免責事項
 福山大学研究者一覧・検索サイトの内容は,各教員が自ら入力した情報に基づいています.その情報の正確性について,福山大学が保証するものではありません.

福山大学
研究者情報

薬学部 / 薬学科 / 准教授 / 上敷領 淳

研究者情報 研究業績 学位論文 著書 学術論文(総説・解説含む) エッセイ,記事(新聞)等 特許
表示:[代表業績]
全業績表示に変更

研究者情報

福山大学学術リポジトリ researchmap J-GLOBAL CiNii 国立国会図書館 Google Scholar
氏名 上敷領 淳 (かみしきりょう じゅん) 
所属 薬学部 薬学科
職名 准教授
e-mail j-kamishi ★ fukuyama-u。ac、jp
迷惑メール対策として「@」,「.」を置き換えて表示しています.
TEL 084-936-2112(内線5123)
FAX 084-936-2024
WEB
更新日時 2018-05-14 17:59:02
学歴 平成15年3月 九州大学 薬学部 卒業
平成15年4月 九州大学大学院 システム生命科学府 入学
平成20年3月 九州大学大学院 システム生命科学府 単位取得退学
学位・資格 薬剤師免許 平成16年4月
博士(システム生命科学) 九州大学 平成23年9月
職歴 有限会社 市原調剤薬局 薬剤師 (平成20年4月~平成20年10月)
九州大学生体防御医学研究所 テクニカルスタッフ (平成20年11月~平成22年3月)
福山大学 薬学部 助手 (平成22年4月~平成23年3月)
福山大学 薬学部 助教 (平成23年4月~平成25年3月)
福山大学 薬学部 講師 (平成25年4月~平成27年3月)
福山大学 薬学部 准教授 (平成27年4月~)
専門分野 タンパク質科学、生化学
研究テーマ コレステロールトランスポーターNPC1L1の作用機序の解明
研究テーマのキーワード タンパク質、脂質、コレステロール
所属学会 日本生化学会, 日本薬学会
学会活動 
共同研究・科研費採択課題等実績 平成25年度 科研費・若手研究(B) 脂質異常症治療薬エゼチミブによるコレステロール吸収トランスポーター阻害機構の解明 研究代表者
主な担当授業科目 生体エネルギー代謝、疾病の予防
主な学内役職・委員 教務委員
社会活動 
受賞,その他の実績 

戻る

TOP

代表的な研究業績

全業績表示に変更

学位論文

提出者 上敷領 淳
1 論文題目 Molecular basis for LLT1 recognition by human CD161 (NKRP1A/KLRB1).
提出大学 九州大学
提出年 2011 提出月 9

戻る

TOP

著書

戻る

TOP

学術論文(総説・解説含む)

著者 Ohnishi M, Ochiai H, Matsuoka K, Akagi M, Nakayama Y, Shima A, Uda A, Matsuoka H, Kamishikiryo J, Michihara A, Inoue A.
2 論文題目 Claudin domain containing 1 contributing to endothelial cell adhesion decreases in presence of cerebellar hemorrhage.
掲載誌 Journal of Neuroscience Research
巻,号,頁 vol. 95, pp 2051-2058 発行年 2017 発行月
著者 Sugihara N, Kuroda N, Watanabe F, Choshi T, Kamishikiryo J, Seo M.
3 論文題目 Effects of Catechins and Their Related Compounds on Cellular Accumulation and Efflux Transport of Mitoxantrone in Caco-2 Cell Monolayers.
掲載誌 Journal of Food Science
巻,号,頁 vol. 82, pp 1224-1230 発行年 2017 発行月
著者 Kamishikiryo J, Haraguchi M, Nakashima S, Tasaka Y, Narahara H, Sugihara N, Nakamura T, Morita T.
4 論文題目 N-terminal domain of the cholesterol transporter Niemann-Pick C1-like 1 (NPC1L1) is essential for α-tocopherol transport.
掲載誌 Biochemical and Biophysical Research Communications
巻,号,頁 vol. 486, pp 476-480 発行年 2017 発行月
著者 Kita S, Matsubara H, Kasai Y, Tamaoki T, Okabe Y, Fukuhara H, Kamishikiryo J, Krayukhina E, Uchiyama S, Ose T, Kuroki K, Maenaka K.
5 論文題目 Crystal structure of extracellular domain of human lectin-like transcript 1 (LLT1), the ligand for natural killer receptor-P1A.
掲載誌 European Journal of Immunology
巻,号,頁 vol. 45, pp 1605-1613 発行年 2015 発行月
著者 Kamishikiryo J, Fukuhara H, Okabe Y, Kuroki K, Maenaka K.
6 論文題目 Molecular basis for LLT1 protein recognition by human CD161 protein (NKRP1A/KLRB1).
掲載誌 Journal of Biological Chemistry
巻,号,頁 vol. 286, pp 23823-23830 発行年 2011 発行月

戻る

TOP

エッセイ,記事(新聞)等

戻る

TOP

特許

戻る

TOP

薬学部 / 薬学科 / 准教授 / 上敷領 淳