免責事項
 福山大学研究者一覧・検索サイトの内容は,各教員が自ら入力した情報に基づいています.その情報の正確性について,福山大学が保証するものではありません.

福山大学
研究者情報

生命工学部 / 生物工学科 / 教授 / 松崎 浩明

研究者情報 研究業績 学位論文 著書 学術論文(総説・解説含む) エッセイ,記事(新聞)等 特許
表示:[代表業績]
全業績表示に変更

研究者情報

福山大学学術リポジトリ researchmap J-GLOBAL CiNii 国立国会図書館 Google Scholar
氏名 松崎 浩明 (まつざき ひろあき) 
所属 生命工学部 生物工学科
職名 教授
e-mail matsuzak ★ bt。fubt、fukuyama-u.ac,jp
迷惑メール対策として「@」,「.」を置き換えて表示しています.
TEL 084-936-2112 (ext.4626)
FAX 084-936-2023
WEB
更新日時 2015-03-24 15:41:18
学歴 1984年3月 広島大学 工学部 第三類 (化学系) 卒業
1986年3月 大阪大学大学院 工学研究科 醗酵工学専攻 前期課程 修了
1989年3月 大阪大学大学院 工学研究科 醗酵工学専攻 後期課程 修了
学位・資格 工学博士 大阪大学 1989年3月
職歴 日本学術振興会特別研究員(1989年4月~1990年3月)
福山大学 工学部 生物工学科 助手(1990年4月~1997年3月)
福山大学 工学部 生物工学科 講師(1997年4月~2002年3月)
福山大学 生命工学部 生物工学科 助教授(2002年4月~2007年 3月)
福山大学 生命工学部 生物工学科 准教授(2007年4月~2009年 3月)
福山大学 生命工学部 生物工学科 教授(2009年4月~現在)
専門分野 分子生物学,生物工学
研究テーマ 染色体の核内収納メカニズムの解明
染色体工学技術の開発
遺伝子組換えによる新機能酵母の構築
味に対する嗜好・嫌悪の分子機構の解明
研究テーマのキーワード 染色体,核内構造,染色体工学,セントロメア,酵母,嗜好・嫌悪,線虫,酵母,セルラーゼ
所属学会 日本分子生物学会, 日本農芸化学会, 日本生物工学会, 酵母遺伝学フォーラム, Genetics Society of America
学会活動 日本農芸化学会 中四国支部参与(旧評議員) 2004年4月~現在
共同研究・科研費採択課題等実績 1991年 科研費・奨励研究(A) Saccharomyces属酵母のセントロメアの構造と機能の解析 研究代表者
1993年 科研費・奨励研究(A) 酵母異数体から正常細胞への復帰機構の解明 研究代表者
1993年 科研費・試験研究(B) 微生物変換による液体アルカンの製造 研究分担者
1994年 科研費・一般研究(C) 分泌発酵法による有用油脂の生産 研究分担者
2001年 科研費・基盤研究(C) 有用微生物油脂の分泌生産 研究分担者
主な担当授業科目 遺伝子工学,生物学II,生産安全管理技術,バイオ英語II,遺伝子工学特論,生物工学基礎実験,微生物実験,分子生物学実験,遺伝子工学実験
主な学内役職・委員 入学試験委員
組換えDNA倫理部会委員
社会活動 平成26年度清心女子高等学校スーパーサイエンスハイスクール(SSH)体験実験「DNAの抽出と電気泳動による分離」(2014年6月)
第13回生命工学部公開授業(実験の部)「酵母(こうぼ)と遊ぼう!」(2013年7月)
第11回生命工学部公開授業「遺伝子のしくみ・暮らしとの関わり」(2011年7月)
産業交流展in福山2009「有用微生物の単離とその応用開発」(2009年10月)
平成21年度Science Lab第2回実験型理科学習「遺伝子の本体であるDNAの分離にトライ」(2009年8月)
受賞,その他の実績 

