免責事項
 福山大学研究者一覧・検索サイトの内容は,各教員が自ら入力した情報に基づいています.その情報の正確性について,福山大学が保証するものではありません.

福山大学
研究者情報

生命工学部 / 生物工学科 / 教授 / 太田 雅也

研究者情報 研究業績 学位論文 著書 学術論文(総説・解説含む) エッセイ,記事(新聞)等 特許
表示:[代表業績]
全業績表示に変更

研究者情報

福山大学学術リポジトリ researchmap J-GLOBAL CiNii 国立国会図書館 Google Scholar
氏名 太田 雅也 (おおた まさや) 
所属 生命工学部 生物工学科
職名 教授
e-mail ohta ★ bt。fubt、fukuyama-u.ac,jp
迷惑メール対策として「@」,「.」を置き換えて表示しています.
TEL 084-936-2112(ext.4616)
FAX 084-936-2021
WEB
更新日時 2017-04-01 11:33:55
学歴 1985年3月 広島大学 弟Ⅲ類 卒業
1987年3月 広島大学大学院工学研究科博士前期課程工業化学専攻 修了
1988年8月 広島大学大学院工学研究科博士後期課程工業化学専攻 中退
学位・資格 博士(工学)広島大学 弟2198号 1991年12月
職歴 福山大学 工学部 生物工学科 助手 (1988年9月〜1997年3月)
福山大学 工学部 生物工学科 講師 (1997年4月〜2002年3月)
Luisiana State University A&M College 客員研究員 (2000年9月〜2001年8月)
福山大学 生命工学部 生物工学科 講師 (2002年4月〜2003年3月)
福山大学 生命工学部 生物工学科 准教授 (2003年4月〜2011年3月)
福山大学 生命工学部 生物工学科 教授 (2011年4月〜現在)
専門分野 生物化学(糖鎖工学)、環境分析学
研究テーマ ホヤ喘息抗原のアレルゲン活性糖鎖
複合糖質の糖鎖構造と機能解析
シロアリ兵隊カーストの額腺分泌物質の解析
残留有機汚染物質の監視と浄化
ESI/MSを利用した脂質分析
研究テーマのキーワード 糖タンパク質、糖脂質、複合糖質、バイオサーファクタント、アレルゲン、シロアリ
所属学会 日本生化学会, 日本農芸化学会
学会活動 
共同研究・科研費採択課題等実績 1995年 科学研究費・奨励研究(A)ホヤ喘息抗原のアレルゲン活性糖鎖 研究代表者
2002年〜2004年 科学研究費・萌芽研究 シロアリ兵隊カーストが分泌する化学的防衛物質の解析 研究代表者
2003年〜2005年 科学研究費・基盤研究(C)酵母の生産する新規糖脂質バイオサーファクタントの構造、機能、実用化に関する研究 研究分担者
2009年〜2011年 科学研究費・基盤研究(C)残留性有機汚染物質の監視と汚染浄化におけるバイオサーファクタントの利用 研究分担者
2012年〜2014年 科学研究費・萌芽研究 植物のフィトレメディエーション機構解明と実用化に向けた取り組み 研究代表者
2006年 財団法人サタケ技術振興財団 大学研究助成金 イエシロアリ額腺分泌物質の機能解析
2006年 共同研究 醤油製造残渣中に含有される有用成分の分析調査および同定
2007年〜2008年 受託研究 ピラノース酸化還元酵素の糖鎖構造の解析
2007年〜2008年 受託研究 ステビア抽出物中の甘味成分の構造解析
2012年 研究助成 守田品種に存在する新規配糖体の単離
主な担当授業科目 生物有機化学、構造生化学、分析化学、環境分析学
主な学内役職・委員 教務委員会委員
教職課程委員会委員
共同利用センター運営委員会委員
社会活動 
受賞,その他の実績 

戻る

TOP

代表的な研究業績

全業績表示に変更

学位論文

提出者 太田 雅也
1 論文題目 パラアミノ安息香酸エチルエステル(ABEE)標識法の糖鎖構造解析への応用
提出大学 広島大学
提出年 1991 提出月 12

戻る

TOP

著書

著者 日本分析化学会 編
2 書名 脂質分析
出版社 丸善出版
頁数(担当頁) 215(148-159) 出版年 2011 出版月 12

戻る

TOP

学術論文(総説・解説含む)

著者 Masaya Ohta, Shingo Sasa, Ai Inoue, Tatsuya Tamai, Isao Fujita, Koji Morita, and Fumito Matsuura
3 論文題目 Characterization of Novel Steviol Glycosides from Leaves of Stevia rebaudiana Morita.
掲載誌 J. Appl. Glycosci.
巻,号,頁 57, 199-209 発行年 2010 発行月
著者 Masaya Ohta, Fumito Matsuura, Gregg Henderson, and Roger A. Laine
4 論文題目 Novel free ceramides as components of the soldier defense gland of the Formosan subterranean termite (Coptotermes formosanus).
掲載誌 J. Lipid Research
巻,号,頁 48. 656-664 発行年 2007 発行月
著者 Masaya Ohta, Tomomi Ohnishi, Yiannis A. Ioannou, Mark E. Hodgson, Fumito Matsuura, and Robert J. Desnick
5 論文題目 Human α-N-acetylgalactosaminidase : Site occupancy and structure of N-linked oligosaccharides.
掲載誌 Glycobiology
巻,号,頁 10, 251-261 発行年 2000 発行月
著者 Masaya Ohta, Seiko Shigeta, Kazuhisa Ono, Yuji Kobayashi, Fumito Matsuura and Satoru Oka
6 論文題目 Further characterization of allergenically active oligosaccharitols isolated from a sea squirt H-antigen.
掲載誌 Arch. Biochem. Biophys.
巻,号,頁 290, 474-483 発行年 1991 発行月
著者 Masaya Ohta, Jiharu Hamako, Satoru Yamamoto, Hajime Hatta, Mujo Kim, Takehiko Yamamoto, Satoru Oka, Tsuguo Mizuochi and Fumito Matsuura
7 論文題目 Structures of asparagine-linked oligosaccharides from hen egg-yolk antibody (IgY) -Occurrence of unusual glucosylated oligomannose type oligosaccharides in a mature glycoprotein.
掲載誌 Glycoconjugate J.
巻,号,頁 8, 400-413 発行年 1991 発行月

戻る

TOP

エッセイ,記事(新聞)等

戻る

TOP

特許

発明者 守田豊重、藤田功、松浦史登、太田雅也
8 発明名称 新規ステビオール配糖体
出願人 守田化学工業株式会社
番号 特許第5604426号 2014 8
発明者 Toyoshige Morita, Isao Fujita, Fumito Matasuura, Masaya Ota
9 発明名称 STEVIOL GLYCOSIDE
出願人 Morita Kagaku Kogyo Co., Ltd.
番号 US 8,703,225 B2 2014 4
発明者 松浦史登、太田雅也、玉井正弘、田村幸吉
10 発明名称 糖脂質及びその製造方法
出願人 丸善製薬株式会社
番号 特許第4722386 2011 4

戻る

TOP

生命工学部 / 生物工学科 / 教授 / 太田 雅也