免責事項
 福山大学研究者一覧・検索サイトの内容は,各教員が自ら入力した情報に基づいています.その情報の正確性について,福山大学が保証するものではありません.

福山大学
研究者情報

経済学部 / 国際経済学科 / 准教授 / 鍋島 正次郎

研究者情報 研究業績 学位論文 著書 学術論文(総説・解説含む) エッセイ,記事(新聞)等 特許
表示:[代表業績]
全業績表示に変更

研究者情報

福山大学学術リポジトリ researchmap J-GLOBAL CiNii 国立国会図書館 Google Scholar
氏名 鍋島 正次郎 (なべしま しょうじろう) 
所属 経済学部 国際経済学科
職名 准教授
e-mail shojiro ★ fuec。fukuyama-u、ac.jp
迷惑メール対策として「@」,「.」を置き換えて表示しています.
TEL 084-936-2112 (内線3123)
FAX なし
WEB
更新日時 2015-03-20 12:17:02
学歴 1983年4月 広島大学 総合科学部 入学
1987年3月 広島大学 総合科学部 卒業
1987年4月 広島大学大学院 社会科学研究科 国際社会論専攻博士課程前期 入学
1995年3月 広島大学大学院 社会科学研究科 国際社会論専攻博士課程後期 単位取得退学
学位・資格 広島大学 教養学士(1987年3月)
広島大学大学院 学術修士(文化人類学)(1989年3月)
職歴 福山大学 非常勤講師(スペイン語)(19964月~2002年3月)
広島大学 非常勤講師(スペイン語、文化人類学)(1999年4月~2003年3月)
広島県立保健福祉大学 非常勤講師(スペイン語)(2000年4月~2004年3月)
福山大学 経済学部 専任講師(地域経済論ほか)(2002年4月~2008年3月)
福山大学 経済学部 准教授(地域経済論ほか)(2008年4月~)
専門分野 地域経済論、地場産業論
研究テーマ 製造業集積の実態調査
産業立地論から見た中国地方
研究テーマのキーワード 産業集積の解体、生産施設の海外移転、多角化と業態転換
所属学会 日本文化人類学会, 日本ラテンアメリカ学会, 日本経済政策学会
学会活動 
共同研究・科研費採択課題等実績 
主な担当授業科目 地域経済論、備後地場産業論、中南米経済論
主な学内役職・委員 教務委員
社会活動 
受賞,その他の実績 

戻る

TOP

代表的な研究業績

全業績表示に変更

学位論文

戻る

TOP

著書

著者 鍋島正次郎 (Flores Ochoa, Jorge A. y Yoshiki Kobayashi, eds.)
1 書名 Pastoreo Altoandino; Realidad, Sacralidad y Posibilidades
出版社 Plural. La Paz Bolivia
頁数(担当頁) pp.111-134 出版年 2000 出版月

戻る

TOP

学術論文(総説・解説含む)

著者 鍋島正次郎
2 論文題目 備後アパレル産業研究に向けての準備作業と研究計画 ~福山市新市地区の事例を中心にして~
掲載誌 福山大学経済学論集
巻,号,頁 34巻1号、pp.91-110 発行年 2009 発行月 4
著者 鍋島正次郎
3 論文題目 備後地区産業集積研究序説
掲載誌 福山大学経済学論集
巻,号,頁 31巻1号、pp.75-98 発行年 2006 発行月 4
著者 鍋島正次郎
4 論文題目 中山間地域の活性化に向けた林業事業者の取り組み ―徳島県那賀川上流域の事例から―
掲載誌 福山大学経済学論集
巻,号,頁 28巻2号、pp.63-89 発行年 2004 発行月 3
著者 鍋島正次郎
5 論文題目 地域振興策としての観光事業の現状と可能性 ―徳島県三好郡西部地区の各町村の取り組み―
掲載誌 福山大学経済学論集
巻,号,頁 27巻2号、pp.165-199 発行年 2003 発行月 3

戻る

TOP

エッセイ,記事(新聞)等

戻る

TOP

特許

戻る

TOP

経済学部 / 国際経済学科 / 准教授 / 鍋島 正次郎