戻る

TOP

代表的な研究業績

全業績表示に変更

学位論文

提出者 松崎浩明
1 論文題目 酵母プラスミドpSR1の部位特異的組換えの染色体工学への応用
提出大学 大阪大学
提出年 1989 提出月 3

戻る

TOP

著書

著者 松崎浩明  編者・監修:福井作蔵,秦野琢之
2 書名 バイオハザード  書名:微生物増殖学の現在・未来
出版社 地人書館
頁数(担当頁) 158-168 出版年 2008 出版月 10
著者 秦野琢之,松崎浩明,福井作蔵  編者:日本生物工学会
3 書名 組換えDNA実験のバイオハザード,酵母の細胞周期と核の挙動  書名:生物工学実験書 改訂版
出版社 培風館
頁数(担当頁) 159-160, 205-208 出版年 2002 出版月 4
著者 松崎浩明  監修:福井作蔵,高木正道
4 書名 染色体レベルの酵母の育種改良  書名:酵母とバイオ・酵母研究の新潮流
出版社 医学出版センター
頁数(担当頁) 267-286 出版年 1994 出版月 4
著者 松崎浩明,中島亮一,川崎秀紀,荒木弘之,大嶋泰治  編者:倉石衍
5 書名 部位特異的組換えを利用した染色体工学  書名:酵母研究技法の新展開
出版社 学会出版センター
頁数(担当頁) 49-62 出版年 1991 出版月 9
著者 松崎浩明,大嶋泰治   監修:秋山裕一
6 書名 酵母における染色体改変技法  書名:酵母のニューバイオテクノロジー
出版社 医学出版センター
頁数(担当頁) 324-331 出版年 1990 出版月 10

戻る

TOP

学術論文(総説・解説含む)

著者 Akihiro Miyamoto, Toshiaki Yanamoto, Takehiro Matsumoto, Takushi Hatano, Hiroaki Matsuzaki
7 論文題目 Cell death caused by excision of centromeric DNA from a chromosome in Saccharomyces cerevisiae
掲載誌 Biosci. Biotechnol. Biocnem.
巻,号,頁 77, 9, 1841-1847 発行年 2013 発行月 9
著者 Toshiaki Yanamoto, Akihiro Miyamoto, Kayoko Ikeda, Takushi Hatano, Hiroaki Matsuzaki
8 論文題目 The relationship between chromosomal positioning within the nucleus and the SSD1 gene in Saccharomyces cerevisiae
掲載誌 Biosci. Biotechnol. Biochem.
巻,号,頁 75, 9, 1713-1721 発行年 2011 発行月 9
著者 Shoji Yamane, Hirotsugu Karashima, Hiroaki Matsuzaki, Takushi Hatano, Sakuzo Fukui
9 論文題目 Isolation of cetromeric DNA from Saccharomyces bayanus
掲載誌 J. Gen. Appl. Microbiol.
巻,号,頁 45, 89-92 発行年 1999 発行月 6
著者 Hiroaki Matsuzaki, Shoji Yamane, Takushi Hatano, Yasuji Oshima, Sakuzo Fukui
10 論文題目 Simple monitoring system for R-mediated site-specific recombination on chromosomes in Saccharomyces cerevisiae
掲載誌 Biosci. Biotech. Biochem.
巻,号,頁 58, 9, 1632-1637 発行年 1994 発行月 9
著者 Hiroaki Matsuzaki, Ryoichi Nakajima, Junko Nishiyama, Hiroyuki Araki, Yasuji Oshima
11 論文題目 Chromosome Engineering in Saccharomyces cerevisiae by using a site-specific recombination system of a yeast plasmid
掲載誌 J. Bacteriol.
巻,号,頁 172, 2, 610- 618 発行年 1990 発行月 2

戻る

TOP

エッセイ,記事(新聞)等

戻る

TOP

特許

戻る

TOP

生命工学部 / 生物工学科 / 教授 / 松崎 浩明