLoS One.
巻,号,頁 7(8):e42964. 発行年 2012 発行月
著者 Ikeda Y, Tajima S, Izawa-Ishizawa Y, Kihira Y, Ishizawa K, Tomita S, Tsuchiya K, Tamaki T.
27 論文題目 Estrogen Regulates Hepcidin Expression via GPR30-BMP6-Dependent Signaling in Hepatocytes.
掲載誌 PLoS One.
巻,号,頁 7(7):e40465. 発行年 2012 発行月
著者 Tajima S, Ikeda Y, Sawada K, Yamano N, Horinouchi Y, Kihira Y, Ishizawa K, Izawa-Ishizawa Y, Kawazoe K, Tomita S, Minakuchi K, Tsuchiya K, Tamaki T.
28 論文題目 Iron reduction by deferoxamine leads to amelioration of adiposity via the regulation of oxidative stress and inflammation in obese and type 2 diabetes KKAy mice.
掲載誌 Am J Physiol Endocrinol Metab.
巻,号,頁 302(1):E77-86 発行年 2012 発行月
著者 Ishizawa K, Yoshizumi M, Kawai Y, Terao J, Kihira Y, Ikeda Y, Tomita S, Minakuchi K, Tsuchiya K, Tamaki T.
29 論文題目 Pharmacology in health food: metabolism of quercetin in vivo and its protective effect against arteriosclerosis.
掲載誌 J Pharmacol Sci.
巻,号,頁 115(4):466-70. 発行年 2011 発行月
著者 Tomita S, Kihira Y, Imanishi M, Fukuhara Y, Imamura Y, Ishizawa K, Ikeda Y, Tsuchiya K, Tamaki T.
30 論文題目 Pathophysiological response to hypoxia - from the molecular mechanisms of malady to drug discovery:inflammatory responses of hypoxia-inducible factor 1α (HIF-1α) in T cells observed in development of vascular remodeling.
掲載誌 J Pharmacol Sci.
巻,号,頁 115(4):433-9. 発行年 2011 発行月
著者 Kihira Y, Yamano N, Izawa-Ishizawa Y, Ishizawa K, Ikeda Y, Tsuchiya K, Tamaki T, Tomita S.
31 論文題目 Basic fibroblast growth factor regulates glucose metabolism through glucose transporter 1 induced by hypoxia-inducible factor-1α in adipocytes.
掲載誌 Int J Biochem Cell Biol.
巻,号,頁 43(11):1602-11 発行年 2011 発行月
著者 Ikeda Y, Tajima S, Yoshida S, Yamano N, Kihira Y, Ishizawa K, Aihara KI, Tomita S, Tsuchiya K, Tamaki T.
32 論文題目 Deferoxamine promotes angiogenesis via the activation of vascular endothelial cell function.
掲載誌 Atherosclerosis.
巻,号,頁 215(2):339-47. 発行年 2011 発行月
著者 Fukuhara Y, Tsuchiya K, Horinouchi Y, Tajima S, Kihira Y, Hamano S, Kawazoe K, Ikeda Y, Ishizawa K, Tomita S, Tamaki T.
33 論文題目 Protective effect of photodegradation product of nifedipine against tumor necrosis factor alpha-induced oxidative stress in human glomerular endothelial cells.
掲載誌 J Med Invest.
巻,号,頁 58(1-2):118-26. 発行年 2011 発行月
著者 Horinouchi Y, Tsuchiya K, Taoka C, Tajima S, Kihira Y, Matsuda Y, Shishido K, Yoshida M, Hamano S, Kawazoe K, Ikeda Y, Ishizawa K, Tomita S, Tamaki T.
34 論文題目 Antioxidant effects of photodegradation product of nifedipine.
掲載誌 Chem Pharm Bull (Tokyo).
巻,号,頁 59(2):208-14. 発行年 2011 発行月
著者 Tsuchiya K, Tomita S, Ishizawa K, Abe S, Ikeda Y, Kihira Y, Tamaki T.
35 論文題目 Dietary nitrite ameliorates renal injury in L-NAME-induced hypertensive rats
掲載誌 Nitric Oxide.
巻,号,頁 22(2):98-103. 発行年 2010 発行月
著者 Shinohara Y, Hashimoto M, Kihira Y, Ohkura K, Majima E, Terada H.
36 論文題目 Structural and functional properties of the C-terminal region of mitochondrial ADP/ATP carrier.
掲載誌 Yakugaku Zasshi.
巻,号,頁 130(2):199-204. 発行年 2010 発行月
著者 Hermanstyne TO, Kihira Y, Misono K, Deitchler A, Yanagawa Y, Misonou H.
37 論文題目 Immunolocalization of the Voltage-gated Potassium Channel Kv2.2 in GABAergic Neurons in the Basal Forebrain of Rats and Mice
掲載誌 J Comp Neurol.
巻,号,頁 518(21):4298-310. 発行年 2010 発行月
著者 Tajima S, Tsuchiya K, Horinouchi Y, Ishizawa K, Ikeda Y, Kihira Y, Shono M, Kawazoe K, Tomita S, Tamaki T.
