免責事項
 福山大学研究者一覧・検索サイトの内容は,各教員が自ら入力した情報に基づいています.その情報の正確性について,福山大学が保証するものではありません.

福山大学
研究者情報

薬学部 / 薬学科 / 准教授 / 上敷領 淳

研究者情報 研究業績 学位論文 著書 学術論文(総説・解説含む) エッセイ,記事(新聞)等 特許
表示:[全業績]
代表業績表示に変更

研究者情報

福山大学学術リポジトリ researchmap J-GLOBAL CiNii 国立国会図書館 Google Scholar
氏名 上敷領 淳 (かみしきりょう じゅん) 
所属 薬学部 薬学科
職名 准教授
e-mail kamishikiryou ★ fupharm。fukuyama-u、ac.jp
迷惑メール対策として「@」,「.」を置き換えて表示しています.
TEL 084-936-2112(内線5123)
FAX 084-936-2024
WEB
更新日時 2015-04-02 18:26:16
学歴 平成15年3月 九州大学 薬学部 卒業
平成15年4月 九州大学大学院 システム生命科学府 入学
平成20年3月 九州大学大学院 システム生命科学府 単位取得退学
学位・資格 薬剤師免許 平成16年4月
博士(システム生命科学) 九州大学 平成23年9月
職歴 有限会社 市原調剤薬局 薬剤師 (平成20年4月~平成20年10月)
九州大学生体防御医学研究所 テクニカルスタッフ (平成20年11月~平成22年3月)
福山大学 薬学部 助手 (平成22年4月~平成23年3月)
福山大学 薬学部 助教 (平成23年4月~平成25年3月)
福山大学 薬学部 講師 (平成25年4月~)
専門分野 タンパク質科学、生化学
研究テーマ コレステロールトランスポーターNPC1L1の作用機序の解明
研究テーマのキーワード タンパク質、脂質、コレステロール
所属学会 日本生化学会, 日本薬学会
学会活動 
共同研究・科研費採択課題等実績 
主な担当授業科目
主な学内役職・委員 
社会活動 
受賞,その他の実績 

戻る

TOP

全研究業績

代表業績表示に変更

学位論文

提出者 上敷領 淳
1 論文題目 Molecular basis for LLT1 recognition by human CD161 (NKRP1A/KLRB1).
提出大学 九州大学
提出年 2011 提出月 9

戻る

TOP

著書

戻る

TOP

学術論文(総説・解説含む)

著者 上敷領淳、西谷沙織、村上仁友美、妹尾典子、筒井洋望、山崎迪子、服部聖、古屋憲次、杉原成美
2 論文題目 エルネオパ1号輸液への混注投与におけるオクトレオチドの残存率
掲載誌 医療薬学
巻,号,頁 vol. 40, pp 54-61 発行年 2014 発行月
著者 上敷領淳、竹谷翔太、江本基樹、杉原成美
3 論文題目 高校生の喫煙習慣が及ぼす薬物乱用のリスク並びにセルフメディケーションへの影響
掲載誌 医療薬学
巻,号,頁 vol. 40, pp 609-617 発行年 2014 発行月
著者 Furukawa A, Kamishikiryo J, Mori D, Toyonaga K, Okabe Y, Toji A, Kanda R, Miyake Y, Ose T, Yamasaki S, Maenaka K.
4 論文題目 Structural analysis for glycolipid recognition by the C-type lectins Mincle and MCL.
掲載誌 Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America
巻,号,頁 vol. 110, pp 17438-17443 発行年 2013 発行月
著者 Kamishikiryo J, Matsumura R, Takamori T, Sugihara N.
5 論文題目 Effect of quercetin on the transport of N-acetyl 5-aminosalicylic acid.
掲載誌 Journal of Pharmacy and Pharmacology
巻,号,頁 vol. 65, pp 1037-1043 発行年 2013 発行月
著者 Tagashira T, Choshi T, Hibino S, Kamishikiryou J, Sugihara N.
6 論文題目 Influence of gallate and pyrogallol moieties on the intestinal absorption of (-)-epicatechin and (-)-epicatechin gallate.
掲載誌 Journal of Food Science
巻,号,頁 vol. 77, pp H208-H215 発行年 2012 発行月
著者 Hashiguchi T, Ose T, Kubota M, Maita N, Kamishikiryo J, Maenaka K, Yanagi R.
7 論文題目 Crystallization strategy for the glycoprotein-receptor complex between measles virus hemagglutinin and its cellular receptor SLAM.
掲載誌 Protein & Peptide Letters
巻,号,頁 vol. 19, pp 468-473 発行年 2012 発行月
著者 Kamishikiryo J, Fukuhara H, Okabe Y, Kuroki K, Maenaka K.
8 論文題目 Molecular basis for LLT1 protein recognition by human CD161 protein (NKRP1A/KLRB1).
掲載誌 Journal of Biological Chemistry
巻,号,頁 vol. 286, pp 23823-23830 発行年 2011 発行月
著者 Hashiguchi T, Ose T, Kubota M, Maita N, Kamishikiryo J, Kaenaka K, Yanagi R.
9 論文題目 Structure of the measles virus hemagglutinin bound to its cellular receptor SLAM.
掲載誌 Nature Structure and Molecular Biology
巻,号,頁 vol. 18, pp 135-141 発行年 2011 発行月
著者 Maita N, Nyirenda J, Igura M, Kamishikiryo J, Kohda D.
10 論文題目 Comparative structural biology of eubacterial and archaeal oligosaccharyltransferases.
掲載誌 Journal of Biological Chemistry
巻,号,頁 vol. 285, pp 4941-4950 発行年 2010 発行月
著者 Kamishikiryo J, Maenaka K.
11 論文題目 HLA-G molecule.
掲載誌 Current Pharmaceutical Design
巻,号,頁 vol. 15, pp 3318-3324 発行年 2009 発行月
著者 Igura M, Maita N, Kamishikiryo J, Yamada M, Obita T, Maenaka K, Kohda D.
12 論文題目 Structure-guided identification of a new catalytic motif of oligosaccharyltransferase.
掲載誌 EMBO Journal
巻,号,頁 vol. 27, pp 234-243 発行年 2008 発行月
著者 Kohda D, Yamada M, Igura M, Kamishikiryo J, Maenaka K.
13 論文題目 New oligosaccharyltransferase assay method.
掲載誌 Glycobiology
巻,号,頁 vol. 17, pp 1175-1182 発行年 2007 発行月
著者 Igura M, Maita N, Obita T, Kamishikiryo J, Maenaka K, Kohda D.
14 論文題目 Purification, crystallization and preliminary X-ray diffraction studies of the soluble domain of the oligosaccharyltransferase STT3 subunit from the thermophilic archaeon Pyrococcus furiosus.
掲載誌 Acta Crystallographica Section F
巻,号,頁 vol. 63, pp 798-801 発行年 2007 発行月

戻る

TOP

エッセイ,記事(新聞)等

戻る

TOP

特許

戻る

TOP

薬学部 / 薬学科 / 准教授 / 上敷領 淳