免責事項
 福山大学研究者一覧・検索サイトの内容は,各教員が自ら入力した情報に基づいています.その情報の正確性について,福山大学が保証するものではありません.

福山大学
研究者情報

生命工学部 / 生物工学科 / 准教授 / 広岡 和丈

研究者情報 研究業績 学位論文 著書 学術論文(総説・解説含む) エッセイ,記事(新聞)等 特許
表示:[全業績]
代表業績表示に変更

研究者情報

福山大学学術リポジトリ researchmap J-GLOBAL CiNii 国立国会図書館 Google Scholar
氏名 広岡 和丈 (ひろおか かずたけ) 
所属 生命工学部 生物工学科
職名 准教授
e-mail hirooka ★ bt。fubt、fukuyama-u.ac,jp
迷惑メール対策として「@」,「.」を置き換えて表示しています.
TEL 084-936-2112 (ext. 4630)
FAX 084-936-2023
WEB http://www.fukuyama-u.ac.jp/biological-eng/
更新日時 2016-04-30 15:14:56
学歴 1995年 3月 東北大学工学部生物化学工学科 卒業
1997年 3月 東北大学大学院工学研究科生物工学専攻(前期2年の課程) 修了
2000年 9月 東北大学大学院工学研究科生物工学専攻(後期3年の課程) 修了
学位・資格 博士(工学) 東北大学 2000年 9月
職歴 日本学術振興会特別研究員 (1999年 1月〜2001年 3 月)
NEDOフェロー (2001年 4月〜2004年 3 月)
福山大学生命工学部生物工学科 講師 (2004年 4月〜2010年 3 月)
福山大学生命工学部生物工学科 准教授 (2010年 4月〜現在)
専門分野 分子生物学,分子遺伝学,微生物学
研究テーマ 根圏土壌に含まれる物質に応答した,枯草菌での転写応答機構の研究
研究テーマのキーワード 枯草菌,転写制御,フラボノイド,根圏
所属学会 日本農芸化学会, 日本生物工学会, 日本化学会
学会活動 日本農芸化学会中四国支部 支部参与 (2011年 4月〜現在)
共同研究・科研費採択課題等実績 2011年 4月〜2014年 3月 科研費・基盤研究(B) 枯草菌緊縮制御ネットワークの全貌の解明とその応用 研究分担者(研究代表者 藤田泰太郎)
2010年 4月〜2013年 3月 科研費・若手研究(B) 枯草菌における植物由来芳香族化合物に応答した複合的遺伝子発現制御の解析 研究代表者
2005年 4月〜2010年 3月 科研費・特定領域研究 枯草菌代謝制御ネットワークの物質産生系への有効活用 研究分担者(研究代表者 藤田泰太郎)
2006年 4月〜2008年 3月 科研費・若手研究(B) 土壌成分に応答する枯草菌由来転写因子の分子認識の解析とその改変 研究代表者
2005年 4月〜2008年 3月 科研費・基盤研究(B) 細菌の潜在薬剤耐性遺伝子の戦略的発掘 研究分担者(研究代表者 藤田泰太郎)
1999年 4月〜2001年 3月 日本学術振興会特別研究員奨励費 芳香物質合成酵素のクローニング 研究代表者
主な担当授業科目 化学II,代謝制御学,生物生産実験
主な学内役職・委員 組換えDNA倫理部会委員
RIセンター委員会委員
社会活動 
受賞,その他の実績 日本農芸化学会2011年B.B.B.論文賞 2012年 3月
福山大学学長賞 2012年 6月
日本農芸化学会2013年度農芸化学奨励賞 2013年 3月

