免責事項
 福山大学研究者一覧・検索サイトの内容は,各教員が自ら入力した情報に基づいています.その情報の正確性について,福山大学が保証するものではありません.

福山大学
研究者情報

生命工学部 / 生物工学科 / 教授 / 太田 雅也

研究者情報 研究業績 学位論文 著書 学術論文(総説・解説含む) エッセイ,記事(新聞)等 特許
表示:[全業績]
代表業績表示に変更

研究者情報

福山大学学術リポジトリ researchmap J-GLOBAL CiNii 国立国会図書館 Google Scholar
氏名 太田 雅也 (おおた まさや) 
所属 生命工学部 生物工学科
職名 教授
e-mail ohta ★ bt。fubt、fukuyama-u.ac,jp
迷惑メール対策として「@」,「.」を置き換えて表示しています.
TEL 084-936-2112(ext.4616)
FAX 084-936-2021
WEB
更新日時 2017-04-01 11:33:55
学歴 1985年3月 広島大学 弟Ⅲ類 卒業
1987年3月 広島大学大学院工学研究科博士前期課程工業化学専攻 修了
1988年8月 広島大学大学院工学研究科博士後期課程工業化学専攻 中退
学位・資格 博士(工学)広島大学 弟2198号 1991年12月
職歴 福山大学 工学部 生物工学科 助手 (1988年9月〜1997年3月)
福山大学 工学部 生物工学科 講師 (1997年4月〜2002年3月)
Luisiana State University A&M College 客員研究員 (2000年9月〜2001年8月)
福山大学 生命工学部 生物工学科 講師 (2002年4月〜2003年3月)
福山大学 生命工学部 生物工学科 准教授 (2003年4月〜2011年3月)
福山大学 生命工学部 生物工学科 教授 (2011年4月〜現在)
専門分野 生物化学(糖鎖工学)、環境分析学
研究テーマ ホヤ喘息抗原のアレルゲン活性糖鎖
複合糖質の糖鎖構造と機能解析
シロアリ兵隊カーストの額腺分泌物質の解析
残留有機汚染物質の監視と浄化
ESI/MSを利用した脂質分析
研究テーマのキーワード 糖タンパク質、糖脂質、複合糖質、バイオサーファクタント、アレルゲン、シロアリ
所属学会 日本生化学会, 日本農芸化学会
学会活動 
共同研究・科研費採択課題等実績 1995年 科学研究費・奨励研究(A)ホヤ喘息抗原のアレルゲン活性糖鎖 研究代表者
2002年〜2004年 科学研究費・萌芽研究 シロアリ兵隊カーストが分泌する化学的防衛物質の解析 研究代表者
2003年〜2005年 科学研究費・基盤研究(C)酵母の生産する新規糖脂質バイオサーファクタントの構造、機能、実用化に関する研究 研究分担者
2009年〜2011年 科学研究費・基盤研究(C)残留性有機汚染物質の監視と汚染浄化におけるバイオサーファクタントの利用 研究分担者
2012年〜2014年 科学研究費・萌芽研究 植物のフィトレメディエーション機構解明と実用化に向けた取り組み 研究代表者
2006年 財団法人サタケ技術振興財団 大学研究助成金 イエシロアリ額腺分泌物質の機能解析
2006年 共同研究 醤油製造残渣中に含有される有用成分の分析調査および同定
2007年〜2008年 受託研究 ピラノース酸化還元酵素の糖鎖構造の解析
2007年〜2008年 受託研究 ステビア抽出物中の甘味成分の構造解析
2012年 研究助成 守田品種に存在する新規配糖体の単離
主な担当授業科目 生物有機化学、構造生化学、分析化学、環境分析学
主な学内役職・委員 教務委員会委員
教職課程委員会委員
共同利用センター運営委員会委員
社会活動 
受賞,その他の実績 

戻る

TOP

全研究業績

代表業績表示に変更

学位論文

提出者 太田 雅也
1 論文題目 パラアミノ安息香酸エチルエステル(ABEE)標識法の糖鎖構造解析への応用
提出大学 広島大学
提出年 1991 提出月 12

戻る

TOP

著書

著者 日本分析化学会 編
2 書名 脂質分析
出版社 丸善出版
頁数(担当頁) 215(148-159) 出版年 2011 出版月 12

戻る

TOP

学術論文(総説・解説含む)