38 論文題目 Effect of angiotensin II on iron-transporting protein expression and subsequent intracellular labile iron concentration in human glomerular endothelial cells
掲載誌 Hypertens Res.
巻,号,頁 33(7):713-21. 発行年 2010 発行月
著者 Kihira Y, Hermanstyne TO, Misonou H.
39 論文題目 Formation of heteromeric Kv2 channels in mammalian brain neurons.
掲載誌 J Biol Chem.
巻,号,頁 285(20):15048-55. 発行年 2010 発行月
著者 Ishizawa K, Izawa-Ishizawa, Y, Dorjsuren N, Miki E, Kihira Y, Ikeda Y, Hamano S, Kawazoe K, Minakuchi K, Tomita S, Tsuchiya K, and Tamaki T.
40 論文題目 Angiotensin II receptor blocker attenuates PDGF-induced mesangial cell migration in a receptor-independent manner.
掲載誌 Nephrol Dial Transplant.
巻,号,頁 25(2):364-72. 発行年 2010 発行月
著者 Ishizawa K, Dorjsuren N, Izawa-Ishizawa Y, Sugimoto R, Ikeda Y, Kihira Y, Kawazoe K, Tomita S, Tsuchiya K, Minakuchi K, Tamaki T.
41 論文題目 Inhibitory effects of adiponectin on platelet-derived growth factor-induced mesangial cell migration.
掲載誌 J Endocrinol.
巻,号,頁 202(2):309-16. 発行年 2009 発行月
著者 Kihira Y.
42 論文題目 Functional interactions between transmembrane regions and their C-terminal adjoining loop in mitochondrial ADP/ATP carrier
掲載誌 Biol Pharm Bull.
巻,号,頁 31(11):2001-6 発行年 2008 発行月
著者 Kihira Y, Ueno M, Terada H.
43 論文題目 Difference between yeast and bovine mitochondrial ADP/ATP carriers in terms of conformational properties of the first matrix loop as deduced by use of copper-o-phenanthroline.
掲載誌 Biol Pharm Bull.
巻,号,頁 30(5):885-90 発行年 2007 発行月
著者 Hatakeyama H, Akita H, Kogure K, Oishi M, Nagasaki Y, Kihira Y, Ueno M, Kobayashi H, Kikuchi H, Harashima H.
44 論文題目 Development of a novel systemic gene delivery system for cancer therapy with a tumor-specific cleavable PEG-lipid.
掲載誌 Gene Ther.
巻,号,頁 14(1):68-77. 発行年 2007 発行月
著者 Iwahashi A, Kihira Y, Majima E, Terada H, Yamazaki N, Kataoka M, Shinohara Y.
45 論文題目 The structure of the second cytosolic loop of the yeast mitochondrial ADP/ATP carrier AAC2 is dependent on the conformational state.
掲載誌 Mitochondrion.
巻,号,頁 6(5):245-51. 発行年 2006 発行月
著者 Kihira Y, Hashimoto M, Shinohara Y, Majima E, Terada H.
46 論文題目 Roles of adjoining Asp and Cys residues of first matrix-facing loop in transport activity of yeast and bovine mitochondrial ADP/ATP carriers.
掲載誌 J Biochem (Tokyo).
巻,号,頁 139(3):575-82. 発行年 2006 発行月
著者 Kihira Y, Majima E, Shinohara Y, Terada H.
47 論文題目 Cysteine labeling studies detect conformational changes in region 106-132 of the mitochondrial ADP/ATP carrier of Saccharomyces cerevisiae.
掲載誌 Biochemistry.
巻,号,頁 44(1):184-92. 発行年 2005 発行月
著者 Sasaki K, Kogure K, Chaki S, Kihira Y, Ueno M, Harashima H.
48 論文題目 Construction of a multifunctional envelope-type nano device by a SUV*-fusion method.
掲載誌 Int J Pharm.
巻,号,頁 296(1-2):142-50. 発行年 2005 発行月
著者 Kihira Y, Iwahashi A, Majima E, Terada H, Shinohara Y.
49 論文題目 Twisting of the second transmembrane alpha-helix of the mitochondrial ADP/ATP carrier during the transition between two carrier conformational states.
掲載誌 Biochemistry.
巻,号,頁 43(48):15204-9. 発行年 2004 発行月
著者 Hatanaka T, Kihira Y, Shinohara Y, Majima E, Terada H.
50 論文題目 Characterization of loops of the yeast mitochondrial ADP/ATP carrier facing the cytosol by site-directed mutagenesis.
掲載誌 Biochem Biophys Res Commun.
巻,号,頁 286(5):936-42. 発行年 2001 発行月

戻る

TOP

エッセイ,記事(新聞)等

戻る

TOP

特許

戻る

TOP

薬学部 / 薬学科 / 講師 / 木平 孝高