戻る

TOP

全研究業績

代表業績表示に変更

学位論文

提出者 広岡 和丈
1 論文題目 短鎖および中鎖プレニル二リン酸合成酵素の生成物鎖長制御に関する研究
提出大学 東北大学
提出年 2000 提出月 9

戻る

TOP

著書

著者 Fujita, Y., Tojo, S., and Hirooka, K.
2 書名 Stringent transcription control of Escherichia coli and Bacillus subtilis. In Escherichia coli and Bacillus subtilis: the Frontiers of Molecular Microbiology Revisited (Eds: Sadaie, Y. and Matsumoto, K.).
出版社 Research Signpost, Kerala, India.
頁数(担当頁) pp. 179-196 出版年 2012 出版月
著者 Fujita, Y., Miwa, Y., Tojo, S., and Hirooka, K.
3 書名 Carbon catabolite control and metabolic networks mediated by the CcpA protein in Bacillus subtilis. In Global Regulatory Networks in Bacillus subtilis. (Ed: Fujita, Y.).
出版社 Transworld Research Network, Kerala, India.
頁数(担当頁) pp. 91-110 出版年 2007 出版月

戻る

TOP

学術論文(総説・解説含む)

著者 Hirooka, K., Kodoi, Y., Satomura, T., and Fujita, Y.
4 論文題目 Regulation of the rhaEWRBMA operon involved in L-rhamnose catabolism through two transcriptional factors, RhaR and CcpA, in Bacillus subtilis.
掲載誌 Journal of Bacteriology
巻,号,頁 98(5), 830-845 発行年 2016 発行月 3
著者 Fujita, Y., Satomura, T., Tojo, S., and Hirooka, K.
5 論文題目 CcpA-mediated catabolite activation of the Bacillus subtilis ilv-leu operon and its negation by either CodY- or TnrA-mediated negative regulation.
掲載誌 Journal of Bacteriology
巻,号,頁 196(21), 3793-3806 発行年 2014 発行月 11
著者 広岡和丈
6 論文題目 植物の生育に深くかかわる根圏微生物のフラボノイド応答
掲載誌 化学と生物(今日の話題)
巻,号,頁 52(9), 560-562 発行年 2014 発行月 9
著者 Hirooka, K.
7 論文題目 Transcriptional response machineries of Bacillus subtilis conducive to plant growth promotion.
掲載誌 Bioscience Biotechnology and Biochemistry
巻,号,頁 78(9), 1471-1484 発行年 2014 発行月 9
著者 Ohara, K., Unno, H., Oshima, Y., Hosoya, M., Fujino, N., Hirooka, K., Takahashi, S., Yamashita, S., Kusunoki, M., and Nakayama, T.
8 論文題目 Structural insights into the low-pH adaptation of a unique carboxylesterase from Ferroplasma: altering the pH optima of two carboxylesterases.
掲載誌 Journal of Biological Chemistry
巻,号,頁 289(35), 24499-24510 発行年 2014 発行月 8
著者 Fujihashi, M., Nakatani, T., Hirooka, K., Matsuoka, H., Fujita, Y., and Miki, K.
9 論文題目 Structural characterization of a ligand-bound form of Bacillus subtilis FadR involved in the regulation of fatty acid degradation.
掲載誌 Proteins
巻,号,頁 82(7), 1301-1310 発行年 2014 発行月 7
著者 Tojo, S., Hirooka, K., and Fujita, Y.
10 論文題目 Expression of kinA and kinB of Bacillus subtilis, necessary for sporulation initiation, is under positive stringent transcription control.
掲載誌 Journal of Bacteriology
巻,号,頁 195(8), 1656-1665 発行年 2013 発行月 4
著者 Hirooka, K., Edahiro, T., Kimura, K., and Fujita, Y.
11 論文題目 Direct and indirect regulation of the ycnKJI operon involved in copper uptake through two transcriptional repressors, YcnK and CsoR, in Bacillus subtilis.
掲載誌 Journal of Bacteriology
巻,号,頁 194(20), 5675-5687 発行年 2012 発行月 10
著者 Hirooka, K., and Fujita, Y.
12 論文題目 Identification of aromatic residues critical to the DNA binding and ligand response of the Bacillus subtilis QdoR (YxaF) repressor antagonized by flavonoids.
掲載誌 Bioscience Biotechnology and Biochemistry
巻,号,頁 75(7), 1325-1334 発行年 2011 発行月 7
著者 Tojo, S., Satomura, T., Matsuoka, H., Hirooka, K., and Fujita, Y.
13 論文題目 Catabolite repression of the Bacillus subtilis FadR regulon, which is involved in fatty acid catabolism.
掲載誌 Journal of Bacteriology
巻,号,頁 193(10), 2388-2395 発行年 2011 発行月 5
著者 Hirooka, K., and Fujita, Y.
14 論文題目 Excess production of Bacillus subtilis quercetin 2,3-dioxygenase affects cell viability in the presence of quercetin.
掲載誌 Bioscience Biotechnology and Biochemistry
巻,号,頁 74(5), 1030-1038 発行年 2010 発行月 5
著者 Tojo, S., Kumamoto, K., Hirooka, K., and Fujita, Y.