著者 S. Shimazu, M. Ohta, and H. Asida
3 論文題目 Application of lipid extracts from Solidago canadensis to phytomonitoring of PCB126 in transgenic Arabidopsis plants.
掲載誌 Science of the Total Environment,
巻,号,頁 492, 240-245 発行年 2014 発行月
著者 S. Shimazu, M. Ohta, H. Ohkawa, and H. Ashida
4 論文題目 Assays of polychlorinated biphenyl congeners and co-contaminated heavy metals in thetransgenic Arabidopsis plants carrying the recombinant guinea pig aryl hydrocarbonreceptor-mediated β-glucuronidase reporter gene expression system.
掲載誌 J. Environ. Sci. Health Part B
巻,号,頁 47, 925-932 発行年 2012 発行月
著者 Masaya Ohta, Shingo Sasa, Ai Inoue, Tatsuya Tamai, Isao Fujita, Koji Morita, and Fumito Matsuura
5 論文題目 Characterization of Novel Steviol Glycosides from Leaves of Stevia rebaudiana Morita.
掲載誌 J. Appl. Glycosci.
巻,号,頁 57, 199-209 発行年 2010 発行月
著者 Sayuri Shimazu, Masaya Ohta, Hideyuki Inui, Yoshihiko Nanasato, Hitoshi Ashida, and Hideo Ohkawa
6 論文題目 Effects of biosurfactants on assays of PCB congeners in transgenic arabidopsis plants carrying a recombinant guinea pig AhR-mediated GUS reporter gene expression system.
掲載誌 J. Environ. Sci. Health Part B
巻,号,頁 45, 750-756 発行年 2010 発行月
著者 太田雅也、橘高実智、松浦史登
7 論文題目 ESI-MS/MSスペクトルマッチングによるABEE標識糖鎖の解析
掲載誌 福山大学生命工学部年報
巻,号,頁 8、1-18 発行年 2009 発行月
著者 Masaya Ohta, Fumito Matsuura, Gregg Henderson, and Roger A. Laine
8 論文題目 Novel free ceramides as components of the soldier defense gland of the Formosan subterranean termite (Coptotermes formosanus).
掲載誌 J. Lipid Research
巻,号,頁 48. 656-664 発行年 2007 発行月
著者 玉井正弘、三好省三、田村幸吉、太田雅也、松浦史登
9 論文題目 マンノシルエリスリトールリピッド生産に及ぼす炭素源の種類の影響
掲載誌 広島県立西部工業技術センター研究報告
巻,号,頁 49、1-4 発行年 2006 発行月
著者 松浦史登、太田雅也
10 論文題目 ESI-MS/MSによるα-マンノシドーシス患者尿中高マンノース型糖鎖ABEE-誘導体の構造解析
掲載誌 杉山産業化学研究所年報
巻,号,頁 52-81 発行年 2006 発行月
著者 Yasuto Tsuruta, Hirofumi Inoue, Keiko Fukunaga, Sayaka Munemura, Misa Ozaki, Masaya Ohta and Fumito Matsuura
11 論文題目 Determination of Bisphenol-A in Water by Semi-Micro Column High-Performance Liquid Chromatography Using 2-Methoxy-4-(2-phthalimidinyl)-phenylsulfonyl Chloride as a Fluorescent Labeling Reagent.
掲載誌 Analytical Sciences
巻,号,頁 21, 697-699 発行年 2005 発行月
著者 Yuko Kato, Masaya Ohta, Kyouhei Kamei, Hisamobu Wakita, Takeshi Kawahara, Yuuichiro Yamano, Takeki Hamasaki, Kiichiro Teruya, Kazuhiro Osada, Ryuhei Nishikawa, Katsumi Noguchi and Sanetaka Shirahata
12 論文題目 Structure Analysis of Complex Carbohydrate Exhibiting IL-12 Inducing Activity Derived from Mineral Water in Natural Leaf Soil.
掲載誌 BUNSEKI KAGAKU
巻,号,頁 54(5), 391-397 発行年 2005 発行月
著者 玉井正弘、三好省三、田村幸吉、太田雅也、松浦史登
13 論文題目 糖脂質を生産する酵母の検索、
掲載誌 広島県立西部工業技術センター研究報告
巻,号,頁 48、32-35 発行年 2005 発行月
著者 Junzo Hirose, Miki Ishikawa, Yoshie Kitsutaka, Tsutomu Mizuno, Junko Sakamoto, Yukio Naito, Yuri Maeda, Masaya Ohta, Satoru Yamamoto, Hyroyuki Iwamoto, and Fumiyuki Yamakura
14 論文題目 Glutamic acid 133 or 131 is involved in the electron-transfer reaction from FeII(CN)64- to the cupric ions in human- or bovine-copper, zinc superoxide dismutase.
掲載誌 Inorg. Chim. Acta.