15 論文題目 Heavy involvement of stringent transcription control depending on the adenine or guanine species of the transcription initiation site in glucose and pyruvate metabolism in Bacillus subtilis.
掲載誌 Journal of Bacteriology
巻,号,頁 192(6), 1573-1585 発行年 2010 発行月 3
著者 Yamada, Y., Fukuda, W., Hirooka, K., Hiromoto, T., Nakayama, J., Imanaka, T., Fukusaki, E., and Fujiwara, S.
16 論文題目 Efficient in vitro synthesis of cis-polyisoprenes using a thermostable cis-prenyltransferase from a hyperthermophilic archaeon Thermococcus kodakaraensis.
掲載誌 Journal of Biotechnology
巻,号,頁 143(2), 151-156 発行年 2009 発行月 8
著者 Hirooka, K., Danjo, Y., Hanano, Y., Kunikane, S., Matsuoka, H., Tojo, S., and Fujita, Y.
17 論文題目 Regulation of the Bacillus subtilis divergent yetL and yetM genes by a transcriptional repressor, YetL, in response to flavonoids.
掲載誌 Journal of Bacteriology
巻,号,頁 191(11), 3685-3697 発行年 2009 発行月 6
著者 Kim, J. Y., Inaoka, T., Hirooka, K., Matsuoka, H., Murata, M., Ohki, R., Adachi, Y., Fujita, Y., and Ochi, K.
18 論文題目 Identification and characterization of a novel multidrug resistance operon, mdtRP (yusOP), of Bacillus subtilis.
掲載誌 Journal of Bacteriology
巻,号,頁 191(10), 3273-3281 発行年 2009 発行月 5
著者 Tojo, S., Satomura, T., Kumamoto, K., Hirooka, K., and Fujita, Y.
19 論文題目 Molecular mechanisms underlying the positive stringent response of the Bacillus subtilis ilv-leu operon, involved in the biosynthesis of branched-chain amino acids.
掲載誌 Journal of Bacteriology
巻,号,頁 190(18), 6134-6147 発行年 2008 発行月 9
著者 Fujiwara, S., Yamanaka, A., Yamada, Y., Hirooka, K., Higashibata, H., Fukuda, W., Nakayama, J., Imanaka, T., and Fukusaki, E.
20 論文題目 Efficient synthesis of trans-polyisoprene compounds using two thermostable enzymes in an organic-aqueous dual-liquid phase system.
掲載誌 Biochemical and Biophysical Research Communications
巻,号,頁 365(1), 118-123 発行年 2008 発行月 1
著者 Fujita, Y., Matsuoka, H., and Hirooka, K.
21 論文題目 Regulation of fatty acid metabolism in bacteria.
掲載誌 Molecular Microbiology
巻,号,頁 66(4), 829-839 発行年 2007 発行月 11
著者 Hirooka, K., Kunikane, S., Matsuoka, H., Yoshida, K., Kumamoto, K., Tojo, S., and Fujita, Y.
22 論文題目 Dual regulation of the Bacillus subtilis regulon comprising the lmrAB and yxaGH operons and yxaF gene by two transcriptional repressors, LmrA and YxaF, in response to flavonoids.
掲載誌 Journal of Bacteriology
巻,号,頁 189(14), 5170-5182 発行年 2007 発行月 7
著者 Matsuoka, H., Hirooka, K., and Fujita, Y.
23 論文題目 Organization and function of the YsiA regulon of Bacillus subtilis involved in fatty acid degradation.
掲載誌 Journal of Biological Chemistry
巻,号,頁 282(8), 5180-5194 発行年 2007 発行月 2
著者 Satomura, T., Shimura, D., Asai, K., Sadaie, Y., Hirooka, K., and Fujita, Y.
24 論文題目 Enhancement of glutamine utilization in Bacillus subtilis through the GlnK-GlnL two-component regulatory system.
掲載誌 Journal of Bacteriology
巻,号,頁 187(14), 4813-4821 発行年 2005 発行月 7
著者 Siddiqui, M. A., Yamanaka, A., Hirooka, K., Bamba, T., Kobayashi, A., Imanaka, T., Fukusaki, E., and Fujiwara, S.
25 論文題目 Enzymatic and structural characterization of type II isopentenyl diphosphate isomerase from hyperthermophilic archaeon Thermococcus kodakaraensis.
掲載誌 Biochemical and Biophysical Research Communications
巻,号,頁 331(4), 1127-1136 発行年 2005 発行月 6
著者 Tojo, S., Satomura, T., Morisaki, K., Deutscher, J., Hirooka, K., and Fujita, Y.
26 論文題目 Elaborate transcription regulation of the Bacillus subtilis ilv-leu operon involved in the biosynthesis of branched-chain amino acids through global regulators of CcpA, CodY and TnrA.
掲載誌 Molecular Microbiology
巻,号,頁 56(6), 1560-1573 発行年 2005 発行月 6
著者 Hirooka, K., Izumi, Y., An, C. I., Nakazawa, Y., Fukusaki, E., and Kobayashi, A.
27 論文題目 Functional analysis of two solanesyl diphosphate synthases from Arabidopsis thaliana.
掲載誌 Bioscience Biotechnology and Biochemistry
巻,号,頁 69(3), 592-601 発行年 2005 発行月 3
著者 Ejima, K., Liu, J., Oshima, Y., Hirooka, K., Shimanuki, S., Yokota, Y., Hemmi, H., Nakayama, T., and Nishino, T.
28 論文題目 Molecular cloning and characterization of a thermostable carboxylesterase from an archaeon, Sulfolobus shibatae DSM5389: Non-linear kinetic behavior of a hormone-sensitive lipase family enzyme.
掲載誌 Journal of Bioscience and Bioengineering
巻,号,頁 98(6), 445-451 発行年 2004 発行月 12
著者 Fujiwara, S., Yamanaka, A., Hirooka, K., Kobayashi, A., Imanaka, T., and Fukusaki, E.
29 論文題目 Temperature-dependent modulation of farnesyl diphosphate/geranylgeranyl diphosphate synthase from hyperthermophilic archaea.
掲載誌 Biochemical and Biophysical Research Communications
巻,号,頁 325(3), 1066-1074 発行年 2004 発行月 12
著者 Tojo, S., Satomura, T., Morisaki, K., Yoshida, K., Hirooka, K., and Fujita, Y.
30 論文題目 Negative transcriptional regulation of the ilv-leu operon for biosynthesis of branched-chain amino acids through the Bacillus subtilis global regulator TnrA.
掲載誌 Journal of Bacteriology
巻,号,頁 186(23), 7971-7979 発行年 2004 発行月 12
著者 Mekkriengkrai, D., Sando, T., Hirooka, K., Sakdapipanich, J., Tanaka, Y., Fukusaki, E., and Kobayashi, A.
31 論文題目 Cloning and characterization of farnesyl diphosphate synthase from the rubber-producing mushroom Lactarius chrysorrheus.
掲載誌 Bioscience Biotechnology and Biochemistry
巻,号,頁 68(11), 2360-2368 発行年 2004 発行月 11
著者 Hirooka, K., Bamba, T., Fukusaki, E., and Kobayashi, A.
32 論文題目 Cloning and kinetic characterization of Arabidopsis thaliana solanesyl diphosphate synthase.
掲載誌 Biochemical Journal
巻,号,頁 370(2), 679-686 発行年 2003 発行月 3
著者 Maki, Y., Komabayashi, M., Gotoh, Y., Ohya, N., Hemmi, H., Hirooka, K., Nishino, T., and Koyama, T.
33 論文題目 Dramatic changes in the substrate specificities of prenyltransferase by a single amino acid substitution.
掲載誌 Journal of Molecular Catalysis B Enzymatic
巻,号,頁 19-20, 431-436 発行年 2002 発行月 12
著者 広岡和丈
34 論文題目 cis型プレニル二リン酸合成酵素の構造と機能
掲載誌 生物工学会誌(バイオミディア)
巻,号,頁 80(1), 27 発行年 2002 発行月 1
著者 Hirooka, K., Kato, T., Matsu-ura, J., Hemmi, H., and Nishino, T.
35 論文題目 The role of histidine-114 of Sulfolobus acidocaldarius geranylgeranyl diphosphate synthase in chain-length determination.
掲載誌 FEBS Letters
巻,号,頁 481(1), 68-72 発行年 2000 発行月 9
著者 Hirooka, K., Ohnuma, S., Koike-Takeshita, A., Koyama, T., and Nishino, T.
36 論文題目 Mechanism of product chain length determination for heptaprenyl diphosphate synthase from Bacillus stearothermophilus.
掲載誌 European Journal of Biochemistry
巻,号,頁 267(14), 4520-4528 発行年 2000 発行月 7
著者 Ohnuma, S., Hirooka, K., Tsuruoka, N., Yano, M., Ohto, C., Nakane, H., and Nishino, T.
37 論文題目 A pathway where polyprenyl diphosphate elongates in prenyltransferase. Insight into a common mechanism of chain length determination of prenyltransferases.
掲載誌 Journal of Biological Chemistry
巻,号,頁 273(41), 26705-26713 発行年 1998 発行月 10
著者 Ohnuma, S., Hirooka, K., Ohto, C., and Nishino, T.
38 論文題目 Conversion from archaeal geranylgeranyl diphosphate synthase to farnesyl diphosphate synthase. Two amino acids before the first aspartate-rich motif solely determine eukaryotic farnesyl diphosphate synthase activity.
掲載誌 Journal of Biological Chemistry
巻,号,頁 272(8), 5192-5198 発行年 1997 発行月 2
著者 Ohnuma, S., Hirooka, K., Hemmi, H., Ishida, C., Ohto, C., and Nishino, T.
39 論文題目 Conversion of product specificity of archaebacterial geranylgeranyl-diphosphate synthase. Identification of essential amino acid residues for chain length determination of prenyltransferase reaction.
掲載誌 Journal of Biological Chemistry
巻,号,頁 271(31), 18831-18837 発行年 1996 発行月 8