巻,号,頁 339、411-419 発行年 2002 発行月
著者 Masaya Ohta, Y. T. Pan, Roger A. Laine and Alan D. Elbein
15 論文題目 Trehalose-based oligosaccharides isolated from the cytoplasm of Mycobacterium smegmatis –Relation to trehalose-based oligosaccharides attached to lipid.
掲載誌 Eur. J. Biochem.
巻,号,頁 269, 3142-3149 発行年 2002 発行月
著者 太田雅也
16 論文題目 シロアリ兵隊カーストの武器
掲載誌 化学と生物
巻,号,頁 40, 465-467 発行年 2002 発行月
著者 太田雅也、池口陽子、松浦史登
17 論文題目 線虫 Caenorhabditis elegans の糖脂質について
掲載誌 日本産業科学研究所報告
巻,号,頁 11、69-73 発行年 2002 発行月
著者 Toshihisa Kotake, Akiko Tonari, Masaya Ohta, Fumito Matsuura and Naoki Sakurai
18 論文題目 Small complex-type N-linked glycans are attached to cell-wall bound exo-β-glucanases of both mung bean and barley seedlings.
掲載誌 Physiol. Plant.,
巻,号,頁 112, 308-314 発行年 2001 発行月
著者 Yuko Kato, Masaya Ohta, Tatsuo Munakata, Masako Fujiwara, Naoyuki Fujii, Seiko Shigeta and Fumito Matsuura
19 論文題目 Determination of solution conformation of allergenically active pentasaccharitol obtained from sea squirt antigen.
掲載誌 Magn. Reson. Chem.
巻,号,頁 39, 259-266 発行年 2001 発行月
著者 Masaya Ohta, Tomomi Ohnishi, Yiannis A. Ioannou, Mark E. Hodgson, Fumito Matsuura, and Robert J. Desnick
20 論文題目 Human α-N-acetylgalactosaminidase : Site occupancy and structure of N-linked oligosaccharides.
掲載誌 Glycobiology
巻,号,頁 10, 251-261 発行年 2000 発行月
著者 Fumito Matsuura, Masaya Ohta, Yiannis A. Ioannou and Robert J. Desnick
21 論文題目 Human α-galactosidase A: Characterization of the N-linked oligosaccharides on the intracellular and secreted glycoforms overexpressed by Chinese hamster ovary cells.
掲載誌 Glycobiology
巻,号,頁 8, 329-339 発行年 1998 発行月
著者 Masaya Ohta, Shinichi Emi, Hiroyuki Iwamoto, Junzo Hirose, Keitaro Hiromi, Homare Itoh, Takashi Shin, Sawao Murao and Fumito Matsuura
22 論文題目 Novel β-D-galactofuranose-containing high-mannose type oligosaccharides in Ascorbate oxidase from Acremonium sp. HI-25.
掲載誌 Biosci. Biotech. Biochem.
巻,号,頁 60, 1123-1130 発行年 1996 発行月
著者 Masaya Ohta and Fumito Matsuura
23 論文題目 Separation of acidic Asn-linked oligosaccharides labeled with p-aminobenzoic acid ethyl ester by HPLC: Structural analysis of the sialylated oligosaccharides on bovine fetuin.
掲載誌 Japan Res. Inst. Indust. Sci.
巻,号,頁 8, 75-95 発行年 1996 発行月
著者 Fumito Matsuura, Masaya Ohta, Khoichi Murakami and Yujirou Matsuki
24 論文題目 Structures of asparagine linked oligosaccharides of immunoglobulins (IgY) isolated from egg-yolk of Japanese quail.
掲載誌 Glycoconjugate J.
巻,号,頁 10, 202-213 発行年 1993 発行月
著者 Mamoru Koketsu, Lekh R. Juneja, Mujo Kim, Masaya Ohta, Fumito Matsuura and TakehikoYamamoto
25 論文題目 Sialyloligosaccharides of delipidated egg yolk fraction.
掲載誌 J. Food Sci.
巻,号,頁 58, 743-747 発行年 1993 発行月
著者 M. Z. Jones, K. T. Cavanagh, R. Kranich, C. Traviss. Y. Fujita, M. Ohta and F. Matsuura: Possible β-mannosidosis chimera
26 論文題目 Altered expression of metabolic perturbations.
掲載誌 J. Inher. Metab. Dis.
巻,号,頁 16, 1012-1023 発行年 1993 発行月
著者 Fumito Matsuura, Masaya Ohta, Koichi Murakami, Kaoru Hirano and Charles C. Sweeley
27 論文題目 The combination of normal phase with reversed phase high performance liquid chromatography for the analysis of asparagine-linked neutral oligosaccharides labelled with p-aminobenzoic ethyl ester.
掲載誌 Biomed. Chromatogr.
巻,号,頁 6, 77-83 発行年 1992 発行月
著者 Margaret Z. Jones, Eileen J. S. Rathke, Douglas A. Gage, Catherine E. Costello, Koichi Murakami, Masaya Ohta and Fumito Matsuura
28 論文題目 Oligosaccharides accumulated in the bovine β-mannosidosis kidney.
掲載誌 J. Inher. Metab. Dis.
巻,号,頁 15, 57-67 発行年 1992 発行月
著者 太田 雅也
29 論文題目 糖鎖分析法の開発とその生理活性糖タンパク質糖鎖構造解析への応用
掲載誌 福山大学工学部紀要
巻,号,頁 15, 141-165 発行年 1992 発行月
著者 Masaya Ohta, Seiko Shigeta, Kazuhisa Ono, Yuji Kobayashi, Fumito Matsuura and Satoru Oka
30 論文題目 Further characterization of allergenically active oligosaccharitols isolated from a sea squirt H-antigen.
掲載誌 Arch. Biochem. Biophys.
巻,号,頁 290, 474-483 発行年 1991 発行月
著者 Masaya Ohta, Jiharu Hamako, Satoru Yamamoto, Hajime Hatta, Mujo Kim, Takehiko Yamamoto, Satoru Oka, Tsuguo Mizuochi and Fumito Matsuura
31 論文題目 Structures of asparagine-linked oligosaccharides from hen egg-yolk antibody (IgY) -Occurrence of unusual glucosylated oligomannose type oligosaccharides in a mature glycoprotein.
掲載誌 Glycoconjugate J.
巻,号,頁 8, 400-413 発行年 1991 発行月
著者 Masaya Ohta, Mie Kobatake, Akiko Matsumura and Fumito Matsuura
32 論文題目 Separation of Asn-linked sialyloligosaccharides labeled with p-aminobenzoic acid ethyl ester by high-performance liquid chromatography.
掲載誌 Agric. Biol. Chem.
巻,号,頁 54, 1045-1047 発行年 1990 発行月
著者 Seiko Shigeta, Masaaki Okamura, Masahiko Tsutsumi, Kazuhisa Ono, Masaya Ohta, Fumito Matsuura and Satoru Oka
33 論文題目 Structure of an allergenic pentasaccharitol, Gp-1β-b6, isolated from a sea squirt antigen, Gi-rep, as a minimum structural unit responsible for its allergenicity.
掲載誌 J. Biochem.
巻,号,頁 108, 47-52 発行年 1990 発行月
著者 Kenji Akasaki, Yasunori Yamaguchi, Masaya Ohta, Fumito Matsuura, Koji Furuno and Hiroshi Tsuji
34 論文題目 Purification and characterization of a major glycoprotein in rat liver lysosomal membrane.
掲載誌 Chem. Pharm. Bull.
巻,号,頁 38, 2766-2770 発行年 1990 発行月
著者 Masaya Ohta, Seiko Shigeta, Kazuhisa Ono, Toshifumi Takao, Yasutugu Shimonishi, and Satoru Oka
35 論文題目 Sugar sequences of allergenically active oligosaccharide alcohols isolated from a large-molecular-size sea squirt antigen termed H-antigen.
掲載誌 Arch. Biochem. Biophys.
巻,号,頁 275, 151-165 発行年 1989 発行月
著者 Seiko Shigeta, Kazuhisa Ono, Masaya Ohta, Yuji Kobayashi and Satoru Oka
36 論文題目 N-acetylgalactosaminyl disaccharide terminals contained in presumed carbohydrate epitopes specific to sea-squirt allergy.
掲載誌 J. Biochem.
巻,号,頁 105, 691-696 発行年 1989 発行月

戻る

TOP

エッセイ,記事(新聞)等

戻る

TOP

特許

発明者 守田豊重、藤田功、松浦史登、太田雅也
37 発明名称 新規ステビオール配糖体
出願人 守田化学工業株式会社
番号 特許第5604426号 2014 8
発明者 Toyoshige Morita, Isao Fujita, Fumito Matasuura, Masaya Ota
38 発明名称 STEVIOL GLYCOSIDE
出願人 Morita Kagaku Kogyo Co., Ltd.
番号 US 8,703,225 B2 2014 4
発明者 松浦史登、太田雅也、玉井正弘、田村幸吉
39 発明名称 糖脂質及びその製造方法
出願人 丸善製薬株式会社
番号 特許第4722386 2011 4

戻る

TOP

生命工学部 / 生物工学科 / 教授 / 太田 雅也