戻る

TOP

エッセイ,記事(新聞)等

戻る

TOP

特許

発明者 福崎英一郎,小林昭雄,広岡和丈
40 発明名称 trans型ポリプレニル二リン酸合成酵素をコードする遺伝子,前記遺伝子を組込んだ組換えベクター,前記組換えベクターを導入した形質転換体,それから得られた組換えタンパク質,および形質転換植物体
出願人
番号 特許出願2002-57547,特許公開2003-250539 2003 9
発明者 及川胤昭,広岡和丈,大沼信一,西野徳三
41 発明名称 モノテルペンの生産方法及びそのための微生物
出願人
番号 特許出願平11-59431,特許公開2000-245482 2000 9
発明者 Ohto, C., Nakane, H., Nishino, T., Ohnuma, S., and Hirooka, K.
42 発明名称 MUTATED PRENYL DIPHOSPHATE SYNTHASES (SYNTHASES DE DIPHOSPHATE DE PRENYL AYANT MUTE)
出願人
番号 International Application No. PCT/JP1997/003921, Pub No. WO/1998/020138 1998 5
発明者 西野徳三,大沼信一,広岡和丈,大音徳,中根弘之
43 発明名称 プレニル二リン酸合成酵素
出願人
番号 特許出願平8-307506,特許公開平10-136984 1998 5
発明者 中根弘之,大音徳,大沼信一,広岡和丈,西野徳三
44 発明名称 ファルネシル二リン酸合成酵素
出願人
番号 特許出願平8-213211,特許公開平10-33184 1998 2
発明者 大沼信一,広岡和丈,辺見久,浅田千佳,大音徳,西野徳三
45 発明名称 長鎖プレニル二燐酸合成酵素
出願人
番号 特許出願平7-247043,特許公開平9-65878 1997 3

戻る

TOP

生命工学部 / 生物工学科 / 准教授 / 広岡 和丈